瀬戸内シージャック事件の動機は?犯人の川藤展久の生い立ちや性格

瀬戸内シージャック事件は戦後初めて犯人を射殺し人質を救った事件で、弁護士が告発するなどのちに物議を醸すこととなりました。犯人である川藤展久が犯行に及んだ動機とは?瀬戸内シージャック事件の真相、動機について詳しく調査しました。

瀬戸内シージャック事件の概要

瀬戸内シージャック事件は瀬戸内で起こった旅客船乗っ取り事件です。事件発生により重軽傷を負ったものはいましたが死亡者は犯人のみ、最後に射殺されています。

射殺シーンが放送されたことで印象深い事件となりました。また、犯人の川藤展久が射殺されるという結果がその後議論を呼んだのです。

1970年に発生した旅客船乗っ取り事件

Three-shots / Pixabay

瀬戸内シージャック事件とは1970年5月12日~5月13日にかけて起こった旅客船乗っ取り事件です。広島県と愛媛県の間の瀬戸内海で起こったため、瀬戸内シージャック事件と呼ばれるようになりました。

事件の犯人川藤展久に乗っ取られた船の名前が「ぷりんす号」だったため、「ぷりんす号シージャック事件」とも呼ばれています。

戦後初の犯人狙撃による人質救出事件だった

瀬戸内シージャック事件は犯人を狙撃、射殺することで人質が解放された事件として知られています。射殺シーンが映像として放送されたため視聴者に強烈な印象を与えました。

シージャックとは?ハイジャックやバスジャックより珍しい?

susannp4 / Pixabay

シージャック(Seajack)とは、運航中の船舶を乗っ取る行為。狭義では、積荷の略奪が目的である海賊行為とは区別される。「海」(sea)と「ハイジャック」(hijack)から合成されたカバン語である。

(引用:Wikipedia)

シージャックは亡命目的、政治的な目的のためなど明確な動機がある場合もあれば、精神的に錯乱した状態や異常な心理状態のためなど様々な理由で行われます。

しかし日本では政治的な目的、いわゆるテロリズムのために船を乗っ取るという例はありませんでした。これはハイジャックやバスジャックに比べて船を乗っ取るという行為自体が困難だからです。

よって、日本での代表的なシージャック事件は瀬戸内シージャック事件のみとなっています。

ハイジャックといえば「よど号ハイジャック事件」です。関連する日本赤軍については以下の記事をお読みください。

NEXT 瀬戸内シージャック事件の時系列