名作「レオン」のマチルダのその後・現在は?続編はあるの?

1994年に公開された映画「レオン」殺し屋と少女のはかなくも美しい関係を見事に描いたリュック・ベッソンの代表作ともいわれている名作です。その中でも非常に高い人気を誇っている「マチルダ」。今回はマチルダの魅力や現在について徹底調査していきたいと思います。

映画「レオン」の「マチルダ」のその後が気になる?現在は?

ijmaki / Pixabay

レオンは1994年に制作された映画であり、殺し屋と少女の奇妙で純粋な絆を描いた不朽の名作です。主人公はジャン・レノが演じていますが、当時ジョン・レノンと勘違いした人もいるのではないでしょうか?

人気の名作となった「レオン」でも人気の役「マチルダ」

制作から25年たった今も色あせることない名作として有名なレオンですが、特に主人公の殺し屋に助けられる少女「マチルダ」がファンの中で絶大な人気を誇っています。

「レオン」で「マチルダ」を演じたのはナタリー・ポートマン

マチルダ役を演じたのはナタリー・ポートマンです。今では誰もが知る超有名ハリウッド女優ですが、彼女のデビュー作こそこのレオンであり、マチルダなのです。

なお、マチルダを演じた当時彼女は13歳でした。13歳でかつデビュー作であるにもかかわらず、実に堂々とした演技です。当時からナタリー・ポートマンはその才能を如何なく発揮していました。

「レオン」の未公開シーンを加えた完全版はどんな感じ?

劇場未公開分の22分を加えた「レオン完全版」が存在します。こちらではレオンの過去やマチルダへの具体的な暗殺指南などが追加で描かれています。

当初はこちらが劇場公開版でしたが、一部の観衆から「過激、不適切だ」という指摘を受け、泣く泣く該当シーンをカットした上で公開版としたそうです。

ちなみに完全版ではマチルダが酒を飲んで大爆笑するシーンが収録されていますが、あまりに心から笑っているので「本当にアルコールを飲んで撮影している」説が出回りました。

「マチルダ」のその後?「レオン」の続編が出ると話題に?

予想を上回る反響をみせたため、リュック・ベッソン監督はマチルダのその後を描いた続編の制作を考案していたという噂があります。ナタリー・ポートマンも草稿を見て乗り気だったとか。

しかし、レオンの続編は現時点で制作されていません。「ジャン・レノが出演できないため(レオンのラストで死亡しています)」「レオンの世界観を壊すと考えた」など、様々な推測がなされています。

2012年に公開された「コロンビアーナ」は「レオン」の続編?

2012年に公開された「コロンビアーナ」では、「ニキータ」「レオン」伝説には続きがあった」との煽り文句が。しかしこれは「レオンイズムを引き継ぐ」という意味で本当の意味での続編ではありません。

主人公の女性は「カトレア」です。しかし、幼いころに両親をマフィアに殺され復讐を誓うというのはマチルダと設定がかぶっています。そのため、カトレアをマチルダと重ねて楽しむことができるのです。

リュック・ベッソン監督に強く悲しい女性を表現させると右に出るものはいない、という声も挙がっています。

マチルダ役を演じたナタリー・ポートマンのその後の活躍は?

レオンで鮮烈なデビューを果たしたナタリー・ポートマンは、その後も数々の映画に出演しています。主な作品としてはスター・ウォーズ、ブラックスワン、クローサーなどが挙げられます。

またプライベートでは、ブラック・スワンで共演した振付師と結婚し、現在2人の子供を設けています。あのマチルダがもう母親になっているとは、当時レオンを見ていた人にとっては感慨深いですね。

「レオン」のマチルダの魅力は?(画像あり)

skeeze / Pixabay

ではなぜマチルダはここまで愛されるキャラとなったのでしょうか?当然ナタリー・ポートマンが魅力的だから、というのも大きな要因ですが、マチルダという役どころもその一端を担っています。

ここでは、数多くの人を虜にしたマチルダの魅力について紹介したいと思います。

魅力①:大人の一面、子供の一面を見せる多面性がある少女の役柄、年齢は?

親、姉に常日頃から虐待を受け徐々に心を閉ざしていきます。しかし、マチルダはまだ12歳。こうした背景から、冷めた大人の一面と子供らしいあどけなさの両面を持つ非常に危うい少女として描かれています。

このような非常に難しい役どころを完璧に演じきったナタリー・ポートマン。彼女がマチルダ役を演じたからこそここまで皆に愛されるキャラとなったのでしょう。

魅力②:服やブーツなどのファッション、髪型がかわいい

また、彼女のルックスも高い人気を誇る理由の一つです。服やブーツなどのファッションは女性からも非常に評価されており、未だにマチルダファッションをマネするマチルダ女子が多く存在します。

また、当時の彼女の髪形は「マチルダボブ」と呼ばれており、ヘアースタイルの一つとして完全に定着しています。

「レオン」のあらすじは?

ここでレオンのあらすじを簡単にご紹介します。一流の殺し屋であるレオンは仕事のために住み始めたアパートで隣に住むマチルダと知り合うこととなります。

ところがその後、マチルダの父がマフィアの麻薬をくすねていたことがばれてしまい、一家全員がマフィアに殺されてしまいます。この時マチルダは買い物に出かけており家にいませんでした。

家に入ろうとした彼女は異常に気付き、レオンにかくまって欲しいとお願いします。ここから殺し屋と少女の奇妙な同棲生活が始まります。

レオンのマチルダのグッズが人気?どんなグッズがあるの?

richardsdrawings / Pixabay

マチルダに関しては様々なグッズが制作・販売されています。ここではそれらグッズの一部について紹介したいと思います。

これらのグッズを購入し、より近くでレオンを感じてみてはいかがでしょうか?(販売終了している可能性がありますのでご注意ください)

グッズ①:Tシャツ

マチルダTシャツです。胸のあたりにマチルダの写真がプリントされています。

グッズ②:iPhoneケース

iphoneケースのマチルダ仕様です。こちらの商品ではかわいらしくデフォルメされています。また、マチルダだけではなくレオンバージョンも存在します。

ただ、このレオンだと殺し屋というよりは気のいいオジサンという感じ。任務遂行は難しそうです。

グッズ③:スウェット、トレーナー

こちらはスウェットです。レオンとマチルダが並んで歩いているシーンを切り取って描かれています。線で描写されているのが何とも物憂げで映画の世界観が表現されていますね。

部屋着として使えば、レオンやマチルダと常に一緒にいることができそうです。

グッズ④:パーカー

レオングッズではパーカーも販売されています。全体に写真がプリントされているため、このパーカーを着て街に出れば一目でレオンファンであることを分かってもらえるかと思います。

グッズ⑤:トートバッグ

こちらはトートバッグですね。デザインはスウェットと同じものです。スウェットとおそろいでコーディネートするとおしゃれかもしれませんね。

グッズ⑥:ポスター

こちらはおどろおどろしいMADな細密画を得意としているイギリス人アーティストGodmachine が作成したアート(ポスター)です。

非常にスタイリッシュな作品に仕上がっていますので、レオンファンでなくとも思わずほしくなってしまう1枚でしょう。

マチルダ役、ナタリー・ポートマンは超才色兼備

ナタリー・ポートマンはマチルダ役で華々しいデビューを果たし、後にアカデミー主演女優賞も獲得するほどの大女優へと成長しますが、彼女のすごいところはそれだけではありません。

何と彼女は世界でも有数の難関大学であるハーバード大学を卒業しています。しかも在学期間中はスター・ウォーズの撮影時期とかぶっていたにも関わらずです。

また、彼女はその後もヘブライ大学で中東問題を学び、様々な支援活動を行っています。完璧な美貌ととてつもない能力、そして行動力。多くの女優は彼女を尊敬し、目指すべき目標としています。

レオン、マチルダについてのまとめ

皆様いかがでしたでしょうか?今回はマチルダについて詳しくご紹介しました。未だに多くのファンを持つ不朽の名作レオン。見たことがある人もない人も見てみたいと感じたのではないでしょうか?

そんなマチルダを熱演したナタリー・ポートマンも既に30代後半であり、2児の母となっています。今後も大人の魅力前回な彼女の活躍に期待したいですね。

まさかあの人がハリウッドに?伊藤英明に関する記事はこちら