クラピカ理論は身近にあった?!ハンターハンターで使えるネタまとめ

ハンター×ハンターの中でも頭脳派キャラとして有名なクラピカ。作中でも様々な知識を披露しており、ハンター×ハンターファンは尊敬をこめて「クラピカ理論」と呼んでいます。今回はクラピカ理論とその応用方法についてご紹介していきたいと思います。

クラピカ理論とは?

ijmaki / Pixabay

ハンター×ハンターに登場するクラピカは博識キャラであり、ハンター試験も持てる知識をフル活用して次々とクリアしていきます。その中でとあるクラピカのセリフが「クラピカ理論」と呼ばれるようになりました。

ここではクラピカ理論を披露した背景などについてご紹介したいと思います。

ハンター×ハンターに登場した理論

クラピカ理論とはハンター試験の中でクラピカが披露した心理学に基づく理論であり、「人は迷ったり未知の道を選ぶときには無意識に左を選択するケースが多い」というものです。

後述しますが、この理論は実際に存在するものであり、「左回りの法則」と呼ばれています。

 クラピカ理論登場の場面紹介

ハンター試験の3次試験、トリックタワーを制限時間内に攻略するという中で登場した理論です。迷路のように入り組んでいる道の中で左に進むか右に進むか2択を迫られることとなります。

結局右へ進むこととなりますが、行動を共にするレオリオは「なんでだよフツーこういうときは左だろ?つーかオレはこんな場合左じゃねーとなんか落ち着かねーんだよ」と問いかけます。

そこでクラピカは「たしかに行動学の見地からも 人は迷ったり未知の道を選ぶ時には無意識に左を選択するケースが多いらしい」とクラピカ理論を展開します。

左右どっちを選ぶのか分かりにくいが、右を選ぶのが正解

Pexels / Pixabay

クラピカ曰く、「試験官がこのことを知っていれば、敢えて左に困難な道を用意する可能性が高い」と指摘します。そう、クラピカは試験官の心理まで予測して右を選択するのです。

漫画では結局どちらが正解であったかは言及されていません。そのため、クラピカの読みが正しかったのかは不明ですが、最終的に全員3次試験をクリアしていることからも誤りではなかったのでしょう。

ハンター×ハンターのクラピカは頭脳派

クラピカは戦闘能力もさることながら、豊富な知識量とそれを活かした洞察力で道を切り開いていく頭脳派タイプです。

ハンター試験会場までたどり着くという予選でも、古代文字を解読して矛盾に気づいたり、「ドキドキ2択クイズ」で唯一正解を導き出すなど、頭脳派演出が数多く登場します。

エリアの騎士でも似た理論が登場

マガジンでかつて連載されていたサッカー漫画の「エリアの騎士」でも似たような理論が登場しています。それは「人間というのは左回りを好む動物である」というものです。

クラピカ理論の根拠は行動心理学「左回りの法則」

クラピカ理論は漫画の中だけの荒唐無稽な理論なのでしょうか?実はそうではありません。実際に「左回りの法則」というものは存在します。

ここでは左回りの法則についてどのような理論であるか、またその根拠などについてご紹介したいと思います。

左回りの法則について

Free-Photos / Pixabay

左回りの法則とは、「人間は無意識に左回りを好む」というものです。

確かに陸上のトラックやスケートリンクなど「走る」競技は基本的に左回りですよね?これは左回りの法則によるものであると言われています。

不安があると左へ行きやすい?!

かつてイギリスにあるケント大学のマリオ・ウェイク教授は左回りの法則に関する実験を行っています。それは道筋を示したうえで「目隠し」した状態で被験者に歩いてもらう、というものです。

実験の結果、不安な大きな被験者ほど左に曲がりやすいということが分かりました。不安を感じると人は無意識で左側に行動したくなるということです。

左回りの法則の理由①右脳と左脳

geralt / Pixabay

左回りの法則が発生する根拠は様々な説が存在します。まず最初「脳」です。右脳は空間把握が得意です。右脳は左側の器官とつながっているため、左で感じたがる傾向にあるそうです。

先ほど紹介したウェイク教授の実験でも、不安が大きく左に寄ってしまった人は右脳が活性化していることが明らかになっています。

左回りの法則の理由②心臓説

Pexels / Pixabay

人間の心臓は衷心よりもやや左寄りに存在します。左回りの法則は「不安を感じた時など、無意識に心臓を守るための行動を起こしている」というのがこの説です。

左回りに行動すると常に左側に壁が存在するため、突発的な危険から心臓を守るには適した行動であると言えます。

なお、似たような根拠から「異性に興味を持ってもらうには相手の左側に立つとよい」というものがあります。左側に立つことで相手の心臓が守られるため、安心感を得られるそうです。

左回りの法則の理由③肝臓説

www_slon_pics / Pixabay

心臓とは逆に、肝臓は人体の右側に存在します。肝臓は臓器の中で最も重いため、バランスをとるために若干重心が左に寄っているため、左回りを好むのではないかというのがこの説です。

左回りの法則の理由④利き手説

Free-Photos / Pixabay

利き手が右手である人が多いです。これは左側にある心臓を守りやすいようにという理由だそうです。普段意識することはありませんが、様々なところで心臓を守るようにできているんですね。

利き手の方がバランスがとりやすいため、左回りの方が得意である、というのがこの説です。確かにバランスをとるのは外側の手であるため、多くの人は当てはまるかと思います。

左回りの法則の理由⑤後天説

Bess-Hamiti / Pixabay

この説は「左回りの法則は持って生まれたものではない」という説です。学校の授業などで左回りの徒競走などを経験するうちに自然と左回りが身についているという考え方です。

この理論が正しければ未開の地に住む原住民などは左回りの法則が適用しない可能性が高いです。が、そうした実験は実施されていないため真偽の程は定かではありません。

クラピカ理論(左回りの法則)は日常にあった!

Free-Photos / Pixabay

クラピカ理論はハンター試験のような特別な時にしか利用しないものではありません。日常的にも良く取り入れられています。

スーパーや娯楽施設

stevepb / Pixabay

左回りの法則は有名であり、スーパーや娯楽施設などでよく活用されています。これらの店舗では、左回りに進むとスムーズに目的を達成できるようになっています。

右利きの人は左手にかごを持ち右手で商品を取るため、左回りだと商品を手に取りやすくなるというメリットもあります。

左回りの法則を徹底的に意識して様々な商品が目に入るようにし、「ついで買い」してもらえるように商品を配置しているのが「ドン・キホーテ」だそうです。

トラック競技や野球

Free-Photos / Pixabay

トラック競技や野球など、一定距離を一周する競技では左回りに走ることができるようルートが整備されています。また、ロードレースやスケートリンクなど直接走らない競技でも同様です。

お化け屋敷

Elliekha / Pixabay

前述のとおり、人は不安を感じると左に寄りやすい傾向にあります。つまり左回りに進むことで無意識のうちに安心を得ることができるのです。

これを逆手に取っているのがお化け屋敷です。お化け屋敷のルートは敢えて右回りになっており、より不安をあおるように演出されています。

ネット上ではクラピカ理論が常識?!

cocoparisienne / Pixabay

このクラピカ理論ですが、ハンター×ハンターが有名な作品であることも相まってネット上ではもはや当たり前のように使われています。特に動画配信者がネタとして利用するケースが多いです。

ゲーム実況動画でよく使われる理論

ゲーム動画配信者がゲーム実況動画でよくクラピカ理論という単語を使用します。ダンジョンなどで二手に分かれる場合、「右か左か分からないので、私はクラピカ理論を信じます」というように使用します。

ユーチューバーのアブやキヨも実践

youtuberのキヨはクラピカ理論信者です。そのため、ゲーム実況などで道が二手に分かれているときは「クラピカ理論だから」と必ず右から探索していきます。

同じくクラピカ理論を頼りにしているのがアブです。彼らの発言からクラピカ理論を知った視聴者も多く存在します。

しかし彼らは気づいているのでしょうか?ハンター試験では試験官がクラピカ理論を知っている前提で敢えて逆を突いているのです。心優しいゲーム開発者なら左側の難易度を下げるのでは?ということを。

ハンター×ハンターで使えるネタはまだまだあった!

jill111 / Pixabay

ハンター×ハンターではクラピカ理論以外にも様々な豆知識が登場します。ここではこれらについて紹介していきたいと思います。

じゃんけん確率論

geralt / Pixabay

ハンター試験の3次試験で囚人と1対1の勝負を行います。その中で女性囚人であるレルートはレオリオとじゃんけん対決を挑みます。その際レルートが披露したのがじゃんけん確率論です。

じゃんけん確率論とは「1回のじゃんけんで負ける確率は3割ちょっと、約7割は負けない」というものです。言われてみれば当たり前のことです。

しかし恐らく皆さん普段じゃんけんでこんなこと考えたことはないはずです。なぜなら最終的に「勝つか負けるかは5分5分だから」。しかし、この考え方が次に紹介するじゃんけん必勝法の肝なのです。

じゃんけん必勝法?!

3dman_eu / Pixabay

じゃんけんに負けるのは相手より弱い手を出したときのみ。それさえ選択しなければ前述の約7割を取ることができるのです。つまり「相手が出しそうな手に勝てる手」を選択することが重要です。

じゃんけん1回目は統計上チョキが多いそうです。なのでぐーを出すことで負けない確率が上がります。人は不安を覚えると前回と同じ手かそれより強い手を出すそうです。つまりグーを出せばよいのです。

レルートはレオリオの不安をあおるために捨て身の戦法を使います。しかしそこまでではなくても、この考え方を知っておけばじゃんけんの勝率が上がるかもしれません。

多数決のデメリット

RyanMcGuire / Pixabay

これもハンター試験の3次試験で登場したネタですが、一見合理的に見える多数決制にも大きなデメリットが存在するとしています。それは「少数派の排除」です。

多数決の意見を採用するということは少数派の意見を抹殺することに他なりません。そうすると仮にずっと少数派側に回り続けてしまった際に不平不満が溜まりやすくなります。

更に多数派の意見が間違っていた場合は目も当てられません。ちなみに、最悪なのは相談と挙手。相談は答えが出るまで時間がかかる、挙手は敵がはっきり分かるので亀裂の元、ということでした。

アナフィラキシーショックについて

アナフィラキシーショックとは、何かしらのアレルゲンに対して過剰なアレルギー反応を起こしている状態です。

蜂など生物系の毒に犯された経験がある人は体内に抗体が出来上がっており、再び同じ毒を受けた時に抗体が過剰反応して重症化する傾向にあります。最悪の場合、死に至ることもあります。

ハンター×ハンターではハンター試験の4次試験でレオリオのターゲットであったポンズはアシナガバチを使役するハンターでした。彼女のターゲットだったバーボンはアシナガバチに刺され死亡しています。

二酸化炭素中毒について

TheDigitalArtist / Pixabay

ハンター×ハンターでに参加中毒の話が登場するのはハンター試験から遥か後のキメラアント編です。圧倒的な威力・範囲の津波を起こすTUBE(イナムラ)を発動された際にモラウがとった行動です。

彼は人外の肺活量を活かし、室内の酸素を全て吸い切り二酸化炭素濃度を向上させます。二酸化炭素濃度が上がり二酸化炭素中毒を起こすと様々な症状を引き起こすことが説明されました。

この二酸化炭素中毒によって意識がもうろうとした敵は能力が解除されてしまい、自ら呼び出した水に溺れて死亡してしまいます。

・クラピカ信者が続出!クラピカの魅力とは?

クラピカはハンター×ハンターの中でも屈指の人気キャラです。特にその中世的な容姿が広く愛される要因と言えるでしょう。恐らく男だと思われるのですが、作中でも見事な女装を披露しています。

その見事な女装は敵すらも女であると疑わなかったほど。作者もクラピカの性別については明記しておらず、まさかの「本当に女性」という可能性もあります。

もちろんクラピカの魅力はそれだけではありません。ここではクラピカの魅力について語っていきたいと思います。

NEXT 仲間思い