宇都宮病院事件の概要とその後!事件時の石川院長の病院経営の実態は

宇都宮病院事件をご存でしょうか?この事件は精神科病院であった報徳会宇都宮病院で石川院長のもとに起きた精神障がい者への差別的見解から起きた悲劇の事件です。現在の精神保健法制定への足かけとなった事件で看護師たちが犯人となった事件です。詳しく調べてまとめました。

宇都宮病院事件とは

12019 / Pixabay

宇都宮病院事件は昭和58年に栃木県宇都宮市で起きた2名の死者を出した暴行殺人事件です。事件が起きた病院は報徳会宇都宮病院という精神科の病院で、事件の発覚後その精神病棟の閉鎖性などが波紋を呼びました。

新聞報道により病院スタッフによる患者への集団暴行や無資格者による医療行為、不必要な入院の強制などの不正行為が明らかになりました。

宇都宮病院事件の経緯

jarmoluk / Pixabay

宇都宮病院事件は現在の精神保険法の誕生のきっかけとなった事件です。事件のみならず、当時の病院の体制などが問題視されました。宇都宮病院事件の経緯についてまとめます。

1983年4月24日、当時32歳の入院患者が看護助手らから暴行を受け死亡

宇都宮病院事件で最初の死亡事件は1983年4月24日に起きました。当時32歳であった統合失調症で入院していた男性患者が看護助手に点滴台の鉄パイプで暴行を受け死亡してしまいました。

死亡した男性患者は食事の内容に不満を漏らし、それをきっかけに看護助手と口論になり、エスカレートしての暴行殺人でした。当病院の石川院長は家族にはてんかん発作による心臓衰弱だと説明しました。

1983年12月、当時35歳だった入院患者が看護職員たちから暴行を受け死亡

Pexels / Pixabay

1件目の死亡事件の後、わずか10か月後に2人目の犠牲者が出ました。当時アルコール中毒で入院していた35歳の患者が見まいに来ていた家族に病院の待遇について不満を漏らしたのでした。

その後家族が帰ってからその話を聞いていた古参の患者や看護職員にその男性は集団リンチを受けました。その結果、その患者は血を吐いて翌日までには死亡しました。この死を石川院長は病死として片づけました。

宇都宮病院に不法収容されていた患者が東大病院を訪れ告発し事件発覚

kalhh / Pixabay

1983年に宇都宮病院に入院していた患者が東京大学医学部付属病院精神科病棟を訪れました。そのときにその患者は宇都宮病院内の悲惨な内情を暴露し、告発する意思を東大病院に伝えました。

NEXT 東大病院は精神病棟内に「宇都宮病院問題担当班」を設置