名古屋アベック殺人事件の加害者の実名や現在!被害者家族の現在は? 社会

名古屋アベック殺人事件の加害者の実名や現在!被害者家族の現在は?

名古屋アベック事件とは少年少女6人が、名古屋市の大高緑地公園に車を停車させていたカップルを強盗目撃に襲撃して暴行を加えて殺害した事件です。今回は事件の概要と共に犯人らの実名、小島茂夫、高志健一、近藤浩之、龍造寺リエ、筒井良枝などや現在の様子をまとめます。

目次

[表示]

名古屋アベック殺人事件とは

名古屋アベック事件は1988年2月23日から25日にかけて名古屋市緑区にて発生した強盗殺人および集団強姦事件です。犯人グループは合計6人、当時20歳の男を除いた5人全員が十代の未成年の少年少女でした。

犠牲となったのは理容師の男性(当時19歳)と理容師見習いの女性(当時20歳)で、2月23日の午前4時30分頃、愛知県名古屋市にある県営大高緑地公園駐車場に車を停車させていた所を犯人らに襲撃されました。

犯人らは2人を強盗目的で襲撃、激しい暴行を加えます。その後、通報される事を恐れて2人を拉致し車で名古屋市内を丸一日連れ回した挙句、翌24日午前4時30分頃に愛知郡(当時)長久手町の墓苑で男性を殺害。

cocoparisienne / Pixabay

殺害した男性を車のトランクに乗せたまま、犯人らは女性を連れて犯人ら一人の自宅に一泊、翌25日に女性を殺害する目的で三重県阿山郡の山林内へと向かい殺害し、その現場で二人の遺体を穴を掘って埋めています。

強盗目的に無差別に襲っての殺害という事件の凄惨さに加えて、犯人達6人が一人を除いて全員10代の少年少女であった事から、社会に与えた衝撃は大きく、少年法の在り方などの社会問題にまで発展した事件でした。

犯行現場となったのが名古屋市緑区にある大高緑地であったことから、「大高緑地公園アベック殺人事件」と呼ばれることや「東海カップル事件」と呼ばれることもあります。

名古屋アベック殺人事件の詳細

Pexels / Pixabay

ここからは、名古屋アベック殺人事件の概要を把握するため、時系列順に流れに沿う形でまとめていきます。

アベックが駐車場に停車中、犯人グループが現れる

harutmovsisyan / Pixabay

被害者の男女は1988年2月23日、ドライブデート後の午前4時半頃に事件発生現場となった愛知県名古屋市緑区にある大高緑地公園駐車場に車(トヨタ・チェイサー)を停車させていました。

そこへ、犯人グループら6人が分乗した二台の日産グロリアが現れ、被害者らが停車させていたチェイサーの逃げ道を塞ぐように前後にぴったり挟むように停車します。

犯人グループは”バッカン”という強盗を2台成功し、3台目の獲物を狙っていた

Free-Photos / Pixabay

犯人グループらはこれ以前からも「バッカン」と称してアベック(カップル)を襲撃して暴行した上で金品を奪う行為を度々行なっていました。

その日も、犯人らは同様の犯行を2件起こし、強盗を成功させていました。この大高緑地公園での襲撃はその日3回目の「バッカン」行為でした。

アベックの男を暴行、女を暴行し強姦

LunarSeaArt / Pixabay

彼らは被害者らの乗るチェイサーを挟み込むように車を停車したあと、木刀などを使ってチェイサーの窓ガラスなどを叩き割るなどして襲撃しようとします。

被害者男性は襲撃に驚き、逃走しようとして車をバックに急発進させた所、後部に停車していた犯人らのグロリアに衝突、激しく損傷させます。これに激昂した犯人らは暴行をさらに激化させます。

叩き割った窓ガラスから車のドアを開け、被害者男女らを引きずり出し、木刀や鉄パイプなどで叩く足で蹴るなどの激しい暴行を頭や顔などに加え、その後さらにエスカレートして二人が気を失うまで暴行しています。

犯人グループの少女たちは金品を窃盗

Jan-Mallander / Pixabay

また、犯人グループ内の2人の少女も、被害者女性の服を脱がせて裸にし木刀で殴るなどの暴行を加えました。

さらに女性被害者は藪の中に連れ込まれ男達に輪姦されている間、この少女2人は被害者の車内を荒らして現金1万円あまりの金品を窃盗するなどしています。

被害者女性は強姦された後に全身にタバコの火を押し付けられ、陰部にシンナーをかけられてそこに火をつけられるなど凄惨な暴行を受けました。

事件発覚を恐れ、二人を拉致

その後、周囲が明るみ始めるまでも激しい暴行は続きました。被害者2人がぐったりとして動かなくなると、このまま放置すればすぐに犯行が発覚して捕まることを恐れた犯人達は、2人を拉致する事を決めます。

その日は被害者2人を自分たちの車に監禁した状態で、名古屋市内などを走り回っています。その中で被害者に顔を見られており、逃せば通報され逮捕されるから殺してしまおうといった相談をしていた様です。

男性を殺害「たばこを吸い終わるまで引っ張ろう」

adege / Pixabay

犯人達は暗くなってから殺害を決行するため、一旦被害者2人を名古屋市内のカーホテルへと監禁します。翌24日の深夜に2人を再び連れ出し、午前4時半頃に愛知県愛知郡長久手町の墓苑「卯塚緑地公園」へと移動。

男性被害者を車外へと引っ張り出し男性被害者の首にビニールロープを巻きつけ、両方から綱引きの様に引っ張って絞殺します。女性被害者はこの時、車内で目隠しをされていましたが、異変を察知しています。

その後の裁判での証言によると、この時に犯人達は「たばこを吸い終わるまで引っ張ろう」などと発言し、笑いながら被害男性の首を締め続けたのだそうです。

女性を再度輪姦、暴行後殺害

Free-Photos / Pixabay

犯人らは、男性の遺体を車の後部トランクに詰め、女性被害者を連れて一旦犯人の1人の自宅へと戻り一泊。この時、女性被害者を人身売買して金に変える事を計画しますが、そのアテがなく結局殺害を決めています。

この時に、犯人グループの男達は女性を再度輪姦したことも明らかになっています。この時には女性はすでに生存を諦めた様な発言をし、無気力な状態になっていたそうです。

翌25日深夜になると女性被害者も殺害するため、三重県の上野市へと車で移動。深夜3時頃に阿山郡大山田村阿波の山林へと向かい、そこで女性はパンツ一枚の姿で座らされ、男性被害者と同じ方法で絞殺されます。

アベックを抱き合う形で死体遺棄

Pexels / Pixabay

その場所で、犯人達は穴を掘って2人の被害者の遺体を遺棄して埋めています。この時2人の遺体が抱き合う様な形で埋められていました。

逮捕後の警察による取り調べによると犯人の1人は「アベックだから、面白半分でそんな姿にした」と供述しており、犯人達が自分たちが殺害した遺体を面白半分に扱っていた事も明らかになっています。

Aの自宅で逮捕

3839153 / Pixabay

犯人達は2人の遺体を山林に埋めて遺棄した後、名古屋市内のレストランで一度解散したのち、昼頃にたまり場となっていた主犯格犯人Aの自宅へと集まって逃亡の計画を立てていました。

しかし、この時には被害者乗っていたトヨタ・チェイサーが激しく破損した状態で放置されているのが発見されており、被害者家族からの捜索願を受けて警察が犯人らの行方を追っていました。

目撃情報などから、警察は犯人達を特定し、午後2時頃に犯人達が集まっていた犯人Aの自宅にて犯人グループのうち5人を逮捕しています。その後、行方をくらませていた残りの1人も28日未明には逮捕されています。

名古屋アベック殺人事件の犯人とその実名

名古屋アベック殺人事件の概要を追ってきましたが、犯人達のあまりに身勝手極まりない犯行には戰慄と怒りを覚えます。ここではこの凶悪な犯人達について明らかになっている実名を交えてまとめます。

6人の犯人のうち5人が未成年だったが実名報道された

MichaelGaida / Pixabay

名古屋アベック殺人事件の加害者6人のうち5人は未成年者であり、当初新聞やTVはもちろんのこと、『新潮45』などの週刊誌でも仮名で加害者の情報が報じられました。

しかし、あまりの犯行の凶悪さから未成年の加害者についても実名で報道するメディアが出始め、最終的に6人全員の実名、そして経歴が知れ渡るようになったのです。

未成年者が加害者であった場合、更生を妨げるという懸念から少年法第61条によって実名報道は禁じられていますが、本事件はこの少年法第61条の是非を問うきっかけにもなりました。

主犯・小島茂夫

StockSnap / Pixabay

名古屋アベック殺人事件の殺人実行犯であり主犯格とされるのは、小島茂夫(当時19歳)です。小島茂夫は1968年6月20日に長野県東筑摩郡で次男として生まれ、その後名古屋へと移住しています。

中学に入学した頃から非行が目立ち始め、1983年4月27日に中川区内にて原動機付自転車を窃盗して補導された小島茂雄は、中学卒業後1984年4月から名古屋市北区の職業訓練校へと進みます。

しかし入学してすぐに、同校の教師に暴行を働いて退学。その後はうどん店や内装業、居酒屋手伝いなど職を転々としています。

stux / Pixabay

その後1986年11月に弟が暴力団とトラブルを起こし、連れ去られたのを山口組弘道会薗田組へ取り返しに行ったところ、薗田組の組員にその度胸を買われ、弟の解放の条件として組員になる事を勧誘されます。

小島茂夫はその条件を飲んで薗田組の構成員となった後、同年12月に窃盗未遂事件を起こして検挙されて保護観察処分となりますが、その期間中にまたしても窃盗事件を起こします。

1987年3月に名古屋家裁から刈谷市の運輸会社へ補導委託され同社に住み込みで勤務。しかし7月には無断で退社し薗田組へと戻ってしまいます。この頃名古屋アベック事件の共犯となる5人の内の3人に出会います。

準主犯格・徳丸茂久

xusenru / Pixabay

小島茂夫と同じく殺人の実行犯であり、準主犯格とされるのが、当時17歳であった徳丸茂久です。徳丸茂久は1971年2月5日に、名古屋市熱田区に住む家庭の長男として生まれています。

徳丸茂久が小学校に通っていた頃には父親の仕事が不振によって家庭の経済状況は困窮し、給食費すら払えない状態となり、それが原因でイジメにあったそうです。

これに対して父親は「売られた喧嘩は買え」などと徳丸茂久の問題行動などは放任しており、徳丸茂久は小学校3年の頃から同級生に暴力を振るう傾向が見られる様になっています。

Tama66 / Pixabay

中学校に進んでいた1984年6月頃、不良生徒とつるむ様になってシンナーの吸引、原付バイクの窃盗、シンナーの入った一斗缶を窃盗するなどの問題行動を度々起こし、児童相談所へ通告されます。

1986年4月名古屋市中川区の鉄工所に就職しますが、8月頃にはすぐ退職します。この頃、中学時代からの交際相手と破局するなどが原因で生活意欲を失い、再びシンナーを吸引するなど非行に走ります。

そんな中で友人から「ヤクザになれば女はすぐ見つかる、金も手に入る」との言葉を受けて薗田組の構成員になる事を決め、名古屋市中川区内にあった組員らの寝泊まりする住宅に居住。小島らと出会いました。

唯一の成人だった高志健一(画像あり)

犯人6人の中で唯一成人だったのがこの高志健一(当時20歳)です。1968年1月27日に鹿児島県で長男として生まれますが、翌1969年両親が離婚したために愛知県一宮の父方の祖母宅へと預けられています。

小学3年頃不登校となり窃盗事件を起こすなどし、祖母が高齢で育てることが困難であったこともあり、1977年には愛知県半田市の情緒障害児短期治療施設「ならわ学園」へ預けられました。

施設内の小学校を卒業後の1980年3月からは一宮市内の児童養護施設「仲好寮」に移動し、同市内の中学校へと進学。卒業後には愛知県蒲郡市の製鋼会社へと就職しました。

Free-Photos / Pixabay

しかし、突然訪れた母親に説得され、同社を退社し母親と姉との同居を開始。ところが母親が間も無く再婚すると、その再婚相手との折り合いが悪くなり1985年に家を出て、新聞販売店を経て名古屋へと戻ります。

その後、名古屋市内での仕事を辞めた後、所持金に困り通行人からひったくりで現金を奪って検挙されます。母親や姉が自分の所有物を勝手に質に入れるなどされた事で荒んでいき、非行がエスカレートしました。

この頃に後に事件の共犯となる近藤浩之と知り合い、知人の紹介で薗田組の組員となり、主犯となる小島と知り合い、犯人の1人龍造寺リエとも出会って1987年10月頃まで交際しています。

近藤浩之

Pexels / Pixabay

犯行当時19歳だった近藤浩之は1969年4月26日、名古屋市瑞穂区で長男として生まれました。1975年11月近藤が6歳の頃に両親が離婚してからは母親に引き取られ、以降母子家庭で育ちます。

近藤は、自分が長男として家族を支えるという意識から、母親の前では優等生な行動を取っていた様です。母親がそれを信頼して放任していたため、中学時代に不良少年と付き合う様になっていきます。

窃盗や恐喝などを行う様になり、警察から注意も受けています。中学卒業後は理容師や寿司店など職を転々とします。この頃に、小島や徳丸、高志、筒井などと知り合い、弘道会高山組組員の舎弟となりました。

龍造寺リエ

Engin_Akyurt / Pixabay

1971年1月20日に名古屋市千種区で長女として生まれた龍造寺リエは、犯行当時17歳でした。10歳の頃両親が離婚し、父親に引き取られています。

龍造寺リエが中学生の頃、父親が17歳の女性を妊娠させて再婚しますが、この父の再婚相手と馴染むことが出来ず、父方の伯母の家へと預けられています。しかしその伯母ともうまくいかずに施設へと預けられます。

pedrofigueras / Pixabay

1986年中学卒業後に龍造寺リエは美容室に就職しますが、1ヶ月で退職。その後、名古屋市中区のスナックでホステスとなり、客として訪れていた高志健一と交際関係となっています。

そして高志について薗田組へと出入りする様になり、この頃に小島、徳丸らとも知り合ったとされます。高志と交際していた龍造寺リエでしたが、後に小島の情婦となって、一時は小島の実家にて暮らしていた様です。

事件での逮捕後も小島との結婚に拘っていたとの話もあります。後述しますが、現在は雪丸リエという名前になっており、住所がネット上にリークされたこともありました。

筒井良枝

niekverlaan / Pixabay

名古屋アベック事件のもう1人の女性犯人が当時18歳だった筒井良枝です。1986年10月頃に母親と喧嘩して家を飛び出し、近藤浩之と知り合って、別の暴力団員の情婦となり家へ転がり込んでいます。

名古屋アベック殺人事件の裁判

TPHeinz / Pixabay

犯人達の大半が未成年の凶悪事件と言う事で、注目を集めた名古屋アベック事件の裁判についてもまとめます。それぞれの判決や、裁判の簡単な過程についても書いていきます。

主犯・小島茂夫の判決は無期懲役

Ichigo121212 / Pixabay

殺人実行犯として主犯とされた小島茂夫は、第一審では検察の求刑どおりに死刑判決を受けています。小島はこれを不服として控訴します。

その後の第二審では「矯正可能性が残されている」「精神的に未成熟な未成年の場当たり的な犯行」「集団犯罪であること」などが考慮されたとして無期懲役が言い渡され、上告はされずに刑が確定しました。

小島茂夫は「未成年だから死刑にはならない」と言い張っていた?

Alexas_Fotos / Pixabay

小島茂夫は第一審での死刑判決を受けた際に「えっ」と驚いて声を上げたそうです。小島茂夫は鑑別所に収容されていた際、面会に来た母親に「未成年だから死刑にならない」などと発言していたとされます。

この事実が明らかになると、凶悪な犯罪を犯しておきながら反省の色が全く見られないとして、激しい批判を集めることとなりました。それが第一審での判決に影響を与えた可能性はあるでしょう。

事実、一審を担当した名古屋地裁、小島裕史裁判長は小島に対して「(彼を社会に出すのは)野獣を放つようなもの」と断言しており、更生の余地はないと見ていたことが窺えます。

準主犯格・徳丸茂久の判決は無期懲役

KlausHausmann / Pixabay

小島と同じく殺人に実行犯であり、準主犯格とされた徳丸茂久は「悪質さは小島に勝るとも劣らない」とされますが事件当時17歳出会った事が考慮されて、死刑相当の無期懲役という判決を受けています。

少年法第51条では加害者が18歳未満であった場合、死刑相当と考えられる罪を犯した際には無期刑を科すると定められており、これに則った判決が下されたのです。

成人・高志健一の判決は懲役13年

Free-Photos / Pixabay

犯人グループのうちで唯一の成人であった高志健一に対しては、「殺害行為の実行には加わっていないが冷酷な性格は顕著」として検察から無期懲役が求刑されます。

弁護側は、高志健一は殺害の謀議には加わったが本気とは思っていなかったとして情状酌量を求めました。最終的には第一審判決として懲役17年の判決が下りますが、第二審にて懲役13年が確定しています。

高志健一は男性の殺害時現場にいなかったと主張

高志健一は公判中に被害者男性の殺害には自分は関係しておらず、現場にもいなったと終始主張していました。弁護側も「男性殺害の謀議には加わっていない」と主張しました。

控訴審では、弁護側の主張「被害男性殺害の謀議に加わっていない」が受け入れら、懲役13年の判決が下されています。これに対して検察は上告を断念し、刑が確定しました。

近藤浩之の判決は懲役13年

ErikaWittlieb / Pixabay

近藤浩之には第一審では検察側が懲役5年以上10年以下を求刑、判決までに成人した場合は懲役15年を求刑しました。近藤は判決までに成人したため、懲役13年の判決が下され、控訴はなく確定しています。

NEXT:筒井良枝と龍造寺リエの判決は懲役5年以上10年以下の不定期刑
1/2