「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

tozanIMGL2845 TP V4 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

江戸時代以前は、日本ではナンバ歩きが一般的な歩き方だったといわれていますが、それは本当なのか。また、ナンバ歩きはスポーツでも効果的だとし、取り入れられています。ナンバ歩きがなぜスポーツや武術に効果的なのか、練習法やその効果などについて見ていきます。

ナンバ歩きとはどういう歩き方?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

ナンバ歩きとは、右手と右足、左手と左足をそれぞれ同時に出して歩く歩き方です。日本の歌舞伎の動作である六方(ろっぽう)にみられる歩く動作です。

ナンバ歩きとはどのような歩行法?方法は?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

ナンバ歩きは、通常の歩き方であるそれぞれの手と足の動きとは、逆の歩き方になります。古武術研究家でも知られる甲野善紀さんの著書などによって一般的に知られるようになりました。

ナンバ歩きの「ナンバ」の由来

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

vkaresz72 / Pixabay

ナンバの名前の由来には諸説あって、そのひとつは江戸時代に歌舞伎の六方の所作のひとつである「難波」に由来しているというものです。

歌舞伎でいわれている六方とは、派手に大きく手を振り、足を強く踏みしめながら歩く演技であり、主に舞台から花道を通って帰っていく時に行われています。この時、同じ側の手足を同時に動かして歩く動作をします。

動画で見るナンバ歩きの歩き方

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

江戸時代までのナンバ歩きは、基本的に腕を動かさず、腰のねじりを使わない歩き方だったそうです。この歩き方は坂道では効率的で、現代人の坂道の歩き方では腕を振る分疲れるのだといいます。

腕をふらないナンバ歩きは、腕はお腹の位置で固定してこぶしを軽く握り、前に出した足と同じ側の手を上に向け、反対の手は下に向けた状態を交互に繰り返します。

その歩き方だと、前から人がぶつかってきたり、咄嗟の時の反応で身体を避けることが可能になるそうです。現在の身体をねじりながらの歩き方は、実は効率があまりよくないといいます。

江戸時代まではナンバ歩きが主流だったと言われている

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「ナンバ歩き」とは?スポーツ界でも生かせる!練習法や効果について

ナンバ歩きは、江戸時代以前の日本では一般的であり、広く行われた歩き方でもあります。明治に入ってからは、西洋的生活様式の移入と共に失われていったとされています。

しかし、この説は厳密な検証からではなく、甲野善紀さん個人の武術理論から生まれた「伝統の創造」の類と見なされています。甲野善紀さんによれば、武術はナンバ歩きの動きが基本となっているといいます。

NEXT 近年ではスポーツ界でもナンバ的な動きが取り入れられている