【ネオ麦茶】西鉄バスジャック事件の概要と犯人谷口誠一の現在について

理由なき犯罪世代、キレる17歳。かつてこんな言葉が流布された時期がありました。少年犯罪凶悪化の象徴とする人もいる西鉄バスジャック事件。当時未成年だった犯人谷口誠一は現在何処で何をしているのでしょうか?今回は事件の詳細や影響、事件のその後について調べてみました。

ネオ麦茶事件こと西鉄バスジャック事件の概要

本事件は西鉄バスジャック事件の他ネオ麦茶事件とも呼ばれています。それでは、なぜネオ麦茶事件と呼ばれるようになったのか、そもそもネオ麦茶とは何なのか。

本項では事件の概要と合わせて解説して参ります。

2000年に起きたバス乗っ取り事件

Free-Photos / Pixabay

事件はGW真っただ中の5月3日に発生しました。件のバスは定刻通りに佐賀第二合同宿舎を出発、14時6分には福岡の天神バスセンターに到着する予定でした。

太宰府インターチェンジ付近で突如として犯人は立ち上がり、刃渡り30cmの牛刀を運転手に突き付けてバスを乗っ取ります。犯人は当時17歳の少年でした。

事件の様子は生中継され、日本中が注目しました。そして、事件発生から約15時間半後、隙とついて特殊部隊が突入。少年を取り押さえ、一連の凶行に終止符が打たれました。

死亡者一名負傷者二名を出す事件となった

Antranias / Pixabay

事件以前、日本では1977年と1997年にもバスジャックが発生しています。しかし、死者は出ておらず西鉄バスジャック事件は、国内において初めて死者の出たバスジャック事件です。

犯人谷口誠一はバスジャック直後に女性一人を牛刀で斬り付け、隙を見て逃げた人が出ると苛立ちまたも乗客を攻撃しました。

結果死者1名、重症者2名が西鉄バスジャック事件において発生しています。

ネオ麦茶の由来

377053 / Pixabay

谷口はコテハンを用い、2ちゃんねるに書き込みをしていました。荒らしの被害に合うなどした結果コテハンを「ネオ麦茶」へと変更しています。

谷口は事件当日もネオ麦茶の名前を使用し2ちゃんねるにスレッドを作成しています。

この書き込みは事実上の犯行声明文と見なされており、彼が使用していたコテハンに則って事件はネオ麦茶事件と呼ばれるようになりました。

少年犯罪に関する他の記事はこちら

ネオ麦茶事件こと西鉄バスジャック事件の時系列

Monoar / Pixabay

おおまかな事件の概要について解説させて頂きました。ここでは、時系列に沿って悪夢のような15時間半に迫っていきます。

2000年5月3日に西鉄バスがバスジャックされる

Free-Photos / Pixabay

天神バスセンター行きわかすく号、12時56分に佐賀第二合同宿舎を出発しました。バスには様々な客が乗っており、中には初めての1人旅をする6歳の女の子Aちゃんもいました。

13時35分、谷口によるバスジャックが発生。牛刀を運転手に突き付けながら、上客に対しこう言いました。

「天神には行くな、このバスを乗っ取ります」「おまえたちの行き先は天神じゃない。地獄だ」

(引用 Wikipedia)

谷口は運転手に対し、東京へ向かうように指示。「言う事を聞かなければ殺す」と脅しもかけています。

更に一旦乗客に後ろの座席へ移すなどの指示を出しますが、この時騒ぎに気付かず眠り続けている女性客がいました。

当時34歳の高取千香さんです。谷口は高取さんを「ふて腐れている」と称し首筋に牛刀を突きたてました。

21人の乗客に様々な指示を出す

Pexels / Pixabay

途中で5人が乗車。谷口の指示は続き、携帯電話を集めて連絡手段を遮断、カーテンも閉めさせました。更に男性客は後ろに、女性客は前に配置しています。

加えて、補助席を出すなどして男性客が少年を取り押さえようにも、すぐには前方に来れないようにしました。

また運転手はまだ幼いAちゃんの身を案じ、少女だけでも降ろしてやって欲しいと谷口に頼みますが、その願いはあっさりと却下されています。

一人目の逃げた人

congerdesign / Pixabay

バスジャック発生から1時間12分後の14時47分、間も無く関門橋と言う所でバスは停車しました。谷口は乗客にトイレに行く事を許可し、1人ずつ降ろしています。

この際も逃げたら殺す事と脅しをかけました。最初に犬を連れた女性を下ろしましたが、一向に女性は帰って来ません。逃げ出す事に成功しましたが、谷口はこれに対し激昂しました。

「あいつ、帰ってこない。裏切りやがった。許さない。絶対に殺してやる」

(引用 ワリナキアクム ~又ハ、捻ジ曲ゲラレタ怒リ~)

谷口は運転手に命じバスを出発させます。逃げた女性は非常電話より道路公団へと連絡、バスジャックが発生した事がここに来て明るみになりました。

「連帯責任」で山口由美子さんを刺す

その一方で腹の虫が治まらない谷口は「約束は守る」と称し、見せしめの標的に当時30歳の山口由美子さんの席へと近づきました。そして、首筋へと牛刀を何度も突きたてます。

大量の出血とともに山口さんは通路へと倒れました。谷口は足で山口さんを小突きながら、生きているかどうかを確認。息も絶え絶えに山口さんは「はい」と返事を返します。

この時の谷口は満足そうな顔をしていたとされます。そして、谷口は連帯責任である事、そして逃げたらまた刺す事を告げました。

二人目の逃げた人

dinho1 / Pixabay

バスは九州自動車道から中国自動車道へと入りました。小郡IC付近に差掛った頃、1人の女性が窓から飛び降りていました。尚この女性は脚の骨を折る重傷を負っています。

バスを追跡していた警察によって女性は救出され、また女性の証言により車内に負傷者が居る事が判明しました。一方で谷口は逃げた人が居る事にしばらく気付きませんでした。

しかし、窓が開いている事に気付くと更なる凶行に及びます。標的となったのは近くに座っていた塚本達子さん、当時68歳でした。谷口は塚本さんの首へ牛刀を突き刺しました。

estall / Pixabay

またこの際、牛刀がネックレスへと接触したため刃こぼれが生じました。これを受けて、谷口は乗客全員にネックレスを外させています。

犯人自ら110番にヤマダと名乗り電話をする

JESHOOTS-com / Pixabay

15時45分、谷口は自身の携帯電話から110番に電話を掛けました。その時はヤマダと名乗り、人質居ると忠告しています。

更に16時9分には山口県警へと電話。拳銃を要求、東京へ行きたい旨を伝えました。この際、電話番号により谷口の素性が判明しています。

またこの頃から、谷口はAちゃんのを近くに座らせ盾にし始めました。またAちゃんの家にも電話していたと最後まで人質だった女性が証言しています。

各メディアが事件を報じる

PIRO4D / Pixabay

16時18分、NHKが先陣を切る形で報道を開始。それに続く形で各種メディアが事件を報じます。この時、谷口については「高校生風の若い男」とされました。

上空には報道ヘリが10数機飛び交い、件のバスわかくす号を探しました。

下松SAで睨み合うも少女を盾にする

sranson / Pixabay

下松SAではコーンとパトカー7台が進路を塞ぐ形で設置されていました。そこに差し掛かったバスは一旦停止し、警察で睨み合う形となりました。

しかし、ここで事件解決には至りませんでした。やむなく警察は封鎖を解除、バスを通過させています。

三人目の逃げた人により塚本達子さんを攻撃

niekverlaan / Pixabay

風さが解除されバスが走り始めた直後の事です。1人の男性が窓から身を乗り出した男性が警察によって救助されます。この光景はテレビで中継されました。

しかし、これを受けて谷口は更なる凶行へと及びます。狙われたのは塚本さんでした。

さらに約1時間後、後部座席の男性が飛び降り、またしても塚本さんが疑われ、「死刑です、連帯責任です」と首、胸部などをめった刺しにされ、命を落とす。

(引用 ZakZak by夕刊フジ)

谷口はそれだけに留まらず、18歳の女性2人に対し「次はあなた、その次はあなた」と殺人の予告まで行っています。

武田山トンネル内で男性客4人を下ろす

Tama66 / Pixabay

17時24分、バスは広島県広島市安佐南区を走っていました。竹田山トンネルに差し掛かると、トンネル内でバスを停車させます。

そして、ここで男性客4人を解放しています。またこの際、谷口はAちゃんへ牛刀を突き付けており、その為男性客は谷口に手を出す事が出来ませんでした。

またAちゃんに牛刀を突き付ける谷口の姿が全国に流れました。またこの頃には佐賀県在住である事、通院歴がある事、そして17歳である事が報じられ、警察から谷口の家に確認の電話が入っています。

奥屋PAで交換条件

17時50分頃、バスは警察の誘導によって奥屋PAに入りました。バスは警察車両に取り囲まれる形で停車し、脚立が立てられ運転席の窓越しに交渉と説得が開始されます。

谷口の要求は拳銃とスタンガン、防弾チョッキでした。警察によって防弾チョッキが渡されると、負傷者三名を解放しています。

塚本さんは搬送先の病院で死亡が確認され、高取さん、山口さんも重傷でした。そして、交渉開始から凡そ3時間半後の21時34分、パトカーに先導されながらバスは走行を再開しました。

東京の霞ヶ関に向けて燃料補充

MichaelGaida / Pixabay

この時点でバスに残されたのは運転手と11人の女性客でした。該当路線は規制され、走っているのはバスと先導のパトカーだけです。

谷口は東京・霞が関行きたいと述べ、22時2分に給油の為小谷SAへとバスは入ります。

最高齢の女性を解放するが少女は解放しなかった

tunechick83 / Pixabay

22時34分、人質の中でも最高齢だった女性が解放されます。この際、女性は谷口に対しAちゃんの解放を懇願しますが、ここでも谷口は拒絶しています。

また同SAには説得の為、母親と精神科の主治医が駆け付けました。母親は「自身が無い」と泣き崩れた為に主治医が説得にあたります。しかし、これを受けて谷口は激昂しました。

この間もAちゃんには牛刀が突き付けられており、執拗に拳銃を要求しています。

少年「弾をいっぱいつめて、婦人警官に持ってこさせろ。釣竿で中に入れろ」

警察「簡単には持ち出せない」

少年「弾を全部つめなくてもいいから、1発だけの拳銃でもいい」

警察「持っていくにも手続きに時間がかかるから」

少年「じゃあ、エアガンでもいい。持ってきてくれたら女の子を解放してもいい」

(引用 ZakZak by夕刊フジ)

日付が変わりまくらや食料を支給されるも口する者なし

sayama / Pixabay

いつしか日付は変わっており、バスには枕や食料が提供されました。谷口は人質に命じて、食料とお茶を配らせましたが誰一人として口にするものはいませんでした。

交渉は難航。しかし、警察もただ手をこまねいていた訳ではありません。小谷SA付近では突入に向けて、シュミレーションが行われていました。

午前5時に犯人を取り押さえる

HOerwin56 / Pixabay

5月4日4時半、車の陰では着々と突入の準備が進められていました。「機動隊捜査隊長が白い手袋を投げる」、これが突入の合図となります。

バスの後方にワゴン車が配置にされ、突入部隊はそこに身を隠しました。更にそこからバスの側面へと移動し、来たるべき時に備えます。合図を行う捜査隊長が谷口がAちゃんから離れたのを見逃しませんでした。

白い手袋が投じられ、窓が割られます。割られた窓から音響手榴弾が投げ入れられると轟音と共に閃光が煌めき、白煙が立ち上りました。

parameciorecords / Pixabay

まずはAちゃんが救出、その他の乗客も次々と助け出されていきます。残された人質は全員無事でした。犯人谷口は必至の抵抗を見せ、隊員の1人に怪我を負わせています。

しかし、それでも屈強に隊員に敵う筈もなく僅か2分程の攻防の末、5時5分谷口誠一は逮捕されました。事件発生から15時間半後の事でした。

6月5日に佐賀家裁に送致と精神鑑定

VSRao / Pixabay

広島地検は谷口に対し「刑事処分が相当」との判断を下しました。その結果、佐賀家裁に送致されています。佐賀家裁では谷口に対し、精神鑑定が行われました。

その結果解離性同一性障害との診断が下され、総合失調症の発症も懸念されました。

9月29日に医療少年院に送致

Free-Photos / Pixabay

佐賀家裁により谷口は5年以上の医療少年院送致が決定されました。谷口が収容されたのは京都府宇治市にある京都医療少年院のようです。

院内の彼は親の面会も職員の指示にも拒絶を示しました。また谷口が神だと崇めた酒鬼薔薇こと少年Aと同じ生活訓練課程「G3」が適用されたとされます。

ネオ麦茶こと犯人谷口誠一の動機と生い立ち

Myriams-Fotos / Pixabay

西鉄バスジャック事件が世に与えた衝撃と影響は大きなものでした。それでは、なぜ谷口誠一はこのような凶行に及んだのでしょう。彼の生い立ちとともに動機に迫ります。

犯人の顔は?

cocoparisienne / Pixabay

賛否両論がありますが少年犯罪において犯人の本名、顔写真などが報じられる事は永山則夫連続射殺事件などの例外もありますが、基本的にはありません。

ですが、西鉄バスジャック事件に関しては事件の中継に際して谷口の顔がしっかりと写しだされているなど物議を醸しました。

少年法は、「少年」に関する情報の取り扱いを以下のように規定している(努力義務であり、罰則規定はない)。

家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

(引用 Wikipedia)

小さいころから家督と継ぐと言われて育てられた

Free-Photos / Pixabay

谷口は昭和58年3月生まれとされます。父親は建設機械の会社に勤めるサラリーマンで母親は保健師をしていました。

また祖母から「跡取りの自覚」を教え込まれたようです。これにより自分を「特別な存在」として意識するようになりました。

また母親は教育熱心だったようですが、谷口にとってはそれがプレッシャーになっていた可能性を指摘されています。一方で谷口本人はと言うと、言動に落ち着きがなく注意力散漫な子供でした。

NEXT 小学校から中学2年までは成績優秀だが運動が苦手だった