高知白バイ事件の真実は冤罪で警察の捏造だった?事件のその後

さまざまな噂が立っている高知白バイ事件。冤罪だと言われている元バスの運転手は、再審請求を行うも、裁判官の不可解な判決により棄却されます。警察官は証拠を捏造していると言われており、その後はどうなったのでしょうか?最新の情報や、事件の真実について迫っていきます。

高知白バイ事件とは

cocoparisienne / Pixabay

高知白バイ事件とは、2006年に高知県高知市で起きた、白バイとスクールバスとの衝突事故です。バスの運転手を逮捕し非を主張した高知県警ですが、その主張にはさまざまな疑義や捏造の噂が立っています。

高知白バイ事件の概要

Utility_Inc / Pixabay

2006年3月、スクールバスと白バイが衝突し、白バイに乗っていた警察官が1名死亡しています。バスの運転手が逮捕されましたが、周りの証言などから運転手は冤罪だと言われています。

 2006年3月3日、スクールバスと白バイが衝突

Free-Photos / Pixabay

2006年3月3日午後2時30分、高知県高知市のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが道路外から交差点に右折横断侵入しようとし、白バイと衝突しました。

 白バイに乗っていた巡査長が死亡

Rico_Loeb / Pixabay

白バイに乗っていた当時26歳の巡査長は、その後、胸部大動脈の破裂により死亡しました。

スクールバスに乗車していた、仁淀川町立仁淀川中学校3年生の生徒22人と教員3人にけがはありませんでした。

NEXT スクールバス運転手が逮捕・起訴された