パラフィリア(性的倒錯)の意味やパラフィリア障害一覧

皆さんは、パラフィリアという言葉をご存知ですか?日本語では、性的倒錯や性対象倒錯、および性的嗜好障害と表記されることがあります。パラフィリアは何なのか、どんな精神的症状を持つものなのかについて、詳しくご紹介していきましょう。

パラフィリアとは

Free-Photos / Pixabay

パラフィリアとは何を指す言葉なのでしょうか。さっそく、パラフィリアの意味や語源、普及された時期などについてご説明していきますね。

パラフィリアの意味

Arte-Anonima / Pixabay

パラフィリアは性的倒錯や異常な性欲のことを意味しています。これだけ聞いてもあまりピンと来ないですよね。

性的倒錯は、幼児や自分の家族だったりと性行為相手として異常とされる人物が性的対象あること。異常な性欲は、下着や画像、映像といった無生物に性的興奮を覚えることを指します。

身近な言葉で言い換えるのであれば「フェティシズム」、いわゆる「フェチ」という言葉が当てはまるでしょう。フェチがより深刻化し、日常生活に支障をきたすレベルになると「パラフィリア」である疑いがあります。

パラフィリアの語源

Atlantios / Pixabay

パラフィリアの語源はギリシア語から来ています。横や脇といった意味を持つ「パラ」と、愛を意味する「フィリア」という言葉が合体して、「横や脇にそれる(普通ではない)愛」と訳されます。

日本でパラフィリアが「性的倒錯」と普及されるようになった時期

AG2016 / Pixabay

日本にパラフィリアという概念が伝わったのは昭和時代初期となります。その当時はパラフィリアという呼び名ではなく、「変態性欲」と呼ばれていました。

しかし、「変態性欲」というのはあまりにも直接的すぎる表現であることが問題視され、より緩和的で客観性のある言葉はないかと模索し始めたのです。

そして、大正時代頃より英語圏で広く使用されていた「パラフィリア」という言葉を訳し、「性的倒錯」として普及されるようになったという経緯があります。

パラフィリア障害群の原因や精神疾患としての見方

geralt / Pixabay

精神医学的に見たパラフィリア障害群はどのようなものなのでしょうか。また、原因は特定できているのか、治療方法は存在するのかなどについても見ていきましょう。

パラフィリア障害群とは

Free-Photos / Pixabay

パラフィリア障害群は、2013年出版「DSM-5」の日本語版に記載されている用語です。パラフィリア症状を示す精神障害群のことを表しています。

DSMは、各国共通の精神障害の分類を得るためにアメリカ精神医学会により出版された書籍となります。これをもとに、精神障害の分類を行っているため、日本の精神医学界にとっても重要な書籍となります。

「パラフィリア」と一口に言っても、「障害群」と名前が付くほどにたくさんの症例が挙げられているのです。

薬剤による影響もあると見られている

jarmoluk / Pixabay

遺伝的なものなどではなく、薬の影響によって発症してしまうケースもあるようです。

ただし、薬といっても通常売られているような市販薬などではなく、統合失調症などに使用されるアリピプラゾール(エビリファイ)などの抗精神薬剤のことを指します。

精神薬による異常性欲の発症、性的倒錯を引き起こす可能性が懸念されているようです。

主な原因は?

qimono / Pixabay

パラフィリア障害群になってしまう原因は、まだ明確に特定できていません。脳疾患を患うことにより、二次疾患としてパラフィリアの特徴に当てはまる行動をしてしまうこともあるようです。

他にも、今まで自分が生きてきた生活環境や心理的な重圧などにより何らかの障害が生じ、パラフィリア障害群に至る可能性もあります。

また、本来の性交に結び付くプロセスを歩むことの出来ない「求愛障害」という症状から発症してしまうこともあるようです。

パラフィリアの精神医学における概念

Free-Photos / Pixabay

精神医学における概念としては、性的倒錯は精神障害の分類の1つであるパラフィリア障害群に当てはまるものとして認識されています。

ただし、正常な性的嗜好やフェティシズムとのはっきりとした境界線は存在せず、たびたび同義になることもあるようです。

また、正常な性嗜好から逸脱した状態にある場合、精神医学的には「性嗜好障害」や「性嗜好異常」などに分類されることとなります。

治療方法について

justyre / Pixabay

治療方法としては、薬を使用する薬物療法と、自分の思考の仕方を認識させる認知行動療法があります。

それぞれ治療の目的によって方法は変わってきます。強迫観念や不安が強い場合にはSSRIの処方、犯罪につながる可能性がある場合には防止策として認知行動療法に基づくグループ療法が行われます。

グループ療法では、10人に満たない少人数で話し合いを行い、共感性を補ったり自分の認知のゆがみに気付かせ矯正していく効果があります。

診断基準は?

3dman_eu / Pixabay

それでは、パラフィリア障害群の診断基準はどのようなものなのでしょうか。

(1)当人が自分の性的嗜好によって、心的な葛藤や苦痛を持ち、健康な生活を送ることが困難であること。

(2)当人の人生における困難に加えて、その周囲の人々、交際相手や、所属する地域社会などにおいて、他の人々の健全な生活に対し問題を引き起こし、社会的に受け入れがたい行動等を抑制できないこと。

(引用:Wikipedia)

上記2点を満たしている場合、精神疾患として性的倒錯が認められることとなります。

例えば、日常生活を問題なく過ごせている場合は(1)に当てはまりません。また、本人は悩んでいるが周りに影響を及ぼさない場合も(2)に当てはまらないのでパラフィリアではないです。

2点を満たしていないのであれば、精神医学的に見て正常な性嗜好を持っていると判断されることになります。

世界保健機関(WHO)が定めるパラフィリアの分類

rawpixel / Pixabay

パラフィリアには、世界保険機構(WHO)による様々な分類が定められています。

フェティシズム

Couleur / Pixabay

「●●フェチ」と呼ばれているものですね。軽い症状なら障害にはなりませんが、日常生活に支障をきたすレベルであったり他人に危害を加えている場合は障害として判断されます。

具体的には、脚フェチや血管フェチなどの体の一部であったり、使用済みの下着などの無生物を性的興奮の材料として好んで使用する症状を指しています。

フェティシズム的服装倒錯症

PhotoMIX-Company / Pixabay

服装倒錯というのは、つまり女装や男装のこと。男性は女性の、女性は男性の自分とは異なる性の服装を着用することによって性的興奮を得る症状のことを指しています。

露出症

aytuguluturk / Pixabay

いわゆる「露出狂」と呼ばれる症状のことです。自分の性器を露わにして見せることに性的興奮を得たり、それによって相手の驚く姿を見れることを楽しむ症状を指します。

最低6か月間、見知らぬ人などに自分の性器を露出したいという空想や性的衝動があり、それにより対人関係において障害が発生していることが診断基準となります。

窃視症

klimkin / Pixabay

他人の裸や衣服を脱ぐ姿、および性行為をしている場面を盗み見ることで性的興奮を得る症状です。「のぞき魔」と言い換えると分かりやすいかもしれません。

窃触症

WikiImages / Pixabay

いわゆる「痴漢」などを表すものです。同意を得ていない相手の体を触ることで、性的興奮を得る症状を指します。

最低6か月間、同意を得ていない相手の体を触ったり自分の体を擦り付けるような行動をしたり衝動がある状態で、何らかの領域で機能障害を引き起こしていることが診断基準とされています。

小児性愛

sathyatripodi / Pixabay

英語で「ペドフィリア」、いわゆる「ロリコン」「ショタコン」などと呼ばれている症状です。幼児に対して強い性的興奮を覚える症状です。

医学的疾患を示す言葉ではありますが、時には障害にまで至らない小児への性的嗜好全般を指し示す場合もあります。

サドマゾヒズム

サディズムは、相手に対して肉体的あるいは精神的な苦痛を与えることで、支配感から性的興奮を得る症状のことを指します。

マゾヒズムは、サディズムとは反対に、相手から殴られたり縛られたり、言葉で責められることによって性的興奮を得る症状を指しています。

そして、その両方を持ち合わせているのが「サドマゾヒズム=加虐被虐性愛」となっています。

性嗜好の多重障害

geralt / Pixabay

「多重」という言葉がついている通り、異常な性的嗜好を2つ以上持ち合わせている状態のことを指します。

例えば、露出症と窃視症を合わせ持っている場合や、加虐性と被虐性を合わせ持っている場合など、パラフィリア障害が重なって存在していることを表しています。

その他の性嗜好の障害

TeroVesalainen / Pixabay

上記に挙げた症状に当てはまらない症状で、パラフィリア障害として認められるものを指しています。

例えば、電話わいせつによる性的興奮や、死体や獣愛、および糞尿などに性的興奮を持つ人のことを指します。

特定不能の性嗜好の障害

Maklay62 / Pixabay

上記に挙げた以外のもので、分類として特定できない性嗜好障害を指します。

パラフィリアの類型「性目標倒錯」

leovalente / Pixabay

「性目標倒錯」というのは、性行為を目標としない性嗜好を持つことを指します。つまり、性交をしたいわけではなく、ある特定の行為をすることによって快感を得たいとする嗜好のことです。

性目標倒錯の主な症例➀エキシビショニズム(露出性愛)

wilhei / Pixabay

自分の裸や性器を公衆や相手にさらすことによって性的興奮を得る性嗜好を指します。自分ではなく、パートナーや恋人などを公衆にさらす性嗜好がある場合は、「カンダウリズム」と言います。

性目標倒錯の主な症例➁カニバリズム(食人性愛)

Free-Photos / Pixabay

食人行為や人肉に対する性的嗜好を指します。ホラーゲームや漫画などで取り扱われやすい題材でもあるため、一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

性目標倒錯の主な症例➂クレプトフィリア(窃盗性愛)

3959267 / Pixabay

万引きや強盗などの窃盗行為に対して性的嗜好を持つ場合を指します。別名、「クレマスティストフィリア」や「ペッカトフィリア」とも呼ばれているものです。

性目標倒錯の主な症例➃コプロフィリア(糞便愛)

SimonaR / Pixabay

排便をすること、糞便を食することに対する性的嗜好を指します。

「スカトロ」という言葉を耳にしたことはありますか?英語の「スカトロジー」という糞尿に対する研究を意味する言葉から来ている言葉で、コプロフィリアは広義に含まれるとされています。

性目標倒錯の主な症例⑤サディズム(加虐性愛)

stevepb / Pixabay

パートナーや子どもなど、相手に対して性的虐待や性的暴力を加えることで性的興奮を得る性嗜好のことを指します。

性目標倒錯の主な症例⓺サドマゾヒズム(加虐被虐性愛)

isabellaquintana / Pixabay

加虐性を表すサディズムと、被虐性を表すマゾヒズムとが共存している性嗜好を指します。

NEXT 性目標倒錯の主な症例⑦スコプトフィリア(窃視性愛)