「キース・オブライエンを偲んで」って誰?【メンタリストシーズン4】

人気ドラマ、「メンタリスト」のシーズン4の22話のエンドロールで「キース・オブライエンを偲んで」という一文がありました。俳優?女優?一体誰なの?と話題になっているので解明したいと思います。また、メンタリストの見所でもあるチョウの恋模様もまとめてみました。

メンタリストのシーズン4「キース・オブライエンを偲んで」って誰のこと?

geralt / Pixabay

アメリカのCBSにより放送されていた人気ドラマ「メンタリスト」。シーズン1〜7まで存在していますが、シーズン4の22話が話題になっています。

なぜなら、エンドロールの最後に、「In Loving Memory Of KEITH O’BRIEN」の文字が残されました。和訳すると、「キース・オブライエンを偲んで」になります。

出演俳優なのか女優なのか、それとも何か関係者なのかと話題なので、一体誰のことを指しているのか調査してみました。

22話のエンドロール前に流れる「キース・オブライエン」って誰?俳優?女優?

ju-dit / Pixabay

メンタリスト、シーズン4のエピソード22のエンドロールの直前を確認すると、「キース・オブライエン」という名前が見つかります。

この方は、出演している俳優や女優なのでは?とも言われていましたが、制作スタッフの1人であることがわかっています。

「キース・オブライエン」はドライバー(制作スタッフ)だった?

Free-Photos / Pixabay

キース・オブライエンさんはドライバーでした。正確には、荷物・機材等を運ぶトラック運転手を務めていらっしゃいました。

ガンによって亡くなってしまい、当時の監督であるクリス・ロングさんが、追悼の意をエンドロール前に込めようということで、この一文が追加されていました。

また、噂レベルですが、キース・オブライエンさんもオーストラリア出身であることから、主演のサイモン・ベイカーさんの友人または親族ではとの噂もあります。

海外ドラマや映画で追悼の意を込めたクレジットはよくある?

kelseyannvere / Pixabay

制作関係者が亡くなったり、不幸にあった場合に、追悼の意を込めたクレジットをすることがよくあります。

有名なものだと、「アメリカン・スナイパー」。モデルになったクリス・カイルさんに追悼の意を示しています。「マンマミーヤヒアウィゴー」ではデザイナーのアラン・マクドナルドさんを追悼しています。

日本でも全くないわけではありません。日本人なら誰もが知っているアニメ「ちびまる子ちゃん」では、原作者・さくらももこさんへ追悼のコメントを残しています。

メンタリストの見所は?

メンタリストは、元詐欺師の主人公が、人間心理を巧みに操る観察眼と推理力を駆使して数々の犯罪を解決していくアメリカのテレビドラマです。

メインのストーリーは、犯罪コンサルタントとしての活躍のシーンですが、登場キャラクター達の恋模様も人気の秘密になっています。

メンタリストはチョウとサマーの恋模様も見所?

biancamentil / Pixabay

出演キャラクターの中に、クールな役の「チョウ」という元軍人のCBI捜査官と、「サマー」という元売春婦の2人の恋模様も見どころとなっています。

生真面目なチョウと、人懐っこいサマーの恋の行方はファンの中でも話題になりました。

メンタリストのあらすじは?

Free-Photos / Pixabay

一旦はくっついたチョウとサマーですが、シーズン4のラストでは、話し合いの結果別れを告げることになります。

その後もサマーはシーズン5で登場しますが、すでに他の男の子供を身ごもっており、それ以降はどのシーズンでも登場することはありません。

ジェーンとリズボンの恋の行方も気になる?

Ben_Kerckx / Pixabay

主人公であるメンタリストのジェーンとCBIの捜査チームを率いる捜査官リズボンの恋模様も話題です。リズボンはシーズン1からジェーンに想いを寄せています。

自身は過去に婚約もしていたが、途中で逃げ出しています。ジェーンの過去の事件等もあり、想いを伝えることができていませんでした。

シーズン6の最終話で2人はついに両思いとなり、シーズン7の最後では、ジェーンと婚約し子供もできてハッピーエンドを迎えることになります。

チョウは誰とも結婚しない?

クールなキャラで多くの女性ファンを持つ、チョウですが、シリーズ7で完結した今も、結局誰とも結びついていません。

先述したように、サマーという魅力的な女性と一時的には交際しましたが、捜査官としてのプライドからなのか、なんなのか交際は長続きせず、破局します。

それ以降は特に色恋沙汰はなく、シリーズ終了を迎えることになるのです。ファンの間では、心残りなことの1つとしてしばしば挙げられています。

チョウは日本が嫌い?

DeltaWorks / Pixabay

チョウ役を務めた、ティム・カンさんについて調べると、反日である噂が出てきます。本当なのか調べてみたところ、反日ではなく、歴史的政治事件を伝えたい思いがあることがわかりました。

ティム・カンさんは731部隊という日本軍の非人道的人体実験を行う研究機関を題材にした映画を必ず作ると語り、実際に製作したから反日だと言われています。

しかし、映画のために日本語を勉強し、カリフォルニア大学にて政治学を専攻していたという背景を考えれば、反日ではなく、その事件をなかったものにしたくないだけのように見えます。

8.6秒バズーカーさんも反日で話題になりました。記事はこちらから

キース・オブライエンは製作スタッフ!

Pexels / Pixabay

メンタリストのエンドロール前に突如表示された、「キース・オブライエンを偲んで」のキース・オブライエンさんは製作スタッフの1人であることが判明しました。

必要資材等を運ぶドライバーであり、俳優でも女優でもありませんでした。

メンタリストの見所の1つである、誰と誰が結ばれるのかという恋模様も簡単にまとめてみましたが、詳しくはシリーズを見て確認してみてください。