トロピカル無職とは?なぜ風評被害?原曲やアレンジ曲一覧も

トロピカル無職とはsyamuの別名でもあり、syamuが動画で採用していた楽曲の呼び名です。Syamuの人間性のせいで風評被害を受けた楽曲としても有名です。ここではトロピカル無職の概要やsyamuの伝説などについてまとめていきたいと思います。

トロピカル無職とは?

maja7777 / Pixabay

YouTuberのsyamuの別名でもあるトロピカル無職。ではトロピカル無職とは何なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

トロピカル無職はsyamu_gameで採用された楽曲

トロピカル無職の元ネタはsyamu_gameで採用された楽曲にあります。

Syamuの動画に使われているBGMがトロピカルな雰囲気を醸し出していたのと、syamuさんが無職であったためトロピカル無職と呼ばれるようになったのです。

トロピカル無職の原曲について

Alexas_Fotos / Pixabay

Syamuの動画のBGMに採用された曲にはしっかり曲名がついています。トロピカル無職の原曲についてまとめてみました。

本来の楽曲名は甘茶の音楽工房の「ファミポップⅢ」

Hans / Pixabay

トロピカル無職の本来の楽曲名は「ファミポップⅢ」というもので、甘茶の音楽工房によって制作されました。

大物YouTuberヒカルのエンディングテーマとしても使われています。

原曲のURLを貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。

syamu_gameのせいで風評被害とも言われている

pixel2013 / Pixabay

「ファミポップⅢ」はsyamu_gameのBGMに採用されたせいでマイナスイメージが付いたとネットでは言われています。

トロピカル無職と名付けられたことやsyamuのキャラも相まって完全に風評被害を食らっていると言われている楽曲です。

トロピカル無職の楽譜も配信されている

stevepb / Pixabay

トロピカル無職こと「ファミポップⅢ」は楽譜が配信されているのです。

楽譜が表示されピアノで演奏する動画がYouTubeにアップロードされています。

リンクを貼っておきますので「ファミポップⅢ」を演奏してみたいという方はぜひご覧ください。

トロピカル無職のアレンジがすごい!

FreePhotosART / Pixabay

トロピカル無職こと「ファミポップⅢ」はいろいろとアレンジが加えられ話題になっています。そんなアレンジの数々をまとめました。

ゆゆうた兄貴のトロピカル無職のアレンジが天才と話題に

Skitterphoto / Pixabay

トロピカル無職のアレンジとして最も有名なのがゆゆうたによるアレンジです。

ゆゆうたとは動画配信、生放送を行っている人物で視聴者からゆゆうた兄貴と親しまれています。一度は聴いたことが楽曲を即興でアレンジし、演奏するスタイルが人気を集めています。

そんなゆゆうたがトロピカル無職をアレンジしているのですが、その動画が「天才だ」と話題になっています。

トロピカル無職のアレンジは数多く投稿されている

422737 / Pixabay

ゆゆうたの他にもトロピカル無職のアレンジに挑む人は多く、数多くの動画がニコニコ動画やYouTubeに投稿されています。

下記URLの動画のようにUKハードコアアレンジや、アラビアン風にアレンジされた動画が人気となっています。

URLを載せておきますので是非ご覧ください。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm27241996

トロピカル無職以外の風評被害曲

GoranH / Pixabay

「ファミポップⅢ」はトロピカル無職と称され風評被害を受けたと言われています。しかしまだまだ他にも風評被害を受けた楽曲があるのです。いくつかご紹介します。

紅茶の時間

dungthuyvunguyen / Pixabay

Syamuの動画でよく使われていたBGMです。

漫画系YouTuberの動画でもよく使われる楽曲です。

小さなおもちゃ箱

Engin_Akyurt / Pixabay

商品レビューなどを行う際に採用されていたBGMです。

曲名の通りコミカルでかわいらしい楽曲となっています。

吹奏楽部の夏

KeithJJ / Pixabay

オーケストラが演奏しているような壮大な雰囲気の曲です。

Syamuの風評被害を受けている楽曲はどれもノスタルジックな雰囲気が漂うものが多いですね。

テクノミクスⅠ

453169 / Pixabay

YouTuberが良く採用する楽曲の一つです。

テクノロジーを感じさせる独特の世界観を醸し出す楽曲です。

エナジー

Free-Photos / Pixabay

こちらもsyamuがよく動画に採用していた楽曲です。

「syamu選曲がいい」という声もあり、意外と動画にマッチする曲を選んでしたようです。

陽炎

prunkova / Pixabay

Syamuの料理系の動画で使用されたBGMです。

哀愁が漂うメロディーラインがsyamuの愚かさを引き立てているとコメントでも書かれています。

その他多くのsyame_gameで使われた曲が風評被害にあっている

6091236 / Pixabay

上記で紹介した楽曲はsyame_gameで使われた楽曲の一部です。

他にもまだまだ風評被害を食らっている楽曲はあります。

なぜsyame_gameで使われたことで風評被害となるのか?

ijmaki / Pixabay

syame_gameに採用された楽曲は軒並み風評被害に遭ったと言われています。ではなぜsyame_gameに楽曲が採用されるとマイナスイメージが付くのでしょうか?まとめてみました。

オフ会0人など0に恵まれている

3dman_eu / Pixabay

Syamuはやたら0という数字に恵まれている人物です。

中学時代数学のテストで0点を取ったことがあると動画で語っています。

そのほかにもオフ会を企画しますが参加者は0人、FC2ライブで有料放送をしますが視聴者は0人と数多くの伝説を持っています。

ネカマに釣られるなどの災難に遭っていた

langll / Pixabay

Syamuは純粋で信じやすい性格の持ち主で、だまされることも多々ありました。

女性に対しての執着心が以上で、コンタクトを取ってきた女性に粘着し好意を確かめようとする習性があります。

結果として何度もネカマに釣られます。その後多少警戒していましたが際限なく現れる女性ファンを名乗るネカマにたびたび釣られます。

住所などが特定されていた

langll / Pixabay

Syamuは危機管理能力が欠乏していると言われています。

元々YouTuberになるのは家族から猛反対されていたようです。しかし家族でも止めることは不可能のようです。

Syamuは自身が投稿した動画が原因で本名・住所・家族構成が特定されネットに流出してしまいました。

風評被害の元は本人の性質によるもの

Anemone123 / Pixabay

風評被害の原因はsyamu本人の性質によるものです。

基本的に知能が低く、考えなしに行動するためたびたびネット民からネタにされていました。

そんな男の動画に楽曲が使われたのですから、マイナスイメージが付くのは当然と言えるでしょう。

syamuの復活騒動

PhotoMIX-Company / Pixabay

現在活動休止しているsyamuですが、Twitterで復活するという情報が出回り話題となりました。そんなsyamu復活騒動についてまとめていきたいと思います。

syamu代理人登場

1866946 / Pixabay

Syamuは2014年を最後に動画投稿をストップしていました。そんな中2018年1月26日にsyamu代理を名乗るTwitterのアカウントからsyamuの動画かアップされたのです。

動画にはsyamu本人が出演しており、現在では引きこもりの支援活動をしているとのこと。18秒という短い動画でしたが100万回以上再生され、Twitterの急上昇ランキング1位を獲得しました。

Twitterではかなり話題となり「衰えを知らない無職」「続編はよ」「伝説が帰ってきた」とsyamu復活を喜ぶユーザーの声が数多く見受けられました。

寄付を募り始める

HeatherPaque / Pixabay

Syamu代理人を名乗る人物はsyamuとたまたま出会い、話しているうちに動画を投稿する経緯に至ったのだそうです。

Syamu代理人は動画を上げた後、syamuの代弁として引きこもり支援のための寄付金を募り始めました。このツイートをみたユーザーが不審に思い、詐欺に利用されているのではないかという説が出回ります。

大物YouTuberのHIKAKINがこの騒動にコメントしたこともあり、この騒動はTwitter史に残る一大騒動となりました。

syamu代理逃亡

mohamed_hassan / Pixabay

Syamuを詐欺に利用している説が出回り始め、ツイートが炎上し始めるとsyamu代理は苦し紛れの言い訳をし始めます。

「寄付については認知度を利用して寄付金を募ろうと思ったと本人が言っている」「ファンが押し寄せるのを防ぐため施設の名前は伏せた」とコメントを出しました。その後アカウントを削除。

これで事態は終わったかと思われましたが、syamu代理人は「syamuさん待ち」と名前を変え再びTwitterに登場します。現在動きはありませんが、今後何かあるかもしれません。

誘拐からアポなし訪問まで。怒涛の10日間まとめ

webandi / Pixabay

Syamuは復活騒動後もたびたび世間を騒がせました。また最近syamuに関するニュースが飛び込んできました。怒涛の10日間についてまとめていきたいと思います。

一人暮らしを始める

manbob86 / Pixabay

SyamuはYouTubeを通じて一人暮らしを始めたことを発表しました。2月初旬に新居の様子を動画に収めアップロードします。

新居やスマートフォンは代理人が用意したものだそうです。

新居に引っ越したと発表した直後すぐに住所が特定され、代理人の活動拠点である名古屋にいることが分かります。

syamu誘拐される

MabelAmber / Pixabay

Syamuは新居を出たところを目撃されていましたが、その後行方不明となりました。代理人がTwitterで「連れ去られた」とツイートし、誘拐されたという噂がTwitterを駆け巡ります。

数日後syamu行方不明事件には「日大syamuサークル」が関係していることが判明します。代理人は捨てられた形になり、サークルの代表が新代理人と呼ばれるようになりました。

その後代理人はTwitterにて情報報告と謝罪コメントを出します。これもTwitterで拡散されました。

NEXT 所属は白紙に