池田容之や近藤剛郎の生い立ちや現在!【横浜バラバラ強盗殺人事件】

横浜バラバラ強盗殺人事件という日本で起きた事件で、凄惨な事件があります。主犯格であった池田容之や近藤剛郎は関東連合と関わりがあったと言われています。池田容之は逮捕され、写真も報道されています。この主犯格2人の事件を起こすまでの生い立ち現在の状態をまとめました。

横浜バラバラ強盗殺人事件を起こした池田容之

Mediamodifier / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件とは、2009年6月に神奈川県横浜市金沢区で起きた強盗殺人事件です。この事件の殺害実行犯である池田容之は、あまりにも惨い殺害方法で人を殺しました。

横浜バラバラ強盗殺人事件という名前から想像がつくと思いますが、池田容之は被害者をバラバラにしました。しかも被害者はまだ生きていた時に、池田容之に電動のこぎりで首を切断されています。

異常と言える残酷さを持った池田容之は、現在では殺害実行犯として逮捕されています。横浜バラバラ強盗殺人事件は9人の犯行グループによって起こされた事件で、2019年現在1人は指名手配中です。

横浜バラバラ強盗殺人事件の概要

Alexas_Fotos / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件では、殺害実行犯である池田容之と主犯格で殺害計画を立てた近藤剛郎、残り7人の合計9人による犯行グループによって起こされました。

この犯罪集団は、横浜バラバラ強盗殺人事件を起こす前から犯罪を繰り返しており、その犯罪もベトナムなど東南アジアから麻薬を密輸するという凶悪なものでした。

この麻薬の密輸も近藤剛郎が主犯として、密輸グループを指揮しており、池田容之は誘われた形でグループに参加しています。その後同じ犯行グループで、この横浜バラバラ強盗殺人事件を実行しています。

2009年6月18日〜19日、池田容之らが男性2人を船橋のホテルに監禁

Olichel / Pixabay

横浜バラバラ強盗殺人事件では、2名の男性が犠牲となっています。東京都在住の28歳と神奈川県在住の36歳の2人でした。2人とも池田容之に殺害されています。

池田容之は男性2人を千葉県船橋市のホテルに呼び出し、監禁しました。前々から計画を立てていた池田容之は、ホテルの予約を取る時に、騒がれても大丈夫なように申し込みました。

池田容之はホテルに、ドラマの撮影で使わせてほしい、撮影の時に物音を立てるかもしれない等と言って予約を申し込み、その後呼び出した2人を監禁し、殺害しました。

高倉順一の首は生きたままチェーンソーで切断、殺害された

jarmoluk / Pixabay

池田容之にホテルに呼び出された2人は監禁され、殺害されました。池田容之は殺害する前に、2人の前で電動のこぎりを取り出して作動させ、恐怖心を煽ってから殺害するという凶悪な行動をとりました。

被害者男性の1人である高倉順一は、ホテルの部屋の風呂場に連れていかれ、電動のこぎりで生きたまま首を切断されました。池田容之は、首を切断する前に高倉順一の懇願を聞きながらハサミで指を切断していきました。

高倉順一は、家族に電話をさせてほしい、せめて殺してから首を切断してくれ、と泣きながら懇願しましたが、池田容之はそれを指を切り落としつつ笑いながら聞き流し、そのまま首を電動のこぎりで切断しました。

水本大輔も刺殺し切断され、横浜港や山梨県の山中に死体遺棄

池田容之は高倉順一を殺害した後に、もう1人の被害者である水本大輔をナイフで刺し殺しました。その後、池田容之は2人の遺体を運びやすくするためにバラバラに解体しました。

バラバラにされた2人の遺体は、池田容之を含む犯行グループによってスーツケースに入れられ、横浜港や山梨県の山間部に運び出されました。犯行グループによって運び出された遺体はそのまま遺棄されました。

池田容之は、電動のこぎりで首を切断した後に、同じ犯行グループのメンバーに人形みたいだろと話しかけたり、遺体をバラバラに切断して遺棄するといった、罪悪感を微塵も感じさせることなく、犯行を終えました。

NEXT 2009年6月24日、死体が発見され事件が発覚