名古屋闇サイト殺人事件の概要!死刑執行・無期懲役の犯人について

闇サイトで知り合った見ず知らずの三人の男により罪のない女性が殺害された闇サイト殺人事件。今回は事件の概要を追うと共に、犯人神田司、堀慶末、川岸健治らの生い立ちやその後の死刑判決などについて、また被害者磯谷利恵さんについてもまとめていきます。

闇サイト殺人事件の概要

markusspiske / Pixabay

最初に、インターネットで共謀した三人の男達が、なんの罪もない真面目な30代女性を強盗目的で襲い、殺害の上遺体を遺棄した凶悪事件「闇サイト殺人事件」の概要について見ていきましょう。

2007年に起きた強盗殺人・死体遺棄事件

TheDigitalArtist / Pixabay

2007年8月24日深夜、愛知県名古屋市の路上で、30代会社員の女性がワゴン車から出てきた複数の男たちに拉致され、愛知県愛西市で殺害の上、岐阜県瑞浪市の山中に遺体を遺棄されるという事件が起こりました。

その後、逮捕された神田司、堀慶末、川岸健治の三人は、インターネットサイトで知り合い犯行直前に顔を合わせたばかりの見ず知らず同士だったと判明。被害者である磯貝利恵さんとの面識もなかった事も判明します。

犯人の三人は、犯罪の共犯者などを募るネット掲示板を通じて金品を得る目的で集まり、たまたま通りかかった被害者礒谷利恵さんを襲って現金7万円を奪った上で暴行、殺害した事がわかりました。

闇の職業安定所が明るみに

B_A / Pixabay

「闇サイト殺人事件」では「闇の職業安定所」という名称のインターネット匿名掲示板が犯行仲間を募るのに利用された事がわかり、ネット上で気軽に犯罪を計画、共犯者を募集するという異様さが社会を震撼させました。

闇サイト殺人事件の時系列

jplenio / Pixabay

事件の調べや裁判が進むにつれ、犯人の男達三人のあまりにも短絡的で凶悪な犯行の計画や手口が明らかになりました。ここからは、この「闇サイト殺人事件」を時系列で追っていきたいと思います。

2007年6月以降闇の職業安定でやり取り

joffi / Pixabay

2007年6月、堀慶末はネットサーフィン中に「闇の職業安定所」を見つけます。金に困っていた堀慶末は、仕事を募集し未払金を回収する仕事を得ますが失敗し無報酬に終わっています。

同年7月、堀慶末はもう一度仕事を募集する書き込みを行なっています。それにまず反応してきたのが川岸健治でした。以降、二人はメールで犯罪計画をやり取りする様になります。

8月三人が知り合う

Momonator / Pixabay

堀慶末と川岸健治は、その後組む組まないの話になりますが、結局話は流れしばらく連絡は途絶えます。しかし8月16日川岸健治が再び「闇の職業安定所」掲示板に共犯者を募る書き込みを行います。

「刑務所から出てきたばかりで、派遣をやっています。実に馬鹿馬鹿しい。東海地方で一緒に何か組んでやりませんか」この書き込みに堀慶末、神田司を含む数人の男達が反応します。

ターゲットを探す日々が始まる

MasashiWakui / Pixabay

川岸健治(当時40歳)は書き込みに反応してきた数人の男達の中から、堀慶末(当時32歳)神田司(当時36歳)そしてS(当時29歳)の三人を仲間に選びます。

四人はその後、数日間メールなどで犯罪のアイデアは何か無いかなどをやり取りした後、8月21日午前9時頃、堀の自宅近くにあるデニーズ高丘店で堀慶末と川岸健治の二人が初めて顔を合わせています。

8月21日

TheDigitalArtist / Pixabay

堀慶末と川岸健治は、続いてSの待つ愛知県豊川市へと川岸のワンボックスカーで向かいます。Sと合流し、三人はデニーズ豊川末広店へと移動。犯行の計画を練り、強盗をする事を決めています。

三人は最初に、堀慶末が常連客のパチンコ店でいつも100万近い大金を持って遊んでいる中年男性を狙いますが尾行に失敗し断念。続いて、また堀の提案で、名古屋市天白区の豪邸に強盗に入る事を計画。

三人は豪邸に向かいますが、家の中から犬に激しく吠えられ逃亡します。付近で強盗に入れそうな家を探し回りますが見つからず諦め、神田司と待ち合わせるために金山駅へと向かいます。

Free-Photos / Pixabay

ここで、Sは用事があるとして電車に乗って帰っています。そして午後10時頃、原付バイクに乗った神田司が金山駅に現れます。

三人はそれぞれ自己紹介をし、2時間近くもかなりの脚色を交えながら過去の犯罪自慢、懲役経験などをし合っています。この時の様子を後に神田司は「ハッタリのかましあい」と表現しています。

ここで神田司は「最後までやっちゃうんですか。顔を見られたら殺すんでしょう」と問いかけ、堀が「仕方ないですよね」川岸も「その時はその時です」と同意する回答をしています。

8月22日

vinsky2002 / Pixabay

前日一旦解散した三人ですが、翌8月22日午前6時頃、川岸健治は車で堀慶末を自宅付近まで迎えに行きます。これは前日に川岸が提案した強請り事件を実行するためでしたが、これも失敗し一旦解散。

その日の午後四時頃、再び川岸、神田、堀の三人が合流、最初に狙っていたパチンコ店常連客男性を再び尾行し、強盗を狙いますが男性の自宅マンションのセキュリティが厳重だったためまたもや失敗します。

その後、Sも加えた四人で車で走りながら、様々な犯罪を計画、実行に移そうとしますが、その悉くを断念しています。結局その日は女性を拉致して金品を奪う計画を決めてから四人は解散します。

8月23日

Free-Photos / Pixabay

翌日8月23日にはまず、川岸とSが名古屋市瑞穂区のレンタルビデオ店で落ち合っています。それから二人は愛知県瀬戸市へと向かい、ガソリンスタンドやドラッグストアを襲う計画を立てます。

Sは途中で包丁などを万引きしています。しかしこの計画もいざ実行の段階になるとあれこれ理由をつけて断念。それから二人は、川岸が昔勤めていた愛知県長久手町にある会計事務所の窓ガラスを割って侵入します。

しかし、事務所内には金品などは一切なく、川岸は無言で事務所の外へ出るとSを中に残したままで車を出してしまいます。この時、これまで失敗を繰り返した事で川岸とSの関係は険悪になっていたようです。

一人が自首

一人残された会計事務所内で、Sはこれまでの顛末が急にバカバカしくなり、この場所から家に帰るのも面倒になって公衆電話から警察に電話して自首しています。

8月24日

Jan-Mallander / Pixabay

8月24日、Sを除いた神田司、川岸健治、堀慶末の三人は名古屋市緑区鳴海にて再び合流します。そこで女性を拉致して金品を奪い、脅してキャッシュカードの暗証番号を聞き出すという計画を立てます。

神田はこの時「最後は殺しちゃうけどいいよね」と他の二人に同意を求め、二人も「いいですよ」と同意しています。計画は次第に具体性を帯び、真面目で貯金をしていそうな一人暮らしの女性を狙う事を決めています。

8月24日深夜被害者女性に目を付ける

Free-Photos / Pixabay

その日の夜には三人は、ターゲットとする女性を探して車で名古屋市内を走り回っています。そして午後11時頃、犯行が行われる本山方面へと向かうのです。

そして、バス通りを歩いてくる磯谷利恵さんに目をつけます。黒髪でブランド物などは持たず地味目な服装で真面目な印象。磯谷利恵さんは三人のターゲットの条件に合致していました。

事件現場の夜間の様子

Free-Photos / Pixabay

闇サイト殺人事件の千種区自由が丘の犯行現場は、磯谷利恵さんの自宅からわずか100mほどの場所でした。小学校やマンションなどが立ち並ぶ閑静な住宅街であり、治安もとても良い場所です。

ただ、裏通りに入ると周辺は住宅に囲まれているものの、夜間にはほとんど人通りの無い静かな場所となっています。磯谷利恵さんが襲われたのはその付近、小学生時代に通った小学校の目の前でした。

8月25日被害者女性を脅し暗証番号を聞き出す

犯人らは、磯谷利恵さんの後を車で尾行してゆっくりと追い越し、10m程前に停車させます。中から降りてきた堀慶末の姿を見て磯谷さんは警戒心を抱きますが、堀が道を尋ねたため教えようとします。

その刹那、堀は磯谷さんの後ろに回り込み右手で口を押さえて抱きかかえるようにして車に押し込みます。磯谷さんは抵抗の間も無く車の中にいた神田に押さえつけられ、手錠をかけられ自由を奪われます。

口はテープで塞がれ、頭からシャツとバスタオルを被せられて視界を奪われます。その後、車は国道155号線を南下し愛知県愛西市にある営業時間の終わった大型レストランの第二駐車場へと向かいます。

Free-Photos / Pixabay

車を止めた犯人たちは、磯谷利恵さんのバッグからクレジットカードを見つけ、磯谷さんから暗証番号を聞き出そうとしますが、磯谷さんは毅然として反抗、一向に口を割ろうとしなかったようです。

しびれを切らした犯人達は、包丁を突きつけて「喋らないと刺すぞ」と脅します。磯谷さんはついに「2960」という4桁の数字を口にします。この時、川岸はメモのために携帯でこの番号を発信しています。

しかし、この「2960」という番号はデタラメな番号でした。そしてこれは磯谷さんの決死の抵抗でした。この数字は後に、磯谷さんの恋人である数学者の男性に「ニクムワ」という暗号だと解読される事になります。

強姦未遂の末犯行に及ぶ

川岸はこの後磯谷さんを強姦しようよしますが、抵抗され失敗します。その後、三人は磯谷利恵さんの首を締めた殺害しようとしますがうまくいかず、ハンマーを使って頭部を殴打し始めます。

それでも死なない磯谷さんに腹を立てた犯人達はテープで磯谷さんの顔をぐるぐる巻きにし、その上からビニール袋被せさらにテープを巻きつけます。さらに上から数十回にわたってハンマーで殴打。

ぐったりとなって最後に体を痙攣させ、磯谷さんはついに絶命します。その後の調べで、磯谷利恵さんの死因はハンマーによる殴打によるものではなく、ビニールをまかれた事での窒息死出会った事が判明します。

午前4時40分死体遺棄

andrejcook / Pixabay

その後、犯人達は岐阜の山中に遺体を遺棄する事に決め、県道33号を山岡方面へ向かい岐阜県瑞浪市の廃道へと入ります。そして、午前4時40分頃、ガードレールのすぐ側に遺体を遺棄します。

暗証番号合わず引き出し失敗

3dman_eu / Pixabay

犯行の翌朝午前9時頃、犯人達は磯谷さんのキャッシュカードを使って現金を引き出す事を試みますが、嘘の暗証番号を教えられていた為に失敗。その後、三人は今晩また別の女性を襲う事を計画します。

自首により事件発覚

その後、三人は解散しますが、なんと川岸が解散からわずか数時間後、午後1時半頃愛知県警に電話して犯行を自白し、派遣された警官隊に拘束されます。これによって事件はその日の内に発覚したのでした。

8月26日三人全員を逮捕

3839153 / Pixabay

翌日の8月26日には、神田は自宅で逮捕され、堀もまた交際相手の自宅に踏み込んだ機動捜査隊によって逮捕されています。

闇サイト殺人事件の動機について

iAmMrRob / Pixabay

闇サイト殺人事件を時系列に沿って追ってきましたが、そのあまりの無軌道な犯行ぶりには驚愕せざるを得ません。一体なぜこの様な行き当たりばったりの犯罪が行われたのでしょうか?

お金に困っていた

犯人達三人はそれぞれ、消費者金融などから数十万円から数千万円もの借金を抱えていました。それが原因ですぐにでも現金が必要だとして、焦りなども感じていたとされます。

顔を見られたから

FotoArt-Treu / Pixabay

犯人達は、顔を見られたから殺したなどとの供述をしています。ただ、三人は当初から殺害するつもりで犯行に及んでおり、犯行時にも顔を隠すなどはしていません。この供述は疑わざるを得ないでしょう。

闇サイト殺人事件のその後

Skitterphoto / Pixabay

続いて、闇サイト殺人事件のその後の様子も見ていきましょう。

8月28日通夜、翌日葬儀が営まれた

Pezibear / Pixabay

磯谷利恵さんの通夜は8月28日、葬儀は翌29日にそれぞれ営まれました。「今までで一番悲しい葬儀だ。犯人が憎い、この手で殺したい」など、深い悲しみと犯人への強い怒りのコメントが溢れました。

取り調べ

Free-Photos / Pixabay

犯人達への取り調べによって、事件の凄惨さとネットで知り合った見ず知らずの者同士の犯行という特異性が次第に明らかになります。メディアも連日に渡り大きく取り上げました。

2007年9月14日三名を再逮捕

Ichigo121212 / Pixabay

綿密な取調べののち、愛知県警特捜本部は犯人三人を「殺人・営利目的略取・逮捕・監禁」などの容疑で2007年9月14日に再逮捕しています。

裁判について

12019 / Pixabay

2008年9月24日から始まった裁判では、三人の犯人達はそれぞれに罪をなすりつけ合う様な供述を繰り返します。それぞれの主張は食い違い、裁判内容は混乱を極めました。

2009年3月18日、第19回公判において、神田司、堀慶末の二人に死刑判決、川岸健治に対しては無期懲役の判決が下りますが、三人ともが控訴します。ただし、神田は自ら控訴を取り下げ死刑判決が確定。

TPHeinz / Pixabay

2011年4月12日控訴審判決で堀慶末、川岸健治両名に無期懲役判決が出ます。川岸に関しては4月26日無期懲役が確定します。堀慶末に関しては検察側が判決を不服として上告しています。

しかし、この判決直後、堀慶末の過去の連続強盗殺傷事件などの余罪が発覚した事で、その公判で一審、二審共に死刑判決が下っています。堀は判決を不服とし上告、最高裁にて現在も争われています。

NEXT 2015年6月25日死刑執行