河内弁(大阪弁の一種)は?怖いと言われる方言の一覧や特徴について

方言にも色々種類がありますが、この記事では大阪弁の一種である河内弁について紹介したいと思います。ここでは怖いと言われる河内弁の特徴や例をまとめてみました。芸能人では、お笑いコンビ和牛の川西さんが河内弁でお馴染みですので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

河内弁とは?

B_Me / Pixabay

方言には色々種類があります。その中の大阪弁の一種類である河内弁とは「かわちべん」と読みます。河内弁は、近畿方言の一種で、旧河内国である大阪府東部の河内地方で用いらている日本語の方言のことです。

芸能人では、お笑いコンビ「和牛」の川西さんが河内弁を使用しています。

大阪弁の一種である河内弁

kabaldesch0 / Pixabay

河内地方を含める大阪府一帯は際立っている地理的な障害がないため、大阪都市圏として文化的・経済的にも大阪市との結び付きが強いです。そのため、方言も府下一円でほとんど均質となっています。

このことより河内弁は大阪弁の一種だと言われています。

ですが、河内弁は河内・摂津・泉州などの地域ごとに違いが存在しています。河内弁では、二人称の「われ」・サ行イ音便・疑問の終助詞の「け」などが特徴的です。

地域や方言区間は?

geralt / Pixabay

河内地方は南北に広がっているため、地域ごとによって若干ですが違いがあります。以下の区分は山本俊治さんによるものです。

  • 北河内方言 交野市・枚方市
  • 中河内方言 守口市・寝屋川市・東大阪市・大東市・大阪市東部・八尾市
  • 南河内方言 藤井寺市・柏原市・羽曳野市・松原市・河内長野市・富田林市・堺市東部・大阪狭山市・南河内郡(太子町・美原町・千早赤阪村・河南町)

北河内地方の方言は京言葉の影響を受けています。中河内地方の方言は河内弁らしいとされています。南河内地方の方言は泉州弁とのつながりが、かなり濃厚となっています。

芸能人ではお笑いコンビ和牛の川西が河内弁でお馴染み

お笑いコンビ「和牛」のツッコミ担当の川西賢志郎さんが大阪府出身で河内弁を話しています。

河内弁は「怖い」や「ガラが悪い」と言われてもいますが、川西賢志郎さんの話す内容は「ガラが悪いけど面白い」や「最高」といった意見があり、人気の理由の一つとなっているようです。

汚い?怖い?喧嘩っぽい?河内弁の特徴は?

Ben_Kerckx / Pixabay

「汚い」「怖い」「喧嘩っぽい」と言われる河内弁ですが、なぜこのようなマイナスのイメージがついてしまったのでしょうか。ここではその理由や特徴についてまとめてみました。

NEXT 大阪弁でも最も汚い・怖い・ガラの悪いと言われている河内弁