酒々井バラバラ殺人事件の真相!竹内愛美が弟をバラバラに、判決やその後 社会

酒々井バラバラ殺人事件の真相!竹内愛美が弟をバラバラに、判決やその後

酒々井バラバラ殺人事件とは、千葉県で起きた事件です。姉の竹内愛美(たけうちえみ)が実の弟の竹内諒(たけうちりょう)さんを殺害し、遺体を切断した事件です。竹内愛美は事件前からバナナのオブジェのように置く奇行をしていました。この殺人事件の概要や真相をまとめました。

目次

[表示]

竹内愛美が起こした酒々井バラバラ殺人事件の概要

stux / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件は、まだ若い姉弟の間で起きた事件です。事件当時に犯人である姉の竹内愛美と、被害者で弟の竹内諒さんは、千葉県の酒々井町(しすいまち)という所に住んでいました。

酒々井バラバラ殺人事件という名前の通りで、酒々井町で起きた事件で、遺体をバラバラに切断した殺人事件です。まだ若い女性が実の弟を殺害しバラバラに切断したという事件で、世間を騒がせました。

2016年に弟竹内諒を殺害しバラバラにする

anaterate / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件は、2016年に起きた事件です。まだ事件が起きてから数年ですので、はっきり覚えているという方もおおいでしょう。

当時2人で住んでいた竹内愛美は、弟の竹内諒さんを殺害し、その遺体をバラバラに切断するという正気とは思えない行動をしています。

事件当時の二人の年齢

WikimediaImages / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件の起きた2016年当時、竹内愛美は25歳、竹内諒さんは21歳でした。まだ20代の若い姉弟間で起きた殺人事件という事、死体を切断するという猟奇的な内容で、世間に衝撃を与えました。

竹内愛美が起こした酒々井バラバラ殺人事件の時系列

Bru-nO / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件は、なぜ起きてしまったのか、どのようにして起きたのか、事件後の調査によって明らかになっていきました。

2人で暮らすことになった理由や、姉弟間の仲、酒々井バラバラ殺人事件が発覚したきっかけも報道されています。竹内諒さんの殺害された理由には、複雑な家庭の事情も関係していました。

2人の住む家の近所の住人も、竹内愛美と竹内諒さんが喧嘩していたと言っていたり、普段から外まで伝わるくらいの激しい喧嘩をしていました。

両親が離婚し変死した父の家で暮らす

stevepb / Pixabay

竹内愛美と竹内諒さんは事件当時2人で暮らしていました。両親は離婚し、母親と暮らしていたのですが、2011年に父が亡くなり、それから酒々井バラバラ殺人事件が起きるまでの数年は、2人暮らしでした。

元々は両親や他の姉妹や姉弟と住んでいたのですが、離婚した際に母方に引き取られ、父は1人で暮らし、竹内愛美は母や他の姉妹たちと一緒に暮らしていました。

竹内愛美の父は精神を病んでおり、仕事も休職状態で、自宅で療養していました。自殺未遂を図って救急車に運ばれるなど、あまり良い状態ではありませんでした。その父が変死し、空いた家に引っ越してきたのです。

2014年に弟竹内諒さんが数々のツイートを残す

ijmaki / Pixabay

殺害された竹内諒さんは、SNSのツイッターをやっており、そのツイートには姉の竹内愛美と関係している内容のものが、度々見られました。

酒々井バラバラ殺人事件の起きた後にその内容も知られていきましたが、そこまで険悪な感じでもなく、普通の姉弟という印象を受けます。

時折、姉が嫌になった等のツイートは見られますが、それも姉弟間で生活している上ではそのような時もある、くらいのもので、プリンを貰ったといった仲睦まじい様子のツイートまであります。

2016年春に姉弟の喧嘩を近所の住民が耳にする

RyanMcGuire / Pixabay

竹内愛美と竹内諒さんは、それほど仲が悪かった訳では無かったのですが、一緒に生活を続けていく内に、段々と悪化していったようです。

酒々井バラバラ殺人事件は2016年の夏に起きた事件なのですが、同じ年の2016年の春ごろに近所に聞こえるくらいの喧嘩をしていたと言われています。

2016年8月31日に竹内諒さんを殺害

Silentpilot / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件は、竹内愛美の証言によると、竹内諒さんとの口論が激しくなった結果、起きたと言われています。

事件の起きた8月31日、竹内愛美と竹内諒さんは金銭の問題、主に父からの遺産や生活にかかるお金のことで揉めていました。最初は口論でしたが、激しくなり、竹内愛美に竹内諒さんが襲い掛かってきたというのです。

竹内愛美は自分の身を守るために刃物を手に取り、そのまま体を竹内諒さんに向けたところ、太ももに刺さったと言っています。そのままアルバイトに行き、自宅へ戻ったところ竹内諒さんは死亡していたと供述しています。

9月12日に竹内諒さんの友人が訪問

酒々井バラバラ殺人事件は8月31日に起きたのですが、発覚したのは2週間程経った9月12日です。それも竹内諒さんはツイッターをやっていたおかげで、気づかれました。

竹内諒さんは普段から頻繁にツイッターにツイートしていました。そのため友人たちとは直接会っていなくても、普段から連絡を取れている状態でした。

その竹内諒さんのツイッターが2週間程更新されず、おかしいと感じた友人たちは家まで出向きます。そこで竹内愛美に諒はいない、と返されましたが、不審に思った友人たちは警察に通報し、事件は発覚しました。

9月13日に逮捕される

WikimediaImages / Pixabay

竹内諒さんの友人たちから通報を受け、千葉県警は現場に駆け付けました。現場にはリビングにいた竹内愛美と、バラバラに切断された後に、袋詰めにされた竹内諒さんと見られる遺体が発見されました。

千葉県警はその様子を見た後に調査し、遺体遺棄、遺体損壊の容疑で竹内愛美を逮捕しました。竹内諒さんが殺害されてから2週間経った9月13日に、竹内愛美は逮捕されました。

警察の取り調べで、竹内愛美は殺害したことや遺体を切断し、袋詰めなどにしたことを認めており、犯人としてその後も調査や裁判を受けていくこととなります。

酒々井バラバラ殺人事件のその後と判決

succo / Pixabay

この酒々井バラバラ殺人事件が報道された時には、殺害の遺体をバラバラに切断していた事も、その遺体を家で保管しつつ、2週間も普通に生活していた事でも人々を驚かせました。

事件が発覚し、逮捕された竹内愛美は調査によって身元も判明し、酒々井バラバラ殺人事件の犯人として裁判を受けるのですが、その内容も世間を騒がせました。

殺害した事や遺体を切断解体した事を認めた竹内愛美は、殺害まで至った経路や動機の真相を明かし、刑を受けるために裁判にかけられましたが、色々とおかしい点が見られたのです。

2018年2月の公判で奇行や衝撃発言

geralt / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件犯人である竹内愛美の最初の裁判は、2018年2月に千葉地裁で開かれました。事件当初は、遺体遺棄、遺体損壊の容疑で逮捕されていた竹内愛美は他の罪も明らかになっていました。

竹内諒さんを殺害して、事件が発覚するまでの2週間で、竹内愛美は竹内諒さんのクレジットカードを使い、フリマアプリで衣類を購入していたのです。この件で電子計算機使用詐欺罪も加わりました。

この公判では、竹内愛美はあくまで正当防衛であり、殺意はなかったと主張しています。しかし事件当日に焼肉を食べていたり、のこぎりで遺体を切断、ハンマーで骨を砕く等の行動から、発言の真相はわかりません。

竹内愛美は被告人質問では「記憶がない」

qimono / Pixabay

初公判の罪状認否については、正当防衛を主張していた竹内愛美でしたが、被告人質問では「記憶がない」という供述を繰り返したんだそうです。

「はっきり覚えてないです」を繰り返し、事件についてはっきりとした供述は出なかったと言われています。

2018年3月5日に懲役10年の判決が下される

succo / Pixabay

2月の公判で検察側は懲役18年の罪を求刑しましたが、3月5日に竹内愛美が受けたのは懲役10年の判決でした。竹内愛美の一部の主張が認められたのです。殺意はないという事を認められこの結果となりました。

殺人罪ではなく、傷害致死罪となりましたが、このような件では、客観的に見て殺意があると判断される事が多いため、この結果に不服な人や、驚いた人も多くいました。しかし検察側は控訴はしませんでした。

検察側は控訴しませんでしたが、なんと被告側の竹内愛美側が判決に不服だと控訴したのです。殺人の件に関しては無罪である、という主張です。竹内愛美はその後の控訴審判決で、最終的に7年に減刑されました。

竹内愛美には過剰防衛が認められた

klimkin / Pixabay

竹内愛美はなぜ控訴審で減刑が認められたのでしょうか?竹内愛美側は正当防衛を主張していました。

高裁では「弟から下半身を蹴られた程度で、刺したことは防衛行為として著しく正当性を欠いている」とて正当防衛については退けられました。

しかしながら、控訴審では相手の暴行を防ぐ必要があったが限度を超えていた場合の「過剰防衛」が認められたのです。これにより罪は成立しているものの、減刑される結果となったのです。

竹内愛美の生い立ちや経歴

MiraviArt / Pixabay

酒々井バラバラ殺人事件後、竹内愛美の生い立ちや経歴も調査されました。竹内愛美本人も自分は被害者であるというような旨の発言をしており、その生い立ちが深く関係していると言われています。

幼い頃の家庭環境で、性格が歪んでしまったり、家族に対して攻撃的になってしまうこともあるのです。弟である竹内諒さんを殺害後、切断し、普通に暮らしていた竹内愛美はどのような生い立ちだったのでしょうか。

高校までは明るい性格だった

jill111 / Pixabay

竹内愛美は、自身の住んでいた酒々井町の自宅近くの小中学校に通っており、卒業後は自宅から公立高校に通っていました。

部活は運動部である陸上部に所属し、活発に活動していたと言われています。部活をやりながらも勉強もしっかり両立していたと言われています。

普段も明るく活動的な性格で、何事にも一生懸命だったと言われており、好印象を受ける人柄だったことが分かります。とても家庭環境に問題があったとは、思えない性格だったようです。

両親が離婚

Tumisu / Pixabay

明るい性格だった竹内愛美ですが、両親には色々と問題があったようで、離婚しています。正確な時期は不明ですが、竹内愛美の父親が精神を患い、休職している期間に離婚したと言われています。

竹内愛美の両親はあまりまともではなく、子どもを頻繁に叩いたりするような人でした。親同士の仲も親子の仲も良いものとは言えなく、竹内愛美や竹内諒さんの人格を構成することに影響したと見られています。

2011年頃に父親が変死

精神的に病んでいた父親は、2011年に変死しました。明確な死因はわかっておらず、変死ということになっています。

その後、酒々井バラバラ殺人事件が起きたため、父親の不可解な死にも竹内愛美が関わっているのでは、という噂も出てきていました。

父が変死した住宅で弟と二人暮らし

3dman_eu / Pixabay

父の他界をきっかけに、母親とは上手くいってなかった竹内愛美と竹内諒さんは、父が住んでいた住宅に住むことになりました。

他の姉妹は一緒に住むことはなく、家を出て行っています。そのため姉弟で2人暮らしをすることになったのです。

事件前はスーパーのレジ打ちのアルバイト

Stone_WLP / Pixabay

竹内愛美の両親にはまともな経済力はなく、さらに父が精神を病み休職したため、当時大学生だった竹内愛美は家族を養うためにアルバイトをしていました。

2人暮らしをする前はスーパーのレジ打ちのアルバイトをしたお金で、妹や弟にスマホや服を買ってあげていました。スーパーのアルバイトは、酒々井バラバラ殺人事件当時も続けていました。

趣味のイラストで副収入

Myriams-Fotos / Pixabay

竹内愛美はスーパーのアルバイト以外でも、趣味としていたイラストで、キャラクターのデザインなどをして副収入を得ていました。

そのため、2人暮らししていた当時は、経済的に割と余裕があったとされています。

バナナ奇行とは?

竹内愛美は事件前に、弟の竹内諒さんに謎の奇行をしているとSNSで発信されています。バナナや梨などの果物を男性器のように見えるような置き方をしていたというものです。

その謎のオブジェの周りにもバナナは散乱しており、バナナ奇行などと呼ばれていました。

竹内愛美の裏の顔と表の顔

猟奇的な犯行を行った竹内愛美は、外で会った際に受ける印象と、家で見た時に受ける印象は大分違ったようです。

竹内愛美は近所の住人や、職場では几帳面で愛想が良く、とても好印象なイメージでした。しかし、家に行った知人によると、部屋は片付いておらず、物は散乱しており、かなり雑な印象だったと言われています。

竹内愛美の精神鑑定の結果は?

orzalaga / Pixabay

竹内愛美は事件後精神鑑定も受けています。精神鑑定の担当者には「機能不全家族で育ったサバイバー」と言われていたそうです。

「機能不全家族」とは、育児放棄や虐待などが原因で、子供が無意識的に抑圧されてしまう家族のことで、機能不全家族で育った子どもは、愛情を得る機会が一般家庭の子供より少なくなります。

そのことが原因で、自尊心や自己愛、他者への共感などが欠落してしまうことがあるそうです。

竹内愛美の顔画像

事件後、竹内愛美の顔も報道されました。その顔をみた人の間では、恐ろしい事件を起こした犯人とは思えない可愛い顔だったと驚かれていました。

特にインターネット上では、かわいいとの声が多く上がっており、さらに話題を呼びました。

竹内愛美の家族について

hansbenn / Pixabay

竹内愛美は複雑な家庭環境で育っており、長女であった竹内愛美は、アルバイトで家庭を支えなければいけなかった等、かなりのプレッシャーを感じていたと言われています。

また、弟であった竹内諒さんの他に次女や三女もいて、両親と合わせて6人家族だったことがわかっています。

NEXT:父親について
1/2