千葉祐太郎・平成生まれの死刑囚の現在!石巻3人殺傷事件の概要とその後

平成生まれとして初の死刑囚となった千葉祐太郎。この男が起こした石巻3人殺傷事件とはどの様な事件なのでしょうか?また母親からの虐待の生い立ちや被害者遺族となった元彼女との間の娘。そして、裁判での判決までの流から現在の様子までをまとめていきます。

千葉祐太郎が起こした石巻3人殺傷事件とは

Free-Photos / Pixabay

2010年2月10日宮城県石巻市で発生し、2名が刺殺され、1人が重傷を負った石巻3人殺傷事件は、当時18歳の少年千葉祐太郎が引き起こした事件です。

石巻3人殺傷事件では、その凶悪性もさることながら、平成生まれの犯人に対する初めての死刑判決確定という事でも物議を醸しました。

2010年に発生した殺傷事件

当時18歳の少年千葉祐太郎が起こした石巻3人殺傷事件は、2010年2月10日午前6時40分頃、宮城県石巻市で発生しました。

千葉祐太郎は、元交際相手の少女の実家へと押し入り、当時20歳の少女の姉と少女の友人の女子高校生を刃渡り18cmの牛刀で複数回にわたり次々と刺し殺害、その場にいた少女の姉の知人男性にも重傷を負わせます。

平成生まれ初の死刑囚となった千葉祐太郎

石巻3人殺傷事件は、その後の裁判で千葉祐太郎に死刑判決が下され、この確定によって千葉祐太郎は平成生まれとして初めての死刑囚となっています。

千葉祐太郎の生い立ち

BeardedGuy / Pixabay

平成生まれで初の死刑囚となった千葉祐太郎とはどんな人物なのでしょうか?まずは、その生い立ちから見ていきましょう。

生まれについて

esudroff / Pixabay

千葉祐太郎は1991年、トラック運転手の父親と母親との間に誕生した生い立ちを持ちます。

5歳で両親が離婚するも翌年再婚に妹が生まれる

しかし、千葉祐太郎が5歳の頃に両親は離婚した生い立ちを持ちます。母親は離婚の翌年に再婚し再婚相手との間に妹が生まれます。

小学1年生の頃から母親が虐待

小学1年生の頃、おそらく再婚した頃から、母親から虐待やネグレクトなどを受けていたとされ、不遇な幼少期を送った生い立ちを持ちます。

2001年、千葉祐太郎が10歳の頃に母親は再婚相手と離婚し、別の男性と交際を始めています。千葉祐太郎はこの時期に母親に殴られた事、首輪をつけられドアノブにつながれた事などを供述しています。

高校に進学するも暴力により退学

cocoparisienne / Pixabay

2007年に県立高校に進学していますが、わずか2ヶ月で中退しています。退学の理由は他の生徒に暴力を振るった事とされます。

祖母宅へ預けられるも「すっきりする」ので暴力を奮いだす

TheDigitalArtist / Pixabay

千葉祐太郎は小学校5年の頃に、母親に親としての能力ないと判断され祖母宅に預けられています。しかし友人に「親を叩くとスッキリする」と聞いた事をきっかけに母や祖母に暴力を振るい始めたそうです。

傷害事件で保護観察を受けた過去もある

Fotorech / Pixabay

高校を退学した後、千葉祐太郎は暴力事件を度々起こしています。これによって保護観察処分を受けた事もあるようです。また、石巻3人殺傷事件犯行時にも実母への暴行によっての保護観察の真っ最中でした。

暴力の認識について

jwvein / Pixabay

千葉祐太郎の生い立ちを見てくると、あまりにも簡単に暴力沙汰を起こしている事が気にかかります。千葉祐太郎はその後ネットメディアの取材を受け「暴力に対する感覚が一般の人と違った」と答えています。

「当時は俺、ビンタだと1発では暴力にならないと思っていて、3発目から暴力になるという感覚だったんです。自分が子供の頃、暴力が身近にありすぎて、感覚が一般の人と違っていたんですよ」

(引用:TOCANA)

これは、明らかに幼少時に酷い虐待を日常的に受けていた生い立ちが関係している考えられます。

2014年に自身が語る生い立ちを描く

死刑判決が確定した後、千葉祐太郎は宮城刑務所仙台拘置支所に収監されています。その中で2014年、千葉祐太郎は自身の生い立ちを表現したとされる一枚のイラストを描いています。

短い文章が書き添えられており、自身の過去の辛い生い立ちと、娘が生まれた時に感じた温かさにも触れ、最後に「今後のオレの運命は「死」か「贖罪」のどちらか。」と結んでいます。

千葉祐太郎の家族について

Free-Photos / Pixabay

酷い虐待を受けてきたとされる千葉祐太郎の幼少期の生い立ちですが、その両親についても調べてみました。

父親

千葉祐太郎の父親に関しては、トラック運転手であった事、祐太郎が5歳の頃に離婚して離れた事しか明らかになっていません。ただ、この父親と母親の離婚が人生を狂わせたのは間違い無いでしょう。

母親

rebcenter-moscow / Pixabay

母親に関しては、父との離婚後の一年後再婚したからすぐに祐太郎に対して酷い虐待を与えたと見られます。祐太郎が10歳の頃にこの再婚相手とも離婚し、新たな交際相手と暮らし始めます。

この新たな交際相手は母親に対してDVを日常的に行い、母親は怪我やアルコール依存などで入退院を繰り返しています。その暴力が祐太郎へと向く事も度々あったそうです。

この様に、祐太郎の幼少期にはまさに暴力が日常として存在していたのでした。この幼少期の体験が祐太郎の暴力の認識を崩壊させてしまったと言われます。

石巻3人殺傷事件の裁判と判決、千葉祐太郎の刑について

TPHeinz / Pixabay

ここからは石巻3人殺傷事件の流れを追いながら、裁判と判決について見ていきましょう。

2010年2月4日・5日に元交際相手の祖母宅で暴行

WenPhotos / Pixabay

事件の数日前、2010年2月4日と翌5日に、千葉祐太郎は宮城県東松島市にある元交際相手の少女の祖母宅にて、金属の棒などで少女を殴る、火のついたタバコを額に押し付けるなどの暴行を行います。

2月10日少年Bと共に事件を起こす

niekverlaan / Pixabay

2月10日の午前6時40分頃に、千葉祐太郎は自らの子分的存在であった東松島市の無職少年Bを共謀させ、元交際相手少女の実家へと押し入ります。

二階に寝ていた少女の当時20歳の姉と、少女の友人の当時18歳の女子高生を牛刀で複数回刺して殺害、さらにたまたまそこに居合わせて姉の知人男性当時20歳も刺して重傷を負わせています。

少女を連れ去るが同日中に現行犯逮捕

Alexas_Fotos / Pixabay

千葉祐太郎は、突然の惨劇に怯える元交際相手の少女の脚を刺して軽傷を負わせた上、無理やり外に連れ出して拉致、車で逃走します。

その後、車を乗り換えるなどして逃亡を続けますが、午後1時頃未成年者略取・監禁の容疑で少年Bともども現行犯逮捕、少女は無事保護されました。

3月4日少年らを殺人・殺人未遂の容疑で再逮捕

Ichigo121212 / Pixabay

3月4日、宮城県警石巻署捜査本部は、千葉祐太郎と少年Bを殺人・殺人未遂の容疑で再逮捕しています。

2016年6月平成生まれ初の死刑判決が下される

12019 / Pixabay

2010年4月30日、仙台地検の起訴により始まっ石巻3人殺傷事件の裁判員裁判では、少年が18歳の未成年であった事から、死刑の適用の是非に焦点が集まり争われました。

検察側は一貫して千葉祐太郎には明確な殺意があり、事前に殺害すると決めて犯行に及んだとしてその凶悪性を主張。対する弁護側は当初から殺意があったわけではなく、突発的に殺害に及んだと主張します。

同年11月25日、裁判所は、犯行の重大性から少年の家庭の事情などを考慮しても死刑を回避するに値する理由にはならないとして、死刑判決を下します。弁護側はこれを不服にして仙台高等裁判所に控訴します。

geralt / Pixabay

千葉祐太郎はこの時、死刑を受け入れる意向を示したとされますが、弁護団によって説得され控訴を決めています。しかし、2014年1月31日仙台高等裁判所は、1審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却します。

弁護側はこれを不服として即日控訴しますが、最高裁は1審、2審の判決を支持して控訴を棄却、これによって2016年6月16日、平成生まれの犯罪者初の死刑判決が確定する事となりました。

死刑囚千葉祐太郎の現在について

StockSnap / Pixabay

こうして、千葉祐太郎は平成生まれとして初の死刑囚となりこの件は現在まで物議を醸しています。ここでは、そんな千葉祐太郎の現在について見ていきます。

現在は宮城刑務所仙台拘置支所に収監されている

ErikaWittlieb / Pixabay

現在、千葉祐太郎は宮城刑務所仙台拘置支所に収監されている事がわかっています。2019年2月現在、27歳か28歳になっているはずです。拘置所の中で一体何を想うのでしょうか。

事件当時の記憶がない

pixel2013 / Pixabay

あるネットメディアの取材に応じた千葉祐太郎は、現在事件当時の記憶がない事を明かしています。あまりにも辛い過去を人間は記憶が抹消します。虐待から続く連鎖が祐太郎を追い詰めた事は間違い無いでしょう。

石巻3人殺傷事件は、千葉祐太郎にとってかなり極限の精神状態の中で行われた犯行であったのかも知れません。しかし、例えそうだとしても罪のない人間を2人殺害している事は決して許される事ではありません。

娘の成長を気にかけている様子はある

pixel2013 / Pixabay

千葉祐太郎には、被害者女性である元交際相手との間に娘がいます。数ヶ月の間元交際相手とこの娘と3人で暮らしていた時期がありました。しかし、この日々も千葉祐太郎の暴力が原因で崩壊しています。

千葉祐太郎は、前述のネットメディアの取材に対して「娘が今どんなふうになっているのか、写真だけでも見たいですよね。俺とA子(被害女性)どっちに似ているだろうかと思いますよ」と答えています。

虐待があったから強くなれた

harutmovsisyan / Pixabay

さらに、現在もネットなどで千葉祐太郎は自身の生い立ちが取り上げられ、虐待の過去を同情される様な風潮がある事に対して、「同情されるのはウンザリ」であると答えています。

続けて、虐待があったからこそ自分は強くなれたとの思いも明かしています。とはいえ、幼少期の虐待の経験が千葉祐太郎自信を含め被害者やその家族、自身の娘など多くの人々を不幸に陥れた事は紛れも無い事実です。

千葉祐太郎と被害者の女性との関係について

Free-Photos / Pixabay

被害者の一人である元彼女との間に娘がいる事も明らかになった千葉祐太郎ですが、この被害者女性との関係についても書いていきます。

2008年8月ごろに被害者の女性を交際開始

geralt / Pixabay

千葉祐太郎がこの被害者女性の元彼女との交際し始めたのは2008年の8月頃、高校を中退してから1年と少しが経った頃でした。

NEXT 交際中も彼女に暴力を奮っていた