八甲田雪中行軍遭難事件の真相!原因は人災?生き残りのその後と心霊現象

近代史に残る悲惨な遭難事件として知られる「八甲田雪中行軍遭難事件」。大変多くの兵士が亡くなった事故として有名ですが、遭難の原因は人災であるともいわれています。今回は事件の詳細と、なぜこのような痛ましい事件が起きてしまったのかについて調査していきたいと思います。

八甲田雪中行軍遭難事件とは

kellepics / Pixabay

八甲田雪中行軍遭難事件とは、1902年1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難してしまった事件です。

この事件では訓練の参加者210人のうち、199人が死亡しました。これは日本の冬季軍事訓練において最も多くの死傷者を出した事故であるとともに、近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故です。

八甲田雪中行軍遭難事件について

Free-Photos / Pixabay

ではこの痛ましい事件はどのようにして発生したのでしょうか?八甲田雪中行軍遭難事件の真相についてご紹介したいと思います。

八甲田山の場所

Riala / Pixabay

八甲田雪中行軍遭難事件の舞台となった八甲田山は、東北の青森県南部に位置する火山群の総称です。「八甲田山」という名前の山が存在するわけではありません。

本州最北端に存在する火山群であり、冬になると-30℃~-40℃まで気温が下がることもあります。このような過酷な環境下で雪中行軍は行われました。

八甲田雪中行軍遭難事件の死者

Kanenori / Pixabay

八甲田雪中行軍遭難事件での死者は199人であり、210人の参加者に対して生き残りはたった11人でした。この事件がどれだけ壮絶なものであったかは想像に難くありません。

これらの生存者についても5体満足でいられた方はいなく、全員が凍傷により体の一部を切除しています。凍傷がひどく四肢を切断した方もいたそうです。

なお、死者199人のうち、6人は救助されています。しかし、その後治療の甲斐なく亡くなってしまいました。

雪中行軍の目的

takazart / Pixabay

雪中行軍の目的は、1894年の日清戦争において寒冷地で苦戦を強いられたことへの反省です。また、さらなる寒冷地での戦闘が想定されるロシアとの戦闘を見据えたものでした。

事実1904年に日露戦争が勃発しており、ロシアとの戦闘は現実のものとなっています。では、八甲田雪中行軍遭難事件に参加した2つの連隊の役割を見ていきましょう。

青森歩兵第5連隊

foturo / Pixabay

青森歩兵第5連隊は冬にロシア軍の侵攻で青森海岸沿いの列車が不通となった際、人力そりで物資運搬を代替することを目的としています。そのため、物資運搬の訓練として行軍が実施されました。

対象となった毛色は「青森~田代~三本木~八戸」間です。この中で最大の難所である青森~田代温泉間で行軍が計画されました。片道約20㎞で1/23から1泊2日の予定でした。

弘前歩兵第31連隊

DariuszSankowski / Pixabay

弘前歩兵第31連隊の目的は「雪中行軍に関する服装、行軍方法等」の全般にわたる研究の最終段階であり、3年がかりで実施した演習の総決算でした。

経路は「弘前~十和田湖~三本木~田代~青森~浪岡~弘前」であり、総延長224㎞、日程は1月20日より11泊12日と非常に長いものでした。

ちなみに、両連隊は日程を初めおたがいの雪中行軍予定を知らずに計画を立てています。

八甲田雪中行軍遭難事件の真相

PDPics / Pixabay

八甲田雪中行軍遭難事件はどのようにした起こってしまったのでしょうか?当時の記録から事件発生までの詳細と事件の真相を追っていきたいと思います。

1日目・天候悪化

Free-Photos / Pixabay

1月23日午前6時55分に歩兵第5連隊は青森連隊駐屯地を出発します。地元村民は行軍の中止を進言、行くなら案内役を申し出ていますがこれを断っています。ここが全ての間違いの元でした。

途中峠までは障害もなく進軍できましたが、反りたいが遅れ始めたため大休止を取り昼食を摂っています。この際、天候が急変し、暴風雪の兆しが表れていました。

ここで駐屯地への帰営も検討されましたが、地元村民の案内を断った手前メンツを重視し行軍を続行します。途中あまりの積雪にそりを捨て、退院が荷物を運びながら行軍することとなりました。

第1露営地

Couleur / Pixabay

午後8時15分、田代まであと1.5㎞という平沢の森を最初の露営地にしました。雪濠を小隊毎に5つ掘り、1壕あたり40名ほどが入りました。しかし、覆いや敷き藁がないため座ることはできなかったそうです。

各壕に餅と缶詰、木炭が分配されましたが、着火するのに1時間程度かかる、2.4m掘っても地面が見えないので雪の上に釜を置き炊事を行う。そのため熱で雪が解けて釜が傾くなど休息もままならなかったようです。

 2日目・帰営決定

cocoparisienne / Pixabay

1日目の夜で既に気温が20℃を下回っており、眠ると凍傷になってしまうことから仮眠もとることができません。そのため軍歌斉唱や足踏みを行って睡魔と戦っていたようです。仮眠も長くで1時間半程度でした。

2日目の出発は午前5時を予定していましたが、多くの兵士は寒気を訴え凍傷者が出てくる恐れが発生しました。この事態を重く見た将校たちは競技の結果目的は達成されたとして帰営を決定します。

ところが帰営の最中に道を誤り遭難。この日の天候は風速29m/s前後、気温-20℃~-25℃と大変な悪条件であり、2日目にして兵士の4分の1程度が凍死または落伍したそうです。

第2露営地

Free-Photos / Pixabay

2日目の行軍は14時間半にも及びましたが、1日目の露営地より直線距離で700m程度しか進めませんでした。また、雪濠を掘る道具を携行していた兵士は全員落伍しており、その場で露営することとなります。

この時点で各自携行していた餅や残りの缶詰等はありましたが、凍ってしまいとても食べられる状態にはなかったということです。

この時、猛吹雪と気温の低下により体感温度は-50℃近く、前日から不眠不休でほぼ絶食状態であったことからこの第2露営地は最も死傷者を出してしまった場所となりました。

3日目・凍死者続出

第2露営地で凍死者が続出したため、予定を早めて午前3時に出発しています。この時点で死者・行方不明者が合計70名を超えていました。また生存者についても多くが凍傷にかかっていました。

既に方位磁石は凍り付いて用を成さず、地図と勘のみで行軍を継続します。しかし、前方を山に遮られ道を失いました。そして、ここで部隊を解散する、各自帰り道を探せと兵士に伝えたそうです。

この一言で箍が外れた兵士たちは突然服を脱ぎ始める、川に飛び込む、筏を作ると木に向かって銃剣を切りつける等の発狂者が続出。ここでも多くの凍死者が出てしまいます。

第3露営地

skeeze / Pixabay

倉石大尉がカヤイド沢に降りて第3露営地を定めました。しかし既にこの時連隊はバラバラに行動しており、各隊に伝令を送りましたが人員は集まらなかったそうです。

それでも倉石大尉の一行は他の隊の捜索に乗り出し、山口隊と合流したそうです。第3露営地では互いに叫呼や打撃を加えて昏睡を防ぎ、投資者の背蓑を燃やすなどして寒さをしのぎました。

しかし、皆体力の限界を超えて憔悴しきっており、ここでも多数の凍死者が出ています。この時点で生き残りは70名ほどまで減少していたようです。

4日目

12019 / Pixabay

倉石、神成両大尉を先頭とし、払暁を待って出発します。この時兵士を点呼すると約30名まで減少していました。既に隊列は乱れに乱れ、先頭以外は所属も階級も関係なく皆ひたすら歩いていたそうです。

また、この時行動を別にしていた後藤伍長は神成大尉、鈴木少尉らと合流することができ、以後行動を共にしています。この日は降雪もなく晴天でした。

この前日に連隊と連絡が取れないことから遭難の可能性があるとし、救援隊を派遣することとしていました。しかし、この日は-14℃で風雪も厳しく、捜索を断念しています。

5日目・後藤伍長発見

geralt / Pixabay

5日目、神成大尉と倉石大尉の二手に分かれて進むこととしました。しかし、ここでも落伍者が続出します。ついには神成大尉も倒れ、後藤伍長は単身進むこととなりました。

そこでようやく捜索隊が後藤伍長を発見、救助します。捜索隊が後藤伍長を発見したとき、目を開けたまま仮死状態で立っていたそうです。救命処置の結果、約10分後に蘇生することができました。

なお、神成大尉は後藤伍長の言葉からすぐに発見されましたが、首まで雪に埋まっており全身が凍結していたそうです。軍医がきつけ薬を注射しようにも皮膚まで凍ってしまい針が折れたということです。

【遭難の悲惨な事実】厳しい山中で凍傷・凍死者続出

amandacatherine / Pixabay

事件詳細をご覧になり、この事件がどれだけ壮絶であったかはお分かりいただけたかと思います。ここでは、遭難中の兵士がどれだけ悲惨な状態であったかを紹介したいと思います。

遭難事件の悲惨なエピソード

Anemone123 / Pixabay

八甲田雪中行軍遭難事件の真相でも少し紹介していますが、遭難中の兵士は極限状態に陥り悲惨な最期を遂げた方が多くいらっしゃいました。

小便をしたくても凍傷で手が動かず、糞尿を垂れ流してしまった結果糞尿が凍り付いてしまったのが原因で凍死してしまった方もいらっしゃいました。

また、捜索隊が遺体を回収する際、あまりに凍り付いていたため乱暴に扱うと体中の関節から粉々に砕けてしまうという状態になっていたそうです。

低体温症の恐怖

kalhh / Pixabay

この事件で兵士が陥った低体温症は非常に恐ろしいものです。体が冷え切ってしまうと正常な判断ができなくなります。結果意識はもうろうとし、幻覚・幻聴などが現れます。

また、低体温症も末期になると逆に暑く感じてしまうそうです。そのため、裸で凍死している人が見つかるというケースは何件も報告されています。

八甲田雪中行軍遭難事件の救助活動

stevepb / Pixabay

連隊の遭難を危惧して救助隊が組まれることとなりましたが、極寒の地で救助活動を行うのはかなり難易度が高かったようです。ここでは救助活動の状況についてご紹介します。

救助には1万人を動員

cocoparisienne / Pixabay

救助活動は青森連隊、弘前連隊、さらには仙台第5砲兵隊も出動した非常に大掛かりな体制となり、延べ1万人が動員されました。

初動捜索では北海道からアイヌ人一行にも捜索に参加してもらったそうです。彼らが飼っている猟犬を使った捜索を行い、一定の成果を上げることができました。

遺体収集

Myriams-Fotos / Pixabay

発見された遺体は数人がかりで掘り出して回収されました。前述のとおり乱暴に扱うと粉々に砕けてしまうので丁重に回収していったそうです。

こうして回収した遺体は鉄板でゆっくりと解凍し、新しい軍服を着せた上で納棺して本部まで運搬されました。

八甲田雪中行軍遭難事件の原因は?

ijmaki / Pixabay

ではこの痛ましい事件はなぜ起こってしまったのでしょうか?八甲田雪中行軍遭難事件の原因と真相について探っていきたいと思います。

気象条件

werner22brigitte / Pixabay

1月末は非常に寒い時期であり、地元村民も山に近づいてはいけない時期とされていました。また風速も強く、体感温度は更に低かったものと思われます。

情報収集不足

cocoparisienne / Pixabay

元々本件を担当していた人は夫人の出産で人を解かれており、神成大尉が任命されたのは行軍の3週間前でした。そのため事前情報の収集に致命的な難がありました。そのため、この事件は人災であると言われています。

指揮系統の混乱

遭難初期に少佐が大尉に確認を取らず行動を指示したなど、指揮系統の混乱があったと言われています。これが事態を悪化させた要因となったようです。これも人災の要因に当てはまります。

軽装備

連隊が用意した防寒具はとても極寒地で行動するのに適切であるとは言えないような軽装備でした。下級兵士は通常の服に毛布2枚のみだったそうです。寒冷地を甘く見たために発生した人災でした。

認識不足

予備校軍では晴天の中、雪中遠足のようであったという話もあり、兵士たちは行軍を簡単なことであると誤認していました。現に行軍前日の夜は壮行会が行われ、深夜まで宴を開いていたそうです。

原因は人災だったとの見方もある

geralt / Pixabay

こうした要因から原因は人災であったと考える人が多くいます。認識の甘さからくる準備不足が事態を深刻なものにしたのは間違いないため、原因は人災だと言われても仕方ないでしょう。

NEXT 八甲田雪中行軍遭難事件の生き残りのその後