現場猫の元ネタは?ジェネリック現場猫のグッズも人気!コラもまとめ

現場猫とはふたば☆チャンネルで誕生した猫のキャラクターです。シュールな顔で指差し呼称をして「ヨシ!」と事故や災害予防対策をしています。こちらでは現場猫の元ネタやジェネリック現場猫の人気グッズやコラボについてまとめました。

「ご安全に」現場猫とは?元ネタは?

現場猫は、ふたば☆チャンネルでくまみね氏のオリジナルキャラクターである「電話猫」が元ネタとされています。

電話猫のコラボ画像が作られ続ける中で現場猫が誕生したと言われています。

現場猫に危険や不安全な状態で指差し呼称させたり、過去にあった労働災害などを再現させるコラ画像が2018年8月ごろに大量にTwitterへ投稿され流行しました。

元画像はくまみね氏の電話猫「どうして夜中に起きているんですか?」

NHKの夏休み子ども化学電話相談のパロディです。「どうして~ですか?」と子どもが質問をしているように、夜遅くに起きている人へのツッコミとしてくまみね氏が電話をかける猫の画像を投稿しました。

画像のタイトルは「夜中化学電話相談」でしたが、次第にそれが「電話猫」と呼ばれるようになり様々なコラボが行われるようになりました。

ふたば☆ちゃんねるで電話猫のコラ画像が誕生

電話猫は2016年から2017年にかけてふたば☆ちゃんねるを中心にコラボ画像が作られていきました。

定型文である「どうして~ですか?」を用いた遊びが流行り、2017年11月頃に「ゼロ災スレ」が立ち現場猫が誕生したのではないかと言われています。

労災事件がきっかけだったという説も

現場猫のきっかけとなったのは、「フォークリフトを厚さ15cmの木製パレットを37枚も重ね、人がその上に乗り天井の照明を交換していた際にバランスを崩し落下し死亡した事故」ではないかと言われています。

普通に考えれば危険を予測できることですが、現場ではそういったことは軽視されがちです。

現場猫は、そのような現場での矛盾や疑問などから生まれたブラックジョークとして描かれ共感を得たと考えられます。

電話猫の顔に「人型オブジェクト 怒る」の首から下の部分や「ヨシ!」を合成

「フォークリフトにパレットを37枚重ねて作業していた男性が転落して死亡」したと言う痛ましい事件から誕生した画像が現場猫です。

そんな現場猫は「電話猫の顔」+「素材サイトであるソザイングの人型オブジェクト『怒る』の首から下の部分」+「中央労働災害防止協会の指差し呼称シールに書かれている『ヨシ!』の文字」を合成し誕生しました。

NEXT 現実的には「よくない」、労働災害が起こりそうな状況が多い