「最後の晩餐」のユダの謎とは?描かれた場所や他の人物謎もまとめ

「最後の晩餐」という絵画をご存知でしょうか。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた世界的にも有名な絵画のひとつですが、実はこの作品にはさまざまな謎が込められていました。この記事では「最後の晩餐」に込められた謎について見ていきたいと思います。

「最後の晩餐」のユダの謎?ユダはどこに座っていたの?

「最後の晩餐」は誰もが一度は見聞きしたことのある有名な絵画のひとつです。

この「最後の晩餐」に関しては、今もさまざまな謎が残されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」はどういう場面?

「最後の晩餐」はキリスト教の聖書に登場するイエス・キリストの最後の晩餐を描いており「12人いる弟子の中のひとりが私を裏切る」とキリストが予言した場面です。

この後、ユダの裏切りによってイエス・キリストは十字架にかかり、処刑されます。

絵画の「最後の晩餐」というタイトルはこのことからきています。

裏切り者と予言されたイスカリオテのユダ

イエス・キリストを裏切ったとされるイスカリオテのユダとは、一体どういった人物だったのでしょうか。

イスカリオテのユダは12人いたイエス・キリストの弟子のひとりであり、長く旅を共にしていたこともあり、とても信頼され、金銭関係の管理を任されていました。

しかしイスカリオテのユダは銀貨30枚でイエス・キリストを売り渡し、イエス・キリストを裏切りました。このことからイスカリオテのユダは銀貨の入った袋が一緒に描かれることが多くあります。

「最後の晩餐」のユダの謎①:ユダの描かれた場所

「最後の晩餐」の場面は聖書に登場することもあり、多くの画家が絵画にしてきましたが、レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた「最後の晩餐」だけはユダの描かれた場所がちがっています。

他の画家達がユダを手前にし他の弟子達と向き合う形で描いているのに対し、レオナルド・ダ・ヴィンチは他の弟子達と同じ向きにし、イエス・キリストが信頼していた弟子のペトロとヨハネの間にユダを描いています。

これは最後の晩餐の時点では裏切り者がユダであることを他の弟子達はまだわからず騒然となったであろう場面を描いたとされています。

「最後の晩餐」のユダの謎②:裏切り者はユダだけなのか?表情が見えないのはなぜ?

近年の研究で「ユダの裏切りはイエス・キリストの指示によるものだった」という説が浮上しました。絵画の中ではユダの表情だけが見えませんが、これは「裏切り者であるから」と考えられていました。

しかしよく見るとユダの後ろにはペテロがいます。ペテロはイエス・キリストが連行される際に「こんな人は知らない」とイエス・キリストを裏切った、もうひとりと言われています。

レオナルド・ダ・ヴィンチはペテロの前にユダを描くことで「ユダの裏切りの背後にはペテロがいる」ということを暗に伝えたかったのではないかと考えられています。

NEXT 「最後の晩餐」のユダの謎③:なぜイエス様はユダを弟子としていたのか?