YAP遺伝子は日本人が持つ特有の神の遺伝子?特徴やルーツもまとめ エンタメ

YAP遺伝子は日本人が持つ特有の神の遺伝子?特徴やルーツもまとめ

目次

[表示]

同じ地方なのに違う?ヨーロッパの国民性

Free-Photos / Pixabay

YAP遺伝子が日本人の国民性の大元になっているということは先ほどの章で解説しました。ではほかの国の国民性とはどのようなものなのでしょう。今回はヨーロッパに絞って紹介します。

イギリス

derwiki / Pixabay

紳士淑女の国として知られているイギリス。いつでも小奇麗な恰好をしている男性・女性が多い国です。また並ぶときは日本同様列をきれいに作るそうです。

イギリス人は皮肉な発言が多いです。相手を皮肉るようなジョークを言うことが多く、なかなか理解されないことも珍しくありません。

またイギリス人はオカルト好きです。いわくつきの物件は日本と違い1,2割価格が上がります。心霊スポットを巡るツアーが組まれるほどオカルトが人気となっています。

フランス

jackmac34 / Pixabay

フランスは愛の国と呼ばれる程、人生最後まで恋愛現役でいることが素晴らしいとされています。

フランス人には自信家が多く、自分の国を誇りに思っている人たちが多いそうです。ヨーロッパの中心はフランスだと考えており、英語で話すと冷たい態度をとる人もいます。

またフランスは年約5週間ほど有給があります。その有給取得率は87%にも上り、プライベートを大事にする国民のようです。

ドイツ

Alexas_Fotos / Pixabay

ドイツ人はよく日本人と似ていると言われています。まじめで時間をきっちり守り、周囲の目を気にするところが日本人と重なるようです。

ルールをしっかり守り、部屋の掃除やインテリア装飾が大好きです。雑誌やテレビに出てくるようなきれいな部屋を作ります。

日本人とドイツ人の大きな違いとして、ドイツ人は世界一ケチな国民だと言われています。日本人のようにブランド物にはあまり興味を示さず、納得するまで高価な物を買いません。

ベルギー

Free-Photos / Pixabay

ベルギーは国土面積が狭い国ですがEUやNATOの本部が置かれており、EUの中心であることを誇りに思っている人が多いようです。

ベルキー人の象徴的な性格としてはおおらかでのんびりとしており、マイペースです。細かいことを気にしない男性・女性が多いです。

またベルギーは出身地を気にする傾向があります。南部と北部では言語が違い対立していたほどです。そんな境遇からかベルギー人は妥協点を見つけ、協力関係を結ぶことに長けている傾向にあります。

スイス

fxxu / Pixabay

スイス人はとにかく愛国心が強く、プライドが高い国民として知られています。EUに加盟せず中立を保つその姿が象徴的です。

スイス人の男性・女性は日本人が見劣りしてしまうほど時間やルールに対して厳しい国民です。計画性を遵守し、倹約家な一面があります。

しかしスイスでは地域によってドイツ語、フランス語、イタリア語など話す言語が違い、人間性も若干違います。割合でいえばドイツ語を話す人が多いです。

イタリア

Daria-Yakovleva / Pixabay

イタリア人は一言でいえばお気楽な国民性を持っています。時間にとにかくいい加減で、「5分待って」と言われたら「あと30分はかかるな」と思わなければならないそうです。

イタリアの男性は女性が大好きというイメージが日本でも定着しています。女性好きだと思われても仕方ないほどイタリアの男性は自然とキザな行動をとるのです。

イタリア人には自分がイタリアの人間だという意識は薄く、ジェノバ人、フィレンツェ人など地元を溺愛する傾向があります。食に関しても地元意識が強いです。

スペイン

Efraimstochter / Pixabay

「情熱の国」と表現されることが多いスペインですが、情熱と狂気が同居しているなんて言い方をされることがあります。スリルを求める傾向が強く、闘牛やフラメンコはその国民性の色が出ています。

スペイン人はかなりマイペースです。遠慮せずに自分の言いたいことをズバズバと発言するので苦手な人も出てきます。中にはスペイン語が分からない相手にもスペイン語で話す人もいるほどです。

スペインでは古くからカトリックの教えが浸透しています。そのため離婚、中絶などは反対されてきました。しかし同性婚が法律で認められるなど、一概に保守的だとは言えないところが印象的です。

スウェーデン

Free-Photos / Pixabay

世界一の福祉制度を整備しているとされるスウェーデン。未成年の医療費はほぼ無料で、育児休暇を世界で初めて導入したことでも知られています。その分税金はかなり高額です。

この背景にはスウェーデン人のまじめで倹約家な国民性が影響しているといいます。スウェーデンは北極圏に位置しているため倹約しないと生き延びることができないのです。

またスウェーデン人の特徴として争いごとやもめ事を嫌い、避ける傾向にあります。バイキングの末裔と言われている民族からは想像できないほど自己主張せず、控えめな人が多いようです。

何が問題?遺伝子組み換え作物

Pezibear / Pixabay

私たちに馴染みがある遺伝子の話題といえば遺伝子組み換え作物だと思います。遺伝子組み換え作物はたびたび問題視されていますが何が問題なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

健康に悪い

1662222 / Pixabay

遺伝子組み換えを行っている企業や政府によれば遺伝子組み換え作物は安全で健康被害は無いと主張しています。しかしその公表されている資料には疑問材料が多く、たびたび槍玉にあげられます。

アメリカでは遺伝子組み換え作物が流通し始めるとガン、白血病、アレルギー、自閉症などの患者が急増しました。一概には言えませんが危険材料にはなりえるでしょう。

遺伝子組み換え作物の危険性を指摘する研究は世界中で行われています。しかし、研究内容を発表した直後、研究者が職を失うということが世界中で起きているようです。

環境破壊

WikiImages / Pixabay

現在行われている遺伝子組み換えは農薬と害虫に強くするものです。この技術により農薬の量は減ると企業は主張していますが、実際使用量は増えているといいます。

遺伝子組み換えで作られた作物は自然には発生しない遺伝子を持った作物となります。これが自然にどれほどの影響を与えるかまだ不明なところも多いのです。将来自然にできた野菜がなくなるとの指摘もあります。

また遺伝子組み換えには相当なエネルギーが必要で化石燃料などが大量に使われています。そのため排気ガスなどの温室効果ガスを排出し、異常気象を促進するともいわれています。

共存ができない

spirit111 / Pixabay

遺伝子組み換え作物を使う農業は農薬を使わない有機農業や従来の農業と共存できないとされています。

遺伝子組み換え作物は大量の農薬を必要としています。農薬をまくと近くの有機農業の畑に農薬が飛び散り、有機農業が無効になってしまうケースが起こっているのです。

これを防ぐためには畑を離したり、流通経路を別にしなければならないのですが、それには莫大なコストがかかります。さらにシステムを作っても維持していくのが困難なので現実的ではありません。

持続できない

congerdesign / Pixabay

遺伝子組み換え作物は世界の飢餓を救う技術だという意見がある一方で、世界の飢餓を促進する技術だとする主張もあります。

遺伝子組み換え作物は必ずしも高い生産性があるわけではありません。遺伝子組み換え作物を育てるには大量の農薬を必要とするため、すべての農民ができる農業ではありません。

また遺伝子組み換え作物を扱う農業では機会を投入する場面が多いため、それらが導入されると職を失う人々が多くなります。以上のことから遺伝子組み換え作物は持続すると人々の暮らしを壊すのです。

社会を壊す

stevepb / Pixabay

遺伝子組み換え作物は民主主義社会を壊すとまで言われています。先ほど遺伝子組み換え作物の危険性を指摘した研究者が職を追われるといったケースがあるということに触れました。

アメリカで遺伝子組み換え作物が容認されているのは、農業政策を行う政治家に遺伝子組み換え企業の関係者が多いからのようです。

よって遺伝子組み換えについての報道や告発はもみ消されてしまい、情報操作が行われているという噂もあるのです。これは民主主義とは言えません。

暇を持て余した神々の遊び

ここまでYAP遺伝子は日本人が持つ特有の遺伝子だということや宇宙人が持つ遺伝子、YAP遺伝子を持つ人の特徴、などについてまとめてきました。

日本人の男性・女性がまじめで勤勉なのはこの遺伝子が原因でした。しかしこの遺伝子は宇宙人が持つ神の遺伝子と呼ばれる程すごい遺伝子なのだそうです。

自分がYAP遺伝子を持っているかどうか確かめる方法もありますので、気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

2/2