梅川昭美の生い立ちや三菱銀行人質事件の動機!角田美代子は愛人か?社会

梅川昭美の生い立ちや三菱銀行人質事件の動機!角田美代子は愛人か?

1979年1月に大阪市の三菱銀行北畠支店で人質事件が起こりました。まだTVの規制もゆるく、中継にみなが釘付けになっていました。最後に特殊部隊に射殺されるという衝撃の最後を遂げた人物がいました。それが、梅川昭美です。どうしてこのような事件がおこったのでしょうか。

目次

[表示]

大竹市強盗殺人及び三菱銀行人質事件を起こした梅川昭美とは?

映画にもなり、この事件と犯人を知らない人はいないと思います。一体どんな人だったのでしょうか。

大竹市強盗殺人及び三菱銀行人質事件を起こした梅川昭美とは?

日本のシリアルキラーの1人です。小さい頃から極貧のなか、苦労しながら成長しました。父親が怪我により離職、その後離婚し、父親に引き取られるも、家出し母親と生活します。

働き詰めの母親か放任したことから非行に走り、2度の猟奇的事件を起こした重大犯罪人です。

真面目な1面もあり、読書家で仕事もしっかりしていました。両親の愛情に飢えていたのか、すべて社会が悪いと責任転嫁していたのか、どんな心境で事件を起こしたのか、誰にもわかりませんね。

三菱銀行人質事件の概要

30歳になるから大きなことをする、という宣言後の1979年1月26日、三菱銀行北畠支店に猟銃をもって押し入りました。

500万用意しろ!と入るなり発砲し、客や銀行員30人以上を人質として立てこもりました。その後解決までに警察官2人、銀行員2人を射殺しました。

人質を全裸にし、肉の盾として自分の周りにたたせるなど、卑劣極まりない行いをし、2日たち、限界と感じた警察が特殊部隊を突入させ、梅川を射殺して人質を解放しました。

大竹市強盗殺人事件の概要

まだ少年、梅川昭美が15歳での最初の殺人事件です。非行に走り家出して一人暮らしを始めたものの、やはりお金がなく、自分が働いていた工務店に強盗に入りました。

そこの妻を残虐に殺害し金庫を盗んで逃げましたが、すぐに捕まり特別少年院に送られることとなりました。このときから梅川の危険な性質が現れてきたといえます。

悲惨?梅川昭美の生い立ち

梅川の生い立ちはどんなものだったのでしょうか。どうして凶悪事件を起こしてしまったのでしょうか。まずは生い立ちから紹介します。

8歳で両親が離婚し貧しい生活

広島県佐伯郡小方村に産まれました。両親共に高齢だったので、待望の息子だったのではないでしょうか。昭美が産まれる前に姉は亡くなり、親子3人家族でした。

元々貧しかったようですが、8歳のとき父親が脊髄の病気で歩行困難になり失職しました。その後、母親は家を出て離婚しました。

父親に引き取られ広島から香川県に引っ越すが冷遇

両親の離婚後、父親と一緒に郷里の香川県に引っ越しますが、長男なのに若くして家出し家を継がなかった為に戻っても一族に冷遇されました。

その待遇を憎悪し反発した昭美は、1年後家出し、母親を頼って広島県に逃げ帰りました。

グレて高校退学

そんな中、昭美の学生時代はどうだったのでしょうか。

中学時代

母親の元に戻りましたが、母親は朝から深夜まで働いていたため放任され、喫煙、暴力等非行に走ります。頻繁に補導されるようになり、外泊を繰り返していました。

高校退学

広島工業大学附属工業高等学校に入学する事が出来ましたが、不登校でした。非行は相変わらずで、オートバイを盗んだ事で逮捕され、4ヶ月で退学させられました。

両親が復縁し更生を図る

目に余る非行の状態に悩んだ両親は、昭美のためにと復縁して一緒に生活しようとしました。しかし、昭美は一人暮らしを始めます。

15歳で一人暮らしを始めたものの、すぐにお金に困り、最初の殺人事件を起こしてしまいました。

そういう事件を起こしている反面、昭美本人は読書家で、ニーチェやフロイドなど様々な本を読んでいました。さらに、少年院を出た後は真面目に働いてもいました。

母親は韓国人だった?

これはデマです。調べてみれば、日本人のシリアルキラーは在日系が多いという噂で、そういう話が流れたようです。実際は昭美の母親は日本人です。生死は分かりません。もし生きていれば90歳を超えています。

NEXT:女性との交際について
1/5