酒々井バラバラ殺人事件の真相!竹内愛美が弟をバラバラに、判決やその後 社会

酒々井バラバラ殺人事件の真相!竹内愛美が弟をバラバラに、判決やその後

目次

[表示]

父親について

mohamed_hassan / Pixabay

父親は、精神を患う前からあまり父としての役割は果たしていなかったと言われています。経済的な面でもあまり、頼りになるほどの額でも無かったようです。

さらに、子育てに対しては完全に無関心で、母親に任せっきりだったと言われています。家に戻ると自分の部屋に閉じこもってしまうという人でした。

母親について

ArtsyBee / Pixabay

母親は親としてかなり酷い人間で、子どもに虐待をする母親でした。長女である竹内愛美もこの母親に叩かれるなどの虐待を受けて育ちました。

殺害された竹内諒さんの虐待はさらに酷かったようで、頻繁に叩かれ、食事を2日抜かれた事もあったと言われています。

竹内諒さんは虐待をしてきた母親に対して、母と呼びたくなかったようで、あの人、といった呼び方をしていました。

殺害された弟竹内諒さんについて

craigclark / Pixabay

竹内諒さんは長男として竹内家に生まれています。竹内諒さんは虐待してくる母親に対して反抗していたため、さらに酷い虐待を受けていた事がわかっています。

皿を洗う事を強要され、従わなかったため、洗っていない皿をそのまま使われたり食事を抜かれたり、頻繁に暴力を振るわれたりといったことです。

両親と離れて暮らすようになった竹内諒さんはかなり開放的になったため、そのことが今回の事件に繋がったのではとも言われています。

他にも二人の妹がいる

6563351 / Pixabay

竹内愛美の3つ下に次女もいて、さらに7つ下には三女もいます。この次女と三女も母親に虐待を受けており、母親はかなり嫌われていた事がわかっています。

竹内愛美の妹2人は、両親が離婚した際に家を出ていったとされています。

現在の家族の様子は?

sebagee / Pixabay

両親は離婚し、父は変死、次女と三女は家を出ていき、長男は殺害され、長女は逮捕、と完全い一家離散しています。

事件前に竹内諒さんのツイッターには、母親と次女と三女も死亡したかのようなツイートが載せられており、現在も生存不明なことから、すでに亡くなっているとも言われています。

竹内諒さんのツイッターの内容とは、「最後の家族すら奪っていくのか」という家族が死亡したと思われるツイートがされています。

酒々井バラバラ事件の動機と真相は?

酒々井バラバラ殺人事件を起こした竹内愛美の犯行動機は一体何だったのか、竹内諒さんと2人暮らしをしていた頃を調査するにつれて、事件のきっかけとなりそうな情報が出てきました。

その情報とともに、酒々井バラバラ殺人事件の真相について迫ります。

二人で家に住むにあたってルールがあった

IO-Images / Pixabay

竹内愛美と竹内諒さんは2人で暮らす時に、ルールを作っていました。無駄なトラブルや喧嘩を無くすためだったとされています。

しかし、このルールが事件のきっかけになったのでは、と言われています。

ルール➀生活費を折半

nattanan23 / Pixabay

ルールの1つは2人で暮らすため、生活費を半々で出し合うというものです。ルールは至って普通にありそうなものですが、竹内愛美は浪費癖が激しく、度々竹内諒さんに代わりに出してもらっていた事がわかっています。

竹内諒さんは金銭面の約束を守らない竹内愛美に対して、かなり不満を持っていたようです。

ルール➁お互いの部屋に入らない

ルールの2つ目は、お互いの部屋には入らない、というもので、これも一緒に暮らす、しかも異性である相手を尊重する普通のルールと言えます。

しかしこれは竹内諒さん側が守っていなく、勝手に竹内愛美の部屋に入っていたとされています。バナナの奇行なども竹内愛美の部屋で勝手に撮った写真とされています。

ルール➂許可なく友達を家に呼ばない

Free-Photos / Pixabay

ルールの3つ目は、お互い許可を得てから、家に知人を呼ぶというもので、特に若い女性である竹内愛美からすると、知らない男性が知らない間に家に居たり、突然やってくるのは受け入れがたい事だったのでしょう。

しかし、竹内諒さんは、このルールも守らず勝手に知人たちを家に招き入れていたとされています。ルールを全然守らない竹内諒さんに竹内愛美はストレスを溜めていたとされています。

音ゲー部屋を作った弟にストレスか?

stevepb / Pixabay

竹内愛美は竹内諒さんがルールを守らない事だけではなく、その趣味に対してもかなりストレスを溜めていたとされます。

竹内諒さんはコンピューターゲームの種類の1つである音ゲーというものを趣味にしていて、音ゲーというだけあり、音楽に合わせてボタンを押したりするといったゲームです。

竹内諒さんは自分の部屋を音ゲーのために改造し、ゲームセンターのようにしていたと言われています。音ゲーの発する音はかなり大きいため、相当なストレスになったと言われています。

仲が悪かった?

mary1826 / Pixabay

一緒に暮らし始めた当初は、そこまで仲の悪くなかった2人でしたが、徐々に悪くなっていったとされています。

上記のルールを守っていない事や、音ゲー専用部屋として改造され、騒音を発するようになった事で竹内愛美はストレスを溜めていたとされています。

また、竹内諒さんも、お金や片づけを全くしないだらしない竹内愛美に対して、結構なストレスを溜めていたと言われています。

父親の遺産トラブルの可能性

image4you / Pixabay

最終的に殺害に至ったのは、遺産の話といったお金の話で起きた口論が激しくなっていった結果と竹内愛美は供述しています。

竹内愛美は父親の遺産を1人で貰っていて、しかもその事はしばらく竹内諒さんは知らなかったようです。その金額は年150万円振り込まれていました。この事で、竹内諒さんはかなり不満を持ちました。

本当なら半々で貰うものを1人で貰っていた事や、遺産を貰っておいて、お金を建て替えさせていた事に当然不満がでたのです。

酒々井バラバラ殺人事件の真相は?

近所の人によると、2人は仲が良さそうだったと言われていますが、犯行の動機となるような問題は色々あったとされています。

最終的に殺害まで至ったのは、徐々に溜まっていったストレスからなのか、殺害時に何かきっかけとなった出来事があったのかは、はっきりとしていません。

犯人である竹内愛美も、よく覚えていない、などといった発言をしており、いまだ真相はわかりません。後味の悪い状態なので、真相が早く明らかになって欲しいと願う声が多く上がっています。

事件についてネットでは双方の擁護

johnhain / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件が起きた当初は、残酷な犯人としか言われていなかった竹内愛美ですが、家庭内の問題などを知られていくにつれ、擁護する声も上がり始めました。

犯人の竹内愛美を擁護する人たちの意見

geralt / Pixabay

竹内愛美を擁護する人たちは、竹内諒さんの音ゲー専用部屋の発する騒音問題はかなりのストレスになる、ということや、ルールを守っていない事も相当ストレスになるという事を言っています。

弟竹内諒さんを擁護する人たちの意見

stevepb / Pixabay

また、殺害された竹内諒さんを擁護する声としては、バナナの奇行などそもそも竹内愛美には少し普通ではない所があった事や、遺産を独り占めしていたといった事が上げられました。

また、お金がないといいながら色々と散財していた事などから、やはり竹内愛美が悪いという声が上がっています。

日本で起きた酒々井バラバラ殺人事件に似た事件とは

Mediamodifier / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件は、家族の遺体をバラバラに切断した猟奇的な事件として有名になりました。

日本では、他にもこのような遺体をバラバラに切断するという事件が起きており、その度に世間を騒がせています。他に起きたバラバラ殺人事件とはどのようなものがあるのでしょうか。

北九州監禁殺人事件

VSRao / Pixabay

北九州殺人事件も遺体をバラバラに切断した凶悪な事件です。酒々井バラバラ殺人事件と同じ点では、家族を殺害した、ということです。

殺害したといっても実際の犯人によってマインドコントロールされて、どうしようもなくなり殺害したのです。まだ幼い子どもに殺害させ、遺体を切断させるなど、残酷な犯罪として知られています。

渋谷区短大生切断遺体事件

meguraw645 / Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件も、兄妹間で起きた事件で、当時21歳の次男と20歳の長女の間で起きたバラバラ殺人事件です。

他の家族は外出しており、家に2人きりになった次男は長女と口論の末、殺害に至りました。殺害された長女の遺体はのこぎりでバラバラに切断され、15ヵ所にも渡り切断されていました。

家族の間でも事件は起こる

n-k / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件では、姉弟間で起きた悲惨な事件として有名になりました。たとえ家族であっても、生活する上でお互いを尊重していかないと事件に発展する事もあるのです。

生い立ちや環境なども関係していますが、お互いの事を考えて生活すればこのような事にはならなかったでしょう。家族でさえ事件は起こるのですから、他人の事を尊重して生きるのは大切だと言えます。

2/2