帝銀事件の詳細と真相!平沢貞通は冤罪だった?真犯人を考察!

戦後最悪の毒殺事件となった「帝銀事件」は、一人の著名な画家の逮捕で一件落着かのように思われました。しかし「冤罪ではないのか」「事件の背後にはGHQが関わっているのではないか?」など、未だに解明されない謎の部分が存在しています。

帝銀事件とは?銀行の押入りによる毒物殺人事件

guvo59 / Pixabay

帝銀事件とは、昭和23年に帝国銀行(現在の三井住友銀行)の椎名町支店(統廃合により現存せず)で発生した、戦後最悪の毒物による殺人事件です。

犯人が逮捕されましたが今現在となっても多くの謎が残されており、事件の真相解明が待たれています。

昭和23年1月26日、帝国銀行椎名町支店に男が現れる

TheDigitalArtist / Pixabay

昭和23年1月26日のことです。東京都豊島区長崎の帝国銀行・椎名町支店に一人の男が現れます。男が現れたのは午後3時過ぎ、まだ行内では数人の行員が勤務していました。

目撃者によると、男は40代半ばで東京都防疫班の腕章をはめており、筋が通った顔立ちだったと語っています。

この日、支店長は体調不良のため早退しています。支店長代理が男の対応をし、東京都の衛生課・厚生省の医学博士と書かれた名刺を受け取っています。

男は集団赤痢の予防薬として薬を飲むよう指示

Free-Photos / Pixabay

その男は支店長代理に次の様に伝えています。

「近くの井戸で集団赤痢が発生した」「感染者の1人が今日この椎名町支店に来ていることが分かっている」

そのため一刻も早く「消毒が必要」として、行内にいるすべての人を集めるように指示します。男は本体の消毒班が来る前に消毒薬を飲む必要があることを告げます。

薬を飲んだ行員は倒れ、1人の行員が外の女学生2人に助けを求めて事件発覚

qimono / Pixabay

服用する消毒薬は飲み方が複雑(2種類の薬を2度に分けて服用する)であると男は説明します。そこでまず自分が見本に薬を飲むので、同じように薬を飲むように行員たちに要求します。

男はカバンの中から2種類の薬瓶を取り出し、湯呑茶碗に薬をとりわけて一人一人に渡しました。一つ目の薬を飲むと行員たちは苦みを訴えますが、二つ目の薬を飲んだ直後さらに症状が悪化し次々と倒れていきます。

午後4時過ぎに一人の行員が苦しみもがきながら外に出て、通りを歩いている2人の女学生に助けを求めています。その後、警察が銀行に駆けつけますが行内には想像を絶するような光景が広がっていました。

昭和22年10月14日、安田銀行荏原支店で類似の未遂事件

niekverlaan / Pixabay

実は事件発生前に同様の手口の未遂事件が発生しています。昭和22年10月14日、安田銀行荏原支店に一人の男が訪れ「赤痢の患者がここを訪れたので消毒の必要がある」と支店長に告げています。

支店長は近くの交番に事実確認をするために外出します。支店長の外出中に行員たちが薬を飲まされますが、幸いにも帝国銀行のような惨劇には至っていません。

またこの時にも男は名刺を支店長に渡しています。「厚生技官・医学博士・松井蔚」という名刺ですが、のちにこの名刺が事件解決の大きなポイントになります。

NEXT 昭和23年1月19日、三菱銀行中井支店で類似の未遂事件