伊藤エミとジュリー沢田研二の結婚や馴れ初めは?子供や葬儀は? 歌手・アーティスト

伊藤エミとジュリー沢田研二の結婚や馴れ初めは?子供や葬儀は?

ジュリーの愛称で親しまれている沢田研二さんは、1975年6月にザ・ピーナッツの伊藤エミさんと結婚しています。2人の馴れ初めはどうだったのか、また離婚の原因や子供に関することを調べました。更に伊藤エミさんの死因や葬儀に関してまとめてみました。

ザ・ピーナッツ伊藤エミとジュリー沢田研二の結婚の馴れ初めは?

ザ・ピーナッツ伊藤エミさんと沢田研二さんが結婚したのは1975年6月で、伊藤エミさんが34歳で、沢田研二さんが27歳でした。伊藤エミさんと沢田研二さんは同じ事務所で2人共当時人気の歌手でした。

1975年に結婚し芸能界を引退した伊藤エミ

伊藤エミさんは1975年に結婚したあと、同じ年に芸能界を引退しています。沢田研二さんとの結婚を機に、ザ・ピーナッツは引退していたようです。歌手としてまだまだ人気でしたから、惜しまれての引退でした。

伊藤エミさんは、本名を沢田日出代といい、1941年4月1日名古屋生れです。1959年に妹ユミさんと結成した「ザ・ピーナッツ」としてデビューし、「恋のバカンス」「恋のフーガ」などのヒット曲で有名です。

1959年6月から1970年3月まで、フジテレビ系の「ザ・ヒットパレード」のレギュラーとなり、1961年からは日本テレビ系のバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」でメイン司会を務めていました。

引退は沢田研二の言葉に従ったから?

伊藤エミさんは、1975年2月18日に渡辺プロダクション社屋で、引退表明の記者会見を開いています。また、引退は1972年頃から考えていたそうです。

伊藤エミさんが、沢田研二さんと結婚後、あっさりと芸能界を引退していますが、それは沢田さんから「歌手を辞めてほしい」と言われたのがキッカケだということです。

芸能界を引退したあとは、親友である中尾ミエさんや伊藤ゆかりさん以外は芸能人との付き合いはなかったといいます。1975年の3月31日には、「夜のヒットスタジオ」で引退記念が催されました。

結婚までの馴れ初めは?スター同士の結婚に当時注目が集まっていた

沢田研二さんと、伊藤エミさんが結婚に至った理由は、2人が同じ事務所に所属していたこともあるようです。当時は沢田研二さんも伊藤エミさんも共に人気がありましたから、ビックカップルとして騒がれました。

沢田さんと伊藤さんの詳しい馴れ初めや、どちらが先に好きになったのか、プロポーズの言葉などの情報は残念ながらありません。事務所側の策略なのではないかといった噂もありますが、真意は分かりません。

伊藤エミとジュリー沢田研二の結婚式は比叡山延暦寺で行われた

2人の結婚式は、比叡山延暦寺で行われましたが、その直後に沢田研二さんのコンサートでは夫婦そろってステージに上がり、ファンに向けて結婚の報告をしたそうです。

なぜ比叡山延暦寺で結婚式を挙げたのか分かりませんが、比叡山延暦寺は1994年にユネスコ世界遺産に登録され、現在は世界遺産での結婚式も人気だそうです。

沢田さんと伊藤エミさんが式を挙げた時は、まだ世界遺産に登録されていませんでした。かなり厳かな結婚式だったのではないかと思われます。

二人の結婚は事務所の力だったという噂も

沢田研二さんと伊藤エミさんの結婚は、実は当時彼女がいた沢田さんを、事務所の力で無理やり別れさせたともいわれています。当時の彼女とは同じ芸能人なのか、一般人なのかは分かっていません。

事務所側の働きがあったということは、同じ事務所内での恋愛だったのかもしれません。しかし、それも単なる噂話かもしれず、やはり真相は分からないままです。

結婚後の二人の生活は?淡々としていた?

ASSY / Pixabay

沢田研二さんと伊藤エミさんは、1975年に結婚してから1987年で離婚するまで12年間の結婚生活は、淡々としたものだったといいます。

そのような結婚生活だとしたら、現在だとすぐに離婚しているケースなのかもしれません。

当時の結婚生活の様子などは、今のように拡散しにくかった時代ですから、淡々とした生活とはどんな生活だったのか詳しくは分かりません。ただ、お互いに熱が醒めたような間柄となっていた可能性が高いでしょう。

伊藤エミと沢田研二に子供はいた?

4144132 / Pixabay

伊藤エミと沢田研二さんとの間には、1人息子がいます。名前を澤田一人といい、一般人ですから表舞台には出ていませんが、音楽関係の仕事をしていたこともあったようです。

沢田さんと伊藤さんが離婚した後は、澤田の姓で母親に引き取られています。

一人息子の澤田一人!現在の年齢や画像は?

stevepb / Pixabay

澤田一人さんは、1979年3月に生れていますから、今年で40歳になります。一般人でもありますから、残念ながら画像はないようです。

沢田さんと伊藤さんが離婚したのは1987年ですから、一人さんが8歳の時です。

一人息子の澤田一人は障害の噂があるが真実は?

stevepb / Pixabay

沢田研二さんの一人息子である澤田一人さんが、表舞台に登場していないことで、何か障害があるのではないかという噂がありますが、そういった事実はないようです。

澤田一人さんが一般人でもあり、表舞台には出ていませんし、画像などもほとんどないことから、障害者ではないかといった噂がたってしまったようです。

こういった原因で、芸能人の子供が障害者ではないかと噂されるのは、芸能界ではよくあることで、そのほとんどがデマである可能性が高いようです。

歌手の沢田正人との関係は?

同じ歌手に沢田正人さんがいますが、沢田研二さんにどことなく顔が似ています。同じ沢田姓ということもあって、注目されていましたが、沢田研二さんの息子ではないということが分かっています。

沢田正人さんは、滋賀県米原出身で誕生日は11月2日ですから、生れた月日は違いますし、出身地も違います。沢田正人さんには兄弟もいるそうですから、1人息子である澤田一人さんとは別人で間違いないでしょう。

名前に「人」という字が入っていることも共通していて、誤解されたのかもしれません。

離婚したのになぜ澤田姓だったのか?

伊藤エミさんは、生涯沢田研二さんの本名である澤田姓を貫きました。そのことは伊藤エミさんが、ずっと沢田研二さんのことを愛していたのだろといわれています。

また、「名前を変えると子供がかわいそうだ」と周囲に言っていたらしく、子供のために苗字を変えなかったのもありそうです。沢田さんの事は愛していたし、さらに子供のことを考えて名前を変えなかったのでしょう。

息子と沢田研二の現在の関係は?

2011年の沢田研二さんのタイガース再結成コンサートに、息子の澤田一人さんが見に来ていたそうです。

舞台での父親を見て歓喜の涙を流していたといいます。その後、沢田研二さんの楽屋へ行き、25年ぶりに再会されています。

一人さんは、父親である沢田研二さんに会いたかったようですが、母親のエミさんに気遣い、長年会っていなかったそうです。2011年と言えば伊藤エミさんが亡くなる1年前です。

伊藤エミと沢田研二の離婚理由は何だったのか

伊藤エミさんの離婚の理由は、沢田研二さんの浮気だといわれています。そして結果的には、その浮気相手と再婚していますので、略奪婚とも言われていました。

その相手とは、女優の田中裕子さんです。田中裕子さんは現在も女優として活躍しています。田中裕子さんは、1955年4月29日生まれで大阪府池田市の出身です。現在63歳ということになります。

1979年に、NHKのテレビ小説「マー姉ちゃん」の妹役でデビューしています。1983年の連続テレビ小説「おしん」では主役を演じています。歌手としても活動していた時期もあり、歌番組にも出演しています。

伊藤エミの入院でのエピソード

qimono / Pixabay

沢田研二さんと離婚したあとで、伊藤エミさんは入院したことがあります。

その時に伊藤エミさんは、「忙しい時にすみません」というと、沢田研二さんは「悪いと思ってるのなら、お前の小遣いから入院費を払っておけよ」と答えたそうです。

その発言は、「慰謝料を18億円支払っているから当然だ」、といった言い方のように感じます。しかしその言葉の真意は分かりませんし、その発言が本当なのかも分かりません

1983年に沢田研二と田中裕子の不倫報道が報じられた

NjoyHarmony / Pixabay

沢田研二さんと田中裕子さん不倫報道は1983年6月に報じられました。当時は2人とも人気のある芸能人でしたから、かなり話題になりました。

沢田研二と田中裕子は「男はつらいよ」の共演がきっかけで知り合った

沢田研二さんと田中裕子さんが出会うきっかけとなったのが映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の共演だったそうです。そのころから、沢田研二さんは田中裕子さんに好意を持っていたといわれています。

田中裕子さんは、女優の中では地味な顔立ちなのですが、当時は多くの俳優にも好かれていたそうです。

宣戦布告もあり沢田研二も不倫を認めていた

沢田さんは、田中さんのマンションに頻繁に通うようになり、やがて家にも帰らない日々が続きました。

そんな状況の中、田中裕子さんは、「必ず彼と一緒になる」と伊藤エミさんに宣戦布告するようなコメントをしています。沢田さんも同じように不倫を認めるような発言を繰り返していました。

1987年1月に愛故の離婚か

沢田研二さんと伊藤エミさんは、1987年1月に離婚していますが、子供もいたことで離婚するとき、当事者同士では話し合いがなかなかまとまらず、慰謝料についての話し合いでもめたようです。

2人の離婚について、当時夫婦と親交の深かった故・ハナ肇さんは、女性セブンの取材で伊藤エミさんの気持ちを代弁しています。

「エミさんは、沢田研二さんを愛するゆえに、離婚届に判を押したと思う。愛する人の望むようにしてやるのが本当の愛情なんだというきれいな気持ちで決心したのだと思う」とコメントしています。

離婚による慰謝料は芸能人カップルの最高額18億1,800万円

結果的に沢田研二さんが伊藤さんに、18億1,800万円の慰謝料を支払うことで話はまとまりました。この慰謝料の額は当時の芸能界では最高額でした。その金額は、沢田さんのその後の結婚生活への決意を感じます。

その後沢田研二は田中裕子と再婚

沢田研二さんの離婚によって伊藤エミさんと離婚する結果となりましたが、その後すぐに田中裕子さんと再婚すると思われていました。

しかし、なかなか結婚の話はでなかったため、結局別れてしまったのではないかと噂されていました。そんな噂が広がる中、8年の交際を経て沢田研二さんは、田中裕子さんとようやく結婚することとなりました。

伊藤エミの死因は?

伊藤エミさんは2012年の春頃、転倒したことが原因で腰などを強く打ってしまったそうですが、なかなか治らなかったため精密検査を受けたところ、癌がみつかったそうです。

その時点で癌はかなり進行していて、すぐに入院したものの癌の発覚から3ヶ月で亡くなってしまいました。昨年には実母が亡くなったばかりでした。

2012年6月15日に死去

伊藤エミさんは、がんのため2012年6月15日に亡くなっています。71歳でした。

死因はがんだった

伊藤エミさんの死因の詳細は分かっていませんが、癌だったといいます。妹の伊藤ユミさんは4年後の2016年5月18日に75歳で亡くなっています。

葬儀は澤田姓で近親者のみで営まれた

伊藤エミさんの葬儀は近親者のみで行われました。沢田研二さんが、伊藤エミさんの訃報を知ったのは、6月27日前後だったそうです。それが本当なら、沢田さんは葬儀には参列していなかったことが予想できます。

伊藤エミの訃報に元旦那のジュリー沢田研二は無言を貫いた

伊藤エミさんの死去が明らかになった6月27日、沢田研二さんは神奈川県内でコンサートを行っていました。報道陣が詰めかけましたが、沢田さんはコメントをしていません。

所属事務所は、沢田さんに代弁して「心情は計り知れません」とコメントしています。

沢田研二さんのこれまでの活動

沢田研二さんは、本名澤田研二といい、ジュリーの愛称で親しまれてきました。1948年鳥取県で生まれ、京都府京都市で育っています。中学時代は野球部のキャプテンを務め、以外にも中学では番長だったそうです。

17歳でアルバイト先で「サンダース」というグループに声をかけられたことがきっかけで、「ファニーズ」というグループサウンズにリードボーカルとして正式に加入しています。

「ファニーズ」はその後、渡辺プロと契約した後、テレビ番組出演直前に「ザ・タイガース」と名付けられました。1971年に「ザ・タイガース」の解散後は、ソロとして活躍しています。

沢田研二のソロとしての活躍

1971年11月1日発売のシングル「君をのせて」は当時累計売上が10万枚とあまり売れませんでした。その後1973年4月21日発売の「危険なふたり」は65万枚の売り上げで、オリコン1位を獲得しています。

1975年8月21日に発売された「時の過ぎゆくままに」は5週連続オリコン1位で累計92万枚の記録で沢田研二にとっての最大のヒット曲となりました。

1977年5月に発売された「勝手にしやがれ」は5週連続1位を獲得し89万枚を売り上げ、この曲で第19回日本レコード大賞を受賞しています。暴行事件などもありましたが現在も多くのファンに支えられています。

ジュリーとの離婚後は目立たない人生だった伊藤エミ

71歳で亡くなった伊藤エミさんは、1959年に妹のユミさんと結成したザ・ピーナッツとしてデビューし、「恋のバカンス」などのヒット曲を飛ばしていました。

1975年にジュリーこと沢田研二さんと結婚すると、芸能界をあっさりと引退しています。この時伊藤エミさんは「惜しまれながら引退したかった」と言ったそうです。

1987年に沢田さんと離婚してからは、芸能人とは極限られた人としか会っていませんでした。華やかだった芸能生活とは一転して、目立たない人生を送っていました。癌で亡くなったときも近親者だけの葬儀でした。