謝謝茄子の意味や元ネタは?アズレンが淫夢を公式採用してしまう

「謝謝茄子」は中国で大人気のゲーム「アズレン」でよく使用されている言葉です。日本では「ありがとナス!」として広く出回っている言葉ですね。謝謝茄子の意味や元ネタとは何なのか、淫夢のKBTITが関係してる?などについて、ご説明していきましょう!

謝謝茄子とはどういう意味?

Larisa-K / Pixabay

「謝謝茄子」とは一体どういう意味なのでしょうか。「謝謝(シェーシェー)」は中国語で「ありがとう」であることは伝わってきますが、それに付随する「茄子」の存在が理解しきれないですよね。

一体「謝謝茄子」の元ネタは何なのか、どこから来ているものなのか、見ていきましょう!

謝謝茄子の元ネタは「ありがとナス」

gavilla / Pixabay

「謝謝茄子」の元ネタとなるものは、「ありがとナス」というものです。ありがとは「謝謝」、ナスはそのまま「茄子」をくっつけたものとなりますね。

では、その「ありがとナス」というワードはどこから来ているものなのでしょうか。

ありがとナスの元ネタは「悶絶少年其の伍」のKBTITのセリフ

RyanMcGuire / Pixabay

「ありがとナス」の元ネタは、『「悶絶少年其の伍」SMバー平野編』という動画である男優が発した「ありがとうございます」のセリフから来ているようです。

そのある男優というのがKBTIT(タクヤさん)という方で、ACCEEDのゲイビデオに出演している男優さんとなります。ホモネタ界隈では話題となっている人物です。

そのKBTIT(タクヤさん)の「ありがとうございます」というセリフが、あまりの滑舌の悪さに「ありがとナス」にしか聞こえないことが、「ありがとナス」の由来となっているようです。

謝謝茄子の読み方は?

Cimberley / Pixabay

謝謝茄子の読み方は、「しぇしぇちぇーずぅ」。「しぇしぇ」は聞き覚えのある発音ですが、「ちぇーずぅ」はさすがに中国語を知っている方ではないと分からない発音ですね、

謝謝茄子が広まった経緯について

congerdesign / Pixabay

それでは、「謝謝茄子」というワードはどのようにして広まっていったのでしょうか。詳細を見ていきましょう!

真夏の夜の淫夢を起点とした淫夢界隈が中国にbilibili動画経由で伝わる

stux / Pixabay

「あのさぁ…」「ん?今なんでもするって言ったよね」「あくしろよ」などのワードを目にしたことがありますか?Twitterや2ちゃんねる、動画界などでよく使用されているものとなります。

これらは淫夢用語と呼ばれ、COAT発売のゲイビデオ「真夏の夜の淫夢」に出てきたセリフたちをまとめたものです。特徴的なセリフや頭に残るワードが語録して残っています。

淫夢界隈は日本だけでなく、bilibili動画という動画サイトを経由して中国に伝わっています。動画自体に限らず、一部の淫夢用語も中国側に渡っていったようです。

謝謝茄子の由来は「ありがとナス」の中国版

Free-Photos / Pixabay

本来中国との情報交換はあまりなされていないのですが、淫夢界隈については別です。bilibili動画やニコニコ動画を介して、中国でも馴染みのあるものとなっているようです。

KBTIT(タクヤさん)のセリフ「ありがとナス」から、ありがとうを意味する「謝謝」と「ナス=茄子」をくっつけて、「謝謝茄子」という偽中国語が生まれることとなったようです。

流行のきっかけは中国のゲーム「アズールレーン」ことアズレン

「謝謝茄子」の流行のきっかけとして、中国ゲームの艦船擬人化シューティングゲーム「アズールレーン」が大きく影響しています。

これは日本の「艦これ」のように艦船を擬人化させたゲームであり、そのゲームシステムの良さや擬人化したキャラクターの可愛さから中国で大人気のゲームとなりました。

その攻略サイトや掲示板などで「謝謝茄子」という文字がいくつか見られていることから、中国にも「謝謝茄子」が浸透していることが窺えます。

通じてしまった謝謝茄子!ホモをスタンプで公式採用さえしてしまう

mstlion / Pixabay

「アズールレーンキャラクタースタンプ1」という公式スタンプの中に「謝謝茄子」と書かれているスタンプが存在しています。

もともとはゲイビデオのセリフから来ているにもかかわらず、アズレン公式LINEスタンプから認可が下りるという驚きの結果を残しています。

それを見た日本人からは、「語録をスタンプ化するとかドン引き」「公式謝謝茄子とか草生えない」など不評を集めているようです。

汚い日中貿易が成立するまでに

淫夢用語が中国に出回った要因として、絵師である「もみおさん」の影響が強いものと考えられています。

今回ご紹介している「謝謝茄子」の他にも、数多くの”偽中国語”なるものを多くツイートしており、リプライにも積極的な偽中国語が使用されているようです。

これに加えてアズールレーン界隈で「謝謝茄子」が流行したこともあり、日本のスラングが中国側に渡ることとなったのでしょう。インターネットの情報伝達の影響力が伝わってきますね。

まったく中国語のわからない二人が中国語でやりとりする珍事件

stux / Pixabay

「謝謝茄子」のような偽中国語を使用したやりとりとして、中国語を知らない日本人二人がなぜか中国語らしきもので仕事のやりとりをするというシーンが存在したようです。

それでは、どんなやりとりだったのか、早速見ていきましょう!

このやり取りが台湾で取り上げられる

イラストの依頼をする「@Asena0330」と、依頼を受ける「少したかさき姉貴氏」の間でなんとも円滑に話が進んでいます。

中国人から見れば「何言ってんだコレ?」と思ってしまうような内容ですが、我々日本人からすると漢字を読み取っていけばなんとなく分かる内容となっていますね。

ありがとナスの意味がわからない台湾人の反応

AbsolutVision / Pixabay

この2人を見た台湾人からは以下のような反応が見られました。

  • これは最近日本で流行ってる偽中国語だよ。
  • 2人とも日本人
  • これは全く新しい言葉か?www
  • ただ日本語の文の平仮名の部分を取って、漢字が残っただけ
    だから頑張れば通じる
  • 謝謝茄子って何だそりゃwww笑いすぎて死ぬwww
  • 魔剤はわかる。でもナスは一体何なんだwww

はたから見れば全く意味の分からない言葉ながらも、漢字という強い武器を使用することで、台湾人ですらなんとなく理解することが出来るもののようですね。

謝謝茄子と関連のある言葉

995645 / Pixabay

ここからは、「謝謝茄子」に関連するような中国語らしいワードについてご説明していきましょう!

射爆・射爆了

nickgesell / Pixabay

射爆・射爆了(しゃーばお・しゃーばおら)は、「爆発的に射精する」という意味を表す言葉となっています。使い方は艦これにおける「即夜戦」と同義のようです。

「射」は射精する、「爆」は爆発的に、「了」は終わるという意味を表しています。「了」を抜いて単純に「射爆」と表現することもあります。

もともとはアズールレーンで使用されていたものとなりますが、そのチャット欄などを通じて日本にも広まっていったようです。

偽中国語

chiplanay / Pixabay

とある日本の大学生が漢字を抜いて中国語っぽくツイートしたことから、ガチの中国人Twitterユーザーに発見され大量の中国人からのリプをもらうという出来事が起こりました。

その際につけていたハッシュタグが「#偽中国語」というものです。偽中国語といっても、実際の中国語と大差が無かったり、意味が通じるものも多いので中国人にとっても大体理解できるもののようです。

偽中国語を見た中国人の反応

dungthuyvunguyen / Pixabay

偽中国語を見た中国人からは、以下のような反応がありました。

  • 頭変な人多すぎる
  • 読めるのはなんでだろう。
  • 日中友好の架け橋を掛けたね
  • 大変面白い、日本語の勉強は無駄だ、偽中国語最強。
  • わかる言語がいきなり一個増えた感じ

変人扱いする人もいる中、偽中国語は大体理解は出来るらしく、「偽中国語を使えば日本語の勉強なんて必要ない」という高評価のコメントもありました。

「世界の果てまでイッテQ!」でも偽中国語企画が!

日本テレビで放送中の「世界の果てまでイッテQ!」でも偽中国語を使用した企画が放送されていたのをご存知でしょうか。

2018年6月21日に放送された「珍獣ハンターイモトワールドツアー in 中国」にて、中国のスーパーでイモトが偽中国語を使用して買い物を試みるといった企画です。

結果として、一発で伝わらない文字もあるものの、イモトが言わんとしていたことを中国人が汲み取ってくれることに成功しました。中国メディアでも話題となっていたようです。

漢字だけで意味は大体伝わる!

Sponchia / Pixabay

「謝謝茄子」は、「茄子」の部分がよく分からないにしても、中国や台湾においてなんとなく伝わる言葉であることが分かりましたね。

日常生活の中で使用している漢字をピックアップするだけで言語が伝わるのであれば、中国や台湾との距離感が一層縮まることとなるでしょう。

「謝謝茄子」の元ネタは淫夢界隈の「ありがとナス!」から来ているものでしたが、他にも有名な淫夢語があります。興味がある方は以下のリンクを参考にしてみてください。

関連する記事はこちらから