旭川女子中学生集団暴行事件の概要!加害者と被害者の現在は?

旭川女子中学生集団暴行事件は、1996年12月に発覚した性的いじめ・暴行、強姦事件です。犯人10人に対し被害者は1人。そして加害者、被害者ともに中学生であると共に、卑劣な事件の詳細と教師の不適切な対応がメディアに取り沙汰されました。

旭川女子中学生集団暴行事件の概要

geralt / Pixabay

1996年12月、教師からの通報によって発覚した北海道旭川市の中学校で起こった集団暴行事件です。被害者は女子生徒1人。犯人は同中学校の男子生徒総勢10人と、近年例を見ない集団暴行事件です。

最初は少し「からかう」程度で、女子生徒も凄く嫌がるほどの事ではなかったのですが、その行為は徐々にエスカレートしていきます。

最終的に女子生徒を精神的に追い詰めるほどの悪質ないじめ、そして性的暴力にまで及んだこの事件は通報されるまで2年以上もの間続いており、被害者女子生徒の心と身体に酷く深い傷を残すものとなったのです。

1996年に北海道の市立中学校の女性を集団暴行

geralt / Pixabay

1996年12月24日、街中がクリスマスムード一色となるこの日。被害者の女子生徒が中学3年生の時に事件は起こりました。下校途中だった女子生徒は、3人の加害者男子生徒たちによって学校に連れ戻されます。

校内では主犯格の生徒を含め男子生徒7名が待ち構え、総勢10人の男子生徒たちに取り囲まれた女子生徒は「助けて」と叫び抵抗します。悲痛な叫びに手を差し伸べる者はいなく、校内の男子トイレに連れ込まれます。

トレイ内では殴るなどの暴行を受け、加害者生徒10人のうち3人は見張り役、6人の生徒は女子生徒の身体を触るなど弄び、1人の男子生徒は女子生徒を強姦しました。そして女子生徒に水をかけ水浸しにしたのです。

性的暴行や強姦を受け泣いているところを教師が通報

Counselling / Pixabay

被害者の女子生徒はトイレ内での集団暴行被害を受けた直後、廊下で泣き崩れました。それを親友が見つけ駆け寄りました。そしてこの出来事を教師に訴えたのです。

話を聞いた教師は、まず女子生徒を家まで送り届け、その後警察への通報しました。この通報をきっかけに、それまでの2年をも超える長い期間の集団暴行事件が実態が明るみとなったのです。

事件があった旭川市立北都中学校について

elizabethaferry / Pixabay

1947年5月「旭川市立第七中学校」として開校。2年後の1949年9月に「旭川市立北都中学校」と改称。2015年に中央中学校が新設され(常盤中学校、聖園中学校と併せ統廃合)これにより閉校となりました。

現在も校舎は存在していますが、校舎の1階部分の玄関や窓には板が打ちつけられ、侵入が出来ないようになっています。体育館やグラウンドは中央中学校の部活などで現在も使用されています。

当時の北都中学校は、生徒たちが「学校美術館」と呼ぶほど学校内には美術品が飾られており、何故かトイレ内にまで美術品が飾ってあるという少し異質な雰囲気を醸し出していたようです。

事件当時は荒れた時代だった?

Free-Photos / Pixabay

事件が発生した1996年当時、不良生徒たちの素行は酷く、この中学校では不良生徒たちが荒れ狂う動物園のような状態だったと言います。

この頃、加害者の不良生徒たちは中学3年生となり、自分たちが最上級生となったことでより一層狂暴化しました。校内を原付バイクで走ったり他の生徒にカツアゲをさせたり、時には教師を殴ることもあったようです。

NEXT 旭川女子中学生集団暴行事件の時系列