千葉祐太郎・平成生まれの死刑囚の現在!石巻3人殺傷事件の概要とその後

平成生まれとして初の死刑囚となった千葉祐太郎。この男が起こした石巻3人殺傷事件とはどの様な事件なのでしょうか?また母親からの虐待の生い立ちや被害者遺族となった元彼女との間の娘。そして、裁判での判決までの流から現在の様子までをまとめていきます。

千葉祐太郎が起こした石巻3人殺傷事件とは

Free-Photos / Pixabay

2010年2月10日宮城県石巻市で発生し、2名が刺殺され、1人が重傷を負った石巻3人殺傷事件は、当時18歳の少年千葉祐太郎が引き起こした事件です。

石巻3人殺傷事件では、その凶悪性もさることながら、平成生まれの犯人に対する初めての死刑判決確定という事でも物議を醸しました。

2010年に発生した殺傷事件

当時18歳の少年千葉祐太郎が起こした石巻3人殺傷事件は、2010年2月10日午前6時40分頃、宮城県石巻市で発生しました。

千葉祐太郎は、元交際相手の少女の実家へと押し入り、当時20歳の少女の姉と少女の友人の女子高校生を刃渡り18cmの牛刀で複数回にわたり次々と刺し殺害、その場にいた少女の姉の知人男性にも重傷を負わせます。

平成生まれ初の死刑囚となった千葉祐太郎

石巻3人殺傷事件は、その後の裁判で千葉祐太郎に死刑判決が下され、この確定によって千葉祐太郎は平成生まれとして初めての死刑囚となっています。

千葉祐太郎の生い立ち

BeardedGuy / Pixabay

平成生まれで初の死刑囚となった千葉祐太郎とはどんな人物なのでしょうか?まずは、その生い立ちから見ていきましょう。

生まれについて

esudroff / Pixabay

千葉祐太郎は1991年、トラック運転手の父親と母親との間に誕生した生い立ちを持ちます。

NEXT 5歳で両親が離婚するも翌年再婚に妹が生まれる