池田容之や近藤剛郎の生い立ちや現在!【横浜バラバラ強盗殺人事件】

横浜バラバラ強盗殺人事件という日本で起きた事件で、凄惨な事件があります。主犯格であった池田容之や近藤剛郎は関東連合と関わりがあったと言われています。池田容之は逮捕され、写真も報道されています。この主犯格2人の事件を起こすまでの生い立ち現在の状態をまとめました。

横浜バラバラ強盗殺人事件を起こした池田容之

Mediamodifier / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件とは、2009年6月に神奈川県横浜市金沢区で起きた強盗殺人事件です。この事件の殺害実行犯である池田容之は、あまりにも惨い殺害方法で人を殺しました。

横浜バラバラ強盗殺人事件という名前から想像がつくと思いますが、池田容之は被害者をバラバラにしました。しかも被害者はまだ生きていた時に、池田容之に電動のこぎりで首を切断されています。

異常と言える残酷さを持った池田容之は、現在では殺害実行犯として逮捕されています。横浜バラバラ強盗殺人事件は9人の犯行グループによって起こされた事件で、2019年現在1人は指名手配中です。

横浜バラバラ強盗殺人事件の概要

Alexas_Fotos / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件では、殺害実行犯である池田容之と主犯格で殺害計画を立てた近藤剛郎、残り7人の合計9人による犯行グループによって起こされました。

この犯罪集団は、横浜バラバラ強盗殺人事件を起こす前から犯罪を繰り返しており、その犯罪もベトナムなど東南アジアから麻薬を密輸するという凶悪なものでした。

この麻薬の密輸も近藤剛郎が主犯として、密輸グループを指揮しており、池田容之は誘われた形でグループに参加しています。その後同じ犯行グループで、この横浜バラバラ強盗殺人事件を実行しています。

2009年6月18日〜19日、池田容之らが男性2人を船橋のホテルに監禁

Olichel / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件では、2名の男性が犠牲となっています。東京都在住の28歳と神奈川県在住の36歳の2人でした。2人とも池田容之に殺害されています。

池田容之は男性2人を千葉県船橋市のホテルに呼び出し、監禁しました。前々から計画を立てていた池田容之は、ホテルの予約を取る時に、騒がれても大丈夫なように申し込みました。

池田容之はホテルに、ドラマの撮影で使わせてほしい、撮影の時に物音を立てるかもしれない等と言って予約を申し込み、その後呼び出した2人を監禁し、殺害しました。

高倉順一の首は生きたままチェーンソーで切断、殺害された

jarmoluk / Pixabay

池田容之にホテルに呼び出された2人は監禁され、殺害されました。池田容之は殺害する前に、2人の前で電動のこぎりを取り出して作動させ、恐怖心を煽ってから殺害するという凶悪な行動をとりました。

被害者男性の1人である高倉順一は、ホテルの部屋の風呂場に連れていかれ、電動のこぎりで生きたまま首を切断されました。池田容之は、首を切断する前に高倉順一の懇願を聞きながらハサミで指を切断していきました。

高倉順一は、家族に電話をさせてほしい、せめて殺してから首を切断してくれ、と泣きながら懇願しましたが、池田容之はそれを指を切り落としつつ笑いながら聞き流し、そのまま首を電動のこぎりで切断しました。

水本大輔も刺殺し切断され、横浜港や山梨県の山中に死体遺棄

池田容之は高倉順一を殺害した後に、もう1人の被害者である水本大輔をナイフで刺し殺しました。その後、池田容之は2人の遺体を運びやすくするためにバラバラに解体しました。

バラバラにされた2人の遺体は、池田容之を含む犯行グループによってスーツケースに入れられ、横浜港や山梨県の山間部に運び出されました。犯行グループによって運び出された遺体はそのまま遺棄されました。

池田容之は、電動のこぎりで首を切断した後に、同じ犯行グループのメンバーに人形みたいだろと話しかけたり、遺体をバラバラに切断して遺棄するといった、罪悪感を微塵も感じさせることなく、犯行を終えました。

2009年6月24日、死体が発見され事件が発覚

Free-Photos / Pixabay

池田容之含む犯行グループに遺棄された高倉順一と水本大輔の遺体は、事件の5日後に横浜港で発見されました。バラバラに切断された遺体の一部が発見されたことによって、横浜バラバラ強盗殺人事件は発覚しました。

2人の遺体を遺棄した後に、犯行グループは覚せい剤取締法違反などで逮捕されています。この時逮捕されたのは、主犯格である近藤剛郎を除いた8人で、近藤剛郎は警察によって指名手配されています。

池田容之は覚せい剤取締法違反で逮捕されていましたが、自供によって殺人や強盗の罪で再逮捕されることになりました。池田容之は殺害だけではなく、被害者の1人から1300万円を奪っていました。

横浜バラバラ強盗殺人事件の主犯格・池田容之(写真あり)

横浜バラバラ強盗殺人事件の主犯格の1人である池田容之は、逮捕時の映像を報道されています。横浜バラバラ強盗殺人事件は、被害者の遺体の一部が発見された時から凶悪な犯罪として世間で騒がれていました。

日本では加害者は更生をしなければならないという事で、正面からはっきりと顔の分かる写真を載せる事をなるべく避けて報道します。逮捕時の映像も報道されましたが、はっきりと顔のわかるものはありませんでした。

横浜バラバラ強盗殺人事件の全貌が分かってくるにつれて、池田容之の異常な残虐性はあらわになっていき、池田容之の生い立ちや関係のあった人物なども調べられていきました。

池田容之の生い立ち、中学時代は生徒会長も務めていた

ulrichw / Pixabay

池田容之は兵庫県で生まれ、神奈川県の横浜市で育ちました。父親は銀行員として勤めており、生活に苦しむといったことは全くなく、いたってまともな家庭で幼少期を過ごしました。

その頃の池田容之はとても明るい性格だったと言われています。中学生になっても不良になるとかはなく、むしろ優等生に近いタイプでした。

池田容之は自身の通っていた中学校では、生徒会長を務めていたりと、中学生時代の池田容之は良く出来た生徒であったことは間違いありません。

池田容之の市立高校卒業後

Free-Photos / Pixabay

池田容之は生徒会長を務めた中学校を卒業した後に、市立高校へ進みました。高校も無事卒業し、工場で働き始めましたが長くは続かず、工事会社に勤めたり、ホストの仕事をしたりと転々としていました。

22歳の時に結婚もしており、娘もいましたが横浜バラバラ強盗殺人事件の時にはすでに離婚してました。職を転々としていた池田容之でしたが、養育費はきちんと払っていました。

しかし仕事は続かず、途中で暴力団に居た時期もありました。その経過で近藤剛郎と出会って、麻薬密輸グループに誘われることになります。大金をすぐに稼げることを知った池田容之は、この誘いに乗っています。

池田容之は関東連合と関係があった?

James_Jester / Pixabay

池田容之は日本の暴力団である、関東連合と関係があり、その繋がりで近藤剛郎とも出会ったのでは、と言われています。近藤剛郎も関東連合の関係者であると言われているのです。

そこで、近藤剛郎は大金をすぐに手に入れる方法を探していた池田容之を知り、麻薬の密輸グループに誘ったのです。仕事もまともに続かず、妻子への養育費も払っていかなければならない池田容之は承諾しました。

犯行動機は覚せい剤の利権を手に入れるため

katicaj / Pixabay

池田容之は近藤剛郎の密輸グループの1人として動いていましたが、将来的にさらに上がっていくために、近藤剛郎から横浜バラバラ強盗殺人事件の依頼を受けました。

近藤剛郎は計画を立て、実行するのは池田容之で、池田容之にとって近藤剛郎は上司のような関係でした。近藤剛郎は金のために何でもやる池田容之を重宝していたのか、密輸グループでも優遇していたようです。

池田容之は密輸グループの件もあり、横浜バラバラ強盗殺人事件も計画通りやれば、自分にとって得になると考えたようです。

結婚し家族がいたが離婚、子供と前妻に仕送りをしていた

kschneider2991 / Pixabay

池田容之は先ほど述べたように一度結婚して娘もできていたのですが、離婚しています。仕事もまともに続かず転々としていた池田容之ですが、養育費はしっかり払っていました。

元妻や娘に対しては誠実な対応をとっていたようです。麻薬の密輸グループに入っていた時はその犯行で得たお金で養育費などを払っていたのでしょう。

元妻や娘はおそらく犯罪で得たお金とは知らずに受け取っていたのでしょう。

麻薬王への憧れがあった

skeeze / Pixabay

池田容之は横浜バラバラ強盗殺人事件を起こす2年程前にアメリカン・ギャングスターという映画作品を観て、かなり影響されたと言われています。

アメリカン・ギャングスターは2007年にアメリカ合衆国で製作された映画で、スティーヴン・ザイリアンが脚本を、リドリー・スコットが監督を務めた犯罪映画です。

ノンフィクションであるアメリカン・ギャングスターには、麻薬の密輸や取引でのし上がり、大金を手にした男の話が描かれており、池田容之はその麻薬王とも呼べる男に憧れたと言われています。

他の方はこちらの記事も読んでいます

横浜バラバラ強盗殺人事件の共犯者・近藤剛郎

PaliGraficas / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件では、主犯格の1人で実行犯である池田容之の残虐な殺害方法などから有名になった事件ですが、共犯者でもう1人の主犯格である近藤剛郎はいまだ捕まっていません。

麻薬の密輸グループを作ったのもこの近藤剛郎であり、実行犯である池田容之を誘ったのも近藤剛郎なのです。横浜バラバラ強盗殺人事件でも計画を練ったのは近藤剛郎で、池田容之を手先として使っていたのです。

実行犯の池田容之の惨すぎる殺害方法や犯行は許せるものではありませんが、共犯者で計画者である近藤剛郎も同じか、それ以上に許されざる存在であることは間違いありません。

近藤剛郎の生い立ち、元早稲田大学生だった

Hermann / Pixabay

近藤剛郎は元早稲田大学に通っていて、頭は相当良かったと思われます。早稲田大学の法学部に在籍していたということで、法律に強かったと思われ、それゆえ犯罪関係にも詳しかったのでしょう。

近藤剛郎は2008年の9月に早稲田大学を除籍になっていてます。近藤剛郎は様々な麻薬密輸事件に関係しているとみられていて、多い時は30人ほどのグループを指揮していたと言われています。

近藤剛郎は横浜バラバラ強盗殺人事件後は海外に逃亡したと言われており、事件の半年後に指名手配されました。しかし今だ捕まっておらず、国内外で捜索が続けられています。

近藤剛郎が池田容之を覚せい剤密輸に誘った

frolicsomepl / Pixabay

近藤剛郎は元々麻薬の密輸グループを指揮しており、その時に池田容之と出会い、大金を手に入れたい池田容之を誘い込みました。

近藤剛郎の指揮していた密輸グループは結構な規模で、相当な金額を稼いだと言われています。近藤剛郎は計画を支持する側で、主に実行したりするのは末端のものだったとされています。

近藤剛郎はいわゆる悪の親玉という感じで、裏から計画や内容を指示だけして、自分は直接手をかけないという恐ろしく狡猾で卑怯な男でした。

近藤剛郎は元麻雀店経営者で、被害者2人と店の経営を巡りトラブルに

zhy645624339 / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件も、近藤剛郎の計画で、被害者の2人は以前に近藤剛郎とトラブルになっていました。それは麻雀店の経営に関するトラブルで、その時の関係で横浜バラバラ強盗殺人事件を計画したのです。

近藤剛郎は麻雀店を経営していましたが、高倉順一や水本大輔とトラブルになり、麻雀店の経営権を渡すことになったと言われています。

再び麻雀店の経営権を自分の手にしたい近藤剛郎は、高倉順一や水本大輔を殺せば楽に経営権を取り戻せると考え、横浜バラバラ強盗殺人事件の計画を立てたのです。

近藤剛郎が2人の監禁・殺害を池田容之に依頼

麻雀店の経営権を取り戻すための殺害計画を近藤剛郎は、麻薬密輸グループでも良く働き、大金を手に入れるためなら何でもやる池田容之に、2人の殺害を依頼しました。

依頼された池田容之も、密輸グループでの地位も上がるということで依頼を受けました。そして、横浜バラバラ強盗殺人事件の犯行グループを集め、実行したのです。

横浜バラバラ強盗殺人事件の被害者・高倉順一と水本大輔

横浜バラバラ強盗殺人事件の被害者である、高倉順一と水本大輔は近藤剛郎とトラブルになっていたため殺害されました。事件後の2009年6月24日に横浜市金沢区幸浦にある岸壁で遺体の下半身が見つかりました。

翌日に被害者の頭部2つや下半身などが見つかっていきました。また、結束バンドで縛られた手首なども2人分見つかっていき、被害者は2人という事が判明しました。

他に、山梨県富士山麓では胴体が見つかり、警察は遺体から指紋をとり、遺体は高倉順一と水本大輔だという事がわかっていきました。

2人は元暴力団組員だった

Comfreak / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件の被害者の高倉順一と水本大輔もただの一般人ではなく、近藤剛郎とトラブルを起こしたこともある元暴力団組員だった事が分かっています。

高倉順一と水本大輔の2人は知り合い同士で、交流があったと言われています。近藤剛郎とのトラブルでは、2人とも関係していたようで、近藤剛郎は同時に殺害する計画を企てました。

横浜バラバラ強盗殺人事件で殺害された当時はすでに暴力団を抜けていた2人でしたが、やはりその前はあまり真っ当ではない手口などで色々悪さをしていたようです。

水本大輔さんが麻雀店の経営者だった

iirliinnaa / Pixabay

被害者の1人である水本大輔は殺害された当時、麻雀店の経営者をやっていました。この麻雀店経営者というのが殺害された理由で、この件で近藤剛郎といざこざがあったのです。

元々近藤剛郎は麻雀店の経営者もやっていたのですが、その経営権を高倉順一と水本大輔に奪われてしまったのです。その時にトラブルになったというので、経営権を譲ったのではなく、奪ったと言われています。

経営権を奪われた近藤剛郎は、再び麻雀店の経営権を取り戻したかったのですが、その時点で経営者をやっていた水本大輔と関係者の高倉順一を殺害しておいた方が、円滑に経営権を取り戻せると考えたのです。

2人とも池田容之との面識はなかった

ivanovgood / Pixabay

被害者の高倉順一と水本大輔は、殺害実行犯の池田容之と面識はありませんでした。ホテルの人の話によると、池田容之と犯行グループのメンバーは見た目は普通の人たちだったと言われています。

池田容之たち犯行グループは何と言って、高倉順一と水本大輔を呼び出したのかはわかりませんが、2人はホテルに行ってしまいました。

そこで池田容之たち犯行グループに監禁され、最終的にはホテルの風呂場で、抵抗むなしく殺害されました。

2人には婚約者や守るべき家族がいた

sathyatripodi / Pixabay

高倉順一には妻がいて、水本大輔にも婚約者がいました。高倉順一と水本大輔の2人が惨い殺害方法で亡くなった事をしった妻や婚約者は、悲しみ、犯行グループに出来るだけ重い処罰を望みました。

それもそのはずで、高倉順一と水本大輔は元暴力団員ですが、すでに抜けており、麻雀店経営者や会社員として真っ当な人生を歩んでいたのです。

横浜バラバラ強盗殺人事件で最初に逮捕された3人

meguraw645 / Pixabay

最初は、強盗殺人や遺体遺棄の罪ではなく、麻薬取締法違反の罪で逮捕されています。その時は滋賀県在住の宮原直樹(21歳)、伊吹真吾(21歳)、三田恭志郎(22歳)が最初に逮捕されています。

この3人は切断された高倉順一と水本大輔の遺体遺棄を手伝った3人で、レンタカーを借りて横浜市金沢区の沖などに遺体を運び、遺棄しました。

3人は被害者2人と面識はなかった

succo / Pixabay

宮原直樹、伊吹真吾、三田恭志郎の3人は被害者の高倉順一と水本大輔とは面識がなく、特に怨みもありませんでした。計画も深くは聞かされてはいなかったと言われています。

この3人は雇われて言われたことをやったという事で、殺害や遺体の解体には手を出していませんでした。しかし監禁や遺体遺棄には手をかしたため、裁判にかけられました。

死体遺棄と逮捕監禁の罪を問われ、裁判にかけられた3人には、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)が言い渡されました。自らやったのではない、という事で比較的軽い判決を下されたのです。

横浜バラバラ強盗殺人事件のその後

www_slon_pics / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件の後、麻薬取締法違反の罪で捕まっていた池田容之は、2人を殺害したことを自供し再逮捕されたのですが、反省して自供したのではないと言っています。

このままではどうせ見つかると思い、あきらめに近い感情で自供したと言っています。自供後に池田容之は9個の罪で再逮捕されています。

その9個の罪状は強盗殺人、殺人、死体損壊、死体遺棄、逮捕監禁、覚せい剤取締法違反、関税法違反、公務執行妨害、傷害というものです。

池田容之の裁判の判決は死刑

kalhh / Pixabay

池田容之は裁判の際に、自分は人を殺せる人間とアピールするために殺した、などと言っており、その事件内容も悲惨でありながら、動機もひどく自己中心的という理由で、極刑を言い渡されました。

被害感情についても「家族の受けた衝撃や悲しみは甚大」と述べ、「残虐性、悪質さ、計画性、結果の重大性などを考えると極刑を選択するほかはない」と結論付けた。
最後に朝山裁判長は「あなたは法廷ではいかなる刑にも服すると述べているが、重大な結論ですから、裁判所としては控訴することを勧めます」と最後につけ加えた。

(引用:NAVERまとめ)

水本大輔の婚約者は「極刑を宣告してほしい」と訴え

mohamed_hassan / Pixabay

水本大輔には婚約者がいて、犯行グループには極刑を宣告してほしいと訴えていました。残虐な殺害方法や身勝手な理由で身内を失った遺族の悲しみは、計り知れない深いものでしょう。

結婚を約束していた婚約者を殺されたとなれば、犯人に極刑を望むのは当然と言えば当然かも知れません。結果池田容之は極刑を言い渡され、横浜バラバラ強盗殺人事件は裁判員裁判では2例目の死刑求刑となりました。

その後、死刑は確定し、裁判員裁判での初めての死刑確定判決となりました。池田容之の死刑は2019年現在でも執行されておらず、いまだ拘置所に収監されていると言われています。

NEXT 近藤剛郎は現在タイにいる?