江川事件まとめ!空白の一日と江川卓・小林繁・球界のその後

江川事件の発端は、1978年のドラフト前日に、巨人と江川卓が契約を結んだことにあります。その日のことを「空白の一日」と呼んでいますが、結局巨人に入団した小林繁とのトレードの形で解決しましたが、その後の小林繁の活躍はめざましいものがありました。

江川事件とは

geralt / Pixabay

江川事件とは、1978年のドラフト会議の前日、セ・リーグの読売ジャイアンツとの入団契約を結んだ江川卓投手の去就をめぐって起こった、一連の騒動です。江川問題や江川騒動などとも呼ばれています。

江川事件の概要

1978年のドラフトの前日、空白の一日といわれて問題になったのが、巨人と江川卓の契約締結ですが、協会側はこのドラフトの前日の契約を無効とし、巨人側との激しい争いに発展しました。

1973年のドラフトでは、江川卓は大学進学のため入団拒否

Myriams-Fotos / Pixabay

江川卓は、1973年に作新学院のエースで、ノーヒットノーラン9回、完全試合2回、春の甲子園大会通算最多奪三振記録などの記録を残しています。プロ野球球団入りに関し、日本中の注目を集めていました。

プロの目にとまった江川卓は、ほぼ全球団のスカウトが江川の家に訪問しましたが、当人は大学進学を希望しました。

当時の江川は、たとえ好きな球団である巨人であっても、進学を決めていたから行かなかったと語っています。その後江川は、当初慶応義塾大学を目指していましたが、入試不合格のため、法政大学に進学しています。

1977年のドラフトでは、クラウンライターライオンズが指名

efes / Pixabay

江川卓は法政大学でも1年目からエースとして活躍し、4年間の大学生活で通算47勝、完封数は17、通算奪三振443個、ベストナインに6度選ばれるなど多くの記録を残しています。

大学4年となった1977年、江川は巨人軍への入団希望を表明し、巨人側も1位指名の方針を固めていました。しかし1977年に行われたドラフト会議では、球団の指名順位をクジによって決めていました。

この年の使命順序の1番目はクラウンライターライオンズ(後の西部ライオンズで当時福岡が本拠地)で、2番目が巨人でした。クラウンライター球団代表坂井保之氏は、一番いい選手である江川卓を1位指名しました。

江川卓は入団拒否し1年間のアメリカへの野球留学へ

1820796 / Pixabay

江川卓は、クラウンライターライオンズの1位指名を「九州は遠過ぎる」という理由で入団を拒否し、大学を卒業と同時に作新学院職員の身分で、1年間アメリカに野球留学しました。

巨人は「空白の一日」に気づく

6689062 / Pixabay

巨人は、江川卓とその年のドラフト会議の前日である、1978年11月21日に入団契約を締結していますが、それはドラフト会議の前日である11月21日に西武の交渉権が消滅すると解釈していたからでした。

しかし野球協会では、交渉地が遠隔だったり、気象の急変などにより、ドラフト会議に支障をきたす場合の準備期間として前々日までとして、手続きによるものは無効としました。

巨人は「空白の一日」に江川卓とドラフト外入団で入団契約

江川卓は、1978年11月20日にアメリカ留学から緊急帰国し、その翌日21日午前に、巨人は江川と自民党副総裁事務所で入団契約を締結しています。

その時巨人は、「ドラフト会議前日は自由の身分で、ドラフト外の選手として入団契約可能」と解釈し、ドラフト外入団の形で契約締結しています。

しかし、当時の野球協会では、契約はドラフト会議の前々日までとされ、巨人が江川卓と入団契約した日は、空白の一日となりました。

会長は巨人の指名を無効とし巨人はボイコット、阪神が交渉権獲得

johnhain / Pixabay

セ・リーグ会長の鈴木龍二氏は「巨人が主張する空白の一日は、あくまでも手続き上から生じたもので、野球協会の基本精神に反する」として、巨人の選手登録申請を却下しています。

それに対して巨人は、猛烈に反発し、抗議として翌日22日のドラフト会議をボイコットすることになります。

その時のドラフト会議では、4球団の抽選の結果、阪神が交渉権を獲得しましたが、巨人側はあくまで江川との契約の正当性を主張しました。

江川卓は阪神入団後すぐに巨人の小林繁とトレード

当時の金子コミッショナーは「江川に一度阪神と入団契約を交わしてもらい、その後すぐに巨人にトレードさせたい」という案を提示しました。しかし、阪神側の小津球団社長はそれに反発しました。

しかし、1979年1月31日、巨人と阪神は、阪神が江川と一度契約を交わし、同日中に小林繁との交換トレードをすると発表したため、阪神側は、最終的に金子の要望を受け入れたことになります。

江川事件の真相、電撃トレードの裏話

金子コミッショナーが提案したトレード移籍では、プロ野球実行委員会で、このトレードは野球協約違反だと指摘されています。

そのため、金子コミッショナーは交換トレードという形ではなく、お互いの選手はトレードではなく、移籍という形に変更しています。

ドラフト指名制度の穴

以前からドラフト制度については、問題視されていますが、当時は特にセリーグや巨人への人気が高く、こうした事件にまで発展してしまいました。

特に球団から1位指名を受けていながら拒否する選手もいて、日本では選手側からの逆指名ができないことで、制度可否を問われていました。

トレードとなった経緯

もともと巨人は1978年に江川卓と入団契約をしていましたが、それを無効とした野球協会とセ・リーグ会長の鈴木龍二氏に強く反発したことで、問題は難航してしまいました。

しかし、巨人側が一歩も譲らない姿勢だったため、問題解決策として金子コミッショナーによりトレード案が出されました。

トレードではなく移籍で決着

Artem_Apukhtin / Pixabay

トレード移籍したあと、2月8日のプロ野球実行委員会で、このトレードは野球協約違反だと指摘されています。

そのため、両者は交換トレードという形ではなく、小林は交換選手なしで阪神に移籍、江川は4月7日の開幕日に移籍とされました。

江川事件の関連人物

この江川事件は国会でも議題にのぼり、江川卓がクラウンからの使命を拒否した1978年2月16日に参議院法務委員会で質疑対象となり、鈴木龍二、三原脩、川上哲治など球界関係者5人が参考人として呼ばれました。

「悲劇のヒーロー」となった小林繁

記者会見でも小林繁は、阪神への移籍に同意した旨を発表し、「犠牲になったという気持ちはありません」と話しています。

さらに「ぼく自身今でも巨人は好きで、江川くんは話がうまくいったんだから、これから大変だと思うけど巨人の一員として頑張ってもらいたい」と毅然として語ったそうです。

 しかし、こうした発言の裏には「冷静にふるまっている自分をみせようとしていた」に過ぎず、内心は「早く俺を解放してくれ」と思っていたそうです。

金子コミッショナー

3dman_eu / Pixabay

当時の金子コミッショナーは、江川獲得の正当性やセ・リーグの脱退とまで主張し出した巨人への批判などもあって、今後のプロ野球運営に支障をきたすと考えました。

そこで「江川の巨人入り」という、巨人側の目的を達成させるための問題解決を図ったことになります。しかし、金子コミッショナーはこのトレードが野球協約違反だと知っていてあえて提案しています。

江川事件のその後

江川事件のあと、1980年8月16日に後楽園球場で、初めて江川は小林との投げ合いを経験しています。

3失点で完投した江川でしたが、小林は5回4失点で降板し、試合は巨人が勝利し江川が勝利投手となっています。

1979年、小林繁は2年ぶりに沢村賞、ベストナインを獲得

小林繁は、トレードの翌年、22勝し、防御率2.89という成績を挙げ、2年ぶりの沢村賞、ベストナインを獲得しています。

しかしこの年のシーズンを彼は、自分のために悔しくて野球をやってたから、野球選手としては褒められたことじゃないと語っています。

チームよりも自分が先に立っていて、あざといだけの野球だったと振り返っています。

沢村賞の選考基準の変更と逆指名制度やFA制度の導入

沢村賞は1982年から選考委員会方式に改められ、1981年度の沢村賞は江川卓ではなく、西本聖が選出され物議を醸しました。また逆指名制度は、1993年に導入されましたが、2006年で廃止となっています。

日本におけるFA(フリーエージェント)制度は、1993年から導入され、2003年と2008年に改正が行われています。

日本ではなぜ逆指名制度が続かなかったのか

逆指名制度は正式には、「希望入団枠制度」と呼ばれ、日本のプロ野球ドラフト会議で、ドラフト上位候補選手が希望球団に入団できるという制度です。日本ではかつて1993年から導入されていました。

この制度は、2006年を最後に廃止されていますが、その背景には、2004年に一場靖弘に対し、複数の球団が日本学生野球憲章に違反して現金を渡していたことが発覚し、そのことが関係しています。

また、2007年3月9日の西部ライオンズによる裏金問題が発覚したこと等も、大きく関わっています。逆指名制度は、そうした裏金問題の温床になりやすいとして、廃止したようです。

江川事件の原因は何か

江川事件は、まず江川卓が1977年のドラフトで指名権を獲得したクラウンライターライオンズから指名されて、拒否したことから始まっています。

更に1978年のドラフト前日に巨人と江川は契約を締結し、その事が協会から反発される結果となりました。

江川は巨人にこだわり、巨人は江川にこだわったことで、こんなにも大きな事件となったのですが、江川卓はそれくらいすごい選手だったのでしょう。