男性・女性ごとの性欲を高める方法は?効果的なツボや食事!性欲が消える原因は?恋愛・心理

男性・女性ごとの性欲を高める方法は?効果的なツボや食事!性欲が消える原因は?

目次

[表示]

商陽

Greyerbaby / Pixabay

滋養強壮、精力増強など性欲に関する効果が期待できるツボです。

人差し指の爪のちょっと下にある、親指側にあります。

左右共にぐりぐりっと押し込むと良いでしょう。

陽地

truthseeker08 / Pixabay

手の甲側の手首の真ん中から、少しだけ左上にあるツボです。

性欲増進の他に疲労回復の効果があるので、疲れた時には押してみると元気になります。

先ほどの商陽もそうですが、陽地は手にあるツボなので、比較的押しやすいツボになっいぇいます。

関元(かんげん)

derneuemann / Pixabay

体力増加や、倦怠感の予防などの効果があるツボです。

場所はおへそから、指4本分ほど下に下がったところにあります。

ゆっくりと息を吐きながら押すのがおすすめです。

大赫(だいかく)

sonja_paetow / Pixabay

先ほどの関元から5ミリくらい左右にあるツボです。

陰部に流れる血が集まっているので、このツボを押すと血流が良くなり男性ホルモンの分泌が盛んになります。下腹部がへこむくらい押しても大丈夫です。

EDにも効果があるツボとして知られています。お腹にあるツボには、性欲に関するツボが多いのでセックスの前にお腹をマッサージしたりするのは効果的のようです。

耳のツボ

SimonaR / Pixabay

耳には性欲に関するツボが3つもあります。一つ目は耳の周りの上の方にある「外生殖器」のツボです。男性の陰茎に効きます。

二つ目は耳たぶの裏側上部にあるツボです。睾丸に効果があり押せば性欲アップ間違いなしです。

3つ目は耳の穴の上の方にあるツボです。若返り、生殖機能を高める効果があります。耳のツボは一分ずつくらい軽くこするようにして押すと良いでしょう。

築賓(ちくひん)

TesaPhotography / Pixabay

下半身の血流を良くし、性欲増強の効果があるツボです。

膝とくるぶしの真ん中、ふくらはぎの内側にあるツボです。親指で強めに刺激すると効果的です。

三焦経(さんしょうけい)

niekverlaan / Pixabay

左手の薬指の爪のすぐ下にあるツボです。左手の三焦経のツボだけ押しましょう。

自律神経、ホルモンバランスを整える効果がります。

性欲を高めるのに効果的な食べ物

congerdesign / Pixabay

食事は男性、女性関係なく体を作るのに大事なものです。日々の食事に一工夫することで性欲をアップさせることができます。ここでは性欲を高めるのに効果的な食べ物をまとめていきたいと思います。

牛肉や豚肉

RitaE / Pixabay

牛肉や豚肉の中にはアルギニンという物質が含まれています。

アルギニンを摂取すると血液中の一酸化炭素量があがり、バイアグラを飲むのと同じ成分が分泌されます。これにより勃起力を向上させます。

焼肉を食べると性欲が上がるというのはこの効果によるものです。

セロリ

stevepb / Pixabay

栄養士のレベッカ・スクリチフィールドによれば、セロリを摂取すると異性を惹きつけるフェロモンを放つ効果や勃起増進の効果があるといいます。

セロリ独特の香りは、アンドロステロンとアンドロステノールが関係しています。これらが体内で消化されると汗腺からフェロモンが出て異性を惹きつける効果があるというのです。

セロリにはアミノ酸のアルギニンという成分が含まれていて、この成分は血管を拡張させるバイアグラのような働きをするといいます。

かぼちゃの種

annca / Pixabay

かぼちゃの種には精子を増やす亜鉛がたくさん含まれていて、男性の精力アップに効果があります。

かぼちゃの種には男性ホルモンの一種であるテストステロンを増強する効果があり、女性の性欲を増進させるにも効果的です。

スイカ

congerdesign / Pixabay

スイカにはシトルリンという成分が含まれており、これには血管をリラックスさせ、血行を良くし性欲を増強する働きがあります。

スイカの実の部分より、皮の部分に多く含まれているため、スイカの皮をピクルスなどにして食すのがおすすめです。

赤ブドウ

jill111 / Pixabay

赤ブドウにはボロンという成分が含まれており、エストロゲンとテストステロンというホルモン分泌を助長する効果があります。

エストロゲンとテストステロンの値が高くなると性欲が増進し、テストステロン値が高い女性は性欲が強いと科学的に証明されています。

アスパラガス

Pezibear / Pixabay

食事療法士のトビー・アミドアによれば、アスパラガスにはカリウムとビタミンBが大量に含まれており、ヒスタミンという成分を作り出します。

ヒスタミンが増えるとより強いオーガズムを感じられるようになると言います。

またアスパラガスには美肌効果があるビタミンAとCが豊富ですのでお肌のトラブルにお悩みの方にもおすすめです。

バナナ

_Alicja_ / Pixabay

バナナには筋肉の収縮に必要なカリウムが大量に含まれている食べ物です。カリウムは質の良いセックスには欠かせない成分だと言われています。

またバナナにはブロメラインという成分も豊富で、ブロメラインには性欲に影響するテストステロン値を高める効果があります。

大豆食品やねばねばしたもの

whui1818 / Pixabay

大豆食品やねばねばしたものには性欲を増進する効果があります。

おくらや納豆、山芋など粘りのある食品にはムチンという成分が含まれています。ムチンには血行を良くし、陰茎へ多く血を流します。それにより性欲を増進させる効果があるのです。

ムチンには疲労回復効果もあり、胃にも優しい食べ物が多いので年配の方にもおすすめです。

牡蠣

Quangpraha / Pixabay

男性の性欲をあげる食べ物としては牡蠣が有名でしょう。

牡蠣は亜鉛を大量に含んでおり、亜鉛には精子を増やす効果があります。精子の量が増えると脳から性欲を増進させる信号を発しますので、性欲アップが期待できます。

亜鉛を含む食品は多くありますが、そのなかでも牡蠣は亜鉛を多く含んでいる食品です。セックスする前日に食べると効果が期待できます。レモンを絞って食べるとより効果的です。

パプリカ

Nikiko / Pixabay

パプリカはビタミンCが豊富に含まれている食べ物の一つです。

大きなパプリカには1日に必要なビタミンCの6倍の量を含んでいるといいます。

ビタミンCには臓器への血流を良くし、女性の性欲をアップさせる働きがあります。

トリュフ

WikiImages / Pixabay

キノコには精子を増やす亜鉛が含まれています。生のトリュフが無理ならトリュフ塩でも効果的なようです。

かの歴史的偉人のナポレオンが精力増強のためトリュフを使用したといわれており、そこからキノコには亜鉛が含まれていると判明したようです。

ニンニク

stevepb / Pixabay

ニンニクが性欲を増強するのに有効な食べ物だというのは皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか?

ニンニクにはアリシンという成分が大量に含まれています。

アリシンには血流を良くし、敏感になったり、勃起力を持続させたりする効果があります。

松の実

JensEnemark / Pixabay

松の実には亜鉛が豊富に含まれており、精子の量を増やしたり、テストステロン値を上昇させる働きがあります。

古代から媚薬として使われており、古代アラビアでは就寝前に100粒の松の実を食べることによって性欲が増すと言われてきました。

くるみ

congerdesign / Pixabay

くるみには性欲を増進する成分が多数含まれているということが分かっています。

くるみに含まれるL-アルギニンは一酸化窒素に変化し、血管の拡張、血液の循環を促進します。

男性の勃起力増進にも効果があるともいわれています。

金時豆

Devanath / Pixabay

キドニービーンズとも呼ばれる食品です。サプリメントにもなっているL-アルギニンを多く含んでいます。

女性のセックス満足度アップ、頻度のアップにもつながるとの研究結果が出ています。

バジル

ulleo / Pixabay

バジルには血流を良くし、陰茎の働きを促進します。

またバジルの香りは男性の性欲を掻き立てると言われており、中世の売春婦は耳の裏にバジルオイルを塗って男性を誘惑したと言われています。

イチジク

stevepb / Pixabay

亜鉛やマグネシウムを豊富に含む食品です。この二つの成分は性欲を増進するテストステロンを助長します。

異性を惹きつけるフェロモンを分泌するという仮説もあります。

ダークチョコレート

jackmac34 / Pixabay

チョコレートを食べるとセックスで体内に分泌される成分と同じ化学物質が生成され、性欲アップに効果的です。

またカカオにフェラルチアミンという成分含まれており、脳内の快楽物質を分泌してくれるためセックス前に食べると良いでしょう。

アボカド

coyot / Pixabay

アボカドには疲労回復の効果があるビタミンB6と葉酸が含まれています。

ビタミンB6には性欲を抑止する成分を調整する働きもあります。

また、アボカドはテストステロンの生成を促すと言われています。

ひよこ豆

ひよこ豆にはビタミンB6が豊富です。ビタミンB6にはテストステロン値を健康的な数値に保つ役割があります。

カップに半分ほど入ったひよこ豆を食べことによって1日に必要なビタミンB6の約1/3を摂取することができるようです。

アブラナ科の野菜

NjoyHarmony / Pixabay

アブラナ科の野菜とはブロッコリー、大根、カリフラワー、キャベツなどの野菜です。

アブラナ科の野菜に含まれるジインドリルメタンという成分が、ホルモン生成に重要な働きをすることが研究結果として報告されてます。

男性は年を取ると性欲を向上させるテストステロン値が下がり、性欲を抑止するエストロゲンが上昇します。ジインドリルメタンはエストロゲンの上昇を防いでくれるのです。

山芋

ulleo / Pixabay

先ほども述べましたが山芋にはムチン、アルギニンが含まれています。

ムチンには新陳代謝を良くし、滋養強壮に効きます。アルギニンには血管を拡張し、バイアグラのような効果の他に、動脈硬化を予防します。

納豆やオクラにも同じような効果があります。

NEXT:適度なお酒
2/3