佐世保女子高生殺害事件の概要!加害者はサイコパス?生い立ちや家族のその後

日本中を震撼させた佐世保女子高生殺害事件。同級生をバラバラにするという驚愕の犯行に及んだ加害者はサイコパスやアスペルガーだという説もあります。加害者の精神病質疑惑を検証しつつ生い立ちや家族、判決の詳細やその後の現在まで調査しました。

佐世保女子高生殺害事件とは

佐世保女子高生殺害事件とは、2014年7月26日、長崎県佐世保市で起きた事件です。

女子高生が女子高生を殺してバラバラにするという衝撃的な事件で、事件発生当時は連日報道されていました。以降有名な事件となり、現在でも印象的な事件として人々の記憶に残っています。

加害者が殺害するに至った動機もまた衝撃的で話題となりました。加害者は「人を殺してみたかった」と供述しているのです。

佐世保女子高生殺害事件の概要

stux / Pixabay

女子高生が同級生を殺害した、ということだけでも十分動揺する事実ですが、2人は友人であったことが判明しています。

また、加害者は犯行に至るまでにいくつも問題がある行動をとっており、サイコパスなどの精神病を疑われました。そのほか加害者の生い立ちも事件と関係していると言われています。

2014年7月26日、被害者女子高生と加害者女子高生は買い物後加害者の家へ

niekverlaan / Pixabay

事件発生の1週間ほど前、被害者の女子高生は自身の家族に加害者の家に遊びに行くことを打ち明けていました。これはのちに加害者が自分で誘ったと話しています。

そして2014年7月26日、被害者の女子高生と加害者の女子高生は繁華街で買い物をしたのち、加害者のマンションへ行きました。

加害者は被害者をハンマーで殴打し首を絞めて殺害

Ella87 / Pixabay

加害者は被害者の後頭部をハンマーで幾度も殴りました。そして犬の散歩などに使用されるリードで首を絞めて殺害したことを加害者が供述しています。

被害者の死因は頸部を圧迫されたことによる窒息死でした。犯行時刻は2014年7月26日の20時から22時頃だと考えられています。

加害者は被害者の首と左手首を切断、胴体にも切り傷

Free-Photos / Pixabay

犯行の際、加害者は被害者の首と左手首を切断しています。また、胴体にも刃物で切られたと見られるいくつもの傷が発見されました。

被害者が帰宅しないため被害者家族が捜索願

Free-Photos / Pixabay

被害者は母親に19時ぐらいに帰宅するとメールしていました。しかし被害者が帰宅しないため家族は心配して捜索願を提出します。

7月27日午前3時20分、加害者女子高生が警察に任意同行

geralt / Pixabay

7月27日の午前3時20分に警察は加害者のマンションを訪れました。

加害者に被害者のことを聞きましたが知らないと答えられます。警察が不審に思い室内に入ると、ベッドで仰向けになった被害者の遺体や切断された頭部、左手首を発見しました。

警察は詳しい事情を聞くために加害者を佐世保署へ任意同行します。

7月27日午前6時11分、殺害を自白し緊急逮捕

WikimediaImages / Pixabay

7月27日午前6時11分、加害者が「自分がやった」と被害者を殺害したことを認めたため、県警捜査1課は加害者を殺人容疑で緊急逮捕しました。

加害者宅の冷蔵庫からは猫の首が発見される

cocoparisienne / Pixabay

加害者の住んでいたマンションを家宅捜査した際、冷蔵庫の中から猫の首が発見されたと「報道ステーション」が報じました。

加害者は以前から猫を虐待死させていたと言われています。猫を殺していくうちに人も殺したいと思うようになったことを事件後加害者本人が語っています。

加害者にはサイコパスの可能性も

geralt / Pixabay

精神科医の一人、町沢静夫氏は加害者はサイコパスである可能性を指摘しています。

「極端に冷酷で感情が欠如している」「他人に対して思いやりが乏しい」「先行して動物を虐待している」という点は神戸連続児童殺傷事件の加害者と類似しており、精神病質(サイコパス)といえるとしている

(引用:Wikipedia)

サイコパスは良心の欠如、他人の共感せず冷淡、罪悪感がないなどの特徴があると言われています。

Tumisu / Pixabay

被害者を殺害後、加害者は遺体を解剖するといった異常な行動に出ており、そういった点から浮上した説なのでしょう。猟奇的な殺人としてみればサイコパスである、と判断するのはもっともだと言えます。

しかし、サイコパスの可能性を指摘する医師もいれば、そうではないという臨床心理学者もいます。犯行に及んだのは加害者の生い立ちが問題だったからだとも指摘されているのです。

Tumisu / Pixabay

加害者の家庭は母親が亡くなったのち崩壊しました。父親の再婚、継母の登場など加害者にとって予期せぬ事態が続々と起こったのです。

そのため複雑な生い立ちが凶行に走らせたと解釈する人は少なくありません。

加害者はアスペルガー症候群だった

加害者は自閉症スペクトラム障害であり、そのため殺害事件を起こしたのだと言われています。

加害者は事件を起こすまで普通に学校に通って授業を受けていました。知的な障害がない自閉症、アスペルガー症候群だったと指摘されているのです。

この件に関しては報道されており、長崎家庭裁判所の裁判長も自閉症スペクトラム障害が見られると発言しています。

加害者には冤罪説も?

BogdanaLS / Pixabay

加害者は冤罪だという説も浮上しました。被害者は悪魔崇拝のために殺害されたという意見もあるのです。

被害者の首は金ノコギリで切られたものと報じられたのですが、実際には不可能だというのです。それは過去に起こった神戸小学生惨殺事件でも言われていたことでした。

ノコギリの刃に神経や靱帯などが絡んでしまい、とてもノコギリで切れるものではないというのです。ここで報道に疑問が残ります。

そしてかつて、ライブドア野口英昭さんが自殺したと報道された際、佐世保女子高生殺害事件と同様に首、手首、腹部を切られています。

マスコミは自殺と報じましたが自分で行うのは不可能だと言われています。つまり、他殺の可能性があると噂されているのです。

佐世保女子高生殺害事件とライブドア野口英昭さんの自殺の共通点は、米軍基地が近くにあるということでした。

ronymichaud / Pixabay

ようするに米軍の中に悪魔崇拝者が紛れていて、悪魔崇拝のために殺害されたのではないか。加害者は冤罪なのではないかと言われているのです。

なお、日本中を震撼させた事件の一つとして女子高生コンクリート事件も有名です。詳しくは以下からお読みください。

加害者の女子高生は天才?サイコパス?生い立ちについて

加害者がサイコパスだという噂は瞬く間に広がりました。専門家ですらサイコパスの可能性を指摘するほどです。可能性としては十分あるのでしょう。

現在でも加害者がサイコパスであることを前提に話題となることがあります。しかし幼少期の家庭環境の問題や生い立ち、母親の死、父親の再婚が犯罪に走らせたという説もあります。

加害者の名前と顔

加害者の名前は徳勝(とくかつ)もなみと言います。事件発生後、現在に至るまで名前や顔写真が拡散されました。

加害者の生い立ちと家族

加害者の生い立ちですが、最初は順風満帆だったと言われています。

父親は徳勝仁(とくかつひとし)、加害者の母親は亡くなっていますが徳勝宏子(とくかつひろこ)という名前でした。

父親の徳勝仁さんは弁護士、母親の徳勝宏子さんは東大出身、地元放送局で働いたのち市の教育委員を務めるなどしていました。長崎県スケート連盟の元会長です。

裕福な家庭、優秀な両親でした。加害者は両親の才能を受け継いだのでしょう。成績はトップクラスだったといいます。小学校の頃は検事になることを夢見ていました。

不自由のない生活をしていましたが、2013年10月、慕っていた母親が膵臓癌で亡くなってしまいます。

父親はその後すぐに再婚しており、加害者にとっての継母が誕生しました。また、加害者には兄もいました。

小学生時代から猫を解剖していた

cocoparisienne / Pixabay

加害者は小学生の頃、突然大声をあげたり泣き出すなど感情の起伏が激しかったと言われています。

加害者は小学生時代から猫を殺して解剖するなど異常な行動をとっており、母親は気を病んでいました。この件については警察も把握していました。

小学生の頃に起こした給食への異物混入事件

加害者は小学校6年生の時、虐められたと言われています。その際、虐めてきた相手の給食に漂白剤と洗剤を混ぜて混入したことが問題になりました。

しかしこれは次第に沈静化したといいます。地元の有力者だった両親がもみ消したのではないかと見られています。

その後、現在に至るまで両親は責められることになります。この時何故もみ消したのだ、きちんと子供と向き合わなかったのだと言われているのです。

事件後、加害者は学校を休みがちに

Free-Photos / Pixabay

異物混入事件は2010年頃行われたものと見られています。その後の2013年、母親が亡くなってから加害者は学校を休みがちでした。

スピードスケートでは国体出場、ピアノや美術の才能もあった

annca / Pixabay

加害者はピアノも上手で絵もうまかったといいます。父親の勧めで始めたスピードスケートでは、父親と兄ともに国体に出場した経験もありました。

しかしこれは実力というより政治力と見られています。母親は参加者がいない部門を創設、参加さえすれば県大会優勝できる状況で国体に出場したのです。

ちなみに国体では全員が1回戦で敗退しています。

加害者の女子高生が事件を起こすまで

4657743 / Pixabay

佐世保女子高生殺害事件は遺体を切断したという事実が印象深い事件ですが、加害者と父親の関係に問題があったと指摘する声や父親の行動を責める声も少なくありません。

加害者は家族間や生い立ちに問題があったとも言われていますし、実際に父親は母親が亡くなってからすぐに他の女性と交際していたのです。

再婚相手もすぐに見つかりました。しかし加害者は継母と暮らしたくないと漏らしていたことがわかっています。当初は不自由のない生活だったはずが少々複雑な生い立ちとなってしまいました。

2013年10月、母が膵臓癌で死去後、父親は若い女性と出歩くように

_Marion / Pixabay

2013年10月に母親が膵臓癌で亡くなってから、父親は若い女性と出歩く機会が増えたと言われています。

佐世保にはお見合いで知り合いになった東京在住30代前半の女性が来るようになったといいます。

2014年1月、父親に再婚予定の女性を紹介され、幼馴染に心境を明かしていた

Neoloky / Pixabay

2014年1月、加害者は父親に再婚予定の女性を紹介されました。

その際、加害者は幼馴染の学生に「母親が亡くなってすぐに別の女性を連れて来た、母親のことはどうでもいいのだろうか」といった心境を打ち明けています。

Anemone123 / Pixabay

父親の再婚についての話は佐世保女子高生殺害事件が発生した当時話題となりました。

父親が子供を放置したから事件は起こった、父親のせいだという非難の声が相次いだのです。加害者の生い立ちに同情する人もいました。

2014年1月の冬季国体会場で父娘で大喧嘩

2014年1月28日から2月1日、スピードスケート部門で父親と加害者は冬季国体出場を果たします。

けれど会場で大喧嘩、試合は棄権して父親の言うことを聞きませんでした。

2014年2月、父親は加害者少女を加害者の祖母の養子に

ed_davad / Pixabay

2014年2月には父親が加害者を祖母(父親の母にあたる)の養子にしていたことが判明しています。

このため事件発生当時から現在に至るまで、父親が子供を捨てたと言われ続けています。

2014年3月、父親は再び再婚話を出し、加害者少女の海外留学に反対

2014年3月、父親が再度再婚話を出しました。母親が亡くなってから5ヶ月後のことです。

これに対して加害者は激怒しました。そのうえ父親は加害者が希望していた海外留学に反対、お金を出さないため父親に殺意を抱くことになります。

2014年3月、父親をバットで殴打、父親は緊急入院

2014年3月、加害者は家族に対して攻撃しました。

自宅にて眠っていた父親の頭部を突如バットで数回にわたり殴ったのです。

父親は頭蓋骨を陥没骨折し緊急入院しました。殺意があり躊躇うことなくバットを振らなければ陥没骨折には至らなかっただろうと言われています。

DarkoStojanovic / Pixabay

この犯行は計画的であったと考えられており、無防備な状態を狙って殺意を持って行った行為、殺人未遂だったのですが父親と娘という家族関係があったため刑事事件になりませんでした。

なお、警察は事件を把握しています。父親を殴打した6日後、高校の教職員と面談した加害者はその時人を殺してみたかった、父親じゃなくてもよかったと打ち明けていました。

あなたでもいい、と言われた教職員は4月の下旬に校長へ報告しましたが校長は深刻な状況だと判断せず県教委に報告もしていませんでした。

NEXT 2014年4月、加害者はひとり暮らしを開始