「ワイトもそう思います」の意味や元ネタは?声付きの素材もある?

「ワイトもそう思います」とは一体どのような意味なのでしょうか?この記事ではきっかけとなった元ネタやキャラクターやtwitterのbot・出現する動画シリーズであるジャガーマン・「ワイトもそう思います」の使い方、また演じてくれる声優さんなどについて紹介します。

「ワイトもそう思います」とは?元ネタや意味、使い方は?

qimono / Pixabay

「ワイトもそう思います」とは一体何を指しているのでしょうか。そしてどのような意味が込められているのでしょうか?ここでは元となったネタや、使い方などについてまとめました。

「ワイトもそう思います」とはジャガーマンシリーズに登場するキャラクター

ニコニコ動画へと投稿されているアニメ「けものフレンズ」に関連したMADの中のシリーズの一つに、「ジャガーマンシリーズ」という物があります。このシリーズの中でしばしば登場するのがワイトです。

上記の動画の48秒あたりに一瞬だけ登場します。たった一瞬の出番のみであるにも関わらず、唐突に画面の隅に小さく現れ「ワイトもそう思います」の一言を残していくワイトは視聴者に強力なインパクトを与えました。

「ワイトもそう思います」の元ネタは遊戯王のカード

「ワイトもそう思います」の元ネタはカードゲーム「遊☆戯☆王」および「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」に登場している「ワイト」というモンスターカードです。カードの絵柄は上記の動画をご覧下さい。

全身骨というガイコツ的なビジュアルであるため、「けものフレンズ」の世界観とは似ても似つかない存在となっています。

そのはずなのですが、なぜだかジャガーマンシリーズ中ではけものフレンズの一人として定着しています。そして視聴者や投稿者にも一定の人気を誇っています。

使い方は?動画の中での役割は「ここすき」に対し「ワイトもそう思います」

pixel2013 / Pixabay

使用例は上記で紹介した「ジャガーマン by 千賀」の動画を見て頂ければ分かりやすいかと思います。

この動画のように、投稿者が「あー ここすき」と主張するタイミングで、どこからともなく現れては「ワイトもそう思います」と同意していくのが、このシリーズ中でのワイトの主な役割となっています。

時々「ワイトキング」や「さまよえる亡者」といったワイトとは別のキャラクターが登場していることもあります。

「ワイトもそう思います」のワイトの意味は?

temoten / Pixabay

英語のスペルは「Wight」です。スカンジナビアの伝承によると人の姿をした悪霊のことですが、元々は人間を意味する言葉です。

現在使用されている意味である「動く死体」というイメージとなった由来は、J・R・R・トールキンのファンタジー小説である「指輪物語」における塚人(Barrow-wight)です。

さらに、この小説の影響を強く受けた、TRPGである「ダンジョンズ&ドラゴンズ」において登場しているアンデッドモンスターのワイトとされています。

「遊☆戯☆王」でのモンスターカード「ワイト」には以下のように記載さています。

通常モンスター
レベル1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。
攻撃は弱いが集まると大変。(引用:ジャガーマンシリーズWiki)

NEXT 「ワイトもそう思います」を英語にすると?