星島貴徳の現在!江東マンション神隠し殺人事件の犯人は自殺の噂?

2008年4月に発生した江東区マンション神隠し事件は、星島貴徳という派遣社員の男が同じマンションに住む交流のない女性を拉致して殺害し遺体をバラバラにしてトイレに流すなどした凄惨な事件です。事件の概要や犯人や現場マンションの現在についてまでまとめます。

江東マンション神隠し殺人事件とは

FotoArt-Treu / Pixabay

2008年4月18日、東京都江東区で発生した江東マンション神隠し殺人事件は、自宅マンションで被害者の女性がまるで神隠しにあったかの様に忽然と姿を消し、その後殺害されていた事が発覚した事件です。

2008年、会社員の女性が自宅マンションに帰宅後行方不明に

2008年4月18日、当時23歳だった派遣社員の女性が自宅マンションに帰宅後、行方不明となります。同居していた被害者の姉が妹が帰っていない事を不審に思い警察に通報して捜査が始まります。

監視カメラにも女性の姿はなし、「神隠し」と報道

被害者女性が居住していたマンションは、出入り口などに監視カメラが設置され、マンション玄関にはオートロックも備えられるなどセキュリティが整えられたマンションでした。

そうであるにも関わらず、被害女性はマンションに帰宅する様子は監視カメラに映っていたものの、その後マンションから出た様子は捉えられておらず、各マスコミはまるで「神隠し」と報道します。

事件発生1ヶ月後、隣人の男・星島貴徳を逮捕

3839153 / Pixabay

警察は状況から見てマンションの住人の中に犯人がいると見て、全マンションの住人を事情聴取、任意にて家を家宅捜索しています。しかし、その時点では犯人は発見されませんでした。

犯人が発見されたのは事件発生から約1ヶ月後の2008年5月25日に、被害者女性の部屋からふた部屋隣に住んでいた派遣社員の男星島貴徳を住居侵入の容疑で逮捕します。

その後の警察の取り調べで星島貴徳が被害者女性を殺害して遺体を損壊してトイレに流すなどして遺棄した事が明らかになり、6月13日に死体損壊・遺棄、6月25日に殺人容疑で、それぞれ再逮捕しています。

江東マンション神隠し殺人事件の経緯

Free-Photos / Pixabay

まずは、江東区マンション神隠し殺人事件の経緯を時系列に沿って詳しく見ていきましょう。

NEXT 2008年4月18日、犯人は乱暴目的で被害者の帰宅を待ち伏せ