星島貴徳の現在!江東マンション神隠し殺人事件の犯人は自殺の噂?

2008年4月に発生した江東区マンション神隠し事件は、星島貴徳という派遣社員の男が同じマンションに住む交流のない女性を拉致して殺害し遺体をバラバラにしてトイレに流すなどした凄惨な事件です。事件の概要や犯人や現場マンションの現在についてまでまとめます。

江東マンション神隠し殺人事件とは

FotoArt-Treu / Pixabay

2008年4月18日、東京都江東区で発生した江東マンション神隠し殺人事件は、自宅マンションで被害者の女性がまるで神隠しにあったかの様に忽然と姿を消し、その後殺害されていた事が発覚した事件です。

2008年、会社員の女性が自宅マンションに帰宅後行方不明に

2008年4月18日、当時23歳だった派遣社員の女性が自宅マンションに帰宅後、行方不明となります。同居していた被害者の姉が妹が帰っていない事を不審に思い警察に通報して捜査が始まります。

監視カメラにも女性の姿はなし、「神隠し」と報道

被害者女性が居住していたマンションは、出入り口などに監視カメラが設置され、マンション玄関にはオートロックも備えられるなどセキュリティが整えられたマンションでした。

そうであるにも関わらず、被害女性はマンションに帰宅する様子は監視カメラに映っていたものの、その後マンションから出た様子は捉えられておらず、各マスコミはまるで「神隠し」と報道します。

事件発生1ヶ月後、隣人の男・星島貴徳を逮捕

3839153 / Pixabay

警察は状況から見てマンションの住人の中に犯人がいると見て、全マンションの住人を事情聴取、任意にて家を家宅捜索しています。しかし、その時点では犯人は発見されませんでした。

犯人が発見されたのは事件発生から約1ヶ月後の2008年5月25日に、被害者女性の部屋からふた部屋隣に住んでいた派遣社員の男星島貴徳を住居侵入の容疑で逮捕します。

その後の警察の取り調べで星島貴徳が被害者女性を殺害して遺体を損壊してトイレに流すなどして遺棄した事が明らかになり、6月13日に死体損壊・遺棄、6月25日に殺人容疑で、それぞれ再逮捕しています。

江東マンション神隠し殺人事件の経緯

Free-Photos / Pixabay

まずは、江東区マンション神隠し殺人事件の経緯を時系列に沿って詳しく見ていきましょう。

2008年4月18日、犯人は乱暴目的で被害者の帰宅を待ち伏せ

xusenru / Pixabay

犯人星島貴徳は、2008年4月18日、性奴隷にする事を目的として被害者女性を待ち伏せします。被害者女性とは挨拶する程度の関係であったとされ、ターゲットに決めたのは約1週間前との供述をしています。

犯人が被害者宅へ侵入、被害者の頭部を殴打し拉致

Momonator / Pixabay

星島貴徳は、被害者女性が自分の部屋の鍵を開けて入るタイミングを狙って一緒に部屋に侵入し、力ずくで連れ去ろうとしますが被害女性が大声を出して騒いだため、頭部を殴打して大人しくさせ自室へと拉致しています。

被害者と同居する姉が異変に気付き、すぐに通報

cocoparisienne / Pixabay

被害者は一人暮らしだと思い込んでいた星島貴徳は、OLだから土日は休みだろうと考え、明日からの土曜と日曜を使って被害者を調教しようと考え縛り上げた状態で寝かせておきます。

しかし、実際には被害者は姉と同居しており、妹が帰宅しない事を不審に思った姉がすぐに警察に通報しています。

事件の発覚を恐れた犯人は被害者を殺害

姉の通報によって警察が訪れた事を察知した星島貴徳は、犯行の発覚を恐れて被害者女性の首を包丁で刺して殺害してしまいます。

遺体をバラバラに解体し遺棄

anaterate / Pixabay

そして、星島貴徳は被害者の遺体をおそるべき方法で処理する事を考えます。包丁2本とノコギリなどを使用して、遺体を5cm四方以下にまでバラバラに解体し、段ボール箱や冷蔵庫、ベッドの下などに分けて隠します。

切断した脚や腕などから包丁を使って肉を削ぎ落とし、骨はノコギリで切断して細くしまな板でさらに細かく刻んでトイレに流しています。さらに胴体も同じようにして解体し内臓なども細かく切り刻んで流しています。

頭部もバラバラに解体し頭蓋骨もノコギリで切断、脳を取り出して切り刻み下水へと流し、骨などの流しきれない遺体の一部は生活のゴミに混ぜて出勤時に捨てるなどし5月1日には全ての遺体を遺棄しています。

犯人は指紋を薬品等で消した

MichaelGaida / Pixabay

警察は、被害者女性が行方不明になってすぐに、マンションの住人全員から任意にて指紋の採取を行なっていますが、この時星島貴徳は何らかの薬品を使って指紋を荒れさせていました。

そのために指紋の採取ができなかったとされます。また、警察が家宅捜索を行った時には自室の中にバラバラにされた被害者の遺体が隠されている状態でした。

しかし、星島貴徳はわざと堂々と振る舞い、あえて自ら遺体の入った段ボール箱を調べるように促したため、警察はそれを調べずに遺体が発見されるのを免れています。

犯人・星島貴徳の生い立ちと経歴

harutmovsisyan / Pixabay

行き当たりばったりな犯行にも関わらず、その後の残忍な遺体の処理方法と警察が訪れた際の大胆不敵な対応のギャップが不気味です。犯人星島貴徳とはどの様な人間なのでしょうか?生い立ちと経歴をまとめます。

岡山県で誕生、家族は厳しい父親としつけは父親に任せきりの母親

FeeLoona / Pixabay

星島貴徳は1975年1月岡山県にて4人兄弟の長男として生まれました。高校までは岡山県の学校へと通っています。父親は厳格な性格で、母親はしつけを父に任せきりにしていたとされます。

1歳のとき風呂場で大火傷、火傷痕がコンプレックスに

FeeLoona / Pixabay

1歳11ヶ月の頃、浴槽の蓋を取ろうとして風呂場に落ちてしまい、足にケロイド状の跡が残るほの大火傷を負ってしまいます。小学校ではこれが原因でいじめにあったとされ、強いコンプレックスになっていたそうです。

いじめを父親に相談するものの「そんなことで泣くな」と怒鳴られ、母に相談すればすぐにその父へと話しが行くので、悩みがあっても誰にも相談できない幼少期を送っていた様です。

高校卒業後の勤務先は大手ゲームメーカー・セガ

Free-Photos / Pixabay

そのため、星島貴徳は両親との折り合いが悪く、高校を卒業するとすぐに家を出たいと考え、大手ゲームメーカー・セガに入社して上京します。

事件当時は派遣社員としてコンピューター会社に勤務

tookapic / Pixabay

星島貴徳はその後、セガで4年ほど勤務しますが、当初希望したゲームプログラマーの仕事ではなくゲームセンターの店長などの仕事を任される事に嫌気がさして退職しています。

その後、知識を活かして都内のコンピューターソフト開発会社へと転職しています。いくつかコンピューター関連の会社を変わりますが、技術を高く評価されてヘッドハンティングを受けています。

事件の当時はその会社にて月収50万ほどで契約を結んで働いていた様です。法廷に証人として出廷した上司は星島貴徳の仕事ぶりを「速くて正確」「後輩も教えていた」などと高く評価しています。

犯人・星島貴徳の異常性

Free-Photos / Pixabay

会社からは高く評価され月収50万を受け取るなど、不自由のない生活をしていた星島貴徳でしたが、その犯行はあまりにも猟奇的で残忍、凶悪な内容です。星島貴徳の異常性について見ていきましょう。

異常な性欲による犯行の可能性

Pexels / Pixabay

星島貴徳は現実の女性に対して強いコンプレックスを抱いており、法廷での検察官からの「現実の女性とセックスをした事があるか?」との質問にて対して「ないです」と答えています。

そして、性処理はどうしているのかとの質問に「多い時には日に5回はマスターベーションしている」と答え、さらにその性的な対象は「アニメ・漫画・AV・イラスト・ドラマ」などを挙げています。

現実の女性に興味を抱けず、自分の思い通りになる存在を欲していたと思われる供述も繰り返しています。こうした異常な性欲が犯行につながった可能性が指摘されています。

四肢切断、ダルマに異常な執着(アポテムノフィリア)

TheDigitalArtist / Pixabay

星島貴徳のmixiのプロフィール欄には「だるま、ダルマ、達磨、四肢切断」と記載されていました。ダルマとは手足を切り落とした人間を指すスラングで、星島が四肢切断に異常な執着を持っていた事がわかります。

こうした四肢切断に異常な性欲を抱く性的倒錯を指して「アポテムノフィリア」という言葉がありますが、星島貴徳はまさにこれであったと考えられています。

星島はmixiでは四肢が切断された女性が強姦されるイラストなどを多数投稿していました。また、同様のイラストを掲載した同人誌なども製本し、コミックマーケットなどで販売するなどもしています。

目的は性奴隷にするためだった?

星島貴徳は法廷の中で「あなたは、自分の言うことを100パーセント聞いてくれる女性が、いると思っているのですか?」との質問に対して「いないので、作ろうと思いました」と答えています。

こうした供述内容から、検察官は星島貴徳が自分の思い通りになる性奴隷を作ろうとして犯行を犯したと指摘しています。

証拠隠滅の残忍性

photosforyou / Pixabay

また、星島貴徳が事件発覚を恐れてした証拠隠滅の方法は、被害者を躊躇なく殺害し強姦した上でこま切れの様に解体してトイレに流すという残忍極まりないものでした。

こうした面も、死体損壊に性的快感を得る「ネグロサディズム」であると指摘されています。こうした点から星島貴徳は他に類を見ないほどに異常性を持った犯人であると言えるでしょう。

犯行後、テレビのインタビューにも平然と答えていた

さらに、星島貴徳は事件発生後のマスコミの取材に対して、他人事の様に平然と回答しています。よく見れば動揺は見て取れるものの、その残虐な行為をした後にはとても思えない平静さを保っています。

他にもマンションを訪れた被害者の父親とエレベーターで乗り合わせた際には「大変でしたね」などと話を振る、マンション管理会社に防犯カメラが足りないなどのクレームを入れるなどの信じがたい行動をしています。

江東マンション神隠し殺人事件の裁判の判決

TPHeinz / Pixabay

高等マンション神隠し殺人事件の裁判は既に結審し星島貴徳には無期懲役の判決が下されています。ここからはその裁判についてもまとめていきます。

第一審では無期懲役

12019 / Pixabay

2009年1月13日、東京地方裁判所において初公判が開かれました。この裁判は裁判員制度のモデルケースとして位置づけられています。

証拠としてモニターに被害者の損壊された遺体の一部などが映されるなどしその点も物議を醸します。検察側は身勝手な犯行で完全犯罪を目論む計画性などを指摘して死刑を求刑します。

対して弁護側は星島に前科がない事や事件後に反省している点、生い立ちによる過去のトラウマを理由に死刑回避を求めています。2009年2月18日東京地裁は死刑は重すぎるとして無期懲役の判決を下しています。

控訴審では控訴を棄却し無期懲役

Ichigo121212 / Pixabay

検察側は判決を不服であるとして控訴し、改めて再度死刑を求刑しています。しかし、東京高裁は「極刑がやむを得ないとまでは言えない」として一審判決を支持し控訴を棄却、無期懲役が確定します。

星島貴徳が極刑とされなかった理由

pedrofigueras / Pixabay

その残忍で身勝手極まりない犯行にも関わらず、星島貴徳が死刑に処されなかった理由はいくつかあります。順番に解説していきます。

理由①:星島貴徳の生い立ち

Free-Photos / Pixabay

まずは、幼少期に足に大火傷を負い、それが原因でイジメにあい親に相談するものの、逆に怒られてしまいそれ以来悩み事を誰にも相談できずに育ったというトラウマを抱えた生い立ちが考慮されたとみられています。

理由②:前科がない

MabelAmber / Pixabay

また、星島貴徳は高等マンション神隠し殺人事件を犯すまでは、健全に生活してきており前科なども一切なかった事も大きく影響しています。

初犯であれば、相当に極めて凶悪な犯罪でない限り死刑判決が下された前例は存在しません。この基準からも星島貴徳の死刑判決は難しかったと考えられます。

理由③:行き当たりばったりの犯行

StockSnap / Pixabay

さらに、犯行当初は殺害する意思がなく、被害者に騒がれたために事件発覚を恐れて殺害さらに死体の処理に困って残忍な方法を選択するなど、行き当たりばったりで計画性がない点です。

これまでの死刑の基準であれば、当初から被害者を殺害する明確な意思を持って行動したか否かが重要な分岐点となっています。この点で星島貴徳は死刑までは当たらないとの判断を下されています。

NEXT 事件を知った母親の反応