ソーカル事件の真相!アランソーカル、前代未聞の知的詐欺で巻き起こった論争

ニューヨーク大学の物理教授のアラン・ソーカルが「ソーシャルテキスト」誌に投稿し、疑似投稿であったことで出版界に波乱を巻き起こしたソーカル事件は、その後イグノーベル賞を受賞しています。この事件はどういったことだったか検証してみます。

ソーカル事件とは

雑誌に投稿された論文から事件の引き金を引くことになります。様々な思想・考えに対する問題の答えを編み出す思想家・哲学者ははたくさんいます。

学派もたくさんあるのですが、その中のポストモダン思想家を批判するため、ニューヨーク大学の物理教授のアラン・ソーカルが、ポストモダン思想家の文体をまねて、科学用語、数式を使い疑似論文を作成します。

この思想の専門誌「ソーシャルテキスト」に送ったことから事件に発展していきます。

物理学教授アラン・ソーカルがソーシャルテキストに疑似論文を投稿

物理学教授アラン・ソーカルが当時人気があった人文系評価誌「ソーシャル・テキスト」誌に投稿しました。その後疑似論文であることが判明し、バッシングを受けることになるのです。

ソーシャル自身は、ポストモダン派の研究者を試すために、でたらめの論文を投稿するのでした。

疑似論文の内容は?

論文はポストモダン系の哲学者や社会学者達の言葉を引用し、数学・理論物理学の用語や数式を適当に混ぜた雑文だったといいます。

ソーカル論文は著名な物理学者が書いたエッセイ(アルチュセールのいういわゆる自然発生的哲学)を無断で引用していたそうです。

1996年5月に論文が掲載されてしまう

疑似論文は受理され、1996年5月発行の『ソーシャル・テキスト』にそのまま掲載されてしまいます。「境界線を侵犯すること――量子引力の変形解釈学へ 向けて――」という謎めいたタイトルで掲載されています。

全くのデタラメな論文だと暴露

ところが掲載されたその数週間後、『ソーシャル・テキスト』ではない別の雑誌上で、ソーカル本人が論文はパロディという驚くべき告白をします。

カルチュラス・スタディーズ系の学者の言説のパロディであり、物理を専攻する学生ならすぐ指摘できるようなでたらめの数々と、生半可な科学知識をつなぎあわせたパッチワークに過ぎないということを証言します。

断言調のかっこいいスタイルで書かれていて、社会論理、批判理論などを盛り込んで書けば「論文」として掲載されると証明した形になってしまいました。

NEXT ソーカル事件の目的