レイ・セフォー(南海の黒豹)の現在は?対戦や戦績もまとめ

レイ・セフォーはブーメランフックを武器として「南海の黒豹」の異名をとったK-1選手です。アンディ・フグやアーネスト・ホーストなどと共にK-1の黎明期を支えてきました。今回はそんなレイ・セフォーの現在やこれまでの戦歴などについて紹介したいと思います!

レイ・セフォーの現在は?

K-1が設立された初期から参戦しており、K-1の黎明期を支えたスター選手であるレイ・セフォー。しかし、その全盛期を知っている方は30代以上ではないでしょうか?

レイ・セフォーは既に格闘技を引退しています。ここではレイ・セフォーの現在についてまとめていきます。

2013年8月に引退試合を行い引退したレイ・セフォー

1996年にK-1デビューを果たし、以降2013年まで実に17年もの選手生活を送ります。ただし、1989年にはプロボクサーとして既にリングに上がっており、格闘技人生は24年にわたります。

そんな鉄人レイ・セフォーも寄る年波には勝てないもの。ついに2013年8月に引退試合を行い、その選手生活にピリオドを打ちます。

引退試合はWSOF 4にて行われ、デイブ・ハッカバと総合ルールで対戦しました。なお引退試合はTKO負けを喫しています。

レイ・セフォーは引退後何をしているの?

ijmaki / Pixabay

レイ・セフォーの引退後ですが、これといった情報が出回っていません。現在レイ・セフォーがどのような生活を送っているのは誰も知らないのが現状のようです。

引退後唯一の情報として2014年に猪木ボンバイエで小川・鈴川ペアとジェノム・レ・バンナ、レイ・セフォー戦が行われていますが、これ以降レイ・セフォーの名前を聞くことはありません。

レイ・セフォーはどんな選手だった?

ijmaki / Pixabay

20代以下の方々、当時K-1に興味がなかった方はレイ・セフォーがどんな選手であったかご存じないかもしれません。ここではレイ・セフォーが一体どんな選手だったかご紹介したいと思います。

レイ・セフォーは華麗な技で相手を本領するというより自慢のフックで相手をなぎ倒すタイプの選手であり、豪快な試合が好きな人には非常に人気が高い選手でした。

南海の黒豹とよばれ、かっこいいと人気だったレイ・セフォー

WenPhotos / Pixabay

レイ・セフォーのとおり名は「南海の黒豹」。甘い顔立ちというよりは頼りになるタイプの顔ですが、所謂ガテン系が好きな人たちからかっこいいと評判でした。K-1選手の中でも人気が高い選手です。

NEXT サモア系として知られていたレイ・セフォーの生い立ちは?