ジムジョーンズの人民寺院900人以上を集団自殺させた教祖の闇

英語で「クールエイドを飲む」という俗語を生んだ事件が、1978年南米ガイアナ、ジョーンズタウンでおきました。ジムジョーンズを教祖とする信者900人以上が自殺、その内約300人が未成年でした。子供らは、シアン化合物を混ぜたブドウ味のジュースを飲まされていました。

カルトの元祖!大量殺人教祖「ジムショーンズ」とは?

 ジムジョーンズは、とても、”ちぐはぐな”人物でした。人種や性の差別を糾弾したのに、黒人を低賃金労働で酷使し、白人ばかりを自らの宗教団体「人民寺院」の幹部とし、女性信者を囲ってハーレムをつくりました。

子供時代は宗教に親しみ、後は聖書の保守性を軽蔑しつつ、一部を取り上げ称賛して利用しました。その生涯を通じ信奉したのは共産主義でしたが、平等を謳いながら、薬物に耽溺して、人を人と思わぬ処遇を行いました。

いったいどこまで無邪気な本気で、どこまで打算による計算で、どこまでが悪意や欲望に基づく邪念なのか、よく分からない人物でした。

宗教団体・人民寺院の最高指導者

若かりし頃、ジムジョーンズが惹かれたのは共産主義でした。当時、アメリカでは共産主義への風当たりが強く、彼は憤っていました。自らの伝記録音で次のようにいっています。

「私は決意した、どうやって私のマルキシズムを実証するのかを。その考えとは、教会に潜入するということだ。だから私は意識的に、その展望を調査する決断をしたのだ。」(引用:Wikipedia)

彼の活動は、プロテスタントのメジスト派の宣教師から始まります。1950年頃、インディアナポリスのホールで集会を開催、人民寺院という宗教団体を創始しました。人種間融和を掲げた伝道団体という表向きでした。

NEXT ジョーンズタウンを設立し信者と共同生活