たこ八郎(伝説のコメディアン)の死因は?ボクサーとしての活躍は?

たこ八郎さんの死因は溺死です。葬儀では赤塚不二夫さんタモリさん等芸能界でもトップの方々が早すぎる死を悼みました。「たこ、海で溺死」と紙面でも大きな騒動でした。元プロボクサー日本王者でもあり、あき竹城さんとのロマンスもあった伝説の生涯を追います。

「たっこでーす!」個性的なルックスとキャラクターで人気だったたこ八郎

いつも呂律が回らないような口ぶりで持ちギャグは「たっこでーす」がほぼ唯一だった人気者のたこ八郎さん。その風貌は大体だらしないコミカルな感じでしたが親しみやすいキャラで大人気でした。

活躍の場は幅広く、バラエティでもよし映画やドラマで役者をやらせてもこれが味があって達者。常に酒に酔ったような振る舞いは憎めない存在で他の誰かで置き換え不可能な特異なキャラクターでした。

この記事ではそんな不思議なコメディアン兼俳優の、たこ八郎さんの活躍ぶりや秀逸なエピソード、そしてその死因などを追っていきたいと思います。

たこ八郎は44歳で急逝、死因は心臓麻痺?

たこ八郎さんは仙台市の海辺に生まれ育ちました。ゆえに海を見ると遊泳したくなる方。この時たこ八郎さんは前夜から酒の飲み通しだったといいます。様子を見た監視員は泳ぐことのないように注意を促したそうです。

しかしたこ八郎さんは誰知らぬうちに海へ泳ぎだしました。100mも泳いだかというところで浜辺に引き返し始めて20m。ここで泳ぎは達者なはずのたこ八郎さんに異変が。心臓発作でした。

陸へ引き揚げたものの彼は泡を吹き全身蒼白。監視員の蘇生処置も虚しく意識が戻ることもなく死亡が確認されました。多量飲酒による心臓麻痺が死因。享年44歳という若さで人気絶頂の時期でした。

葬儀・告別式の葬儀委員長は赤塚不二夫、タモリやビートたけしも出席

たこ八郎さんはとあるローカルのトーク番組でジョーク混じりに「自分が死んだら葬儀委員長をしてほしい」と赤塚不二夫さんに話したそうです。それが現実のこととなりました。

赤塚さんと親交があり、たこ八郎さんを「笑っていいとも」のレギュラーに迎えていたタモリさんは「たこが海で死んだ。何にも悲しいことはない」と真の悲しみの境地を弔問の際に述べています。

出棺の際「逝きやがったな」と赤塚さんはたこさんの額を叩きました。師匠の由利徹さんは「たこ野郎が好きだった3本締めを」と参列者の3本締めを求め、たこ八郎さんは見送られました。

新聞には「たこ、海で溺死」。最後まで人々を笑わせたたこ八郎

人気絶頂の時期に突然死したたこ八郎さんの訃報を新聞紙面見出しでは「たこ、海で溺死」とブラックユーモアで飾りました。死してなおも人を笑わせるなど並の芸人にできるものではありません。

たこさんの死後テレビ特番で小さめな船に乗り赤塚不二夫さんを筆頭に海へ日本酒を「たっぷり呑ませる」というドキュメントもありました。乗組んだ芸能人のほとんどが笑顔で涙を浮かべながらたこさんを罵倒します。

早すぎた死に、やり過ごせぬ思いと憤りと惜別の念で多くの先輩に見送られてたこ八郎さんは天国へ召されました。のち赤塚不二夫さんは「あいつは現代の妖精だったね」と述懐しています。

たこ八郎はどんな人だった?ボクサーや芸人、俳優としての活躍!

たこ八郎さんの本名は斎藤清作。その名でボクサーとしてリングに上がっていました。フライ級の国内チャンプを2度も防衛する程の強いボクサーでした。ボクシングスタイルも独特でそのあたりを深くみていきます。

NEXT たこ八郎の生い立ちは?左目は失明していた?