名古屋アベック殺人事件の加害者の実名や現在!被害者家族の現在は?

名古屋アベック事件とは少年少女6人が、名古屋市の大高緑地公園に車を停車させていたカップルを強盗目撃に襲撃して暴行を加えて殺害した事件です。今回は事件の概要と共に犯人らの実名、小島茂夫、高志健一、近藤浩之、龍造寺リエ、筒井良枝などや現在の様子をまとめます。

名古屋アベック殺人事件とは

Free-Photos / Pixabay

名古屋アベック事件は1988年2月23日から25日にかけて名古屋市緑区にて発生した強盗殺人および集団強姦事件です。犯人グループは合計6人、当時20歳の男を除いた5人全員が十代の未成年の少年少女でした。

犠牲となったのは理容師の男性(当時19歳)と理容師見習いの女性(当時20歳)で、2月23日の午前4時30分頃、愛知県名古屋市にある県営大高緑地公園駐車場に車を停車させていた所を犯人らに襲撃されました。

cocoparisienne / Pixabay

犯人らは2人を強盗目的で襲撃、激しい暴行を加えます。その後、通報される事を恐れて2人を拉致し車で名古屋市内を丸一日連れ回した挙句、翌24日午前4時30分頃に愛知郡(当時)長久手町の墓苑で男性を殺害。

殺害した男性を車のトランクに乗せたまま、犯人らは女性を連れて犯人ら一人の自宅に一泊、翌25日に女性を殺害する目的で三重県阿山郡の山林内へと向かい殺害し、その現場で二人の遺体を穴を掘って埋めています。

強盗目的に無差別に襲っての殺害という事件の凄惨さに加えて、犯人達6人が一人を除いて全員10代の少年少女であった事から、社会に与えた衝撃は大きく、少年法の在り方などの社会問題にまで発展した事件でした。

名古屋アベック殺人事件の概要

Pexels / Pixabay

ここからは、名古屋アベック殺人事件の概要を把握するため、時系列順に流れに沿う形でまとめていきます。

アベックが駐車場に停車中、犯人グループが現れる

harutmovsisyan / Pixabay

被害者の男女は1988年2月23日、ドライブデート後の午前4時半頃に事件発生現場となった愛知県名古屋市緑区にある大高緑地公園駐車場に車(トヨタ・チェイサー)を停車させていました。

そこへ、犯人グループら6人が分乗した二台の日産グロリアが現れ、被害者らが停車させていたチェイサーの逃げ道を塞ぐように前後にぴったり挟むように停車します。

犯人グループは”バッカン”という強盗を2台成功し、3台目の獲物を狙っていた

Free-Photos / Pixabay

犯人グループらはこれ以前からも「バッカン」と称してアベック(カップル)を襲撃して暴行した上で金品を奪う行為を度々行なっていました。

その日も、犯人らは同様の犯行を2件起こし、強盗を成功させていました。この大高緑地公園での襲撃はその日3回目の「バッカン」行為でした。

アベックの男を暴行、女を暴行し強姦

LunarSeaArt / Pixabay

彼らは被害者らの乗るチェイサーを挟み込むように車を停車したあと、木刀などを使ってチェイサーの窓ガラスなどを叩き割るなどして襲撃しようとします。

被害者男性は襲撃に驚き、逃走しようとして車をバックに急発進させた所、後部に停車していた犯人らのグロリアに衝突、激しく損傷させます。これに激昂した犯人らは暴行をさらに激化させます。

叩き割った窓ガラスから車のドアを開け、被害者男女らを引きずり出し、木刀や鉄パイプなどで叩く足で蹴るなどの激しい暴行を頭や顔などに加え、その後さらにエスカレートして二人が気を失うまで暴行しています。

NEXT 犯人グループの少女たちは金品を窃盗