小林遼の生い立ちや性格は?事件のその後【新潟小2女殺人事件】

2018年5月に発生した新潟小2女殺人事件は、小学2年生の女児が近隣に住む23歳の男小林遼に誘拐の上殺害され線路上に遺棄された凄惨な事件です。今回は犯人小林遼の犯行動機や生い立ち、その家族の現在や引っ越しの噂などについて詳しくまとめていきます。

小林遼が起こした新潟小2女殺人事件の概要

xusenru / Pixabay

2018年5月、新潟県新潟市で、当時小学2年生の女児がJRの線路上で遺体で発見されました。その後の調べで遺体は何者かに絞殺された後に線路上に遺棄された事が判明します。

遺体発見から約1週間後の5月14日、現場近くに住む23歳の男小林遼が死体遺棄、損壊の容疑で逮捕されました。まずはこの新潟小2女児殺人事件の現在までに判明している概要についてまとめます。

2018年に起きた衝撃的な事件

2018年5月、小林遼という当時23歳の男が、新潟県新潟市西区で当時7歳だった小学校2年生女児の首を絞めて殺害し、遺体をJR越後線の線路上に放置して列車に轢かせるなどして逮捕されました。

犯人小林遼のその後の供述などから、少女にいたずらする目的でわざと車ではねて連れ帰った後、騒がれたために首を絞めて殺害したとみられており、証拠隠滅のために線路上に放置したとみられています。

その後の警察による取り調べにおいて、小林遼の供述は二転三転しており、はっきりとした真相の解明には至っていないというのが現状です。

凄惨な事故に世間でも話題になった

MichaelGaida / Pixabay

事件発生から1週間後に逮捕された小林遼被告のその後の供述によって、殺害した小学2年生女児の遺体を線路においてさらに損壊させるという残忍な犯行が明らかになると、世間に大きな戦慄が走りました。

さらに、小林遼のその生い立ちが明らかになるにつれて、この男が少女にいたずら目的で計画的に近づいた可能性が高まってきました。次の項から小林遼の生い立ちと経歴を詳しくまとめていきます。

小林遼の生い立ちと経歴

新潟小2女児殺害事件の容疑者として逮捕され、現在も裁判が続いている小林遼被告の生い立ちや経歴についてみていきます。

生まれ

stevepb / Pixabay

まず小林遼の生年についてですが、逮捕時2018年の時点での年齢は23歳と公表されたので、1995年か1996年生まれかと思われます。出身については不明ですが事件時の住所は新潟県新潟市西区との事でした。

小針小学校を卒業し中学卒業後は新潟工業高校の電気科へ

Wokandapix / Pixabay

事件後のメディアなどの周辺地域での取材により小林遼被告は被害者である小学生女児が通っていた小針小学校の出身である事がわかっています。その後は近くの中学卒業後に新潟工業高校の電気科へと進んでいます。

同級生から見た小林遼の性格

 

Free-Photos / Pixabay

そんな小林遼の同級生から見た正確についてもメディアが多くの取材を敢行しています。中学時代の同級生という男性は「みんなと仲良く楽しそうにやっていた」と取材に答えています。

また中学の同級生だった女性は「友人もいたし、クラスで浮いていたわけでもない。変わった子という印象はない」との事。ただ、女性とのコミュニケーションは苦手だったようで、あまり話した事はないとの事でした。

虐められていたなどの情報はなく、全体を通して真面目で大人しいという印象が多いようです。悪い評判などは見当たらず、事件に対しては一様に驚いたという反応が多くなっています。

高校卒業後は電気関連工事会社に入社

Free-Photos / Pixabay

小林遼は高校を卒業した後、事件の5年前に地元の電気関連工事会社に入社しています。仕事の態度は真面目で他の社員ともコミュニケーションを取り飲み会などにも必ず参加していたそうです。

同社の役員はメディアの取材に対して「おとなしいタイプで無断欠勤をしたことはない。中堅になり、これから伸びていくという時期だった」とのコメントを残しています。

一部には語っていたロリコンと美少女ゲーム

susan-lu4esm / Pixabay

同級生や同僚からは真面目な男として良い印象を持たれている一方で、地元の同級生の一部には自身がロリコンである事を明かし、美少女ゲームにハマっていたとの証言もあるようです。

女児わいせつ行為で書類送検された前科があった

3005398 / Pixabay

さらに、小林遼被告は事件の4か月前の1月頃に児童ポルノ法違反で、事件の直前の4月には女子中学生を連れ回し青少年健全育成条例違反で書類送検されていた事が明らかにされています。

小林遼の家族について

続いては、小林遼被告の家族についても、現在までに明らかになっている事をまとめていきます。

自宅は大桃珠生ちゃん宅の近く

PlumePloume / Pixabay

小林遼の自宅は、被害者女児大桃珠生ちゃんの自宅からわずか100mほどの場所です。また、近所の人の話では少なくとも小林家は小林遼被告が生まれた頃にはこの場所に住んでいた事も明らかになっています。

家族構成

geralt / Pixabay

小林遼被告の家族構成については、父親と母親、姉と弟の5人家族である事が明らかになっています。

さらに、小林家は犬を三匹飼っているとの情報も出ています。近所に住む女性がマスコミの取材に対して「飼っていた犬をつれて遊びに来た事があった」と話しているので、犬を飼っているのは間違いなさそうです。

父親

StockSnap / Pixabay

小林遼被告の父親は、50代から60代と見られ、事件発生直後にテレビ局の直撃取材を自宅玄関前にて受けていました。この質問の過程で小林遼被告に姉と弟がいる事が明らかになっています。

また、このインタビューで父親は「(事件の日は)遅くに帰宅したから事件の事を知らない」「自分たちは関係ない」などと他人事の様に話している姿が批判を集めています。

母親

darksouls1 / Pixabay

小林遼被告の母親も50代から60代と推測されています。マスコミの取材を自宅インターホン越しにうけており、息子さんは今どこにいるのか?との質問に「仕事だと思いますけど」と回答。

連絡はありましたか?の質問には「いえ」と一言「小林遼容疑者は事件当日どこかに行っていた?」との質問には無言でした。息子の行動は把握しておらず、事態に戸惑っている様子でした。

Anemone123 / Pixabay

マスコミへの父親の受け答えでいる事自体は明らかになっている小林遼被告の姉ですが、本人は取材などは受けておらず、どの様な人物なのかは明らかになっていません。

一部の情報で、小林遼被告が結婚しているとの情報が飛んでいる様ですが、これは姉を結婚相手と勘違いして出てきた情報ではないかと見られています。小林遼被告にこれまで交際相手がいたとの情報は出ていません。

Myriams-Fotos / Pixabay

小林遼被告の弟さんはテレビ局の取材にカメラの前で受け答えしています。モザイクがかけられており顔はわかりませんが、おそらく大学生なのでは?との噂が出ています。

兄が女児の殺害や死体遺棄の容疑者として逮捕された事で、学生だとすれば非常に学校にもいづらいのではないでしょうか?姉も含めてこの兄弟達にとっては人生に悪影響を与える事件となったのは間違い無いでしょう

小林遼が起こした新潟小2女児殺人事件について

Free-Photos / Pixabay

小林遼被告が起こした新潟小2女児殺人事件について、事件発覚から逮捕までの流れを時系列に沿って詳しく見ていきましょう。

2018年5月7日大桃球生ちゃんを誘拐し殺害後線路に遺体遺棄

TheDigitalArtist / Pixabay

新潟小2女児殺人事件は、2018年5月7日に新潟県新潟市に住む当時小学2年生の女児大桃珠生ちゃんが遺体となって発見された事で発覚しました。

大桃珠生ちゃんの遺体が見つかったのはJR越後線の線路上で、走行中の電車の運転士が発見し急ブレーキをかけましたが間に合わずにはねられてしまいました。

その後の調べで近所に住む小林遼という当時23歳の男が大桃珠生ちゃんを誘拐して絞殺し証拠を隠蔽するために線路上に遺棄した疑いが濃厚となり、死体遺棄、損壊の容疑で逮捕されました。

はねられた時には死亡していたと見て絞殺が原因と判明

manfredrichter / Pixabay

大桃珠生ちゃんの遺体が発見された当初は、電車事故での死亡と見られましたが、その後の調べですぐにはねられた時には既に死亡していた事が明らかになり、死因は何者かに絞殺された可能性が高いと発表されます。

報道されるも犯人が見つからず

cocoparisienne / Pixabay

報道されますが、約1週間の間犯人は特定されず、残忍な犯行と殺人犯が未だ野放しにされている事に近隣の住民達は不安に駆られていました。

後に容疑者として逮捕される小林遼被告の母親も近所の人達に「早く犯人が捕まればいいですね」と話していた事が明らかになり、母親も息子が犯行を行った可能性が高い事に気が付いていなかった様です。

5ちゃんねるで犯人を知る人の投稿があった?

しかし、遺体発見から翌日の5月8日にネット匿名掲示板5ちゃんねるに、犯人は小林遼である事を知っていたと思しき書き込みがなされていた事が明らかになり話題となっています。

上に掲載した画像が問題の書き込みですが、一見普通の書き込みに見えますが、左の列を縦に読むと「犯人はK」と読む事ができます。さらにその少し後に同一ユーザーが下記の投稿をします。

「マジで早く捕まえて欲しい…
断固として許せない凶悪事件だよ。
血も涙もない。
カメラとかで犯人撮られてないのかな?
車のドラレコとか。
人間のやることじゃない。
命を守る。
ルールを守る」

(引用:5ちゃんねる)

これもまた、左の一列に並んだ文字を縦に並べると「マ断(だ)血(ち)カ 車(く)人(に)命(い)ル」→「まだ近くにいる」と読む事ができるとして、犯人を知っていた存在がいるとして注目されています。

検査の結果小林遼を逮捕

大桃珠生さんの遺体を司法解剖するなどして調べた結果、大桃さんが何者かに絞殺された可能性が高まり、早い段階で近所に住み前科もあった小林遼被告が捜査線上に上がっていたそうです。

事件現場付近や大桃珠生さんが登下校に使っていた道で小林遼被告が運転する黒いワゴン車が走行している事が防犯カメラの映像から明らかになりました。

さらに、事件当日、無断で小林遼被告が仕事を休んでいた事も明らかになり、警察は任意の事情聴取で小林遼被告の車を調査、事件に関与した疑いが強まり、小林被告も犯行を認めた為に逮捕となりました。

小林遼の動機

KELLEPICS / Pixabay

近所や職場、かつての同級生からの評判は決して悪くなかった小林遼被告でしたが、この様な凶悪な犯罪を起こした動機はなんだったのでしょうか?

動機は「パニックになった」

Free-Photos / Pixabay

逮捕後の警察の取り調べに、小林遼被告は動機について「仕事の帰りに大桃さんを車ではね、パニックになってそのまま車内に連れ込み首を絞めた」などと供述しています。

しかし、そもそも小林遼被告は大桃さんを殺害したと見られる5月7日の朝から会社を無断欠勤しており、警察ではこれを虚偽の供述を繰り返していると見ている様です。

ロリコンが影響か

harutmovsisyan / Pixabay

そして、前述の通り事件のわずかひと月前には小林遼被告は女子中学生を連れ回し、青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検されています。

また、親しい友人には自身のロリコン趣味や美少女ゲーム好きを明かしており、大桃珠生さんに対してわいせつな行為を行うために計画的に犯行に及んだとの見方が有力となってきています。

新潟小2女殺人事件のその後と現在

Atlantios / Pixabay

小林遼被告が逮捕されてから半年以上が経過した現在までの様子についてもまとめていきたいと思います。

護送中に微笑み小林遼

小林遼被告は、2018年5月14日の夜、新潟西署に連行される際のパトカーの中の様子がカメラに捉えられています。この映像では小林遼被告が薄ら笑いを浮かべていました。

まるで、犯行を行って満足したかの様な笑みを浮かべており、その姿は非常に不気味な印象を受けました。

公判

12019 / Pixabay

小林遼被告の公判については、現在公判前整理が行われているという状況です。裁判によって真相が明らかになり、どの様な判決が下されるのかにも注目が集まります。

NEXT アニメオタク=犯罪という認識が広まる