吉田純子の生い立ち・夫や子どもは?共犯の現在も|久留米看護師保険金殺人事件

久留米看護師連続保険金殺人事を憶えているでしょうか。世間を震撼させた看護師4人による殺人事件で、なかでも主犯の吉田純子の悪質性は際立っていました。彼女の生い立ちと最後の言葉、韓国国籍の噂や残された子供たちの現在をまとめました。

吉田純子らが起こした久留米看護師連続保険金殺人事件とは?

Bru-nO / Pixabay

久留米看護師保険金殺人事件は20世紀末、福岡県久留米市で起きました。吉田純子ら女性看護師4人が共謀し、男性2人を殺害して得た保険金数千万や、詐欺などで総額2億円もの金を手に入れたのです。

保険金目当てに殺害された男性2人は看護師らの夫でした。看護師らしく医療知識を悪用した殺害方法で、病死として処理されていました。自首によって発覚しなければ、この事件が明るみに出ることはなかったでしょう。

もう一つ特徴的なのは加害者である看護師4人の異様な関係でした。主犯の吉田純子は「吉田様」と呼ばれ女王様扱いで、他3人は奴隷のようでした。吉田純子はその3人からも相談料などの金銭を搾取していました。

2002年に発覚した連続保険金殺害事件

久留米看護師保険金殺人事件で犯行に加わったのは吉田純子、堤美由紀、池上和子、石井仁美の4名でした。2002年そのうちの一人、石井仁美が警察に自首したことから事件が発覚します。

吉田純子らは共謀して1998年に池上和子の夫、1999年に石井仁美の夫を殺害し多額の保険金を手にしました。吉田純子はそれだけでは飽き足らず、次のターゲットに石井仁美の実母を選び殺害を計画指示します。

石井仁美らは計画を実行しましたが、実母の殺害に失敗。吉田純子激怒し「制裁金を払え」と言い出しました。この件で追い詰められた石井仁美が、叔父に相談し警察へ自首したことで事件が明らかになったのです。

吉田純子が主犯で看護師が保険金殺人を企てる

DarkoStojanovic / Pixabay

久留米看護師保険金殺人事件の主犯である吉田純子は、福岡県のマンション最上階で娘3人と暮らしていました。元々金銭欲の強い彼女でしたが、贅沢な生活や借金返済のために多額の金銭を必要としていました。

吉田純子は知人だった看護師仲間3人に言葉巧みに近づき、自分の言いなりになるよう洗脳していきました。最終的に3人は住居や給料の管理を任せるなど、吉田純子に全てを支配されていきました。

そうしてある日、「夫を殺さないとトラブルで大変なことになるよ」吉田純子は看護師仲間に囁きました。もちろん真っ赤な嘘ですが洗脳状態にあった看護師は疑心暗鬼に陥り、夫を殺害してしまいます。

命を救うはずの看護師達が殺人を計画実行したのです。看護師仲間に殺人を実行させて保険金は吉田純子が独り占めでした。この事件の根源は吉田純子の金への強い執着であり、彼女が主犯で間違いありません。

吉田純子の生い立ち

久留米看護師保険金殺人事件の主犯、吉田純子の生い立ちはどのようなものだったのでしょう。彼女の性格はきついところがある反面、人懐っこく面倒見が良いという側面もあり二面性を感じさせたといいます。

嘘も上手く同僚からの借金を繰り返したり、同僚の点滴ミスを脅迫材料にして金をまきあげたり。とにかく金への執着が強く、自己中心的なのに他人を洗脳する術に長けていた彼女。その人生に迫っていきます。

生まれ

Kimpton_house / Pixabay

吉田純子は1959年7月10日、福岡県柳川市で生まれました。当時は山門郡三橋町という地名で、日本書紀に記されているほど古く歴史のある町として知られている地域です。

NEXT 両親と弟について