グーグルマップに怖い画像?日本・海外のストリートビューに写った画像まとめ

「○○駅前のファミマ前に集合ね」。このような時、そこへ行くのが初めてであれば地図だけだと正確な場所が分からない可能性があります。そのようなときに便利な機能としてグーグルマップが存在しますが、時折グーグルマップに怖い画像が紛れ込んでいるというのです。

グーグルマップ、ストリートビューが怖い?画像まとめ

kellepics / Pixabay

グーグルマップにはストリートビューという機能があります。ストリートビューでは実際に現地で採取した360°のパノラマ画像を編集することにより具体的な現地の画像を見ることができます。

しかし、様々な写真の中には、怖い画像も多く存在するのです。こうした怖い画像についてご紹介したいと思います。

グーグルアースのストリートビューには怖い画像がいっぱい?

kellepics / Pixabay

とてつもなく多くの写真を取り扱っているグーグルアースのストリートビューでは、怖い画像があふれています。人為的なものもあれば、超常的な画像も存在します。

ここではそのような怖い画像16選をご紹介したいと思います。

怖い画像①:グーグルマップカーにロバがひかれた?

グーグルマップカーにロバがひかれています。場所を移動しながらグーグルマップカーの軌跡をたどると、明らかに道の脇にいたロバがひかれて倒れていることが分かります。

グーグルはこの画像について「偶然ロバがその場に寝入っただけ」と公表していますが、前後の画像を見る限りではその主張は通りそうにありません。

怖い画像②:宇宙人?関節のおかしい女性

古代都市・マヤ文明として伝えられるククルカン神殿前で撮影された逆関節の女性です。現在はこの女性の写真はありません。

グーグルカメラは360°パノラマカメラとなっているため、取り方によってはこのような不思議な画像が出来上がってしまうことがあるようです。

怖い画像③:メキシコに謎の仮面コスプレ集団

メキシコの道路に謎の仮面をかぶったコスプレ集団が写りこんでいます。ホラー映画「スクリーム」や「エルム街の悪夢」のフレディの仮面をかぶっている集団が写りこんでいるなんて恐怖ですね。

怖い画像④:ザ・スケリーズ

イギリスにある「ザ・スケリーズ」という島がありますが、この島をストリートビューで確認すると異世界に紛れ込んだような画像が表示されます。

実はストリートビューはグーグルマップカーによる撮影の他に個人投稿も許可されています。これは個人投稿によるものと考えられていますが、投稿者の意図は不明です。

怖い画像⑤:死体を引きずっている?

たまたま家の近くをストリートビューで見ていたら事件が起こっていたようだという投稿で有名になった画像です。画像には何かが引きずられたような赤い跡があり、死体を引きずった跡では?と話題になりました。

しかし、掲示板に集まった画像解析者たちによると大きな犬を運んだのではないかというのが最も有力な説とのことでした。殺人現場ではなくなによりです。

怖い画像⑥:ルーマニアに汚染された村

ルーマニアにて汚染水により水没したジャマナ村という村が存在します。この村をグーグルアースで確認すると、あまりに異様な状況に息をのんでしまいます。

怖い画像⑦:人形だらけの島

メキシコに人形だらけの恐ろしい島が存在します。テレビでも何度か特集で取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれません。

この島に住むドン・ジュリアン・サンタナという方が少女の霊に憑りつかれ、その供養のために流れ着いた人形を供養したことがきっかけであったようです。

しかし、供養するどころか新たなヤバイものを多数取り込んでいるだけな様に見えるのは私だけでしょうか?

怖い画像⑧:エリア51

Xファイルなどでも有名なエリア51.未知との遭遇を政府レベルで隠蔽していると噂になっているエリア51ですが、グーグルアースでとられた画像では不思議な五芒星が描かれています。

エイリアンが関係しているのかは不明ですが、偶然にこのような形状の地形が出来上がるとは思えないので、何か裏があることは間違いなさそうです。

怖い画像⑨:顔のように見える場所

偶然ではあると思いますが、明らかに人の顔をしている地形が存在します。見間違いというレベルではなく、顔の画像が合成されたのでは?というレベルです。

怖い画像⑩:巨大イカ

グーグルマップの生みの画像に巨大イカが映し出されています。これは恐らくダイオウイカだと思われますが、このサイズであれば船を襲うことも可能ではないでしょうか?

足まで含めると最大で20mを超えると言われており、時にはクジラも襲うというダイオウイカ。発見例は非常に少ないですがグーグルアースに基調が姿が納められました。

怖い画像⑪:マネキンがゴミ箱に?

一体何があったのでしょう。マネキンと思われる物体が大量にごみ箱に捨てられています。実際にこの現場に遭遇したとしたら悲鳴を上げるレベルですね。

怖い画像⑫:人骨が落ちている場所

なぜか画像にはっきりと人骨が写っています。後ろの方にひっそりと、ではなく完全に画像の主役的な位置におもいっきり映り込んでしまっています。この画像を取った人は一体何を考えていたのでしょう。

この画像だけではなく、人骨(本物か模型化は分かりませんが)が映り込んでいる画像はいくつか発見されています。

怖い画像⑬:巨大なトライアングル

アメリカのネバダ州には謎の巨大トライアングルがくっきりと映し出されています。トライアングルの中には無数の円が描かれています。

これらの図形は明らかに人為的なものであると思われますが、一体何を目的として作られたものなのでしょうか?

怖い画像⑭:巨大なうさぎ

全長55m、側面の高さは6m、ニット製の巨大うさぎ人形で、ウィーンで活動しているgelitinという芸術家の作品です。イタリア北西の山間部、ソッターナ村の標高1,500mの丘に存在するオブジェです。

しかしよく見るとうさぎから内臓が飛び出しているような描写もあり、これだけの巨大さも相まってかわいい存在ではありません。事前知識もなくこの画像を見てしまうとぎょっとするのではないでしょうか?

怖い画像⑮:交通事故現場

リアルな交通事故現場が映り込んでいる画像も複数存在します。中には明らかにマズイ(一部体が欠損しているような)画像も存在し、見た人は相当なトラウマとなることは間違いないでしょう。

怖い画像⑯:ロス島の山小屋

南極大陸に最も近いロス等の山小屋もストリートビューで閲覧することは可能です。しかし、中に入ってみるとなぜか死んだペンギンがテーブルの上に横たわっています。

また、その後ろには血で濡れた窓と様々な工具が置かれており、まるでバイオハザードのダンジョンかのような恐ろしい光景が広がっています。今にもリッカーが飛び出してきそうですね。

グーグルマップ、ストリートビューの怖い場所は日本にもある?

simonwijers / Pixabay

これまでは世界中の怖い画像を紹介してきましたが、もちろん日本にも怖い画像はいくつも存在します。ここでは日本のストリートビューで発見された怖い画像を紹介したいと思います。

もしかしたらあなたの近所で撮影された画像に恐ろしい何かが映り込んでいるかもしれません。

怖い画像①:赤坂駅に奇妙な生物

赤坂駅で謎の生物が映り込んでいます。ぱっと見る限りまるでインベーダーゲームに出てくる宇宙人がまさに上に飛び上がろうとしているシーンにしか見えません。

しかし、その正体は実はハトなのです。どう見てもハトには見えないあなたは画像を逆さまにしてみてみましょう。どうですか?ハトが前に進むために羽ばたく瞬間に見えたかと思います。

怖い画像②:スーパーの駐車場に立つ謎の女性

リアル貞子です。服装こそ今どきの感じに見えますが、そのたたずまいは完全に人外のものです。あまりにも鮮明に写っているため実在する人間かもしれませんが、その場合はごめんなさい。

この場所に差し掛かったとき、突然この光景に出くわしたら誰もが悲鳴をあげますよね?まさに日本にふさわしいジャパニーズホラーな画像であると言えるでしょう。

怖い画像③:軍艦島

軍艦島は日本で有数の心霊スポットであり、基本的には足を踏み入れることはできません。しかし、ストリートビューを使えばまるで軍艦等を散策しているかの如く島の全容を見ることができるのです。

軍艦島では様々な心霊現象が発生すると言われています。ストリートビューには幸いそういった恐ろしいものが映り込んでいるという報告はありませんが、PCで日本有数の心霊スポットを探索してはいかがでしょうか。

怖い画像④:鳩集団

東京・三鷹駅近くにある玉川上水緑道には謎のハト集団が映り込んでいます。彼らは頭がハト、体が人間のハト人間、という訳ではありません。ハトの被り物をしているれっきとした人間です。

彼らは娯楽サイト「デイリーポータルZ」のライター陣であり、たまたまストリートビューの撮影に遭遇した現場だそうです。

堂々とストリートビューに写りたかった彼らは、モザイクされることがないようハトの被り物をした状態でカメラに映り込みました。しかし、こういう画像が公開されると日本人のイメージに関わりますね。

怖い画像⑤:山中にエレキギターを持つ男

山口県の県道10号線沿い。ここには山と道路しかありませんが、完全に怪しい男が映り込んでいるというのです。それは鹿の被り物をしてエレキギターを持った男。こいつは一体何がしたいんだ。

グーグルカーが移動しながら風景を撮影している最中も、常にカメラ目線の鹿男。ドライブ中に会ったら絶叫間違いなしです。グーグルカーの搭乗員もさぞかし肝を冷やしたことでしょう。

実は彼はyoutuberであり、グーグルカーを先回りして準備していたそうです。しかし、こうしてみると日本人の民度はほんとに。。。と言わざるを得ないですね。

グーグルマップは怖いだけじゃない?面白い画像もたくさん?

thisismyurl / Pixabay

ここまで散々怖い画像を紹介してきましたが、怖い画像があるなら当然同じだけ面白い画像も存在します。ここからはグーグルマップに偶然映り込んだ面白い画像について紹介したいと思います。

馬鹿馬鹿しいものから微笑ましいものまでたくさんの面白い画像がありますので、思いっきり笑ってもらえればと思います。

面白い画像①:ヒーローが出勤

田舎のバス停で明らかにヒーローが傘を差しながらバスを待っているようです。このヒーローは一体どこへ行くつもりなのでしょうか?そもそもバスを待ってる時間なんてあるの?

ほのぼのとした光景が非常に印象的な面白い画像です。ちなみに、他にもベンチでヒーローが寝ているところを撮影された面白い画像も存在します。

面白い画像②:二本足の猫

写真の継ぎ目のせいで誕生してしまった面白いというか悲しい生物です。普通に歩いていますが、これだとバランスをとるのも一苦労ですね。

ネット上ではこの生物をネタ素材として使われていることもありますので、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

面白い画像③:日本人男性が埋まっている?

これも恐らく画像合成時のミスでしょう。オジサンが見事に地面へ埋まっております。街路樹と一緒に地面から生えてくるオッサン、ぱっと見はびっくりしますが、じわじわ面白い画像です。

きっと雨を受け、日を浴びて成長し、立派なオジサンとなった後花を咲かせて子孫を残していくのでしょう。ごめんなさい、嘘です。

面白い画像④:四方八方に同じおじさん

日本の中でもオタクの聖地として知られる東京・秋葉原。ここをグーグルマップで閲覧すると同じオジサンが四方八方に現れます。まさにNARUTOよろしく多重影分身の術!ってなんでやねん。

この画像は周りの人にもモザイクがかかっていない、歩行者天国には車両が乗り入れできない(グーグルカーが入れない)ことから、個人投稿であることが推測されます。

恐らく多重影分身を使用しているオッサンが投稿した写真なのでしょう。しかし、満面の笑みで映り込むオッサンはこれ以上ないくらい人生を謳歌しているようです。

NEXT 面白い画像⑤:かかしの里