横浜バラバラ強盗殺人事件の概要とその後!犯人池田容之らの現在

2009年、船橋のホテルで生きたままチェーンソーで殺害するというショッキングな事件が発生します。横浜バラバラ強盗殺人事件と呼ばれた本件の犯人、池田容之の生い立ちや被害者である高倉順一さんの最後、衝撃的な傍聴記録など調査しました。

横浜バラバラ強盗殺人事件とは

横浜バラバラ強盗殺人事件とは2009年6月、神奈川県横浜市金沢区で起きた殺人事件です。

殺害方法が冷酷かつ残虐であること、そして裁判員裁判が始まって以来初の死刑判決が下された事件として有名になりました。

横浜バラバラ強盗殺人事件の概要

横浜バラバラ強盗殺人事件は残虐非道な犯行を行ったとして犯行グループの一人、池田容之の名前が知られています。

しかし事件はグループによって行われており、横浜バラバラ強盗殺人事件で起訴されたのは7人でした。総勢8人関わったとされており、1人は逃亡しています。

組織的な犯行であり、事件の背後に大きな力を持った組織があるのではないかという説もあります。プチエンジェル事件を彷彿とさせるという声もありました。

2009年6月18日〜19日、犯人グループが男性2人を船橋のホテルに監禁

犯人は単独ではなくグループによる犯行でした。池田容之含む犯行グループと共犯者の一人は以前よりベトナムから覚醒剤を密輸していたのです。

2009年6月18日~19日、犯行グループの池田容之と共犯者は歌舞伎町で高倉順一さんを含む麻雀店を経営していた男性達2人を千葉県船橋のホテルに呼び出し監禁しました。

被害者の一人の首を生きたままチェーンソーで切断し殺害

fotoblend / Pixabay

池田容之は被害者の一人の首を生きたままチェーンソーで切断します。その際、被害者はやめるように懇願しました。

Iは「家族に電話させてほしい」「殺さないでくださいせめて殺してから切ってください」と懇願する経営者の首を、「動いちゃ駄目だろ、切れないじゃないか」と生きたまま電動のこぎりで切断し殺害し、共犯に「人形みたいでしょ」と語った。

(引用:Wikipedia)

もう一人も刺殺し切断、横浜港や山梨県の山中に死体遺棄

もう一人の被害者は刺殺したのちに遺体を解体、横浜港と山梨県の山の中に遺棄しました。

NEXT 2009年6月24日、死体が発見され事件が発覚