高知白バイ事件の真実は冤罪で警察の捏造だった?事件のその後

さまざまな噂が立っている高知白バイ事件。冤罪だと言われている元バスの運転手は、再審請求を行うも、裁判官の不可解な判決により棄却されます。警察官は証拠を捏造していると言われており、その後はどうなったのでしょうか?最新の情報や、事件の真実について迫っていきます。

高知白バイ事件とは

cocoparisienne / Pixabay

高知白バイ事件とは、2006年に高知県高知市で起きた、白バイとスクールバスとの衝突事故です。バスの運転手を逮捕し非を主張した高知県警ですが、その主張にはさまざまな疑義や捏造の噂が立っています。

高知白バイ事件の概要

Utility_Inc / Pixabay

2006年3月、スクールバスと白バイが衝突し、白バイに乗っていた警察官が1名死亡しています。バスの運転手が逮捕されましたが、周りの証言などから運転手は冤罪だと言われています。

 2006年3月3日、スクールバスと白バイが衝突

Free-Photos / Pixabay

2006年3月3日午後2時30分、高知県高知市のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが道路外から交差点に右折横断侵入しようとし、白バイと衝突しました。

 白バイに乗っていた巡査長が死亡

Rico_Loeb / Pixabay

白バイに乗っていた当時26歳の巡査長は、その後、胸部大動脈の破裂により死亡しました。

スクールバスに乗車していた、仁淀川町立仁淀川中学校3年生の生徒22人と教員3人にけがはありませんでした。

スクールバス運転手が逮捕・起訴された

Hans / Pixabay

スクールバスの運転手が安全確認不十分の状態で、交差点へ侵入したために事故が発生したとのことで、業務上過失致傷罪の容疑で逮捕・起訴されました。

その後、巡査長が死亡したため、業務上過失致死の容疑に切り替わっています。

そして、運転免許取り消しの行政処分を受けることとなります。

 スクールバス運転手は停止していたと反論

macdeedle / Pixabay

逮捕されたスクールバスの運転手は逮捕当初から冤罪を主張していました。運転手によると、バスは停止しており白バイが衝突してきたとのことです。また、多数の証言者が確認されています。

「バスは停止していた」という証言者多数

Capri23auto / Pixabay

また事故発生時、バスの後ろを車で運転していた校長先生や車内に乗車していた生徒など、証言者は多数いました。

そして、証言者は一同に、バスは停止していた、急ブレーキをかけていなかったと証言しました。

元運転手に関係するものの証言では信憑性に欠けるとして、裁判所は証拠として採用しませんでした。

 スクールバス運転手は禁錮1年4月の実刑判決が確定

3839153 / Pixabay

スクールバスの運転手は容疑を否認し続けました。しかし、2007年6月7日、高知地方裁判所は運転手に対して、禁錮1年4月の実刑判決を下しました。弁護側は控訴しています。

そして、2007年10月30日、高松高等裁判所にて控訴棄却の判決が出ました。なお、弁護側は上告しています。

2008年8月20日、最高裁第二小法廷で、弁護側の上告を棄却し禁錮1年4月の実刑判決が確定しました。

スクールバス運転手への不自然な取り調べ

4711018 / Pixabay

高知白バイ事件の加害者とされる元運転手に対する取り調べ。これが、通常では考えられない非常に不自然なものだったと言えます。

業務上過失致死で逮捕されたのに取り調べもなく二日後に釈放

AliciaZinn / Pixabay

元運転手は、業務上過失致死の容疑で逮捕されました。通常であれば取り調べが行われるはずですが、この高知白バイ事件に関しては取り調べが行われることなく、二日後に元運転手は釈放されています。

その後、運転免許取り消しの行政処分を受けています。

 9ヶ月後在宅起訴で「バスは動いていて急ブレーキをかけた」

Gellinger / Pixabay

高知白バイ事件から9ヶ月後、高知地方検察所は元運転手を在宅起訴しました。橋は時速約10キロで走行しており、通常走行中の白バイと衝突したとのこと。

そのときに、バスは急ブレーキをかけ、白バイを轢いた状態で約2.9メートル先に停車したと話しています。

そして、白バイが引きずられたことにより、路面にブレーキ痕が残っていた、バスが停車していれば起こるはずのない事故だと主張しています。

高知白バイ事件の不可解な証拠:ブレーキ痕

Garnfinger / Pixabay

高知白バイ事件では、警察が捏造したと思われる元運転手が加害者だとする証拠があります。その中の一つが、スクールバスのブレーキ痕です。

 警察が主張する不可解なスリップ痕

Ashish_Choudhary / Pixabay

警察が提示した有力な証拠品の一つとして、バスの前輪の後ろにのびるスリップ痕の写真が提示されました。

これが捏造ではなく真実だとすると、明らかにバスがとっさにブレーキをかけたことによるブレーキ痕のため、運転手の証言が虚偽だと言えます。

 自動車事故鑑定人は警察の捏造と断定

BruceEmmerling / Pixabay

納得のいかない弁護側は、警察が証拠として提示されたブレーキ痕について、自動車事故鑑定人に調査の依頼をしました。すると、いくつもの不可解なことが判明します。

写真に写っているものがタイヤ痕であるならば、タイヤの溝の線が残るはずですが、それが全く残っていません。そして、本来つくはずがない道路のへこんでいる部分にまで、タイヤ痕がついていました。

自動車事故鑑定人によると、おそらく液体を塗ったものであると考えられると結論づけました。すなわち、警察による証拠の捏造だと断定したということです。

 スクールバスの元運転手は警察を証拠偽造罪で刑事告訴

Free-Photos / Pixabay

2008年3月6日、元運転手は警察が証拠としているブレーキ痕の写真は、警察により捏造されたものとし、証拠偽造罪で刑事告訴を行いました。なお、被告訴人は不詳となっています。

裁判所は嫌疑なしの不起訴処分へ

WilliamCho / Pixabay

その後、裁判所の裁判官は、野次馬やマスコミがいる状況で警察官がブレーキ痕の捏造することは不可能と断定し、嫌疑なしの不起訴処分としました。

高知県警は、この一連の疑惑に関しては記者会見などの場で、証拠が指す物が真実であり捏造は行っていない、と否定しています。

元運転手は、高知検察審査会に対し審査の申し立てを行いましたが、証拠偽造に対する不起訴処分に嫌疑はなしとの、結論を出しています。

NEXT 高知白バイ事件の背景・その後の状況