寝屋川事件を起こした山田浩二の生い立ち!判決は?中谷可奈子との関係は?

2015年8月大阪府寝屋川市に住む中学1年生の男女が行方不明になりました。駅前アーケードの防犯カメラに映る姿を最後に、彼らが次に発見されたのは遺体となった状態でした。犯人として捕まった山田浩二の生い立ちや、彼女と言われている中谷可奈子についてまとめていきます。

寝屋川市中1男女殺害事件を起こした山田浩二

2015年8月13日、中学1年生の男女2人が行方不明となり、その後遺体となった姿で発見されました。大阪府寝屋川市で起きたことから寝屋川市中1男女殺害事件と言われています。

犯人は寝屋川市に隣接する枚方市出身の山田浩二(当時45歳)で、最初に1人目の遺体が発見された13日から8日後の21日、2人目の遺体を竹林に遺棄した直後に逮捕されました。

寝屋川事件を起こした山田浩二のプロフィール

cocoparisienne / Pixabay

寝屋川事件を起こした犯人山田浩二は、大阪府枚方市生まれの事件当時45歳、2019年現在は49歳です。娘のいる女性と獄中結婚をしているため、家族は妻と娘1人です。

事件当時の職業は福島県第一原発の除染作業員として働いており、お盆休みを利用して大阪に戻っているところだったと言います。

山田浩二の生い立ち

Pexels / Pixabay

ここでは、山田浩二の生い立ちについても見ていきましょう。山田浩二は幼少期の頃から周りから危険視される存在だったと言われています。

小学校の同級生の話によると「人を金で釣って従わせるような危ないタイプの人間だった」という印象があり、駄菓子屋でお菓子を万引きしては同級生に自慢したりなどもしていました。

Capri23auto / Pixabay

さらに自宅から1万円単位でお金を盗んできて「これで俺がみんなに食べ物おごってやる」といった傲慢な態度を見せていたと言います。

中学卒業後は高校には進学せず、アルバイトを転々とし暮らしていたそうです。傲慢な態度で人の気を引く姿を見せてはいた一方で、同級生と仲良く遊ぶといった様子はあまり見られず1人でいる姿も多くありました。

寝屋川市中1男女殺害事件での山田浩二の供述

Pexels / Pixabay

寝屋川事件とはどんな事件だったのか、時系列にして事件の概要をまとめます。

さらに犯人の山田浩二の供述についても記していきます。世間を騒がせ、遺族へ深い悲しみをもたらすことになった事件の全貌をお見せいたします。

寝屋川市中1男女殺害事件の概要

  • 2015年8月11日、山田浩二が福島第一原発の除染作業の仕事がお盆で休みに→地元大阪へ帰省

福島県から大阪府までは、自分の車で帰省しており、自身のSNSアカウントにて帰省の旨をコメントに残しています。

2015年8月12日

  • 2015年8月12日午後9時ごろ、星野凌斗くんが『平田奈津美さんへ会いに行く』と母親に告げて外出

自宅にいた星野くんは母親に同級生の平田さんに会いに行く旨を伝え、外出しました。その30分後、自宅近くのコンビニで2人の姿近隣の住人が目撃しています。

2015年8月13日

  • 8月13日午前1時、平田奈津美さんの母が帰宅
  • 同日午前1時10分ごろ、平田さんが友人にラインを送る

このように、平田さんが友人に送ったというラインの内容は「家に帰らずに野宿しようと思う」といったものでした。その日は雨が降っていたということで、友人はやめるように促しています。

  • 同日午前5時ごろ、京阪電鉄寝屋川駅前商店街防犯カメラに2人の姿が映るが、そこで足取りが途絶える
  • 同時刻ごろ付近の防犯カメラに犯人山田浩二の車も写っていた
  • 同日午後0時40分ごろ、犯人山田浩二が柏原市のコンビニで粘着テープを購入
  • 同日午後11時ごろ、犯人山田浩二が枚方市の実家に帰宅

2015年8月13日夜・女の子の遺体発見

Free-Photos / Pixabay

  • 同日午後11時30分、高槻市の物流会社駐車場で女の子の遺体が発見される

女の子の遺体は両手が縛られた状態で発見されました。通報をしたのは物流会社で働く男性職員で、警察が駆けつけた時、若い女性が両手首を粘着テープで縛られた状態で横たわっていました。

女性は後の司法解剖で10代前後の少女であると発覚し、全身には30箇所以上の刃物によってつけられた切り傷があったと言います。当時の少女の服装は次のようなものでした。

亡くなっていた女性の特徴は、黒色のタンクトップ・白色のシャツ・短パンデニム・紺色の靴下を着用・靴は履いていなかったということです。所持品は見つかっておらず、現時点で身元は不明。

(引用:ニュース速報Japan)

2015年8月14日〜20日ごろ

Jungyeon / Pixabay

  • 8月14日、平田奈津美さんと星野凌斗くんの行方不明届が母親2人によって提出される
  • 犯人の山田浩二は、大阪の通天閣や千葉県幕張市にあるカレー店に訪れている
  • 職場の福島に戻り、除染作業の仕事を再開
  • 8月18日、女の子の遺体が平田さんだと確認
  • 8月20日、山田浩二が再び大阪へ

女の子の遺体を遺棄し実家に戻った次の日の14日には、寄り道しながらも車で福島県に戻っています。そして通常通り仕事を再開、その時職場の人は事件のことを山田浩二に尋ねていたと言います。

一緒にニュースを見ており、山田浩二は「(事件が起きたところは)住んでいるところの近くだ」と言い、さらに「もしかしたら、女の子と一緒にいた男の子の犯行なのでは?」といった言葉も発していたそうです。

2015年8月21日

Free-Photos / Pixabay

  • 8月21日午前1時ごろに山田浩二が乗る車を警察が発見、尾行を始める
  • 同日午前中、柏原市にある竹林に山田浩二が立ち寄る
  • 同日午後、立ち寄った竹林を警察が捜索し男の子の遺体を発見
  • 同日午後8時20分ごろ、大阪市城東区の路上で死体遺棄の容疑で山田浩二を逮捕

竹林で見つかった男の子の遺体が星野くんであると同日夜に大阪府警は確認しており、山田浩二が殺人に関わっていると見られ事情を聞いたが、思いもよらぬ供述をしています。

山田浩二は同乗者の女性が女の子を暴行したと供述

Free-Photos / Pixabay

「確かに女の子を車に乗せて高槻市内の駐車場まで行った。しかし、このとき助手席には同乗者がおり、同乗者が女の子を殴るなどし、知らないうちに死んでいた」などと供述。

(引用:産経WEST)

当初平田さんの殺害について否認しており、車に同乗していたという女性が殴るなどし殺害したと供述していました。しかし同乗者については「名前や年齢は言いたくない」としていました。

 

山田浩二の性癖

1866946 / Pixabay

山田浩二が逮捕されその事件の特殊性から、世間では犯人の性癖に関して注目されました。山田浩二にはマイノリティな性癖が見られ、被害者が少年少女であったこともそこが関係していたと言います。

山田浩二は児童性愛者だった?

Free-Photos / Pixabay

山田浩二には、もともと児童性愛者的要素が見られていたと言い、知人の女性によると『かわいい男の子』にとくに興味があったと言われています。さらには女の子には興味がなかったということでした。

山田浩二は女性にコンプレックスを持っていた?

Free-Photos / Pixabay

山田浩二は、児童性愛者というだけでなく女性コンプレックスだったという話もあります。平田さんへの暴行や切り傷が30カ所もあったことからも、女性コンプレックスの強さが伺えます。

山田浩二はバイセクシャルだった?

MabelAmber / Pixabay

女性に対しての強いコンプレックスがありながらも、実はバイセクシャルだったのでは?という見方もあります。それは以前秋葉原で若い女性をナンパをするという側面があったことから見て取れます。

また、中学卒業後アルバイトを転々としていた時の遊び仲間に対して、そのマイノリティな性癖に関してやバイセクシャルと思われる発言をしていたと言います。

「彼は男性器にすごく興味があった。『チンチンしゃぶりたい』と言っていたのもよく覚えています。(中略)高熱のアイロンを仲間の皮膚すれすれまで近づけ、喜んで恍惚の表情を浮かべていたこともあった」

(引用:Jcastテレビウォッチ)

山田浩二は前科があった

3839153 / Pixabay

山田浩二には寝屋川事件での逮捕までに、前科8犯という驚くべき事実がありました。被害者を死亡させるといった事件は過去に起こしていませんが、少年時代から窃盗で鑑別所に入った経験もあったのです

2002年2月〜3月にかけて男子中高生7人を監禁

寝屋川事件が起きる13年前、山田浩二は寝屋川駅で道案内を頼むふりをして男子中高生らを車に誘い込み、ナイフで脅して手錠や粘着テープで体を拘束、少年らを連れ回しています。

その際、男子中高生らの下腹部に手を入れるなどして、わいせつ行為に及んだと言います。この事件で監禁などの容疑で逮捕、懲役12年の刑が下り徳島刑務所へ収監されています。

徳島刑務を出所したのは寝屋川事件を起こす約10ヶ月前のことで、出所後は福島県ん第一原子力発電所の除染作業員として働き始めました。

山田浩二は星野凌斗さんのポケットに避妊具をいれて偽装した?

遺体となって発見された星野凌斗さんは、発見された時一部が白骨化するなど、亡くなってからかなり時間が経っている様子でした。そんな星野くんの着用していたズボンのポッケからあるものが発見されます。

ポケットには星野さんの死後に採取されたと思われる、山田浩二とは別人物の体液が発見されました。この体液に関しては山田浩二が事件後に何らかの方法で第三者の体液を入手したと見られています。

そして星野さんが遺棄された場所の周辺にコンドームも発見されていますが、これについては大阪市内のサウナで他人が捨てたティッシュに包まれた体液付きのコンドームを拾ったと供述しています。

この一連の行動は、他に犯人がいると見せかけたかった偽装工作だと、本人が認めています。

山田浩二は元韓国人だった?過去に何度も改名していた

8minwoo / Pixabay

実は、犯人である山田浩二は韓国人だという噂があります。さらに過去になんども改名していたり、養父により養子縁組をしてもらうことで、山田浩二という名前になったと言われているのです。

本名は金 浩二?

Pexels / Pixabay

山田浩二の本名は金浩二という名前だといい、朝鮮人に多い苗字だったのです。そのためもともと韓国人なのではという噂もあります。在日韓国人の可能性もありますが、この件に関しての真相はわかりません。

本名が金浩二だと言われていますが、その後改名をしています。2002年中高生を監禁した事件を起こした際の名前は『渡利浩二』でした。そしてその後再び改名し、山田浩二となったのです。

現在は養父との養子縁組で山田浩二に?

wondermar / Pixabay

現在山田という姓を名乗っているのは、獄中に知り合った元ヤクザの男性に養子縁組をしてもらったためだと言われています。ちなみにその養父の年齢は、山田容疑者の1歳上だと言います。

週刊文春によれば、獄中で元ヤクザだった山田という人間と知り合い、養子縁組をして山田姓を名乗ったというが、獄中でもどうしようもなかったと週刊新潮で山口組関係者が話している。

(引用:Jcastテレビウォッチ)

山田浩二は事件当日、養父と面会していた?

Pexels / Pixabay

山田浩二は事件当日の8月13日午前中(星野さんと平田さんを拉致したと思われる時間後)、大阪府堺市にある大阪刑務所に立ち寄っています。

大阪刑務所では、養子縁組をしてもらった養父と面会していたのです。事件を起こした当日、しかもすでに子供達を拉致し車に乗せていたと見られている時間に、刑務所に出向くといった驚くべき行動をとっていました。

NEXT 山田浩二の人間関係