川俣軍司の生い立ちや現在まとめ!【深川通り魔殺人事件の犯人】

1981年、白昼の商店街で発生し乳幼児を含む4人が殺害された深川通り魔殺人事件。犯人の川俣軍司は覚せい剤の常用者で、何度も逮捕、懲役を繰り返していました。事件の概要を振り返ると共に、川俣軍司の生い立ちから現在の様子、祖父を巡る奇妙な因縁についてもまとめます。

川俣軍司が起こした深川通り魔殺人事件とは

深川通り魔殺人事件は、1981年6月17日、午前11時35分、東京都江東区森下二丁目の商店街で発生した無差別通り魔殺人事件です。犯人は当時29歳の元寿司職人、元トラック運転手の川俣軍司という男でした。

川俣軍司は当時1歳の乳児と当時3歳の幼児、その母親の27歳の主婦、さらに通行人の30代の女性合計4名を柳刃包丁で刺して殺害、その他2名の女性を切りつけるなどして重傷を負わせています。

取り調べで川俣軍司はこの数年、幻覚妄想に悩まされていた事が明らかになり、これを軍司は「電波に引っ付かれた」と表現、それが原因で犯行に及んだとの異様な供述をし、現在まで語り継がれる衝撃事件となります。

深川通り魔殺人事件の概要

kalhh / Pixabay

深川通り魔殺人事件は1981年(昭和56年)6月17日に発生しました。まずは、当日に起こった事件の流れを詳細に説明します。

昭和56年6月17日、通り魔殺人が発生

昭和56年6月17日、午前11時35分頃、当時29歳の元寿司職人の川俣軍司は東京都江東区の商店街の路上で、バッグから刃渡り22cmの柳刃包丁を取り出し、対面から歩いてきた親子に突然襲いかかりました。

事件の概要①:親子連れを刺す

DasWortgewand / Pixabay

川俣軍司はまず、母親が押す乳母車に乗っていた当時1歳の乳児の腹部を走りながら2度刺しました。このとき勢い余って乳母車は路上に跳ね飛ばされ、乳児も路上に投げ出されています。

当時27歳の母親は、突然の出来事に悲鳴を上げ、路上に向かって走って逃げ出します。川俣軍司はその背中に柳刃包丁を2度突き立て、続いて呆然と立っていた3歳の女児の胸を4回滅多刺しにしています。

さらに、最初に腹部を刺され血を流しながら路上に投げ出されていた1歳の乳児の胸のあたりを再び刺し致命傷を与えています。現場には乳母車や血痕が飛び散り、地獄の惨状であったと言われます。

事件の概要②:3人の女性を刺す

moritz320 / Pixabay

親子を刺した川俣軍司は、さらに凶行を続け、たまたまその場に居合わせた買い物帰りの当時33歳の女性が、その惨状を見て呆然と立っているのを見て、そのまま勢いよく上腹部を刺して殺害。

さらには、近くのバス停留所に停まったバスから下車してきた71歳の老女に正面から体当たりし大腿部を突き刺します。さらに近くの化粧品店から出てきた39歳の女性と鉢合わせになり、斬りつけて怪我を負わせます。

事件の概要③:1人の女性を人質に

Wokandapix / Pixabay

これまでの凶行が約5分の間に起こりました。それから川俣軍司は午前11時40分頃、中華料理店「萬来」の前を歩いていた当時33歳の喉元に柳刃包丁を突きつけて脅し、そのまま「萬来」店内へと引き込みます。

この時「萬来」は営業時間前で客はおらず、店の奥にいた経営者の夫婦と子供を脅して店外に追い出し、この時人質女性の背中を切りつけるなどして怪我を負わせるなどしたとされます。

その後、川俣軍司は女性を人質に取ったまま7時間にわたって立てこもり、警察がガラス戸越しに説得に当たるも応じる気配なく「うるさくすると刺すぞ、何人殺しても同じだ」などと暴言を吐いています。

4人が死亡、2人が重傷

Counselling / Pixabay

立てこもり中の川俣軍司は、店内のテレビで自分が刺した4人が死亡した事を知っても動じる事なく、警察に要求して差し入れさせたカレーライスや牛乳、ジューズなどを平然と平らげています。

また、包丁を研ぐための砥石なども差し入れさせています。しかし午後6時54分頃、川俣軍司が少し油断した隙を見て人質女性が店外へと逃げ出し、入れ替わるようにして刑事と警官隊が突入します。

川俣軍司は柳刃包丁を振り回して抵抗しますが、すぐに取り押さえられ逮捕されました。最終的に乳幼児を含む4人が死亡2人が重傷を負うという大惨事となりました。以上が深川通り魔殺人事件の概要です。

犯人・川俣軍司の人物像と犯行動機

xusenru / Pixabay

凄惨な深川通り魔殺人事件を引き起こした川俣軍司とは一体どのような人物なのでしょうか?犯行に至るまでにどのような経緯があったのでしょうか?ここでは川俣軍司の生い立ちをまとめます。

また、その生い立ちと犯行動機はどうやら密接に関係しているようです。川俣軍司自らが語ったこの凄惨な事件の不可解な犯行動機についてもまとめていきます。

川俣軍司の生い立ちと経歴

まずは、生い立ちから見ていきましょう。川俣軍司は1952年(昭和27年)2月21日、茨城県鹿島郡波崎町太田で生まれ育ちました。この町は利根川の東沿いにあり、利根川を渡るとすぐに銚子市があります。

川俣軍司の父親は東京下町で生まれ育ちましたが、戦争の後にこの地へ越しシジミ採り専門の漁師となっています。川俣家には軍司の他にも兄と姉、二人の弟がいる5人兄弟でしたが、姉は幼くして亡くなっています。

軍司の生い立ちは中学卒業までこの町で過ごしています。当時の軍司は極めて大人しい少年だったようで、話しかけても笑顔を浮かべるだけで友達も少なかったようです。

pythong / Pixabay

小学校、中学校の成績はほとんどが「2」で「3」が少しある程度だったそうですが、当時その地域に新設された波崎高校への進学率は90%以上で、父親も軍司に進学を勧めたそうです。

しかし、軍司は「父ちゃんがこんなに困っているのに、自分だけ上の学校に行くわけにはいがねえ」として、田舎から東京への集団就職にて上京。築地にある寿司店で住み込みで修行する事になります。

軍司は、1970年には酔っ払って映画館のガラスを叩き割って連行されるなどしますが、就職から3年半の間休日以外は一切休まずに真面目に働き先輩や職人たちからも「見込みがある」と言われていました。

JerzyGorecki / Pixabay

しかし、後輩として同い年の少年院仮退院中の少年が入ってくると、その少年からのイジメにあいそれをきっかけにして店を辞めてしまいます。この頃から、軍司の生い立ちは狂い始めます。

3年半勤めた築地の寿司店を辞めた後、軍司は江戸川区小岩の寿司店で働く場所を移します。しかし、この寿司店はわずか3ヶ月ほどで解雇されています。解雇された理由は軍司が刺青を入れた事でした。

この店に刺青を入れた先輩がおり、軍司はそれを見て憧れ頼み込んで入れられる場所を紹介してもらった様です。軍司はその後、客に勧められた酒で酔い、この刺青をチラつかせ絡んだため、解雇を言い渡されたのでした。

逮捕歴と覚せい剤

cocoparisienne / Pixabay

ここまでの川俣軍司の生い立ちは、やや粗暴ながらもまだ人並みのまともな生活を送ってきたと言えます。しかし、2店目の寿司屋で働きはじめ入れ墨を入れた頃から、頻繁に犯罪行為を犯す様になります。

軍司は江戸川区の寿司屋を辞めさせられた後、都内の寿司店で転々と働きますがいずれもすぐに辞めさせられ、早い時はわずか数日で解雇されています。1971年、19歳の頃軍司は一度地元波崎の実家へ帰っています。

軍司はこの頃に、銚子の寿司屋で働きながら自動車免許を取得し、寿司職人を辞めてトラックの運転手として運送会社に就職しますが、長続きせずすぐに東京へと戻り今度は土建会社へと転職しています。

しかし、この頃に軍司は酒によって事件を起こし、度々警察の世話になっています。1971年6月には通行人を脅して現金を奪い取り、恐喝罪にて逮捕、懲役2年、執行猶予3年の判決を受けています。

翌1972年に20歳になった軍司は、今度は暴行傷害事件を起こして罰金3万円を科されます。同年9月29日には、富坂でまたもや暴行傷害事件を起こし懲役10月の実刑判決を受けます。

恐喝罪での執行猶予も取り消され合計2年10ヶ月を川越少年刑務所似て服役します。素行が悪かったのか仮出所はなく1975年9月満期にて出所しています。

jodylehigh / Pixabay

出所後は、今度は秋葉原の運送会社でトラック運転手として働きますが、道路交通法違反で罰金をくらい、それでヤケ酒を飲んでまたもや暴れて逮捕され、懲役10ヶ月の実刑判決を受けてしまいます。

1977年に出所してからは、父親のシジミ漁を手伝って、一生懸命働く様になります。しかし次第に粗暴な言動が目立つ様になり、父親や母親に暴言を吐く様になったため両親は家を出てしまいます。

それからも弟を手伝わせるなどしてシジミ漁を続けますが、1978年の5月漁船を70万円ほどで売却して漁師を辞めてしまいます。その後も傷害事件などで度々逮捕され服役を繰り返しています。

cocoparisienne / Pixabay

この頃から、運送業や警備会社、寿司店、水産会社など度々職を変え、傷害や道路交通法違反などで複数回逮捕されており、ガンで亡くなった母親の葬儀の場で弟と喧嘩になり暴行罪で懲役を食らうなどしています。

どうやらこの頃から川俣軍司には幻聴が聴こえはじめていた様で、周りの人間が自分の陰口を言っていると妄想する様になります。

この頃に、実家の兄に電話で「親兄弟まで陰口を言っている電波・テープに引っ付かれた」などと意味不明なことを言ったため兄は不気味に思い、3万8千円を渡して実家に近づかない様約束させます。

stevepb / Pixabay

この後の軍司は、合計で10店舗近い寿司店に面接に行き経験豊富な板前を装って採用されますが、ことごとく数日で解雇されています。原因はあまりにも態度が悪い事とその何とも言えない不気味な雰囲気でした。

この頃どうやら軍司は覚せい剤にも手を出していた様で、それも解雇される理由になっていた様です。そして、最後に行った寿司チェーン店の面接に落ちた直後、軍司は深川通り魔殺人事件での凶行に及ぶのでした。

川俣軍司が明かした犯行の動機

Alexas_Fotos / Pixabay

ここまでの川俣軍司の生い立ちから、徐々にその様子がおかしくなっていく様子が見て取れます。深川通り魔殺人事件で逮捕された後、軍司は犯行に及んだ動機として意味不明な内容を供述するのです。

軍司の語る深川通り魔殺人事件の動機とは「犯行の前に寿司店に就職を申し込んだが断られたのでカッとなって人を襲った。俺には電波がひっついているので黒幕を暴くために人質をとった」という支離滅裂なものでした。

川俣軍司の逮捕時の異様な格好

深川通り魔殺人事件での逮捕時、犯人川俣軍司の格好が異様であった事、この様子がテレビで大々的に報道された事もこの事件の不気味さ、そしてセンセーショナルさを掻き立て現在まで語り継がれています。

この時、軍司は自殺防止のために猿轡を咬まされ、白いブリーフにハイソックス姿という異様な出で立ちでした。さらに犯行時には下半身をさらけ出していたとの証言も現在までに刊行された書籍にある様です。

深川通り魔殺人事件の裁判と判決

深川通り魔殺人事件の裁判と判決についても見ていきます。乳幼児を含む4人を無差別に殺害した極めて凶悪な犯行でしたが、問題は支離滅裂な発言を繰り返す川俣軍司に責任能力があるのかという点でした。

昭和57年12月23日、東京地裁で無期懲役の判決

12019 / Pixabay

昭和57年12月23日、東京地裁は「被告人は犯行時、心神耗弱状態にあって是非善悪を弁識しその弁識にしたがって行為を制御する能力が減弱していた」として死刑ではなく無期懲役判決が下っています。

昭和58年1月6日、無期懲役が確定

ErikaWittlieb / Pixabay

当初川俣軍司は、この判決を不服として控訴を考えていたそうです。弁護人に「被害の重大さを考えなさい」「命が助かれば上々」と諭され、軍司は「模範囚になる」といって控訴を取りやめたそうです。

これによって、昭和58年1月6日、東京地裁の判決をもって川俣軍司の無期懲役が確定。2019年2月19日現在、川俣軍司は刑務所の中で間も無く67歳を迎えるはずです。

川俣軍司が繰り返した「電波」について

geralt / Pixabay

この時、川俣軍司が盛んに発言していた「電波」という言葉の異様さは大きな話題となり、現在でもネットの一部などでは精神障害者を示すスラングとして使われる事があります。

また、この時川俣軍司は「精神分裂病」現在でいう「統合失調症」だったのではないかと言われています。統合失調の症状として怒る幻覚や幻聴の症状を患者は電波として感じる事もある様です。

深川通り魔殺人事件のその後

kellepics / Pixabay

現在、深川通り魔殺人のあまり知られていない不気味なエピソードとして、ある因縁めいた事実が存在します。それは川俣軍司が殺害した女性長野るみ子の祖父が、過去に軍司の祖父を殺害していたという事実です。

川俣軍司の祖父は被害者・長野るみ子の祖父に殺されていた

Free-Photos / Pixabay

事件の数十年前、川俣軍司の祖父が、深川通り魔殺人事件の被害女性長野るみ子の祖父に殺害されています。そして、祖父がこの女性の祖父に殺害された事実を川俣軍司は一切知らなかったというのです。

この点だけでもかなり因縁めいていて不気味ですが、さらに偶然は重なり、この祖父が殺害された土地は、深川事件の現場地域から小名木川一つを挟んで隣接する「森下」という地域だったというのです。

この、あまりにも奇跡的な確率の偶然を知ってしまうと、軍司が盛んに言う「電波」と言うのがあたかも祖父の怨霊の声の様に聞こえてしまうとして、現在でも奇譚として話題になっているのでした。

川俣軍司は現在も服役中

Ichigo121212 / Pixabay

最後に、川俣軍司のその後ですが、2019年2月現在まで川俣軍司は服役していますが、現在も電波に悩まされているのかなどは不明でrした。また、そのほかの家族たちの消息なども不明です。

深川通り魔殺人事件の関連作品

FotoArt-Treu / Pixabay

深川通り魔殺人事件はそのセンセーショナルな内容から、事件からわずか2年後、1983年に忠実に再現されたドラマが制作、放送され高視聴率を記録しています。

また、ドラマの原作となるノンフィクション小説とでもいうべき書籍「深川通り魔殺人事件」が出版されています。ここでは、この二つの関連作品についても簡単に紹介していきます。

書籍:深川通り魔殺人事件

書籍「深川通り魔殺人事件」では川俣軍司の生い立ちから、徐々に様子がおかしくなり犯罪を繰り返し、ついには無差別通り魔殺人を起こすまでから、その後の裁判のやりとりまでを当時の証言を元に丹念に描いています。

この書籍を読めば、深川通り魔殺人事件の全貌が、当時の空気感とともにありありと蘇ります。この事件を深く理解するための最適な一冊です。

ドラマ:傑作ワイド劇場『深川通り魔殺人事件』

1983年、テレビ朝日系で放送されていた「月曜ワイド劇場」にて放送されました。衝撃的な事件から2年後の放送だった事、無期懲役判決確定から半年後ほどだった事から注目され視聴率26パーセントを記録します。

ドラマ「深川通り魔殺人事件」は実際の事件の流れを忠実に再現し、犯人「川村軍平」が中学卒業とともに築地の寿司店へ住み込みで働く場面から始まり、その後段々と狂っていく様子が丹念に描かれています。

主演を務めた大地康雄が話題に

犯人役として出演した大地康雄さんの圧倒的迫力の怪演が話題になり、そのあまりのリアリティにテレビ局に「本人を出したのか?」との問い合わせがあった程だそうです。

確かにこのドラマ映像と実際の川俣軍司の映像を見比べてみると、あまりによく似ていて驚かされます。大地康雄さんは川村軍平を演じるにあたって、裁判資料などを全て読み込み役作りを行ったそうです。

深川通り魔殺人事件の類似事件

Myriams-Fotos / Pixabay

覚せい剤を常用していた川俣軍司がそれが原因による幻覚妄想によって犯罪に及んだとされる深川通り魔殺人事件ですが、そのわずか半年後に起きた類似する覚せい剤が関係する事件を紹介します。

西成区麻薬中毒者殺人事件

MasashiWakui / Pixabay

深川通り魔殺人からわずか半年後、1982年2月に発生した西成区麻薬中毒者殺人事件は、大阪西成区のアパートで、住人の橋田忠昭(当時47歳)が自分の妻を含むアパートの住人7人を死傷させた事件です。

犯人の橋田忠昭は15歳の頃から覚せい剤を使用しており、事件の前には幻覚妄想に襲われるようになり、妻を切りつけるなどして殺人未遂で逮捕され懲役3年の実刑判決を受けていました。

橋田は出所後も覚せい剤を乱用し続け、再び幻覚妄想に襲われるようになり凶行におよびました。その後の取り調べで橋田は「アパート住民から嫌がらせを受けたため復讐した」と供述しています。

深川通り魔殺人事件とは何だったのか?

Free-Photos / Pixabay

今回は白昼の商店街で突如として発生した凄惨な事件「深川通り魔殺人事件」についてまとめました。犯人川俣軍司の半生を追ってみると、この男が段々と少しずつおかしくなっていったのがわかります。

それが果たして、覚せい剤が原因なのか、それ以前から軍司が悩まされていたという幻覚妄想が原因なのかははっきりわかっていませんが、近年までにも幻覚妄想を原因と見られる殺人事件や傷害事件は頻発しています。

こうした事件を単に覚せい剤に狂った男が無差別に人を襲ったイレギュラーな事件と考えるのは危険です。ある日突然幻覚妄想に取り憑かれた人間が牙を剝く危険性を、もう一度しっかりと考えましょう。

NEXT 白昼の通り魔殺人レッサーパンダ帽男殺人事件に関する記事はこちら