日本や世界で起きた人食い熊による死亡事件!遭遇した時の対策は?

熊をモチーフにした愛くるしいデザインのキャラクターは多数存在します。しかし、有史以来熊による人食い事件は後を絶ちません。熊出没のニュースを見た事がないと言う人はいないでしょう。今回は国内外問わず熊による死亡事故や万が一遭遇した場合の対策を調査してみました。

日本や世界で起きる人食い熊の事件

JoaquinAranoa / Pixabay

熊による人身被害は日本国内だけの話ではありません。比較的成功したグループであり、アメリカ大陸やアジア、北極にも生息しています。ここでは代表的な熊による人身事件などをあげていきます。

現在も世界で起きているヒグマ事件

日本国内における熊による獣害事件でよくあげられるものとして三毛別羆事件、石狩沼田幌新事件、福岡ワンゲル部ヒグマ事件などがあり、特に三毛別羆事件は熊による日本最悪の獣害事件として知られます。

また2018年には70代男性の飼育していたツキノワグマに襲われ、アルバイト飼育員の男性が死亡すると言う事件もありました。

アメリカでもティモシー・トレッドウェルの事例や生きたたま熊に食べられながらも母親に電話したロシアの事例などが有名です。

ヒグマについて

Alexas_Fotos / Pixabay

ヒグマは世界的に見ても生息地は広く、ユーラシア大陸と北アメリカ大陸に生息しておりグリズリーの名でおなじみのハイイロヒグマ、北海道に生息するエゾヒグマなど亜種が居ます。

雄で体長2.5-3m、体重250-500kgに達します。雌は一回り小さく1.8~2.5m、100~300kg程度です。しかし生息地域の環境により個体差が大きく500kgを超える個体も確認されています。

ヒグマは火を恐れません。また子連れの雌や冬眠し損ねた個体は殊更危険です。自身の獲物に対し、強い執着心を示す為ヒグマに獲られた物を取り返すのも危険な行動となります。

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)

ここからは実際の人食いい熊事件を紹介していきます。

まずは熊に開拓時代の北海道で発生し、熊の被害としては日本で最大の被害が出た三毛別羆事件を紹介いたします。

1915年に起きた日本史上最大のヒグマ事件

Steppinstars / Pixabay

本事件は1915年12月9日から14日にかけて発生しました。冬眠し損ねた通称「穴知らず」のヒグマが繰返し村を襲撃し、甚大な被害を出しています。

事件の発生日時は前述の通りですが、三毛別羆事件には前日譚と呼べるものあります。事件発生のおよそ1ヶ月前にヒグマは民家付近へと姿を見せており、この時は馬が暴れた為人間への被害はありませんでした。

20日に再度出現したヒグマに備えて2人のマタギを呼び寄せています。そして、30日三度出現したヒグマを銃撃。しかし、仕留めるには至らず、追跡も吹雪により断念しています。

NEXT 三毛別羆事件の概要