「そうか、あかんか。一緒やで」悲劇の介護殺人事件の詳細とその後

ネット上でしばしば見かける「そうか、あかんか」というフレーズですが、実は介護に纏わる悲しい事件が元ネタになっています。当時大きな反響を呼び、裁判官も涙したこの事件の詳細と、その被告・片桐康晴氏のその後について追っていきます。

そうかあかんかの元ネタの京都認知症母殺害心中未遂事件とは?

12019 / Pixabay

この事件は、当時54歳無職の男性・片桐康晴氏が、認知症の母親を首を絞めて殺害し、自らも命を絶とうと無理心中を図ったものです。

事件の際、死を覚悟した片桐親子のやり取りが話題となり、現在もコピペとして人々の目に触れるものとなっています。

地裁が泣いた介護殺人と言われている

OpenRoadPR / Pixabay

裁判では供述の内容から、片桐氏の母親への愛情と献身的な介護の様子、そして経済的・精神的に追い詰められていく過程を窺い知ることができます。

被告である片桐氏本人も裁判中に肩を震わせ、涙を拭う姿が見られましたが、裁判官も目を赤くして言葉を詰まらせる場面がありました。

悪意や恨みではなく、困窮した生活の果てに起きたこの殺人事件。検察側の論告にも「哀切極まりない状況」「心情を察するに余りある」という同情的な言葉が用いられています。

2006年に片桐康晴が認知症の母を殺害し自殺を図るが未遂した事件

事件が起きたのは2006年2月1日未明、京都市伏見区桂川の河川敷。片桐氏は母親を殺害後、自らも首や腹などを刺して心中を図りましたが、通行人に発見されて一命を取り留めたのでした。

殺害の直前、「もう生きられへん。ここで終わりやで」と言う片桐康晴氏に、母親は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えました。

この時の母子のやり取りは、悲しいながらも親子の愛情と絆を感じさせ、人々の胸に深く突き刺さるものとして多くのメディアで報じられました。

現代のネットにおける「そうか、あかんか、いっしょやで」の使い方

377053 / Pixabay

母子の愛情の深さと痛ましい結末のために、人々の心に残った「そうか、あかんか」というこの言葉。

ネット上ではコピペとして各所に貼られるようになりました。現在では、本来の意味合いとは少し違った形で使われていることもあるようです。

どのような時に使用されているのか

savannaholson0 / Pixabay

現在では、例えば不人気に終わったアニメやゲームなどのファンが、似たような境遇の別作品のファンに対してこのフレーズを投げかける姿が見られます。

一見、不遇に終わった作品のファンへの同情や慰めに見えますが、実際には揶揄ったり煽ったりする意図で使われることが多いようです。

NEXT 悲しい事件だっただけにネタとして茶化すことに批判の声も