SOS遭難事件の真相は?事件場所は?怖すぎる音声テープの謎について 社会

SOS遭難事件の真相は?事件場所は?怖すぎる音声テープの謎について

1989年7月24日に大雪山系旭岳で確認された、SOS遭難事件についてまとめました。遭難者の身元が特定され、事件としては一応解決しているものの、テープに残った音声等、一部解明されなかった点が残っています。その謎に加えて類似事件についても調べてみました。

目次

[表示]

SOS遭難事件の概要

ChristopherPluta / Pixabay

1989年、旭岳で2人の行方不明者が出ました。その捜索中に、シラカバの倒木でできたSOSの文字が見つかり、2人は無事救出されました。

後の調査で、そのSOSの文字が、2人の行方不明者によって造られたのではなく、1984年に遭難して亡くなった男性によって作られたものであることが発覚しました。

その男性が、どのようにしてSOSの文字を造ったのか、いくつかの謎が残っています。

1989年に行方不明者2名を探す際SOSの文字を発見

GDJ / Pixabay

1989年、旭岳で、東京都の登山者男性2名が行方不明になりました。そこで、北海道警察のヘリコプター「ぎんれい1号」が捜索を開始しました。

すると、旭岳南方の忠別川源流部で、シラカバの倒木で作られたSOSという文字が発見され、行方不明者2名は、そこから2~3km北で無事救助されました。

行方不明者は救出されるもSOSは別の人が作ったものだった

北海道警察はSOSもこの2名が作ったものであると考えました。しかし、遭難者2名は2人ともSOSの文字については知りません。北海道警察は、他にも遭難者がいると判断し、改めて捜索を開始しました。

その結果、文字付近に骨盤や大腿骨などの人骨の破片が散乱しているのが発見された。また、カセットテープレコーダーや3本のカセットテープが見つかりました。

人骨は旭川医科大学で鑑定され、1984年に遭難した愛知県江南市の会社員男性であると特定されました。

謎の多い事件として知られている

シラカバを並べるには相当な体力が必要ですが、その体力がありながら、何故下山しなかったのでしょうか。

また、遺骨から骨折していたことが分かったのですが、骨折しながらシラカバでSOSを造ることなど可能なのでしょうか。

これらの謎について調べてみました。以下に、これら謎の概要と真相を詳しく述べています。

SOS遭難事件の時系列

Free-Photos / Pixabay

1989年7月、旭岳で遭難事故が発生しました。北海道警察がヘリコプターで捜索したところ、倒木で作られたSOSの文字を発見します。その現場から北に2~3km離れた場所で遭難者2名は無事救助されました。

SOSの文字は、その遭難者が作ったものであると思われていましたが、2人は知りませんでした。そこで、翌日改めて捜査したところ、白骨死体と荷物が発見されました。

発見された白骨死体は鑑定され、女性と推定されました。しかし、女性の入山届が無い事、救助を求める男性の声の入ったカセットテープ、現場に女性ものの遺留品が無い事など不可解な点が残りました。

1989年7月24日大雪山系旭岳で遭難事故が発生

1989年7月24日午後、大雪山系旭岳で、登山者男性2名が行方不明になりました。

ぎんれい1号が登山ルートから外れた位置でSOSの文字を発見

lorozco0993 / Pixabay

その行方不明者の遭難救助活動をしていた北海道警航空隊のヘリコプター「ぎんれい1号」が、北海道の大雪山系融雪沢上流の湿原にシラカバの木を組んで作った「SOS」の文字があるのを撮影しました。

現場は、旭岳山頂から南へ約4km、登山ルートから外れた忠別川源流部で、人が普段出入りしない場所でした。

行方不明者を発見するもSOSは「知らない」

sasint / Pixabay

行方不明だった登山者2名は、SOSが発見された現場から2~3km北で間もなく無事救助されました。

北海道警察はSOSもこの2名が作ったものであると考えました。救助後、遭難者2名にSOSの文字について聞くと「それについては知らない」と答えました。

北海道警察は、他にも遭難者がいると判断し、改めて捜索を開始しました。

翌日改めて捜査し白骨死体と荷物を発見

maxmann / Pixabay

北海道警察は25日午後、「SOS」の現場に救助隊4人を現地に派遣しました。文字の確認と周辺の捜索を行うと、文字付近に骨盤や大腿骨などの人骨の破片が散乱しているのを発見しました。

また、北側約100mでカセットテープレコーダーやカセットテープが3本入った袋と布切れ2枚も見つかりました。

北海道警察は、骨が白骨化しており、SOSを描いたシラカバは草が絡まっていたことから、SOSの作成からは一冬以上経過しており、文字は白骨体の人間が作った可能性が高いと判断しました。

すぐに鑑定し、女性だと言われた

jarmoluk / Pixabay

SOSの傍で見つかった白骨死体は、当初は遭難者リストとの照合から男性のものであると見られていました。しかし、旭川医大による鑑定の結果、この白骨は女性のものである可能性が出ました。

しかし、付近での女性の遭難届けや入山届は出されていませんでした。発見された遺留品も女性ものではありませんでした。このことが、捜査や報道に混乱をうみ、事件を不可思議な物にしました。

後に、SOSの付近から性別不明の頭蓋骨が見つかります。しかし、外部所見から女性の遺体であると判断されました。発見された白骨死体については、身元を特定できる手がかりは無かったようです。

死体は5年前に遭難した男性のものと判明

luvqs / Pixabay

白骨死体が本当に女性なのか、1989年7月28日、旭川医科大学で再鑑定を行いました。すると、A型の男性であることが分かりました。

加えて、北海道警察は、白骨死体について1984年7月頃に遭難した愛知県江南市の会社員男性(当時25歳)のものである、と断定しました。

白骨死体で発見された男性について

GDJ / Pixabay

SOSの文字と白骨死体の付近で発見された遭難者のものと思われる荷物から白骨死体の身元が5年前に遭難した愛知県の会社員男性であると特定されました。

また、遺留品の一部である4本のカセットテープに、1980年代に放映されたアニメ「超時空要塞マクロス」「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」等のアニメソングが多数録音されていました。

このことから、遭難した男性はアニメオタクだったと考えられています。

荷物により男性の身元が判明

Pexels / Pixabay

文字と人骨の北方約100mの地点で、縦27cm、横25cmの灰色のナップザックが見つかりました。以下、その中身の一部です。

  • カセットテープ4本とポータブルラジオカセット
  • 「山王神社交通安全守護」と書かれた朱色の御守り
  • 洗面用具一式が入ったビニール製袋
  • カメラの三脚
  • 男物のバスケットシューズ

これらの遺留品等から白骨死体の身元が、1984年7月頃に遭難した愛知県江南市の会社員男性であると特定されました。

男性はアニメオタクだった?

InspiredImages / Pixabay

現場からは、60分テープ1本、46分テープ1本、90分テープ2本の4本のカセットテープが見つかりました。このテープに録音された内容から、遭難した男性がアニメオタクであったといわれています。

60分テープに入っていたのは、1982年~1983年に毎日放送(大阪TBS系)で放映され、その後映画、レコード化されたアニメ「超時空要塞マクロス」の主題歌とアニメで使われていたらしい曲でした。

残る90分テープ2本のうち、1本はアニメ関係の曲ばかりでした。もう1本のA面に「SOS」の肉声が入っており、B面には1982年のアニメ「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」が収録されていました。

SOS遭難事件が起きた場所についての詳細

DariuszSankowski / Pixabay

SOS遭難事件は、北海道中央部にある大雪山系旭岳で起こりました。旭岳は、比較的手軽に登山が楽しめるとあって、多くの登山客が訪れます。

しかし、頂上付近は急坂の岩場が続きます。さらに、下山ルートの目印となる金庫岩がありますが、それに似たニセ金庫岩も存在します。

ニセ金庫岩を目印に下山すると、被害者の遭難地点にたどり着きます。しかも、その地点からは登山も下山も難しい脱出しづらい地形なのです。

事件の舞台は北海道大雪山系

Bess-Hamiti / Pixabay

北海道の大雪山とは、北海道中央部にそびえる火山群の名称です。表大雪、北大雪、東大雪、十勝岳連峰の4つをまとめて大雪山系と呼びます。事件のあった旭岳は表大雪にあり北海道の最高峰です。

旭岳について

Antranias / Pixabay

旭岳は、北海道上川郡東川町にある、標高は2,291mで、北海道最高峰の火山です。

東川町の旭岳温泉から姿見の池(標高1,600m)まで大雪山旭岳ロープウェイがあるため、比較的手頃な登山が楽しめます。多くの登山者が訪れ、姿見の池付近では高山植物を見ることができます。

旭岳の稜線部には金庫岩とニセ金庫岩が存在していた

Free-Photos / Pixabay

旭岳の頂上付近は急坂の岩場が続きますが、道の目印となる「金庫岩」と似た「ニセ金庫岩」があることもあり道に迷いやすくなっています。近年は道なりにロープを張る事で改善されました。

ニセ金庫岩を下山すると被害者の遭難地点にたどり着く

ijmaki / Pixabay

このニセ金庫岩を目印にして下山すると、遭難地点付近にたどり着くことが後に判明しました。

遭難地点上部の斜面は横倒しに生育する笹原になっていて、上部から下部へ進入しやすいが、その逆は登りづらい事、遭難箇所の下部が崖状になっておりそのまま下り難い地形である事も判明しました。

ちなみに、金庫岩とニセ金庫岩を間違えるわけない、とマスコミが現地にいきましたが、マスコミもニセ金庫岩に引っかかって、無事救助されましたが、全員遭難したらしいです。

SOS遭難事件の謎

qimono / Pixabay

遺留品からは、肉声のカセットテープが見つかりました。白骨死体の発見現場は崖の上ではなかったにも関わらず、「崖の上で」と録音されています。

また、遺骨は骨折していたにも関わらず、大きなSOSを造る事は可能だったのでしょうか。SOSを造る体力がありながら、何故下山しなかったのでしょうか。

このように、謎が多い事件となっています。

カセットテープ

markusspiske / Pixabay

遺留品のカセットテープレコーダーには遭難した男性とみられる人物の叫び声で次のような内容が吹き込まれていました。

SOS 助けてくれ
がけの上で身動きとれず
SOS 助けてくれ
がけの上で身動きとれず
SOS 助けてくれ
場所は初めにヘリに会ったところ
笹深く上へは行けない
ここからつり上げてくれ

(引用:SOS事件の検証)

また、実際のカセットテープの音声です。「がけの上で」とありますが、白骨死体発見現場は崖の上ではありませんでした。閲覧注意です。

聞いている人がいないのに、何故このように大声で絶叫したのでしょうか。

SOSを作る体力はあったのに何故下山しなかったのか?

JamesDeMers / Pixabay

SOSの文字は、ヘリコピターから見えるくらい大きいものでした。文字の1辺は5m以上あったそうです。シラカバの倒木を3本以上積み重ねて造る事が重労働であったことは容易に想像できます。

何故、そのような重労働を行う体力が残っていながら、自力で下山しなかったのでしょうか。

遺骨は骨折していたがSOSを作る体力はあったのか?

白骨死体の鑑定をしたところ、骨折の後があったそうです。カセットテープの録音にも「身動きとれず」という言葉があります。同様に、骨折した状態でSOSの文字を造る重労働ができるのでしょうか。

SOSの文字は何故5年間も発見されなかったのか

3dman_eu / Pixabay

遭難者が実際にSOSを造って、5年後にSOSの文字は発見されました。飛行機から肉眼で確認できるような大きさだったにも関わらず、何故、発見されないままだったのでしょうか。

SOS遭難事件の真相について

上記に挙げたいくつかの謎について憶測ではありますが様々な説があります。

遭難者は、自分で動かず、SOSの文字を造って救助を待つことにしたのでしょう。そのために、SOSの文字を造る体力がある中、下山しませんでした。

また、カセットテープに録音された遭難者の音声は、助けを求めて叫んだ時に偶然録音されたものであると考えられます。だから、誰もいないに関わらず、叫び声が録音されていたのです。

SOS作成は体力があるときに作っていた

Free-Photos / Pixabay

遭難者がSOSを造った現場は、遭難地点上部の斜面は横倒しに生育する笹原になっており登りづらく、遭難箇所の下部は崖状になっており下りくく、脱出しづらい地形です。下山しようにもできないのです。

また、捜索されている時は、無闇に動いてはいけません。遭難者は救助活動が行われていると思ったかもしれません。無理に動いて体力の消耗を抑える必要もあります。

これらの理由から、動けない、または敢えて動かず、大きなSOSの文字を造ることで救助を待つことにしたのでしょう。

カセットテープ録音の理由

カセットテープに収録された音声では、「場所は初めにヘリに会ったところ」と、当時、ヘリコプターが上空を飛んでいたことを示しています。

遭難者は、周りに人がいないにも関わらず、叫び声を録音していました。2度の中断、息づかい、山にこだますような声が聞こえます。

このことから、北海道警察は、録音自体が目的ではなく、ヘリコピター等を見て助けを求めて叫んでいる時、偶然カセットテープのスイッチが入り、その声が録音されたと考えられるとしています。

自殺の噂もあった

鉄腕アトムが月に遭難し、月面に漂着した流木を使ってSOSを作ったエピソードがあります。

アニメオタクだと考えられている遭難者が、鉄腕アトムの真似をするために、敢えて山の中でSOSの文字を造って自殺したという説がありますが、真偽は不明です。

NEXT:SOS遭難事件と類似した事件について
1/2