三上静男と後藤良次の生い立ち・現在!上申書殺人事件の概要は? 社会

三上静男と後藤良次の生い立ち・現在!上申書殺人事件の概要は?

暴力団員が起こした連続殺人事件、この事件の裏側には「先生」と言われる人物が暗躍していました。この事件は上申書殺人事件と言われています。この上申書殺人事の実行犯である後藤良次と「先生」と言われた首謀者である三上静男の生い立ちと現在を今回は紹介していきます。

目次

[表示]

上申書殺人事件とは

上申書殺人事件は茨城県でおこった殺人事件です。この事件は暴力団員である後藤良次が起こした殺人事件です。この事件では後藤良次が刑事告訴されていたのですが、事件の裏側に「先生」と言われる人物がいたのです。

その「人物」とは、三上静男という人物がいました。後藤良次に「新潮45」が取材を続けていたことにより、この「先生」と言われる三上静男が事件の首謀者として浮かび上がってきたのです。

「新潮45」によって報じられたことにより、世間から大きな注目を浴びるようになり、「先生」が関与した事件の一つが刑事事件として発展していったのです。

死刑囚が殺人事件を告発するという珍事件

3839153 / Pixabay

後藤良次は3つの事件を起こす際に三上静男に殺人事件の報酬を受けることを約束していました。しかしその後別の事件で逮捕され、拘留されたことで約束は無効とされました。

後藤良次は、「先生」として慕っていた三上静男に裏切られたと感じたたため週刊誌に事件の裏側に三上静男がいることを告白することにしました。

またそれだけでなく、世話を頼んでいた舎弟が自殺したとき、舎弟の財産を三上静男によって処分されたことも彼に対して反感を覚えたということです。

後藤良次と三上静男の関係

rawpixel / Pixabay

後藤良次と三上静男の関係は、後藤良次にとって三上静男は「先生」と呼ぶほど慕っていたのです。

三上静男は後藤良次のこを古くから世話をしていました。後藤良次にとって「先生」は逆らえない絶対的な存在になっていました。

このように後藤良次は三上静男に支配されるような関係に知らず知らずの間になっていたのです。

首謀者は三上静男・実行犯は後藤良次

Maklay62 / Pixabay

3件の事件はすべて首謀者が三上静男であり、実行犯は後藤良次でした。後藤良次は三上静男の指示のもと殺人を行っていました。

また殺人だけでなく、殺害後被害者の死体の処理も行っていました。また被害者の一人であるカーテン店経営者を軟禁し大量のアルコールを飲ませ続けるなど様々な指示を実行していました。

そして、後藤良次は殺人の実行を行った報酬を約束されていたのです。このようにして、首謀者は三上静男、実行犯は後藤良次という役割を担っていました。

上申書提出に至った経緯

EvgeniT / Pixabay

後藤良次は宇都宮監禁殺人事件を起こした首謀者として逮捕されました。そして2003年に死刑判決が裁判で言い渡されました。後藤良次は控訴、上告しますが、いずれも棄却されます。

高等裁判所により、上告棄却が出た後、後藤良次は茨木県警に茨城県内で発生した2件の事件に対して、自分が関与したという上申書を出しました。これが上申書殺人事件の始まりです。

茨城県警は後藤良次から上申書を受け取った際、驚愕しました。事件の裏付けを行うため、すぐに県警は捜査に乗り出しました。

上申書殺人事件の経緯

上申書殺人事件が起こった経緯として、三上静男が金の亡者であったことが考えられます。彼は闇の錬金術師ともいわれるほど金に目がない男でした。

そのためまず初めに起きた事件は三上静男と金銭トラブルがあった男が被害者となりました。また2件目も被害者の土地をめぐり事件が起きました。3件目も保険金目当てでの事件でした。

このように三上静男の私利私欲が事件を引き起きてしまいました。

後藤良次が死刑判決を受けていた宇都宮監禁殺人事件

TPHeinz / Pixabay

後藤良次が死刑判決を受けていた事件が宇都宮監禁事件です。この事件は後藤良次とその舎弟が起こした事件です。

この事件では、被害者女性一人が死亡します。また残りの被害者も重軽傷を負いますが、一命をとりとめます。

宇都宮監禁殺人事件の詳細

PhotoLizM / Pixabay

後藤良次は舎弟4人と共に宇都宮市のマンションで男女4人を縛り上げました。そして監禁女性一人に多量の覚醒剤を打ちました。女性は覚醒剤の多量接種により中毒症状を起こし死亡します。

残る3人を縛りあげます。その後ハサミを使用し、被害者をめった刺しにします。その後被害者や事件現場の居間に灯油をまいて放火します。その後乗用車を奪い逃走します。

残る三人の被害者は、一人が脱出し消化活動を行い、3人は重軽症を負いながらも助かります。

宇都宮監禁殺人事件の判決

Dieter_G / Pixabay

事件の判決では死刑判決を受けます。控訴、上告を行いますが、棄却されます。この事件では女性に対して強盗殺人の罪が適応されました。これは関係証拠を総合した結果この罪の適応が妥当であると判断したためです。

弁護側は、後藤良次被告が「覚醒剤を使用し、それによる神経耗弱状態であった」といい、死刑回避を裁判所に求めていました。しかし「自己中心的で短絡的な犯行であり暴力団特有のものである。」とし棄却さしました。

これらの理由により、控訴、上告も棄却され続け、2007年9月に死刑判決が確定します。

後藤良次が上申書を提出した3つの事件①石岡市焼却事件

Alexas_Fotos / Pixabay

上申書殺人事件で最初に語ら事件になります。1999年11月に三上静男が金銭トラブルを巡って60代男性を絞殺します。その後、三上静男は後藤良次とともに男性の遺体を殺害現場から運び出します。

その後茨城県石岡市にある三上静男の会社内にある焼却炉に遺体を運び込みます。そこに廃材と共に遺体をいれ、新聞紙に火をつけ焼却炉の中に投げ込みます。そして死体を焼却し証拠隠滅を図ったのです。

この事件で発見された遺体は、黒焦げの状態であり、身元特定を行うことができない状態でした。しかし後藤良次が被害者男性の名前を挙げており「大塚」という人物であるということが分かっています。

後藤良次が上申書を提出した3つの事件②北茨城市生き埋め事件

nadjadonauer / Pixabay

1999年11月に起きた事件です。この事件は埼玉県大宮市の70代の男性を水戸市内の駐車場で拉致し車で連行します。そして三上静男の所有する敷地に手足を縛ったままの状態で生き埋めにしました。

三上静男の目的はこの被害者男性の所有する土地を自分名義として売却することで莫大な土地代を自分の物にするというものでした。この事件の拉致から生き埋めに至るまでを後藤良次が行っていました。

この事件の被害者男性は、倉浪篤二という男性であり、この上申書殺人事件の中で唯一被害者の中でフルネームのわかっている人物です。

後藤良次が上申書を提出した3つの事件③日立市ウォッカ事件

stevepb / Pixabay

2000年7月、起きた事件です。ある家族に頼まれて、糖尿病と肝硬変を持病として持つ男に多量のアルコール飲料を飲ませて殺害するという事件です。

この事件の被害者は67歳のカーテン店の経営者の男性でした。この事件ではただ被害者を殺害するだけでなく、遺体を山中に遺棄まで行っています。これは被害者を事故死に見せかけるために行われました。

この事件は、三上静男、後藤良次だけでなく、被害者男性の家族も事件の裏にいた事件です。そしてこの事件に関わった全員で保険金を山分けするという魂胆になっていました。

3つの事件のうち唯一告訴された事件

Prettysleepy2 / Pixabay

後藤良次の告白により、上申書殺人事件は3つの事件が明らかになりました。しかしこの事件では立件された事件は1件のみで残りの2つの事件は不起訴処分となりました。

立件された事件は茨城県日立市ウォッカ事件のみでした。この事件では実際に遺体が発見されたため、事件の証拠を集めることができました。しかし、残りの2つの事件は十分な証拠が集まらず立件できませんでした。

1件のみの立件となってしまったため、三上静男を死刑にすることはできませんでした。そのため、三上静男に出された判決は無期懲役となっています。

共謀した家族と三上静男の出会い

rawpixel / Pixabay

被害者であるカーテン店経営者であった男性は、三上静男から借金をしていました。被害者男性は死亡する前、一度入院をしていたが、退院し家族のもとへ帰ってきました。

保険金を宛てにしていた家族は借金返済の糸口がなくなります。そこへ三上静男が保険金殺人の話を持ち掛けます。そして家族はここから保険金殺人の共謀者へとなっていくのです。

三上静男が被害者男性を軟禁し、アルコールを多量に摂取させていたことも家族はわかっていました。しかし、家族は止めることなく、むしろ保険金が手に入るという理由で保険金殺人を肯定していたのです。

上申書殺人事件の関連人物

Alexas_Fotos / Pixabay

上申殺人事件では、主犯の三上静男、実行犯の後藤良次以外にも多くの関連人物がいます。ここではその人物たちを紹介していきます。

元死刑囚の後藤良次の生い立ちと犯罪歴

Alexas_Fotos / Pixabay

上申書殺人事件の実行半であった後藤良次は14歳の頃、窃盗と殺人の罪で少年院に送られました。その後16歳で暴力団員になります。その後17歳、19歳の頃に再び少年院に送られます。

20歳の頃、特別少年院の職員との間でトラブルを起こし暴行をはたらいたとして、少年刑務所に送還されます。その後22歳で組が解散します。23歳で稲川会小田組に入ります。そして28歳で組長になります。

31歳で対立する組長を殺害、殺害後出頭します。処分は保留とされます。35歳で暴力行為で逮捕、39歳で仮出所します。その後、駐車違反取り締まり中の警察に対して公務執行妨害を起こし、水戸へ流れます。

後藤良次の家族・実家

Free-Photos / Pixabay

このような事件を起こしてきた後藤良次でしたが、彼にも家族がいました。彼には内縁の妻がいました。彼は家族を養っており、毎月仕送りも行っていました。

また彼は、様々な暴力団を転々とし、活動を行っていました。しかし彼は故郷である宇都宮に戻り「後良会」を結成します。しかし組は解散してしまいます。その後、三上静男と知り合っていくのです。

三上静男と知り合った後に、内縁の妻への仕送りが月に80万から100万円へと増えていたと内縁の妻は語っています。

三上静男(先生)の生い立ち

niekverlaan / Pixabay

三上静男も生い立ちはあまり明らかになっていませんが、は幼少期から鳥を蹴ったり、絞め殺すなどの残虐性が見られていました。また、良心の呵責もなく、小動物が苦しんでいる様子を見ていることを楽しんでいました。

事件の被害者も坊主にしたり、身体にマジックで落書きする、監禁して苦しむ姿を楽しむなど、残虐性は生まれ持っていたものでした。また彼は不動産ブローカーであり資金を得るためには手段も選びませんでした。

また、彼は舎弟を自殺に追い込むなど、自分の部下であっても自分に不利益であると考えたら躊躇なく切り捨てていました。このように彼は自分の利益を最優先するような人物でした。

不動産ブローカー三上静男の周囲からの評価

geralt / Pixabay

不動産ブローカーとして活躍していた三上静男は汚いやり口で消費者から多額の資金を得ていました。資金を得ていたことで、周囲からはやり手のブローカーとしての評価をされていました。

しかし裏では暴力団と手を組むことで強大な権力を手にしていました。そのため資金を得るためには手段を選ばず、金を手にするためなら人の命すらも軽視していました。

また権力だけでなく、頭も切れていました。彼はほとんどの犯行を自ら行わないで暴力団員に行わせるなど、狡猾なやり方で犯罪を行っていました。

後藤良次と三上静男の違い(反社会性障害とサイコパス)

後藤良次と三上静男は同じ犯罪者であっても、大きな違いがありました。その違いとは後藤良次は反社会性障害であって三上静男はサイコパスであったという違いです。

後藤良次は、自分の組を思ったり、内縁の妻のことを考えるなど他人のことを考えていました。また舎弟の面倒を見るなど他人のこと気にかけていました。さらに罪を告白するなど良心の呵責を感じていました。

しかし三上静男は幼少期から小動物を苦しめ殺害したり、被害者を監禁し、虐待殺害をすることを楽しんでいました。また犯行を行ったことに対して罪悪感もなく、虚偽を突き通そうとしていました。

新潮45記者の宮本太一

TheAngryTeddy / Pixabay

宮本太一は新潮45に所属していた記者でした。この事件が明るみになった背景はこの記者がいたからです。もともと新潮45では事件の裏側を取材するものではなく、女性のヌード写真を取り上げることが多かったです。

しかし、ある時東京拘置所に拘留されている宮本太一の知り合いから連絡が届きます。連絡があったため拘置所に向かい、面会を行うと、「後藤という死刑囚が自分の余罪を告白しようと考えてる」と相談を持ち掛けます。

そこで宮本太一は後藤良次と面会を行い取材を行う計画を立てるのです。

後藤良次からの手紙で宮本太一は取材を決意

Free-Photos / Pixabay

その後、後藤良次から手紙が送られてきます。この手紙の内容に宮本太一は驚愕します。そこで宮本太一は手紙を受けて取材を行おうと決意します。

そして取材を行っていく中で、彼は後藤良次の取材を決行します。そして拘置所で後藤良次と面会を行います。さらに膨大な後藤良次からの手紙などの調査を行います。

上申書殺人事件の真相は、後藤良次の告白だけでなく、宮本太一の熱心な取材があったからこそ解決した事件でした。

死刑囚が自ら犯罪を語った前代未聞のスクープ

宮本太一が後藤良次への取材を行ったことで、明るみになっていない事件の真相が明らかになりました。上申書殺人事件という取材をすることがなければ闇に埋もれることになる可能性のあった事件の真相を知ります。

その後藤良次の語った事件の内容の調査を行いました。そして事件の内容を雑誌で出すことにより、この事件を世に知らしめました。

上申書殺人事件のその後

geralt / Pixabay

上申書殺人事件は、これまで明らかにされなかった事件が突如世の中に明るみになったことで、さまざまなメディアから注目を集めるようになりました。

この上申書殺人をもとに作られたノンフィクションミステリー小説である「凶悪‐ある死刑囚の告白‐」が出版されています。この著書は10万部を超えるベストセラーとなりました。

またこの小説に合わせて映画も制作され、全国で上映されました。タイトルは「凶悪」というタイトルになっています。この映画では山田孝之やリリーフランキーなど、日本映画界を代表する俳優が出演していました。

後藤良次の現在は内縁の妻と縁切り

Tumisu / Pixabay

後藤良次は現在内縁の妻とは縁切りを行っています。これは後藤良次が内縁の妻に対して迷惑をかけたくないという理由で縁切りを行いました。そのため内縁の妻との身元引受人を解除します。

さらに面会も断ります。取材が行くかもしれないので縁を切ります。身元引受人はいなくなりましたが、「自分のどうしようもない人生に巻き込みたくなかった」と語っています。

親身になって面会や差し入れに来る内縁の妻に「他の女から差し入れが有るからいい」と言い、面会を断っていました。しかし、実際は自分の舎弟が差し入れに来ていました。

三上静男の逮捕前の様子

geralt / Pixabay

逮捕前の三上静男は、自分の身を案じて証拠の隠滅を図り始めます。2件目の被害者男性を自分の土地から掘り起こし、別の場所に遺棄するなど物的証拠を隠滅しました。

また後藤良次が世話をしてきた舎弟を自殺するまで追い込み、されに財産をすべて処分するなど事件に関係した人物まで三上静男の魔の手は迫っていました。

このように物的証拠や関係者を始末し、事件が公になっても自分が有利になるような環境をつくっていました。そのため上申書殺人事件が立件されたのも、1件になってしまったのです。

先生を「三上」と呼び捨て

geralt / Pixabay

後藤良次は三上静男のことを慕い、「先生」と逮捕前や逮捕直後は呼んでいました。しかし三上静男が約束を守らず、自分の舎弟の財産を処分するなど、後藤良次の反感を徐々に買っていきました。

そのため、次第に後藤良次も三上静男に対して「先生」と呼ぶことも少なくなっていきます。また、三上静男に対して上申書を県警に提出し、三上静男を自らの証言で追い詰めようとします。

さらに三上静男の裁判では、三上静男に対して「先生」ではなく「三上」と呼び捨てにする姿も見られています。このように、2人の関係は三上静男の裏切りによって崩壊していったのです。

上申書殺人事件の裁判の判決と現在

3839153 / Pixabay

上申書殺人事件は、後藤良次の告白により発覚しました。そして首謀者でもある三上静男にも警察の手が迫っていました。三上静男はすべての証拠を隠滅しようとしましたが、失敗し最終的には逮捕されてしまいます。

また、首謀者の三上静男と実行犯である後藤良次が逮捕されただけでなく、上申書殺人事件の関係者にも捜査の手が伸びていきました。そのため、3件目の事件の被害者家族も捜査の結果逮捕状がでて、逮捕されます。

このように、三上静男が捕まったことにより、その関係者たちも徐々に逮捕され、罪が暴かれていきました。

NEXT:後藤良次は懲役20年
1/2