湯口事件(湯口敏彦投手が急逝)の真相!事件の詳細や死因まとめ

湯口敏彦さんが巨人に入団し2年目に急逝しました。これは湯口事件として大きく取り上げられることとなったのです。湯口敏彦さんはなぜ亡くなってしまったのでしょうか?湯口敏彦さんが亡くなる前までの経緯とともに詳しく調べてみました。

湯口敏彦が急逝した湯口事件

kelseyannvere / Pixabay

読売ジャイアンツに所属していたプロ野球選手の湯口敏彦さんが急逝しました。湯口敏彦さんは若干20歳という若さで亡くなってしまったのです。

湯口敏彦さんは高校を卒業と同時に読売ジャイアンツに入団しました。念願のプロ入りを果たして、わずか2年という短い期間で帰らぬ人となってしまったのです。

そんな湯口敏彦さんについて調べてみました。

湯口敏彦のプロフィール

湯口敏彦さんは1952年6月3日生まれの岐阜県出身です。現在の岐阜第一高等学校のエースとして、甲子園にて活躍しました。高校時代にはノーヒットノーランをも達成する活躍をみせました。

高校卒業後は、ドラフト1位指名の読売ジャイアンツに入団しました。野口敏彦さんの持ち味は、ストレートの球でした。カーブも得意としており、そのスピードは一級品だったと言われています。

湯口敏彦のプロ入りまでの経歴

KeithJJ / Pixabay

野口敏彦さんは、高校卒業してからプロとして読売ジャイアンツに入団しました。高校時代はスピードある速球で話題の選手として活躍していました。

高校時代には甲子園にも出場しており、春の甲子園ではベスト8にあがり、夏の甲子園ではベスト4にまで勝ち上がりました。

高校時代の成績は28勝4敗という好成績をおさめているのです。さらには、完全試合を1回達成しており、ノーヒットノーランは3回もおさめているのです。

湯口敏彦の性格は

Larisa-K / Pixabay

湯口敏彦さんは真面目な性格ゆえに、おとなしく人見知りであったと言われています。そのため、家族からはプロに入団することは、性格上厳しいのではないかと言われていたそうです。

さらに、読売ジャイアンツという大手の球団ということもあり、家族の不安は大きかったといいます。湯口敏彦さんは地元である、中日ドラゴンズへの入団を希望していたそうです。

しかし、読売ジャイアンツからの誘いに魅力を感じ、本人の意思のもと入団を決意したそうです。練習は誰よりも真面目に張り切って行っていたそうです。

湯口事件の経緯

geralt / Pixabay

当時20歳だった湯口敏彦さんが入団2年目に亡くなりました。この湯口敏彦さんの亡くなったことを湯口事件として語られています。

湯口敏彦さんはどのような経緯で入団し、亡くなってしまったのでしょうか?湯口事件を時系列で詳しく見ていきましょう。

NEXT 1970年のドラフト1位指名で巨人に入団