城之内の顎は公式?コラ?クソコラ画像まとめと作画崩壊の原因おもしろ

城之内の顎は公式?コラ?クソコラ画像まとめと作画崩壊の原因

目次

[表示]

ドンキの監視カメラに写った人

コスプレイヤー以外でも、城之内くんを思い出させる顔をした方がいました。その方は総合ディスカウントストア及び総合スーパー展開するドン・キホーテの監視カメラに映っていました。

彼はドン・キホーテの監視カメラの映像が商品の所に映っていたので、自分で動画を撮ったといってこの動画を上げています。

彼も城之内くんそっくりだと話題になり、動画もあっという間に広まり、人気者になりました。

特徴的な顎を持つ人やキャラクター

sayknight168 / Pixabay

城之内くんと顎の人気の高さなどはご説明しましたが、遊戯王以外の作品でも、特徴的なアゴを持っていたため話題になったキャラクターは多数存在します。高い人気のあるキャラは、何かしら特徴を持っています。

城之内くん以外にも、顎に特徴のあるキャラクターなどは多数いて、やはりそのインパクトから覚えやすく、心に残るため知らず知らずのうちに親近感も湧くのでしょう。

アニメや漫画などだけではなく、芸能人にも特徴的な顎を持ち、色々な人に愛されている方もいます。そのような方はキャラクター性が高くなるため、人気もでると言われています。

かぐや姫の物語の帝

Pexels / Pixabay

先ほど顎の角度の話でも出てきましたが、スタジオジブリ作品のキャラクターです。かぐや姫の物語は竹取物語を題材として、高畑勲さんが監督を務めて出来上がった作品です。

帝も城之内くんと同じタイプの顎で、鋭く長い顎です。帝の顎の角度は67°と城之内くんには及びませんでしたが、十分な鋭利さです。顎だけではなく、そのキャラクター性もあって人気になりました。

帝は作品中で、女性に抱き着きながら、「私がこうすることで喜ばぬ女はいなかった」というセリフがあるのですが、そこでも長い顎が激しく主張しているため、女性を虜にする魔性の顎の持ち主とされています。

クッキングパパ

Oldmermaid / Pixabay

クッキングパパはうえやまとちさんの漫画作品で、アニメやドラマ化もされています。料理、グルメ漫画というジャンルで、ほとんどの話が、家庭的でほのぼのまったりとした内容となっています。

クッキングパパの主人公である荒岩一味(あらいわかずみ)はサラリーマンでありながら、プロ級の料理の腕前を持つ荒岩家の大黒柱です。荒岩一味の顎は城之内くんや帝とは違うタイプの顎です。

城之内くんや帝の顎は刺さりそうな鋭く縦に長い顎ですが、荒岩一味の顎は、人や物を押しつぶせそうな平らで横に長い顎となっています。かなりしゃくれており、すごい顎のキャラクターとしても有名です。

アントニオ猪木

アントニオ猪木こと猪木寛至(いのきかんじ)さんは日本の元プロレスラーで、参議院議員なども務めています。アントニオ猪木は、顎界で一番有名な人物なのではないでしょうか。

城之内くんもそもそもアントニオ猪木の顔真似をした結果、あの顎を主張させた顔になっているのです。アントニオ猪木は尋常ではない強さとカリスマ性を兼ね備えた人物です。

アントニオ猪木は「俺の顎は尖っているからそれだけ強い」と言っており、顎も自身の武器であるということを言っています。大きな自信とそれに見合う強さがさらに魅力を引き立てています。

城之内くんの顎は城之内くん以外にも似合う

annca / Pixabay

城之内くんの顎は、どのようなキャラクターも面白くしてしまう非常に便利な顎です。城之内くんは普段イケメンだからギャップでさらに面白いということもありますが、結局この顎の破壊力でした。

顎の汎用性の高さから、人を選ばず遊ばれ、盛り上がったのでしょう。今後もコラ職人たちには、色々な面白いコラ画像を作り出していってほしい所です。

作画に関する記事はこちら

https://career-find.jp/archives/118352

2/2