ゾディアック事件の真犯人は誰?暗号文から読み解く犯人像とは?

皆さんは「ゾディアック事件」はご存知でしょうか?この事件は殺人予告に暗号を使うなど劇場型犯罪ともいわれています。犯人は現在に至っても発見されてはいませんが、真犯人にジャックトーランスという男ともいわれています。今回は「ゾディアック事件」を紹介していきます。

サイコパス?世にも恐ろしいゾディアック事件とは

1866946 / Pixabay

「ゾディアック事件」とは、1968年から1974年にかけてサンフランシスコ州サンフランシスコ市内でカップルを中心に5人が一人の男によって殺害されたという事件です。

この事件はアメリカでも特に有名な事件の一つになります。この事件の犯人は捕まっておらず、現在に至るまで真犯人の証言や主張が多く寄せられています。

またこの事件は犯行後に警察やマスメディアに対して、犯行声明を送っていたこともこの事件の特徴です。このことから劇場型犯罪の一つとしても有名です。

サイコパスによる連続殺人事件

RyanMcGuire / Pixabay

「ゾディアック事件」の犯人でもあるゾディアックはサイコパスであるともいわれます。彼は警察やマスメディアに犯行予告を送り付けて、自己の殺人を知らしめようとしていました。

また、犯行予告に使われていた暗号は高度なものが多く。ゾディアック自身のIQが高いことが考えられます。さらに、彼の暗号文には「殺人が楽しい」という言葉も入っていたのです。

そのため、この事件の犯人であるゾディアックもまたサイコパスであるともいわれています。

奇妙な暗号の手紙

Free-Photos / Pixabay

ゾディアックは警察やマスコミに暗号の書いてある手紙を送りつけていました。犯人は「この手紙を解読すれば、ゾディアックの犯人もわかる」と言っていました。

この手紙にある暗号解読に警察やFBIが全力を注いで取り組みますが、解読できませんでした。しかい偶然この暗号を新聞で目にした高校教師の夫婦が暗号解読に成功します。

その暗号文には「人殺しが楽しくてたまらない。動物を森で狩るよりも人間を殺すのが好き。なぜなら人間は最も危険な動物だから」という内容の文章が記載されていました。しかし犯人には繋がらなかったのです。

事件①10代のカップルがハーマン湖で襲われる

kerttu / Pixabay

1969年7月5日カリフォルニア州、ソラノ郡の警察署に一本の電話が鳴りました。深夜0時を回ったころ低く、濁った声で警察に捲し上げるように喋り、一方的に電話を切りました。

通報された場所に行くとそこはハーマン湖という湖で、茶色のシボレーの中に若い男女の死体がありました。犯人は自らが9ミリ拳銃で撃ち殺したと電話で自白しました。

この事件で殺されたカップルは17歳と16歳の未成年カップルであり、ハーマン湖にドライブに来ているときにゾディアックによって殺害されたと警察も断定し捜査をし始めました。

事件②若いカップルがヴァレホの駐車場で襲われる

Brett_Hondow / Pixabay

1969年7月4日19歳の男性と22歳の女性がヴォレホ駐車場でゾディアックによって襲われました。この事件では拳銃により何発も被害者に対して発砲していました。

被害者女性は病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認され、男性の方も膝に銃弾を受けるなど重症を負いますが一命をとりとめます。

この事件もハーマン湖の事件同様、警察にゾディアック自らが通報し、事件の内容などを警察に自白していました。

NEXT ③20代カップルがベリエッサ湖畔で襲われる