愛憎の意味は?心理の解説、愛憎劇の作品やキャラクターのまとめ!

愛憎とは、どのような特徴・意味があり、どのような使い方をされるのでしょうか。愛憎劇などでは、「愛情を感じながらも憎んでしまう」心理を描いているものが多くあります。今回は、愛憎を感じた時の対処法も踏まえて愛憎についてまとめます。

愛憎とは?

Ben_Kerckx / Pixabay

こちらでは、愛憎の意味や読み方、感情、愛憎の使い方をまとめます。

愛憎の意味や読み方

DariuszSankowski / Pixabay

愛憎は「あいぞう」と読みます。読んで字の如く、愛する感情と相手を憎々しく思う感情が入り混じった、複雑な想いを表しています。

愛憎とは、「愛と憎しみは一見するだけでは相反している感情に思えるが、実は光と陰のように、愛が生まれれば憎しみも生まれる」という意味が込められています。

ちなみに、愛憎を的確に表す英単語はありませんが、「相反する」を意味する「ambivalence」が意味合い的には「愛憎」に近くなります。

愛憎とはどういった感情なのか

SarahRichterArt / Pixabay

愛する人に対して、なぜ憎しみを抱くのだろう?と、疑問を感じた方もいるかもしれません。例えば、あなたの大切なパートナーが、あなたに無断で異性と2人きりで食事に出掛けたとします。

あなたは嫉妬して、不快な気分になるのではないでしょうか。その嫉妬や不快な気分は、パートナーを愛しく思うからこそ抱く感情かと思います。

それこそが、相手が愛おしいからこそ憎く思う感情である「愛憎」に他なりません。

愛憎の使い方

panajiotis / Pixabay

愛憎とは、日常的に使う類の言葉ではありません。しかし、SNSなどで語彙力が試される時代ですので、どんな言葉でも使い方を知っておいて損はありません。

こちらでは、愛憎の使い方を知るための例文をいくつかご紹介します。

「愛憎半ばする」

PIRO4D / Pixabay

「彼女は、愛憎半ばする様子だった。」「愛憎半ばする」とは、愛憎と意味合いはほぼ同じですが、よりわかりやすく「愛と憎しみを感じている感情」を表すための使い方がされる単語です。

愛憎半ばと同じように、愛と憎しみがせめぎ合っている様子を表す単語として「愛憎相半ば」があります。意味合いと使い方は同じですが、「愛憎相半ば」の方が丁寧な使い方となります。

「愛憎の念」

waldryano / Pixabay

「僕は彼女に対して愛憎の念を抱いた。」「愛憎の念」とは、愛憎よりもさらに強い感情を意味します。

この「愛憎の念」の使い方としては、主に自分の主観を説明する場合に用いられます。

客観的な文章に「愛憎の念」を入れる場合の使い方としては、事前に目に見える形で愛憎を抱いている様を解説するなどの必要があります。

「愛憎入り交じる」

R391n4 / Pixabay

「愛憎入り交じる複雑な人間関係」この例文に使われている「愛憎入り交じる」とは、愛憎が絡み合っている様を表した意義素類語となります。

意義素類語とは、一定の言語・単語に結びついているものを指します。

ここまでご紹介した、「愛憎半ば・愛憎の念・愛憎入り交じる」は、愛憎の意義素類語となりますので、使い方としては愛憎と同じ使い方が可能です。

愛憎と愛情の違いや心理は?

stux / Pixabay

同じ愛の形ではありますが、愛憎と愛情ではどのような違いがあるのでしょうか。

こちらでは、似て非なる愛憎と愛情の心理的な違いにスポットを当ててまとめます。

愛憎と愛情の違い

pixel2013 / Pixabay

愛情と愛憎の違いには様々な見解がありますが、今回はわかりやすい見解の1つをご紹介します。

まず、「愛情」とはなんの見返りも期待せず、相手に対して注ぐだけのものです。一方の愛憎とは、ただ相手に注ぐだけではなく、相手に注いだ分の愛情に見合った見返りを求めるものです。

この場合の見返りとは、物や金銭に限ったものではなく、むしろ「自分が相手に与えたものか、それ以上の愛情=心理的な充足感」を求めるものとされます。次の項目から、愛憎を抱く心理を細かくまとめます。

愛憎を抱く心理➀執着心が強い

Tumisu / Pixabay

愛情ではなく、愛憎を抱くタイプの人は、心理的に執着心が強い傾向があります。

執着心が強い人には、自分が愛するパートナーが異性と接触する事を極端に嫌悪する、パートナーの動向が逐一気になるといった特徴があります。

しかし、執着心が強いというのは、言い換えれば愛情深いとも言えます。愛憎とは、愛情が深いからこそ抱ける感情なのです。

愛憎を抱く心理➁憎しみから愛に変わった

pixel2013 / Pixabay

愛憎を抱く心理として、初めは憎んでいたにも関わらず、次第に愛情に変わっていくパターンもあります。

この憎しみから愛情に変わっていくパターンの愛憎とは、ドラマや少女漫画、ハーレクイン小説などによく見られる愛憎劇が、このパターンの愛憎に該当します。

現実には、憎しみから愛情に変わり、恋愛に発展していくようなドラマティックな出来事はなかなかありません。しかし、実際に憎しみから愛情へと発展した恋愛を経験できたなら、素晴らしい体験に違いありません。

愛憎を抱く心理➂相手を束縛し思うがままにしたい

Deflyne / Pixabay

相手に対して、同意を得られないまま強い束縛をしてしまう方がいます。相手を強く束縛してしまうのは、自分の意思で相手の行動を思うがままにしたいという心理の現れです。

相手を強く束縛し、思うがままにしたいという心理は、愛憎の感情とほぼ同じものです。束縛も愛憎も、根底にあるものは相手に対する深い愛情です。

愛憎を抱く心理➃依存している

rebcenter-moscow / Pixabay

愛憎の感情は、相手に依存しているからこそ抱けるものです。依存とは、極端に言うと「相手が居なくては自分は存在しない。」とする心理です。

依存の問題は、自分の存在理由を相手の中に見出してしまっているので、万が一、依存している相手に拒絶されてしまった場合には心のバランスが崩れ、体調に不調が出る可能性がある点です。

心理的に依存した相手から拒絶された場合の憎しみは、とても深く、悲しいものです。そのため、拒絶された場合には精神的にも身体的にも不調をきたす可能性があるのです。

愛憎を抱く心理⑤相手から蔑まれているように思う

愛憎を抱く心理には様々なものがありますが、相手から蔑まれているように思う心理から、愛情に移行する場合もあります。

相手から蔑まれているように思うのは、蔑すんでくる相手の事をよく知らないけれど、好意的ではない雰囲気を感じた場合です。

しかし、もし好意的ではないと思っていた相手から、急に好意的な態度を取られたら、その落差から一気に愛情に移行する可能性があります。

愛憎を抱く心理⓺相手を特別視している

panajiotis / Pixabay

相手に対し「この人は、自分にとって唯一無二の特別な人だ。」と、特別視をするのも、愛憎を抱きやすい心理の1つです。

特別視と聞くと、相手を神格化してしまっている・相手に理想を押し付けている、と極端な例ばかり連想しがちです。しかし、パートナーや親友も1つの特別視といえます。

特別視は、深層心理の内で無意識に行われます。もし、特別視している相手に裏切られたなら、深層心理は深く傷つき相手を憎く感じます。愛情か友情かで解釈は別れますが、愛憎に近い感情は抱く事でしょう。

ドロドロの愛憎劇の作品まとめ!愛憎を抱くストーリーの結末はどうなるの?

darksouls1 / Pixabay

ここまで、愛憎とはどのような意味でどのような心理かをまとめましたが、ここからは、より具体的に愛憎の感情を知るためのアニメ・ドラマ・書籍をご紹介します。

アニメ「将国のアルタイル」

2007年9月から「月刊少年シリウス(講談社)」にて連載している漫画が原作のアニメ「将国のアルタイル」は、作者であるカトウコトノさんが綿密に調べ上げた実際の歴史を基としたファンタジーアクションです。

主人公のマフムートは、争いの絶えない国を平和にするため立ち上がり、史上最年少で将軍となりました。しかし、マフムートの前にはそれぞれの土地を治める将軍(パシャ)が立ちはだかります。

「将国のアルタイル」の愛憎とは

将国のアルタイルは、主人公のマフムートの成長が、物語が発展していく上でのキーワードの1つです。主人公のマフムートは、新しい権力者との出会いや、友人からの裏切りなど様々愛憎と経験を重ねていきます。

歴史を語る上で、権力者の愛憎は外せない要素です。将国のアルタイルも、作者の綿密な取材と、大学で学んでいた歴史学の知識が存分に盛り込まれているだけあって、其処彼処に愛憎関係が伺えます。

こちらの作品は現在も連載されており、今後のストーリーが気になるところです。

アニメ「おにいさまへ」

「おにいさまへ」は、1974年から「週刊マーガレット」にて連載され、1991年にアニメ化されました。作者はベルサイユのばらの作者として有名な、池田理代子さんです。

「おにいさまへ」は、ファンの間では「元祖百合アニメ」と呼ばれている作品です。百合とは、女性同士の恋愛をモチーフとした作品を指します。

主人公の御苑生奈々子が、名門女子高に入学し、なぜか全生徒の憧れの的である社交クラブ「ソロリティ」への入部を認められた事から、ストーリーは怒涛の展開を迎えます。

「おにいさまへ」の愛憎とは

この作品は、「元祖百合アニメ」と呼ばれているとおり、ストーリーの各所に女子生徒同士の恋愛要素が盛り込まれています。

特に「ソロリティ」部長の「一の宮蕗子」と「朝霞れい」の愛憎劇は、美しさと悲壮感を感じられるもので、この漫画の見所の1つです。

最後には、朝霞れいが自殺した事で一の宮蕗子がソロリティを廃部にし、2人の愛憎は終わりを迎えます。主人公は愛する人と結ばれてハッピーエンドですが、どこか切なさが残ります。

ドラマ「高校教師」

ドラマ「高校教師」は、1993年1月から3月までの間、毎週金曜日PM10:00~10:54にTBS系にて放送されていました。

様々な社会的タブーに切り込んだ内容が反響を呼び、大ヒットとなったドラマです。

なんの変哲もない高校を舞台に、教師と生徒の恋愛模様、父と娘の近親相姦、生徒同士の同性愛や、教師による強姦などが臆す事なく描かれている内容は過激で、大ヒットしながらも批判を受けた作品でもありました。

「高校教師」の愛憎とは

特に、ヒロインである二宮繭は、娘を溺愛する父親と、愛する夫を娘に奪われた母親からの憎しみという「愛憎」を向けられています。

その他にも、ドラマではストーリーが進むにつれて様々な人間関係が作られ、そあの中で愛憎劇が繰り広げられています。最後には、繭が自由の効かない体となった父親と暮らす事を選択して終わります。

ドラマ「ラスト・フレンズ」

2008年4月から6月まで、長澤まさみ主演で放送されたテレビドラマ「ラスト・フレンズ」は、DVや性同一性障害、セックス恐怖症などの、若者に増えている問題に焦点を当てたヒューマンドラマです。

長澤まさみ扮する主人公の「美知留」が、恋人である「宗佑」からのDVから逃げるため、新天地を求めて住むことになったのが、「シェアハウス」でした。そのシェアハウスを舞台に、様々なドラマが展開していきます。

「ラスト・フレンズ」の愛憎とは

美知留に対して恋人である宗佑は、美知留へ束縛・DV・脅迫を繰り返します。愛しているからこそ、美知留の全てを手中に置きたい宗佑の姿は、まさに愛憎の最中といった体です。

最後には宗佑は自殺し、美知留は宗佑の子供を産み、自分を匿ってくれたシェアハウスで暮らします。

小説「犬神家の一族」

横溝正史著の長編推理小説、「金田一耕助シリーズ」内の「犬神家の一族」では、遺産相続を巡り、思いがけない愛憎劇が繰り広げられます。

犬神系の一族は、裸一貫から巨万の富を築いた当主が死亡した事で、莫大な遺産を巡り、残された親族内で激しい争いが起こります。

誰が莫大な遺産を相続出来るのか。そんな遺産相続争いの渦中にいたのが、当主が遺産相続人とした絶世の美女、珠世でした。

「犬神系の一族」の愛憎とは

なんと遺言書には、珠世の婿となった者に財産を渡す旨が記されていたのです。そのため、珠世を巡り、複数の男性が憎み合います。

そんな中、珠世に激しい愛憎の念を抱く静馬が現れます。最後には、珠世の夫となるべき男性が全て殺害されます。殺害したのは、当主の三女「松子」でした。

しかし、珠世と相思相愛だった松子の死んだはずの息子「スケキヨ」が存命している事がわかります。息子の存命を知った松子は、服薬自殺で罪の禊をします。

小説「悪霊島」

横溝正史著の長編推理小説、「金田一耕助シリーズ」内の「悪霊島」は、雑誌「野生時代」にて1年間にわたり連載されました。

主人公の金田一耕助が、刑部島という瀬戸内海に浮かぶ島で、レジャー施設の建設を計画している大富豪「越智竜平」から人探しを依頼されるところから、ストーリーは進みます。

しかし、探すよう依頼されていた男性は、瀕死の状態で見つかりました。その男性は、今際の際に不気味なメッセージを残して亡くなります。男性の死を皮切りに、越智竜平に関係のある人物が次々と不審な死を遂げます。

「悪霊島」の愛憎とは

悪霊島でキーマンとなるのは、越智竜平の元恋人、巴です。巴と竜平は恋人同士でしたが、巴の父親により2人の仲は引き裂かれます。その悲しみから精神を病んだ巴は、二重人格者になってしまいます。

巴は、父親の命令とはいえ自分から離れた竜平を愛すると同時に、強く憎んでいました。作中では、巴が竜平と無理心中を図るシーンも描かれています。

最後には、二重人格の巴が殺した男性の死体が次々と島から発見され、巴の愛憎の深さが垣間見れます。

韓国ドラマ「カネの花~愛を閉ざした男~(お金の花)

「カネの花~愛を閉ざした男~」は、2017年11月から2018年2月まで韓国MBCで放送された恋愛ドラマです。このドラマの最高視聴率は23.9%と、韓国では異例の大ヒットとなったドラマです。

とある財閥に潜り込み、忠実な部下として働きながら、財閥に対して復讐を企てる「ピルジュ」。そんなピルジュを信頼している財閥の御曹司「プチョン」と、プチョンの母「マルラン」。

ピルジュの復讐が水面下で進む中、プチョンが政略結婚の為に口説いている女性が、昔ピルジュの命を助けてくれたモヒョンだとわかります。

「カネの花~愛を閉ざした男~」の愛憎とは

「カネの花~愛を閉ざした男~」は、複雑な人間模様の中で、恋人同士だけではなく、家族間での愛憎劇も見所です。

財閥の御曹司プチョンに並々ならない愛情を注ぐ母マルラン。財閥への復讐の為にモヒョンを愛しながらも遠ざけるピルジュの愛憎模様。複雑な関係が、韓国特有の財閥に対する風刺を交えて描かれています。

最後には、目論見通り財閥を弱体化させたピルジュが、精神障害者の男に刺され、田舎暮らしを選択します。静かな生活を手にできたピルジュを「幸せになった」とする終わり方です。

NEXT 韓国ドラマ「人形の家」