熊の手(中国のゲテモノ料理)の味は?料理方法・値段・入手方法など

人の食に対する探究心はすごいものです。特に世界三大料理の1つとも言われる中国の料理は、様々な食材から作られます。その中の1つに熊の手を使った料理があります。日本ではなじみのない料理ですが、高級食材として扱われている熊の手の値段や料理方法などをまとめました。

中国の驚きの食材熊の手とは

Bergadder / Pixabay

中国では、熊の手のひらは熊掌と呼ばれ、高級な珍味として扱われています。中国は昔から、食事で健康管理をすることを重視しており、様々なものを口にする勇気ある人が大勢いました。

世界的には、いわゆるゲテモノ料理と呼ばれる熊の手料理ではありますが、中国では高級食材とされている上に、滋養の為にいいとされています。

ただその調理方法は非常に手間のかかるものだった上、手に入りにくいものだったので、食べようと思ってすぐに食べられるものではありませんでした。

熊の手は中国の伝統料理として知られている

Free-Photos / Pixabay

中国で熊の手はかなり昔から食材として扱われているもので、伝統的な珍味の1つです。中国の歴史には、八珍と呼ばれる8種類の有名な珍味があります。

時代によっては内容に変化もあったりしますが、八珍に関する最古の歴史的な資料の記述では、8種類の中の1つとして記されており、古くから珍味として食されている事がわかります。

「およそ天子にささげる食事には、六穀を用い、肉料理には六牲を用い、飲みものには六清を用い、滋味のものには百二十品を用い、珍(美味)には八物を用う」

(引用:レファレンス協同データベース)

密輸で話題となった熊の手は高級食材として扱われている

alles / Pixabay

現在の中国では、野生動物保護法が制定されたため、元々手に入りにくかった熊の手はさらに手に入りにくくなりました。そのため値段は昔よりも高騰し、高級食材となっています。

中国では昔から、野生動物の一部を珍味として料理に使う事がおおくありました。特に滋養強壮のための珍味とされる動物は需要が多く、色々な人に狩られてきました。

狩られすぎたため、絶滅寸前まで陥っている動物も多くいたのです。その事態に危惧した中国政府は動物を守るため、野生動物保護法を制定しました。

熊の手の効能は?高たんぱくでコラーゲン豊富の珍味

4330009 / Pixabay

熊の手料理となると馴染みのない人にとっては、ゲテモノ料理の類となりますので、かなり抵抗を持ってしまいます。しかし、滋養の効果があると聞けば興味を持つ人も出てきます。

熊の手は、コラーゲンを豊富に含んでいて、高たんぱくな食材と言われており、肌や滋養に大変良いものと言われています。風邪を引いた時などにも良いとされ、重宝されてきました。

他の方はこちらの記事も読んでいます

NEXT ゲテモノ食材熊の手の料理がある日本の店や価格